カテゴリ:Sci-Fi Classicモチャ( 95 )
フラッシュ・ゴードン・フィギュア、大挙入荷
NOW ON SALE: Flash Gordon 3 3/4-Inch Action Figure

2018-09-01のブログで紹介しました、あのフラッシュ・ゴードン・フィギュアが入荷しました。
ブリスターパック入りの4体に加え、フラッシュ・ゴードンとミン皇帝の2体ボックス・セットもいっしょです。
この2体セットには、映画の総天然色画像を応用した厚紙製のジオラマ・ステージが付属して、キッチュでいい感じの雰囲気を醸し出しています。
レッツ・プレイ・3.75インチ・フラッシュ・ゴードン!

ご注文はこちらから→https://goo.gl/ESmTfg
a0077842_21424884.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-09-13 23:51 | Sci-Fi Classicモチャ
再来、サーマル・プレデター
Return of the Thermal Predator

2年半前に好評を博したプレデターの感熱カラフル版が、バーゲン価格で再入荷しました。
製品情報は2016-02-02のブログをご参照ください。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_01125293.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-09-13 01:26 | Sci-Fi Classicモチャ
懐かしのフラッシュ・ゴードン・フィギュア、近日入荷
COMING SOON: Flash Gordon 3 3/4-Inch Action Figure

以前、フレッシュ・ゴードン・ピストル・オリジナル・カラー版の宣伝ついでにダラダラと書いた2018-05-25のブログで、『テッド』(2012年)の『フラッシュ・ゴードン』(1980年)について触れました。
LAに住みはじめた年のクリスマスだったか、『フラッシュ・ゴードン』公開当時は陳腐で冗長なストーリーに加え、ド派手で悪趣味な衣装やセット、サム・ジョーンズの目を覆いたくなるようなヘタクソなお芝居が、ある意味、尋常じゃなさすぎて、ぐうの音も出ないというか、話題にする気さえ起きなかったものです。
が、年を重ねるというのは寛大になるということでしょうか、忘れっぽくなるということでしょうか、青春時代の思い出がすべて美化されて甦り、いいとこはクイーンの音楽だけだと思っていた『フラッシュ・ゴードン』も、いまではこんなフィギュアまで仕入れてみようなんていう気に変わったのでした。
というか、こんな3.75インチ・フィギュアが作られていることに驚いた次第です。
9月中旬入荷予定。
a0077842_13010107.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-09-01 13:04 | Sci-Fi Classicモチャ
猿の惑星・自由の女神プレイセット
Planet of the Apes - Statue of Liberty Action Playset

猿5月、大好評のうちに売り切れたスーパーセブンのリアクション・フィギュア『去るの惑星』6点セット
ご購入のみなさんは、その後、いかがお過ごしでしょうか。
SF怪奇イラストレーターのエド・レピカがデザインしたブリスターを壊すのがいやで、そのまま大事にコレクションしていらっしゃる人の方が多いかも。
でも、これを機に開封しちゃってください。
7月のSDCC 2018で先行発売された猿の惑星のジオラマ・プレイセット。
レピカが描いた自由の女神のカットアウトに、岩場のステージを取り付けて、6人のキャラクターを飾りましょう。
プレイセットはほしいけれどブリスターを破るのはイヤっていう人は、この際、追加入荷の6点セットもついでにお求めください。
9月下旬の入荷を予定しています。
a0077842_13390510.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-08-20 13:41 | Sci-Fi Classicモチャ
スタトレ・オリジナル・シリーズのティキ・ティキ・トーテム
Tiki Tiki Totem Stackable Wooden Figures

当ブログでスター・トレック・モチャの紹介は、U.S.S.エンタープライズ号寿司セット以来でしょうか。
で、今度の変なのは、店主の少年時代に『宇宙大作戦』と呼ばれていたオリジナル・スター・トレックの6人のメーン・キャラクターが、それぞれ高さ77ミリの木製フィギュア化されて、積み上げればトーテムポールにもなるというスタトレ・ティキ・ティキ・トーテム。
同じ顔のかたちなのに、よくもまあここまで特徴をとらえたものだと感心させられてしまいます。
入荷は7月になってから。
でも、パヴェル・チェコフがいないのが、ちょっとさびしい。
a0077842_21232212.jpg
a0077842_21221997.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-06-13 21:25 | Sci-Fi Classicモチャ
ロケッティアとベティ・ペイジ初の共演スタチュー、予約を承ります
PRE-ORDER: Rocketeer and Betty Statue

ロケッティアの生みの親であり、ベティ・ペイジを描かせても最高なら、自作コミックスの中で両者を大胆にも共演させて、その奇想天外なアクション・ラブ・ロマンスでますますファンの心を鷲掴みにした天才アーティスト、故デイブ・スティーブンス
8年前に当ブログで取り上げて以来、スティーブンスの絵を原案にしたロケッティアやベティ・ペイジのスタチュー作品を積極的に紹介してきましたが、今回だけは出遅れてしまいました。
お恥ずかしいことに、お客さまからお問い合わせをいただいて、はじめてこんな傑作を知った次第なんです。
スティーブンスの熱烈な信奉者であり、また彼の再来ともいわれている若手コミック・アーティスト、ポール・ローマン・マルティネスによるファン・アートを下敷きにしたロケッティアとベティ・ペイジ初の共演スタチュー。
去年NECAから発売された『ブレードランナー2049』のデッカードとオフィサーKのアクション・フィギュアの原型師であり、自称ポートレート・スカルプターのトレバー・グローブが立体化を請け負いました。
ロケットパックからの排気炎がスタチューのステーの役目を果たし、作り込みも十分 なら、ベティの豊満な下半身の表現も完璧で、脱げ落ちそうなパンプスの芸の細かさ には、もう涙ぐんでしまいます。
全高34センチ、ポリストーン製、入荷は9月ごろ、さっそく予約を承ります。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/
a0077842_02030571.jpg
a0077842_02000754.jpg
a0077842_02001443.jpg
a0077842_02044318.jpg
a0077842_02045218.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-05-30 02:35 | Sci-Fi Classicモチャ
『猿の惑星』誕生50周年記念フィギュア
Planet of the Apes ReAction Figures Wave 1

去年公開の『猿の惑星:聖戦記』がとても好きなんですが、その最たる理由は『聖戦記』がオリジナル『猿の惑星』(1968年)の見事に計算されたプリクエルであり、ついでにオリジナルのキャラクターたちの幼い頃にお目にかかれて、大いに心くすぐられたからだと思っています。
同時にオリジナルを初めて観た時の驚きと感動さえ思い起こし、そういえばあの時、店主はまだ高一になったばかりのウブな田舎の少年で、趣味は映画とモデルガンだったなぁなどと、いろんな記憶がとりとめもなく去来して、ついにはあれからきっかり50年もたったんだと思い知る羽目になったのでした。
光陰矢の如し・・・できればこんな故事ことわざの意味なんて知らずに生きていたいと思ってたのですが、「月日のたつのは、矢が飛ぶように早い」を否が応にも実感させてくれたのが『猿の惑星:聖戦記』であり、先ごろ『猿の惑星』誕生50周年を記念してSUPER 7が発表した6体のフィギュアなのでした。
イラストレーター、エド・レピカのレトロなブリスターカードが郷愁を誘います。
うれしいような、さびしいような、複雑な気持ちで発注かけました。
入荷は5月上旬の予定です。
a0077842_11032634.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-04-05 11:14 | Sci-Fi Classicモチャ
デッドリー・スポーン公式ミニフィギュア
The Deadly Spawn Mini by Justin Ishmael

デッドリー・スポーン』が製作国のアメリカで公開されたらしい1983年といえば、前職の関係でハリウッドに住んでいたのですが、いや、ぜんぜん知りませんでした。
とくにこの種の映画には敏感だったはずなのですが、初見は帰国後しばらくたって、牙だらけの巨大な口がドアップの激しいビジュアルのパッケージに魅せられレンタルしたビデオで、でした。
元はアマチュア製作の16ミリ映画ながら、SF愛、モンスター愛みなぎる奇っ怪作で、ジョン・カーペンター x ダン・オバノンの『ダークスター』(1974年)やデヴィッド・クローネンバーグの『シーバース』(1975年)やデヴィッド・リンチの『イレイザーヘッド』 (1976年)をはじめて観た時に等しく、とんでもない新人映画作家に出会ったような興奮を覚えたものです。
が、残念ながら70年代の天才たちはその後、大きく飛躍するのですが、『デッドリー・スポーン』の原案・脚本・監督のダグラス・マッケオンはデビュー1作で消えてしまいました。
いまは何しているんでしょうかと、思ってしまいます。
とにかくそんな『デッドリー・スポーン』のあの懐かしいモンスターのフィギュア化権を、先ごろLA在のモチャ作家ジャスティン・イシュマエルが取得して作ったのが、このデッドリー・スポーン・ミニなのでした。
話によると、ジャスティン自ら真心込めて彩色したとか。
4月中旬、入荷の予定です。
a0077842_20453711.jpg
ところで『シーバース』がはじめて日本公開されたのは1970年代の終わり、TVで『人喰い生物の島』という題名で放映されました。
店主としては、その野蛮な題名が頭にこびりついて離れません。
アメリカでの公開題名は『They Came From Within』といい、『シーバース』はクローネンバーグの出身国であり当時の本拠地カナダでのオリジナル題名で、日本ではビデオがリリースされた際に採用されたと思われます。

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-03-31 17:28 | Sci-Fi Classicモチャ
3.75インチ・エイリアン新ブラインドボックス、予約受付中
PRE-ORDER: Alien Blind Box Xenomorph ReAction Figures Wave 2

前シリーズは3色でしたが、今作はシークレットを含む4色構成。
開けてみるまで分からないブラインドボックスに、下の画像の左からブラッド・ムーン(皆既月食)版、ドゥワーフ・スター(矮星)版、スペース・ダスト(宇宙塵)版、シークレットのスーパーノーヴァ(超新星)版のいずれかが封入されています。
こういう変色エイリアン・ゼノモーフも、たまにはいいと思います。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/1jTn31
a0077842_01282965.jpg
a0077842_01283357.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-03-30 10:49 | Sci-Fi Classicモチャ
ヒッチコックの3.75インチ・アクション・フィギュア、その他
Alfred Hitchcock ReAction Figure and more 3.75-inch

こんなの売れるのかなぁと思いつつ、4年前の2月に取り寄せた3.75インチのヒッチコック・フィギュア
予想に反して大好評だったのですが、いかんせんブートレグで入荷数も少なく、発売と同時に売り切れて、その後も何人かの物好きさんからお問い合わせをいただいたのですが、ご希望に添うことはできませんでした。
ところがです、エイリアン・3.75インチ・アクション・フィギュアのSUPER 7がヒッチコックの公式フィギュア化権を獲得して、堂々発売しちゃったからうれしいじゃありませんか。
しかもブートレグの何倍も似ているし、右手には巨匠好物の太くて長い葉巻を握り、1963年の傑作『』のカラスがオマケに付くという凝りよう。
そんなヒッチコックついでに、同時発売の1922年に作られたドイツ表現主義ホラー映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』も注文しました。
いずれも白黒映画風仕上げ、4月中旬入荷です。
a0077842_22450274.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-03-28 06:08 | Sci-Fi Classicモチャ