カテゴリ:PCモチャ( 19 )
iBot G3、入荷します
iBot G3 from Classicbot

香港のオールドMacファン、フィリップ・リーが立ち上げたブランドClassicbotの最新作、iMac G3、じゃなかった、iBot G3が入荷します。
あのセンセーショナルなデビューから、かれこれ20年以上もたつんですね。
初代iMacが発売されたのは、1998年8月15日でした。
15インチCRT搭載の一体型筐体をはじめ、キーボード、マウス、電源ケーブルにいたるまでカラフルでスケルトンでオモチャっぽくもあり、パソコンの概念を根底から塗り変えました。
Appleに戻ったスティーブ・ジョブズの元で、ジョナサン・アイブがデザインした最初のコンピュータがiMac G3だったのです。
ま、本体にマッチさせるべくデザインされた付属の丸いマウスと短いケーブルにはイライラさせられることもありましたが、とにかくパソコンのある風景が明るく一変したのは確かです。
iMac G3を部屋に置きたくてパソコンをはじめたなんていう人も、大勢いたように記憶しています。
パソコンと人の距離が、iMac G3で圧倒的に縮んだのでした。
a0077842_19515621.jpg
で、iBot G3なんですが、本体の高さ8センチというサイズのわりには侮れない作り込みようで、iMac G3のユーザーだった人なら心底驚かされること必至です。
半透明のプラスチックで成型されて、カラーリングから特徴的な曲線まで忠実に再現されています。
さらにCRT、イーサネット接続ポート、底部の換気ファンさえも半透明の筐体を透かして見えるのです。
前作のクラシックボット・クラシック同様、手足はマグネット内蔵で着脱可、ミニ・iMac G3にトランスフォーメーションします。
いまのところボンダイ・ブルーとタンジェリン・オレンジ(なんて懐かしい呼び名でしょう)の2色が作られ、どちらもタップリ入荷の予定です。
楽しみにお待ちくださいね。
a0077842_00232539.jpg
ところで最近は、huluで毎週土曜日配信の『ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心』にハマってます。
1980年代はじめのパソコン革命を架空の企業の視点で描くヒューマンドラマ(huluの番組紹介文を引用)で、パソコン史的には辻褄が合わない点も多々あるのですが、細かいことはそこらにうっちゃって、大いに楽しめます。
2014年にスタートしたシリーズで、4シーズン全10話ずつ製作され、アメリカでは去年完結したといいますが、現在huluではシーズン1の第9話まで観られます。
で、最新第9話のエンディングがこれまたシビれました。
世界初のポータブルPCを開発していた主人公たちの前に、思いもかけない伏兵が現れるのです。
それが、世界を変えた1体型パソコンiMac G3の先祖、マッキントッシュ・クラシック(クラシックボット・クラシックの元ネタ)の、そのまたルーツのMacintoshの名前が使われた最初のコンパクトMac、マッキントッシュ128Kなのです。
メーンキャストのひとりで天才プログラマーを演じるのが、『ブレードランナー2049』で娼婦を演じたマッケンジー・デイヴィスというのも、このシリーズにハマった原因のひとつかも。
もう、今度の土曜日が待ち遠しくてしかたありません。


by tomenosuke_2006 | 2019-03-03 12:23 | PCモチャ
トラッシュボット・アンド・フレンズ、入荷
JUST ARIVED: Trashbot and Friends by Philip Lee

近日入荷と言っておきながら、実際の発売までに丸っと7ヵ月もかかってしまいました。
クラシックボット・クラシックの新しい仲間、トラッシュボット・アンド・フレンズが入荷です。
でもこのモノクロ・アイコンをモチーフのオブジェモチャに懐かしさを感じる人って、けっこうなお年寄り?
相当長いMacの愛好家でしょうね。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/PhftWR
a0077842_23480327.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-11-24 23:44 | PCモチャ
クラシックボットの新しい仲間、近日入荷
COMING SOON: Trashbot and Friends by Philip Lee

Mac OSのことを"漢字Talk"なんていっていた90年代のころから、APPLE PCを使っていた人には、とくに懐かしいのではないでしょうか。
今年の初荷だったと思います、元旦に発売すると同時に注文が殺到したクラシックボット・クラシックの新しい仲間が入荷するのです。
その名もトラッシュボット・アンド・フレンズ。
ゴミ箱をはじめ、メールやフロッピーディスクやフォルダや、あのシステムエラー発生時に表示された憎っくき爆弾マークなど、むかしのMacのデスクトップを飾った8ビットの代表的アイコンを、クラシックボット・クラシックの作者、フィリップ・リーが本物のデスクトップ・アクセサリーにしてしまったのです。
中でもゴミ箱のクラッシュボットは、蓋を開けるとペン立てにもなる働き者。
入荷を楽しみにお待ちくださいね。
a0077842_00055093.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-04-17 23:59 | PCモチャ
新春第1弾はこれ、クラシックボット・クラシック
NOW ON SALE: Classicbot Classic by Philip Lee

2017-11-07のブログで紹介のMacintosh Classicなフィギュア、クラシックボット・クラシックの発売で、2018年はスタートです。
お求めはTomenosuke Storesで、売り切れの節は入荷新着情報からご予約ください。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/QKpo8U
ご予約はこちらから→https://goo.gl/i2bz3g
a0077842_20053066.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-01-01 20:36 | PCモチャ
クラシックボットのクラシック、近日入荷
COMING SOON: Classicbot Classic by Philip Lee
a0077842_22412058.jpg
こういうモチャが出たりすると、ついあの頃を思い出してしまうわけです。
留之助商店を開業する前なので、かれこれ12、3年?
いや、もっと昔でしょうか。
最初期のMacintoshをはじめ、SEやClassicやColor Classicなど、一体型コンパクトMacが可愛すぎて手放せず、アメリカからデッドストックの筐体を取り寄せたり、秋葉原でドーピング用のパーツを仕入れたりして、レストアするのに夢中になった時期がありました。
まだオブジェモチャに巡り会うまえ、リチャード・コイルさんのレジン製ブラスターに感激していたような時代でした。
というわけで、昔日を思い出しつつ、ご紹介させていただきます。
香港のオールドMacファン、フィリップ・リーが立ち上げたブランドクラシックボットの第1回作品"クラシック"。
第3世代のコンパクトMacのクラシックをモチーフに、ABS樹脂でミニチュア・モデル化(本体の高さ10センチ)。
腕は磁石内臓で着脱可能、足は本体底の穴に軸を差し込む仕様です。
フォントスーツケースと角形マウスボットのほか、完璧な外観に仕上げるためのロゴステッカーも付属します。
この後も、iMac G3風も計画されているようで、目が離せません。
入荷を楽しみにお待ちくださいね。
a0077842_22331418.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2017-11-07 22:43 | PCモチャ
クパチーノのビーナスという名のiPadアクセサリー
機能や耐久性を重んじるあまり、結果、金属パーツの素っ気ないスタンドに立てかけてiPadを使ってきたけれど、これからは柔らかいマットレスのようなお肉自慢の彼女に抱かせてみよう。
その名はVenus of Cupertino(クパチーノのビーナス)。
ディスプレーを正面から見ようとすると左右に育った背中の脂肪がジャマするし、お腹まで垂れ下がった超たわわなオッパイはホームボタンを呑み込んでしまう。
ゆえに機能を求める人には絶対不向きだし、硬質レジンキャストとはいえ、落とせば必ず割れる。
ようするに、これまでのドッキング・ステーションの概念とは一線を画す"美しくふくよかな"iPadアクセサリーなのだ。
作者は古典的な彫刻技術と最新鋭の3Dプリンティングの両刀を巧みに使いこなすロンドン在のアーティストScott Eaton(スコット・イートン)。
映画界での活躍もめざましく、最近ではスピルバーグの『戦火の馬』をはじめ、『タイタンの戦い』『タイタンの逆襲』『ハリー・ポッターと死の秘宝』『キャプテン・アメリカ』などのVFX部門で主要なキャラクター造形を担当した。
そんなスコットが愛情こめて創りあげた全裸でiPadを見やるクパチーノのビーナス、アップルストアではたぶん買えない芸術みたいな玩具みたいなiPadアクセサリーのお求めは、留之助におまかせを。
ちなみにこれは第2、3、4世代の30-pinアダプタはもちろんのこと、最新Lightningコネクタも使える便利この上ない仕様となっている。
a0077842_23452975.jpg
This sculptural docking station is a true work of art—an ode to the curvaceous forms and symbolism of the ancient Venus figurines. The work of artist and designer Scott Eaton, she’s cast by hand in museum-quality resin, ready for easy syncing and charging, and to support your tablet so it (and you) will be nothing short of prolific.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-07-16 00:11 | PCモチャ
Apple IIcのLEGOキットも
実機を弄ったことのない店主には見た目だけの話しかできないけれど、Macintosh 128Kと同じ年に登場したApple IIcくらいベッピンなマシンはないと思うのだった。
それはインダストリアル・デザイン集団 frogdesign による記念すべき最初のアップル製品であり、5インチのフロッピードライブが内蔵されたコンパクトでスタイリッシュなキーボード一体型のケースにはポータブル・タイプライターのようなハンドルまで付いて、専用スタンドに9インチ・フラットパネル・ディスプレーを載せれば、世界でいちばん美しく拡張性の高いマイクロ・コンピュータの一丁上がりなのだ。
a0077842_2134126.jpg
そういう Apple IIc もChris McVeigh(クリス・マクヴェイ)によってLEGOキット化された。
その名はMy First Computer Two Seeds Edition(トゥーシーズ=IIc版)、初代Mac版より多い254ピースで入荷は8月上旬、オンライン組立てマニュアルは近日公開の予定とのこと、続報をお待ちください。



A Lego retro computer building kit custom designed by Chris McVeigh. 254 pieces, shipped in a sturdy cardboard box. Building instructions will be available soon. The computer unit is approximately 3 x 3.5 x 0.75 inches (8 x 9 x 2 cm) in size. The display is approximately 2.5 x 3 x 3.75 inches (6.5 x 7.5 x 10 cm) in size.
a0077842_22145028.jpg
a0077842_221503.jpg

by tomenosuke_2006 | 2013-07-15 22:05 | PCモチャ
初代MacのLEGOキットが入荷する
むかしのMacって画面は白黒2値(グレー階調不可)で512×342ドット表示、HDDなんて載ってはおらず、代わりにOSと1、2個のアプリケーション(MacWriteとMacPaint)を収めた400Kバイトの3.5インチ・フロッピーディスクで動いた。
火を入れるとやや甲高い"ポーン"という起動音がして、画面中央に"?"マークが描かれたフロッピーディスク・アイコンが現れる。
そこでフロッピーを入れるとコリコリとディスクを読み込む音がして、ピカソMacのアイコンの横に"Welcome to Macintosh."と書かれた起動画面が表示され、しばらくするとFinder画面に切り替わる。
で、フロッピー内のアプリケーションを起動するという仕組みだ。
もちろんひとつのアプリケーションしか動かせないシングル・タスク。
それでもコンピュータで絵や文字が書けるだけで感動したのだった。
a0077842_21532027.jpg
1984年、MacPaintで書いた"hello"の文字を画面いっぱいに表示し、"Introducing Macintosh. For the rest of us."のキャッチ・コピーとともに登場した初代Macintosh 128K。
ちなみにコピーの全文は"Of the 235 million people in America, only a fraction can use a computer... Introducing Macintosh. For the rest of us."といい、訳すと「2億3500万人のアメリカ人のうち、コンピューターを使えるのはひと握りの人々。でも、ぼくたちだって使えるはず...そんなみんなのために紹介します、Macintosh 」ってことになる。
箱ぞりのようなかたちのマウスはごついコネクタで本体裏にネジ止めされ、キーボードから伸びた電話機を思わせるカールコードは本体正面のモジュラージャックへ。
裏蓋を開ければジョブスやウォズニアックをはじめ、モールド処理された開発者たちの誇らし気なサインの寄せ書きまで現れて、すべては遠い昔の思い出だ。
なんてことをツラツラ書いてしまったのは、ぎこちないながらもマシンとの共生を楽しんだあの頃が甦る傑作モチャに出会ったからなのだった。
その名もMy First Computer(ぼくの最初のコンピュータ)。
ノースカロライナ在のイラストレーターでモチャ専門写真家で、LEGO・ビルダーとしても知られるChris McVeigh(クリス・マクヴェイ)がデザインした204ピースからなるレトロ・コンピュータ・ビルディング・キットなのである、素晴らしすぎる。
すでに組立てマニュアルがオンラインで公開中だ、一見の価値大いにあり、入荷は今月末。
a0077842_2294333.jpg
A Lego retro computer building kit custom designed by Chris McVeigh. 204 pieces, shipped in a sturdy cardboard box. This kit includes a grey display with "hello" decal, a slide-out logic board, and cabling for the keyboard and mouse. The main unit is approximately 2.75 x 2.5 x 4 inches (7 x 6.5 x 10 cm) in size.
by tomenosuke_2006 | 2013-07-07 00:34 | PCモチャ
ジョーレッドのミスター・バニー・フォトラボHD
a0077842_23252329.jpg
Joe Ledbetter(ジョー・レッドベター)ファンには見逃せない、大人も子供も楽しめるAppの登場だ。
ダウンロードはApp Storeで。


by tomenosuke_2006 | 2013-02-26 23:45 | PCモチャ
喪に服しながら、オールド・マックと戯れる。
スティーブ・ジョブス逝去の報に触れ、きのうまでボンヤリ過ごしていた。
facebookで友人たちのコメントを眺めたり、ニュースサイトを覗いたり、ふいに古いマックに会いたくなって物置の奥をまさぐりはじめた。
いろいろ取り出し、ホコリを払い、汚れを拭いて、試しに火を入れてみた。
Macintosh Plusは起動用のフロッピーが見当たらず、SE/30はウンともスンとも。
Macintosh Classic IIが"チーン"という軽い起動音を発し、動きはじめた。
"Welcome to Macintosh"の文字を目にした時には青春時代が甦ったような気がした。
モノクロ2階調の画面左下から機能拡張のアイコンがパコパコっと出ては消える。
ためしにカーソルを左下へ移動すると、フライング・トースターが現れた。
翼のついたトースターが食パンを追いかけて宇宙空間を飛ぶスクリーンセーバーが懐かしすぎる。

古いコンピュータほど実用に不向きなものはない。
新しいモデルに触れるたび、古いモデルでは飽き足らなくなり、その結果が物置の何台ものオールド・マックなのだった。
ではなぜマックを、地上波デジタル未対応のブラウン管のテレビのように普通に廃棄しないのか、長年棄てられないでいるのか。
理由は簡単だ、それは単なるマスプロダクツではないから。
スティーブ・ジョブスという無類なアーティストの魂が宿るブランド"Apple"の、まごうかたなき作品だからだ。
とくに1984年のマック1号機、Macintosh 128Kの意匠を受け継ぐ一体型コンパクト・マックたちが愛おしい。

実用に不向きといえば、オブジェモチャもしかり。
しかしモチャたちにも、Apple製品のように創造性に富み、心を豊かにしてくれる傑作がある。
そんな傑作との出会いが楽しくてオモチャ屋を開業したのだ。
とりあえずMacintosh Classic IIをオモチャで溢れる仕事場のいちばん目立つ場所に置いて、フライング・トースターでも走らせながら故人を偲ぶことにする。
a0077842_1423161.jpg
I dragged out an old Mac computer from the depths of storeroom. Nothing is more unsuited for practical use than an old computer. That’s why the old Mac computers just kept accumulating in the storeroom. But an old Mac computer is something that cannot be just thrown away like old Braun tubes. For, it is not a simple product of mass production but is the work of Apple having the soul of the incomparable artist called Steven Jobs. Speaking about the things which are not suitable for practical use, the Designers Toy also belongs to the genre. But the toys also have some masterpieces that are full of creativity and enrich the mind like the Apple’s products. It was because of my love of encountering such toys and creators that I opened the toy shop. For the time being, I’ll place the Macintosh Classic II in the most noticeable place of the work site that is filled with toys, while feeling nostalgia for the departed and running the Flying Toaster.
by tomenosuke_2006 | 2011-10-08 23:25 | PCモチャ