カテゴリ:留之助ブラスター( 495 )
留之助ブラスター・アップツーデート-24。
完成モデルは、いわば新品の支給品。
真新しい徽章とともに新任刑事に渡される銃器工場から届いたばかりの傷ひとつないブラスターという設定だ。
一方、アーティストプルーフは何度も修羅場をくぐり抜け、生き延びたブラスター。
しばらく現役を退いていたエクス・コップがクローゼットの奥から引っ張り出してきたような1挺、渇いた油紙に包まれて、自分と同じくらいくたびれている。

APは200挺分の量産に入るまえ、3本ずつ、3回に渡る合金の配合テストで抜かれた別あつらえのモールドによるプルーフ・レシーバーを使用する。
わずかに配合比を変えて、より硬質なものから最終的に落ち着いた量産用のテストショットまで合計9本の内の8本を使い、削り出しアルミパーツなども採り入れて島田さんが料理するのだ。
以下の写真キャプションは島田メモの要約である。
留之助ブラスター・アップツーデート-24。_a0077842_1735539.jpg
留之助ブラスター・アップツーデート-24。_a0077842_174306.jpg

留之助ブラスター・アップツーデート-24。_a0077842_17302686.jpg

ブルドッグ・フレームやスペイサー(前回の記事のマガジンハウジングとバレルジャケットをブリッジする錆びの浮いたパイプ)等の樹脂パーツはメタル色に塗装したが、スペイサーについては同寸のスチールパイプを調達、もしくは自作する予定。
現状キャスト樹脂製シリンダーカバーのアルミ説にのっとった削り出しパーツの製作もメニューに入っている。

留之助ブラスター・アップツーデート-24。_a0077842_17324833.jpg
留之助ブラスター・アップツーデート-24。_a0077842_17354676.jpg
留之助ブラスター・アップツーデート-24。_a0077842_17363629.jpg

グリップフレームとグリップエンドは現状メタルパーツの磨きと処理でアルミニウムの雰囲気を出しているが、実際はアルミの削り出しパーツに黒色アルマイトをかけた上で削り込み、アルミ地金色を出す。

お正月休みのあいだに仕上げの方向性を決め、同時に接着個所を精査し剛性確保のテストをしたり、トリガー&ハンマーの干渉部シアの材質の改善を試みるという。
休みが明けるとアルミ・パーツの製作準備をはじめるとも。
1月の早い時期に、徳さんと島田さんの工房を訪ねようと思っている。
by tomenosuke_2006 | 2008-12-30 23:59 | 留之助ブラスター
留之助ブラスター・アップツーデート-23。
製作スタッフが原価で購入すれば留之助ブラスター・キットモデルの売価をおよそ1,000円は圧縮できる。
店主の提案に徳さん、島田さん、榎本店長は、ふたつ返事で応じてくれた。
その1挺を使って島田さんがアーティストプルーフを試作した。
留之助ブラスターの製造管理を担当してくれた島田さんへは、これから製作に入るAPの売上げ純利益がギャラ代わりとなる。
つまり1年以上、プロジェクトを陰で支えてくれた彼への報酬はまだ未精算なのだ。(すみません)
とりあえずきょうは大好きな鼻先のクロースアップをひとつ。
島田節全開である。
留之助ブラスター・アップツーデート-23。_a0077842_23281924.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-29 23:28 | 留之助ブラスター
おかげさまで完成モデルも完売しました。
ハリコレさんが本日午後1時から発売した留之助ブラスター完成モデルですが、たった3分で売り切れたと聞きました。
大勢の皆さんに支持していただき、製作チームにとりましても最高の吉報、何よりのクリスマス・プレゼントになりました。
心より御礼申し上げます。
先の記事でお伝えしましたとおり、キットに加え完成モデルも完売して、あと残るは島田英承さんによるアーティストプルーフのみ。
着々と試作が進行中で、近日中にはその一部をご覧いただけると思います。

さて、突然ですが留之助ブラスターは初回200個で製造を終了することと相成りました。
追加生産の最低ロット数100個は当店にとりましてあまりにハードルが高く、加えてシリコンモールドによるキャストメタルの品質が格段に向上するとは考えにくく、精度の高い商品を提供するためには徳さんが取り組んでいる気が遠くなるような後加工と修正作業を要し、現在のような価格での提供は不可能と判断したからです。
何卒、ご理解ください。
おかげさまで完成モデルも完売しました。_a0077842_22523268.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-24 22:58 | 留之助ブラスター
おかげさまでキット・モデルは完売しました。
アーティストプルーフ8(予定)、完成モデル80、キット108、予備4、合計200のうち、おかげさまでキットはすべて完売いたしました。
ありがとうございました。
本日からキットのご注文フォームを留ブラキット・キャンセル待ちご注文フォームに変更させていただき、予約分がキャンセルとなった場合に限り、順番にご案内させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
おかげさまでキット・モデルは完売しました。_a0077842_10295474.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-23 23:59 | 留之助ブラスター
ぶっちゃけ、13日になったわけは。
じつをいうと11月二十日過ぎまで東京プレビューの開催日は12月の第1土曜日と決め、そろそろ告知しなきゃと思っていたのだが、店主の個人的な理由できゅうきょ1週間先に延ばしたのだった。
それで胸を撫で下ろしたのは、まず徳さんである。
チャーターアームズのグリップフレームにキャスト不良が多数発見されたり、完成モデル用にグリップエンドを磨いてみると中から大小のアバタが現れ、200個すべて点検してグリップフレーム同様に不良箇所をハンダで修正するという、想定外の仕事が増えたからだ。
徳さん担当の完成モデル用レシーバー回りの磨きとブルーイングだけでも相当な仕事量なのに。
ぶっちゃけ、13日になったわけは。_a0077842_16758.jpg
榎本店長もホッとした様子だった。
昼間は店番しながら琥珀グリップをせっせと磨き、閉店後は夜を徹して組み上げても1晩に1挺しか完成させられないことが分かってきたからだ。
店主がプレビューを先送りしたのは、しかし切羽詰まった状況や製品準備のための時間稼ぎとはまったく無関係なのだ。
ローマからお帰りになったばかりの大事な水野純子さまが今度はロンドンへ出かけられることになり、12月の第2土曜日じゃないとプレビューには来られないとおっしゃったから。
彼女の麗しく華奢なお手で、あのごっついブラスターを握っていただきたかった、もうただそれだけなのである。
結果、純子さまのおかげというべきでしょう、ハリコレへ搬入した店頭販売用の完成モデルが数挺増えて、プレビューにお出かけいただいたお客さま全員に滞りなくお渡しできたり、印刷所のミス続発で完成までに余計な時間がかかってしまった愛しのアイコ・パッケージも、一部エラー蓋を臨時使用したとはいえなんとか間に合った。
これがもし第1土曜日とアナウンスしたあとに1週間延期でもしてみなさい、非難轟々、考えただけでも怖くなるブラスターを取り巻く特殊な世界なのだった。
ぶっちゃけ、13日になったわけは。_a0077842_39156.jpg
完成モデルはプレビュー当日、ハリコレ店頭で30挺、オンラインでも30挺の注文が入り、いったん受け付けを締め切ったとうかがった。
あと20挺の追加をいただいたが、納品は2月になりそうだ。
キットモデルは8個しか売れなかったが、オンラインでは国内64挺、海外5挺と好調なすべり出し、ペイラインの150挺は1日でクリアできたことになる。
問題はパーツを仕分けして箱詰めするだけのつもりでいたキットモデルにも、後加工にハンダ修正という余分な仕事が増えて即納品できないこと、つまり現金回収できないということ、ようするにこんなことしていたら年末の資金繰りがショートしそうだってことなのだ。
「慣れてきたので、スピードアップできると思います」とは徳さんの頼もしい言葉。
200挺完売できたとしても、キャストメタルの品質が改善されず、いまのような後加工と修正作業が必須となるようなら、これにて打ち止めも視野に入れねばならないだろう。
いずれにしても徳さんと榎本店長の眠れぬ夜は当分続きそうである。
by tomenosuke_2006 | 2008-12-15 12:06 | 留之助ブラスター
留之助ブラスター、注文確認メール鋭意返信中です。
東京プレビューに参加くださったみなさん、高価なガン具をお求めいただいたみなさん、本当にありがとうございました。
詳しいご報告はのちほどさせていただくつもりですが、そのまえにキットモデルのご注文確認メールを24時間以内に返信できませんでしたこと、深くお詫び申し上げます。
お一人で何度も注文フォームをお送りいただいた方、注文フォームの記入もれの方など、選別しながらの作業で思いのほか手間取っております。
ただいま随時、確認メールをお送りしておりますのでいましばらくお待ちください。

下に13日の当店オンライン・ショップの注文フォーム・アクセス数をお目にかけます。
留之助ブラスターを発売開始した13時を期してアクセスが激増したのが分かります。
フォームをご覧になっただけで帰られた方が3/4以上を占めますが、瞬間最大風速3桁に達したのは当店始まって以来のことでした。
留之助ブラスター、注文確認メール鋭意返信中です。_a0077842_1475128.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-14 15:00 | 留之助ブラスター
発売前夜の留之助ブラスター。
本当にギリギリセーフ。
アイコさんの絵が感動的な専用パッケージのフタが本日午後3時に納品され、4時に荷物をまとめると、榎本店長がまずクルマで東京の徳さんち目指して出発しました。
彼ら、今夜は徹夜でキットの箱詰めをするとか、ご苦労さま。
店主は明朝、富山からANAで羽田へ向かい、プレビュー開始まえにはハリコレ入りいたします。
発売前夜の留之助ブラスター。_a0077842_1901288.jpg


箱の中身もご覧ください。
by tomenosuke_2006 | 2008-12-12 19:05 | 留之助ブラスター
東京プレビュー(展示即売会)についてのお願い。
留之助ブラスター東京プレビュー
日時:12月13日(土)午後1時
場所:ハリウッド・コレクターズ・ギャラリー
東京都世田谷区下馬6-18  TEL:03-3414-6857

12月13日の東京プレビューの直前まで時間の許す限りメタルパーツの後処理やキットモデルの箱詰め、完成モデルの組立作業に専念し、ひとつでも多くの製品版留之助ブラスターを会場のハリコレさんへ搬入する予定でいますが、当日はご希望の皆さま全員に製品をお渡しできるとは限りません。
一説には徹夜や早朝から並ばれる方もいらっしゃるのではないかということですが、寒い季節ですし、近隣への迷惑にもなりかねませんので、どうかそのようなことのないようご協力をお願いいたします。
当日午後1時の時点で購入希望者が店頭販売用にご用意させていただいた商品数を上回るような場合、抽選に切り替え、抽選券を希望者全員に配布しますので、ゆとりを持って1時までにお越しください。
抽選の場合は午後2時ごろ、ランダムジェネレーターを利用し当選者を決定させていただきます。
当日は不備のないようスタッフ一同最善を尽くしますが、どうぞ皆さまのご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
東京プレビュー(展示即売会)についてのお願い。_a0077842_19293756.jpg

留之助ブラスター・キットモデル専用パッケージ・アート
(3ヵ所にシルバーの箔押しを施すまえの印刷用原稿)
Art by Lady Aiko


お電話でのご注文とネット通販についてのお願い。

東京プレビュー当日はお電話でのご注文、お問い合わせに十分対応できないことが予想されます。
どうかこちらからネット通販をご利用くださいますよう切にお願いいたします。
キットモデルにつきましては、ご注文をいただきますと24時間以内に確認の返信メールを差し上げ、お取り引きを進めさせていただきます。
場合によっては商品発送まで1〜2週間程度お待ちいただくことがございます。
お客さまから当店へ送られたメールや注文フォームは問題なく受信されますが、一部のメールアドレスをご利用のお客さまから「(当店からの)メールが届かない」とか「迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう」といったご報告をいただいております。
とくにhotmail等のフリーメールをご利用の方に多くみられる現象のようです。
メール未着が報告されているメールアドレスは"@hotmail.com"、"@yahoo.co.jp"、"@ybb.co.jp"など。
また末尾が"ac.jp"などの学校サーバーを通したメールアドレスもそのようです。
「予約確認メールが届かない」、「発送連絡が一向にない」といったお客さまがいらっしゃいましたら、一度迷惑メールフォルダをチェックしてください。
他のメールアドレスをご利用の方も事前にドメイン名"@tomenosuke.com"をセーフリストに追加してください。
指定受信の編集が可能な場合は"tencho@tomenosuke.com"のメールアドレスを指定受信リストに追加しておいてください。
当店へメールが返ってきてしまったお客さまにはメールを再送し、電話での確認もさせていただきますが、スムーズなお取引実現のためにも、何卒ご協力をお願いいたします。
関連記事はこちら

完成モデルにつきましては、直接ハリコレさん(info@hollywood-japan.jp)までお問い合わせくださいますようお願いいたします。
東京プレビュー(展示即売会)についてのお願い。_a0077842_19301956.jpg

留之助ブラスター・完成モデル専用パッケージ・アート
(3ヵ所にシルバーの箔押しを施すまえの印刷用原稿)
Art by Lady Aiko


by tomenosuke_2006 | 2008-12-11 09:01 | 留之助ブラスター
留之助ブラスター・アップツーデート-22。
大口径バレルジャケットを販売することに決めました(背に腹は代えられません)。
キットモデルご購入の際にお求めいただけるよう、準備します。
完成モデルの換装にはある程度の技術を要しますので、腕に自信のおありの方、単にコレクションしておきたい方のみ、お求めください。
こちらのパーツはサポート対象外とさせていただきます。

留之助ブラスターに同梱させる分解組立図を大きな画像でご覧いただけるようにしました。
右のTomenosuke ブラスターのバナーから、あるいは直接留之助商店DOWNLOAD資料室へお越しください。
BOOKLETのカテゴリーに保管してあります。
こちらの分解組立図は13日(土)の東京プレビューにお越しいただいた方のうち、先着100名様に記念配布させていただきます。
留之助ブラスター・アップツーデート-22。_a0077842_2024058.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-08 20:58 | 留之助ブラスター
留之助ブラスター・アップツーデート-21。
元金型設計者さんの権利問題についてのご質問に店主がさっさと応えないでいたら、ステアーさんから申し分のないコメントが寄せられて、本当にありがとうございました。
留之助ブラスター・アップツーデートもほとんどお伝えするネタがなくなり、発売まであと1週間となったきょうは、どこかで触れようと思っていた版権の詳細や土壇場の騒動など、ちょっとした裏話を紹介させていただきます。
じつは今年春ごろから版権関係に強いハリコレのオーナーさんに権利取得で精力的に動いていただいてました。
一度はNYに出張された際、ブラスターの件だけでわざわざLAに足を運んでもらったこともありました。
完成モデルの直販をお願いしたのも、そんな経緯があってのことなのです。
お察しのとおり、留之助ブラスターはノンライセンス品です。
版権料とか権利金を支払いたくても相手がいない。
映画の権利関係専門のLAのエージェントが、ブラスターの権利者を特定できなかったといった方がより正確でしょう。
ブレードランナーとかデッカードといった映画固有の名称を商品に付さなければ誰も文句はいわないだろうとは、エージェントの言葉です。
映画の題名を商品名に用いて大きなビジネスを展開しているアメリカのレプリカ・トイ・メーカーは、権利者が特定できない商品にビジネスを保証してくれるはずの商標(映画名)を使うことも叶わず、結果ブラスターの商品化を見送ったとも聞きました。
留之助ブラスターは正道(大きな商い)を目指すも、胸を張って本名を名乗ることさえ許されない、ゆえに微々たる利益の200挺ほどが分相応な裏稼業の産物となったのでした。
留之助ブラスター・アップツーデート-21。_a0077842_118331.jpg
留之助ブラスター最大で最後の災難は挽き物のバレルジャケットが200本完成し、二重の安全対策を施すよう決めて動きはじめた11月中旬に起きました。
早い話が口径が大き過ぎた、弘法にも筆の誤りっていうやつです。
徳さんは図面を書き直し、島田さんは年末進行で大わらわのモデルファクトリーヒロさんに特急仕事をねじ込むことに。
みなさんの理解と協力で11月末には新しい挽き物が納品されて、12月13日の発売日をなんとか迎えられるところまで来たのでした。
きな臭い話になりますがバレルの原価は1本2000円、つまりx200本=40万円を破棄して、さらに40万円を投じ修正版を造ったわけですが、商品売価をこれ以上高くするのは本意ではなく、微々たる利益がさらに喰われることになったのでした。
あっ、そういえばアイコさんの箱絵(フタ)のシルクスクリーン印刷ですが、刷上りを見せてもらったらことごとく版ズレを起こしていて全面破棄。
8日(月)に仕切り直しの色校正が出るなんてことをいまだにやってます。
留之助ブラスター・アップツーデート-21。_a0077842_043721.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-07 00:54 | 留之助ブラスター