カテゴリ:イマモチャ( 1509 )
ゴリラズ Gorillaz
店主53才が記憶をたどりながら60年代の話をするのはフツーだろうけれど、ヴァーチャル・バンドゴリラズ Gorillazについて、あるいはその名前を出すだけで、なんか、ブッてるおじさんのように思われそうで気がひける。
とにかく店主は初代iPodからの敬虔なるユーザーだから、2005年5月、アップルのサイトでiPodの新しいCMをみるのは自然の成り行きだった。
で、バックに流れるいい感じの音がゴリラズで、それがイギリスのバンド、ブラーのデーモン・アルバーンとアニメ作家ジェイミー・ヒューレットが仕掛けたヴァーチャル・バンドのものだと知るまでに、それほど時間はかからなかった。
むしろキッドロボットから売り出されていたゴリラズという名のフィギュア4点セットの全貌を、iPodのCMきっかけで知ったのだった。
そのゴリラズの通算3作目と4作目の新作フィギュアが相次いでリリースされる。
もちろん留之助商店でも本家キッドロボットと同日発売の予定。
a0077842_936362.jpg
値段は2D(ボーカル・イギリス人24歳)、ヌードル(ギター・大阪出身の日本人10歳)、マードック・ニカルス(ベース兼リーダー・イギリス人32歳)、ラッセル・ホブス(ドラムス・NY出身のアメリカ人27歳)の4キャラ・セットで、通算3作目のCMYKエディションが14,400円、4作目のWHITEエディション(上の写真)が17,400円となる。
前2作で使われたモールドは破棄され、新作は新しいデザイン(彫刻)と新しいモールドで作られる。
限定数は前2作同様、各キャラ2000個ずつで、いっきにソールドアウトになりそうな気配である。
ちなみに当店では1作目のBLACK(下の写真左)と2作目のREDエディション(写真右)を、それぞれ1セットずつ在庫している。
世界のどこを探しても、もはや見つけることがほとんど不可能なコレクションである。
a0077842_10142334.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-10-13 10:19 | イマモチャ
キッドロボットの新作、ウェスタンもの。
初公開時はもちろん、リバイバルのときも映画館に足しげく通い、その後もビデオやDVDを買い、いやっていうほど繰り返し観てきたマイ・フェヴァリット・ムービー。
寝るまえにつけたWOWOWで偶然やってたもんだから、つい最後まで、ぼんやり付き合ってしまった、昨夜のこと。
これって、ヒマだからという理由では絶対ないと思うのだけれど。
あなたも、そんな経験ありませんか?
DVD持ってるんだから、その気になればいつでも観られるというのに、たまたまTVでやってたというだけで、観てしまう。
新作と対面するときのような胸の高鳴りなどいまはなく、どんなに起伏に富み、危険で緊迫した場面が連続しようとも平気、何も期待しない、いつでもトイレに立てる。
電話がかかってきたら、迷うことなくボリュームを下げるか灯を落とすことさえできる。
観なくてもすむけれど、でも、あれば観る。
べつにお腹が空いてるわけでもなければ、どうしてもそれを食べたいというのでもない、そこにあったからムシャムシャしまいまで食べてしまうかっぱえびせんのような感じ、ようするに生理的。
理屈抜きの、むしろ感覚や本能に従い観る映画。
前置きが長くなってしまったけれど、そういうマイ・フェヴァリット・ムービーの1本が昨夜のワイルドバンチ(↓ 店主高校1年生の1969年公開)なのだった。
a0077842_5363757.jpg
バイオレンス映画の巨匠サム・ペキンパー監督作品。
西部劇の最高傑作とか、最後の西部劇といわれているが、店主にとっては、もはや、かっぱえびせんの如き映画である。
ワイルドバンチは当時乱作されていたマカロニ(イタリア製)ウェスタンを蹴散らす本家アメリカの最終兵器だった。
高1の店主にとっては、それよりもまえに公開され、マカロニ・ウェスタン・ブームの火付け役となったセルジオ・レオーネ監督&エンリオ・モリコーネ音楽&クリント・イーストウッド主演による“荒野の用心棒”(1964年)と“夕陽のガンマン”(1965年)と“続・夕陽のガンマン”(1966年)の、もっとも重要なマカロニ3部作を初公開時に見逃し、サントラ聴いて我慢するばかりだったから、ますます“ワイルドバンチ”に取り憑かれたというよりは取り憑いたのかもしれない。
そんな3作品のうち、リバイバルだったかTVだったのか、いまでははっきりしないのだけれど、最初に観たのが“続・夕陽のガンマン”である。
原題The Good, The Bad and The Ugly(善い奴、悪い奴、汚ない奴)のとおり、3人のガンマンの物語。
善い奴(とはあまり思えない)がイーストウッド、悪い奴がリー・ヴァン・クリーフ、汚ない奴がイーライ・ウォラックという絶妙の三角関係で、銃を頼りに大金を奪い合う見せ場たっぷりのアクション大作。
絵付きでモリコーネの音聴くのも、また格別だった。
a0077842_8432096.jpg
もうじきキッドロボットから届く荷物の中に、これがシリーズ10作目のキッドロボット3点セット(各800個限定)がある。
じつはこの新作、ウェスタンのコスチュームに身を包み、その名もThe Good, The Bad and The Ugly・・・“続・夕陽のガンマン”のタイトルをいただいているのだ。
デザイナーはおなじみのホアック・ジー。
映画の3キャラをモデルにしたというよりは、西部劇ごっこを楽しむかわいい少年のよう。
例によって付属のアクセサリー類も手が込んでいて、早くイジってみたい。
日本ではまだまだ無名のこのシリーズだが、当店ではシリーズ3と4(それぞれ1種類ずつ)以外はぜんぶ在庫している、いまのところ。
古いシリーズはレア過ぎて、これから見つけるのは至難の業だ。
あったとしても、プレミアがついてあまりにも高額。
やっぱり限定のオブジェモチャは発売時に買うのがいちばん賢いのだと、ついセールストークになってしまう商売熱心な店主なのでした。
a0077842_9504021.jpg
いまではけっこうなボリュームに成長したキッドロボット・シリーズの紹介、近いうちにさせていただきます。
強硬で、魂に刺さるような本物の映画・・・何度でも繰り返し観たくなるような映画になかなか巡り合えないばっかりに、いつの間にかオブジェモチャ仕入れることが、かっぱえびせんと化したこれまた商売熱心な店主でした。
余談ですが、アメリカではマカロニ・ウェスタンのことをスパゲッティ・ウェスタンっていうの、知ってました?
by tomenosuke_2006 | 2006-10-07 10:28 | イマモチャ
M.O.D. ダニー。Nさんのコメントへのレスをかねて。
Nさん、とうとうダニーを養子にされましたか。
ひとりぽっちはさびしいですから、またひとり別のお洋服着た子を、さらにちがう顔の子をと、どんどん兄弟、増やしてやってくださいね。
ところでベースマン父さんの赤いダニーは通称M.O.D. と呼ばれ、去年2005年の秋、このシリーズではいちばん多い3000個限定でリリースされたものです。
その少しまえの夏、SDCC限定版の黒バージョンが300個だけ会場で売られました。
ちなみに当店には、そのコミコン会場で行われたベースマン父さんのサイン会で入手したサイン入り黒M.O.D.の在庫もございます、念のため・・・。
ついでですからM.O.D.の意味などについてご紹介させていただきます。
M.O.D.とはManifestation of Desireのイニシャル。
“願望の現われ”とか“願望の出現”とでも訳せばいいでしょう。
ベースマン作品の特徴に“表裏一体”というのがありまして、つまり表面的な愛くるしさと、内なる欲望やセックスへの願望を同時に表現するというもの。
にいぜきさんのおっしゃるエッチな感じこそ、M.O.D. ダニーのダークサイド。
ベースマン作品の、いちばん“らしい”ところなんです。
一粒で二度おいしいM.O.D. ダニー・・・店主のツボにピタッときてます。
もひとつついでに、ベースマン作のWHITE BEAR QEE(写真右)も紹介しておきますね。
ますますエッチ?
ダークサイドが下腹部に顕著にあらわれております。
a0077842_9305033.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-10-04 09:39 | イマモチャ
今度のハロウィンにダニーの新作、出ます。
a0077842_10242284.jpg
10月中旬、ひさしぶりにフランク・コジック作の8インチ・ダニーが発表になります。
Redrum=レドラム(予約特価5,800円)。
ダニーシリーズの中では多めの2000個限定で、当店でもキッドロボットと同じ日に発売です。
2004年に発表された3インチ版に同じデザインのダニーがいたり、そのバリエーションのスモーキンラビット(サイン入りが当店に1個在庫あり)が今年100個だけ限定で出たりしましたが、店主好みの8インチがやっと製品化されました。
その発売日には、売れるかどうか分かりませんが、3インチが発表されたときに記念で作られたレドラム・ダニーの大判ポスターで、コジックが50枚だけサインしたうちの1点(予価75,000円)を額装して飾る予定です。
a0077842_14154180.jpg
ちなみにレドラムとは、スティーブン・キングのモダンホラー小説“シャイニング”に出てくるMURDER(マーダー=殺人)を逆読みした造語。
不思議な能力(シャイニング)を持つ少年ダニー(フィギュアと同じ名前)が、冬、雪に閉ざされるコロラド州ロッキー山上のリゾート・ホテルで起きる惨劇を予感し、「レドラム、レドラム」と取り憑かれたように口にする印象的な言葉である。
ま、今回のレドラム・ダニーは、少年ダニーではなくって、邪悪な霊に乗っ取られて殺人鬼と化す父親といったところだろうか。
にしてもバナナじゃ、斧のかわりにはなりませんが。
ご存知のようにキングの小説はスタンリー・キューブリックによって1980年に映画化され、賛否両論を巻き起こした。
たとえば小説の見せ場だったシャイニングの描かれ方が希薄になり、一見、どこにでもありそうな怨霊映画だと評されたりした。
LAに住み始めたばかりのころの店主は、ダニーの父親ジャック・ニコルソンが殺人鬼へと変じていく様に恐れおののき、人間を語るこういう“シャイニング”もありかと思ったものだ。
キューブリック版をいちばん非難したのは原作者のキング自身で、1997年、ついに自らTVミニシリーズ用に脚本を書き下ろし、ミック・ギャリスが監督した。
以前、ビデオで観たが、まぁ、こんなもんかと思っておしまい。
映画のようなインパクトはなかったなぁ、ミックには悪いけど(馴れ馴れし過ぎ?)。
ミックはそのむかし、映画の宣伝マン(パブリシスト)をしていて、駆け出しの映画ジャーナリストだった店主をいろいろ助けてくれた恩人のひとりだった。
まだ東京に住み、たまにLAへ遊びに出かけていた1970年代の終りごろ、“ザ・フォッグ”の主演女優エイドリアン・バーボー(監督のジョン・カーペンター夫人)に引き合わせてくれたり、“ニューヨーク1997”では憧れのカーペンター様へのインタビューをセットアップしてくれた。
“ザ・ハウリング”のジョー・ダンテ、“スキャナーズ”のデイヴィッド・クローネンバーグ、“狼男アメリカン”のジョン・ランディスたちディープな監督と仲よくなれたのもミックのおかげだった。
いつかは映画監督になりたいと常々口にしていたナイスなカリフォルニアン、ミック・ギャリス・・・コジックの人をくったような新作ダニーの写真を見ていたら、つい、いろいろと思い出してしまったのでした。
by tomenosuke_2006 | 2006-10-02 10:30 | イマモチャ
Frank Kozik
a0077842_033692.jpg
今年2月、フランク・コジックのサイン会がSFのkidrobotで開催された。
彼がサインをしたのは70個限定のスモーキンラビット・ボンデージ版。
早朝から熱心なファンが集まりはじめ、午前11時の開店と同時に売り切れた。
ベースになっているのは10インチのスモーキンラビット。
いままでにも同じサイズの色ちがいや、去年のSDCCでは蛍光版が出たり、パリのセレクトショップcolette限定(激レア)なんてのもある。
で、今度のスモーキンラビットは、黒のSMコスの間から肌色の皮膚のぞかせる、くわえタバコのあぶないヤツ。
アナーキーなコジックらしい、10インチ・スモーキンラビットの最高傑作といえる。
この10インチ・スモーキンラビットのシリーズは、ダニーに次ぐ留之助商店のお気に入りだから、開店のあかつきには絶対コンプリートしてお披露目したい。
で、ロングビーチの近くに住むコレクターで、当店のバイヤーをしている友人とあらかじめ作戦を立て、彼のネットワークでSFに住む別の仲間数人が、その朝、kidroboのまえにならんだ。
こうして入手したボンデージが2ヶ。
世界に70個しかないうちの2個が留之助商店にあるなんて、スゴイと思いません?
a0077842_091177.jpg
コジックといっても、ピンとこない人のために。
まえに紹介したゲーリー・ベースマンやティム・ビスカップたちとダニーやキューイで共作したりして、同じロウブロウ・アーティストとしてくくられるコジックだが、ちょっとカラーが異なる。
ゲーリーやティムが、コマーシャルなメディアで活躍する健全健康なカリフォルニアンなのに対して、コジックはマドリード生まれの中年移民。
タバコをスパスパやり、からだじゅうタトゥーだらけで、いい感じ出してる。
ロウブロウアートにはふたつの流派のようなものがあり、メジャーでコマーシャル派もいれば、コジックのようなアンダーグラウンド派もいる。
アンダーグラウンド派、つまり裏文化出身のグラフィティ・アーティストやタトゥー・アーティストたちのことで、コジックはその世界のヒーローでもあるのだ。a0077842_1232189.jpg
1962年、スペインはマドリード生まれのコジックは、14才の時にテキサス州オースティンへ移住し、80年代にはアンダーグラウンド・ロック・シーンのコンサート・ポスターを描くようになり、いっきに成功した。
当店がこだわるコジックは、新しい分野で活動をはじめてからの彼。
つまりデザイナーズトイの世界で遊ぶようになってからのコジック作品を、とくにコレクションしている。
コジックのサイトで、彼のもうひとつの顔、アンダーグラウンド・ロック・シーンで活躍してきたハードで不良なおやじを垣間見ることができるので、どうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2006-07-29 18:58 | イマモチャ
さらにコミコン限定。
またまたティム・ビスカップを獲得。
ティムの個人サイトから奇跡的に。
彼のプロフィールとともに紹介した緑と金の横縞カリ(バルセロナ・アートショー記念)のバリエーション(左下)で、こっちは350個限定のSDCC記念版。
大半はコミコン会場で売られるのだけれど、こうして岐阜の病院にいるかわいそうな人のためにもチャンスは用意されていた。
親切なティム、ソツのないティム、商売上手なティム。
店長候補君、ともにティムを見習いましょう。
a0077842_2159963.jpg
と、店長候補君にメッセージ入れたら、これはどうだのメールがありました。
コミコン限定のキューブリック・エイリアン(右上)、高さ90ミリ。
パッケージがオールド・ケナー時代の復刻調でかわいい。
じつは店長候補君、フルサイズ・エイリアンヘッドのコレクションに囲まれ寝起きしてるくらいのエイリアン好きなんです。
留之助商店開店の折りには、エイリアンモチャについて分からないことがあったら、何でもきいてやってください。
2006個限定だから、あわてずじっくりebayチェックして、仕入れてみましょうか。
by tomenosuke_2006 | 2006-07-21 18:52 | イマモチャ
コミコン限定、とりあえず押えた。
もう、コミコン限定品がebayに出た。
昨夜のプレビューナイトでゲットしたらしいティム・ビスカップ作、gamma-goブランドのお人形、タイガーリリー(店長の好きな射撃のポーズが特徴)・・・500個限定・・・Buy It Now(希望落札価格)での出品。
いままで女の子用Tシャツやパジャマの絵柄に使われてきたタイガーリリーだけれど、コミコンを記念してはじめて3D化された。
gamma-goのサイトで予告を見て、欲しいと思いながら、あきらめていたんだよ。
押えるしかないでしょ。
バキューン。
a0077842_204389.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-07-21 02:01 | イマモチャ
ダニーのルーツはキティちゃん。
たびたび話題にしているお人形さんのDunnyダニーだが、その生い立ちにつてはまだ触れていなかった。
産声を上げたのは2004年のNY。
映画やアニメ・プロダクションで働いていたポール・パドニッツが立ち上げたアーバントイのアンテナショップ、kidrobotキッドロボットがその生家である。
キッドロボットのコンセプトは「ファインアートの限定量産」。
アーティストがデザインした1000、500、300、100、もしくはそれ以下の個数による限定版トイシリーズをはじめ、他のメーカーの個性的なデザイナーズ・トイをセレクトして、NY、SF、LAのショップの他、ネットでも販売している。
ダニーは、そのパドニッツと友人のアーティスト、トリスタン・イートンの手によって創造された。
とくに研究されたのが世界中にファンを持つハローキティだった。
彼らの言葉をかりれば、キティは「完璧なまでに美しい無表情さ」を有している。
そこでダニーには顔を描かないことが決められた。
硬質ビニール製の無地のボディは可能性を秘めたワイルドなキャンバスとなり、さまざまなアーティストに顔や体を自由に描かせて人気を集め、シリーズは一挙に発展したのだ。
そのダニーには3インチ(約7.5cm)と8インチ(約20cm)と20インチ(約51cm)の3つのサイズがある。
無地の素体をそれぞれ別のアーティストが表面処理するという点、あるいは3つのサイズが用意されていることなどから、日本のMEDICOM TOYメディコムのBE@RBRICKベアブリック・シリーズを連想しないではいられない。
こちらは小さい方から100%、400%、1000%と呼ばれ、ダニーより古いだけあってコンプリート不可能なほどの種類を誇り、世界中に熱狂的なコレクターを有する。
ダニーは、キティに無表情と丸みを帯びた外見を求め、ベアブリックに「玩具みたいな芸術みたいなオブジェモチャ」の未来を見いだしたのだろう。
留之助商店では、ダニーはもちろん、日本のベアブリックや、これもよく似たコンセプトの香港Toy2RのQeeキューイなど、世界のオブジェモチャをラインナップする予定である。
ちなみに本ブログのタイトルに使っている絵のうち、手前の4つのキャラがキューイのDKNYシリーズで、左からダニーにも参加しているティム・ビスカップ、デイビッド・ホーヴァス、フランク・コジック、ゲーリー・ベースマンの作品。
a0077842_10535868.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-07-17 10:58 | イマモチャ
お人形さんの抱きごごち。
イマモチャ・・・イマ、生産されているオモチャの中でも、とくに店主ウケのいいものを、イマオモチャと呼んでいる。
おもにデザイナーズトイというジャンルもの。
デザイナーたちは店主よりも若い世代である。
子供のころからアートに深い興味を持ち、TVの怪獣やアニメで育ち、フィギュアで遊びながら、それらをごく自然にファイン・アートとして見なすようになった。
で、創作意欲旺盛な彼らが最初にアートフォーム(芸術様式)として意識したのが、彫刻や絵画ではない、トイだったのだ。
たとえば店長イチ押しのデザイナー、ゲーリー・ベースマンは、トイを「手ごろな値段で買える小さな芸術作品」と語る。
大理石やブロンズなどの伝統的な素材を使った作品に対して、デザイナーズトイはプラスチックやビニール製の彫刻といえる。
マス・アピールの強いポップ・アートといいかえることができるだろう。
店主は、それらのトイの中でも、kidrobotキッドロボットから限定販売されるダニー・シリーズに目がない。
オンライン販売開始直後に売り切れてしまう50個限定なんてのがあったりして、仕入れもままならない。
時差の関係で夜中に起き出し注文画面に行くが、ショップのサーバーはショートするわ、なかなかつながらないわで、2、3時間、パソコンのまえに縛られたあげくにダメなんてこともある。
こうして売られたもの($200)が翌日にはebayに出品され、3倍($600)もの値で落札されたりするから驚く。
デザイナーズトイに群がり、お小遣い稼ぎをしている人たちが大勢いるのだ。
そういう意味では店主も似たりよったりか。
留之助商店はデザイナーズトイのアートギャラリーでもあり、流通販売は創作の一部だと考えている。
画商と同じく、正しく民主的な行為と信じ、その時々の適正価格で販売していく計画なのである。
↑ちょっとお話が固くなってしまったが、ダニーとの馴れそめについてひとこと。
去年(2005年)遊びによったサンタモニカのキッドロボットで、はじめて8インチのダニーを手にして、その感触、抱きごこちにウットリきてしまったのだ。
小さな女の子がクマのぬいぐるみを手放せなくなる気持ちが、分かったような気がした。
店主、51才の春のことだった。
a0077842_101899.jpg
ダニーの正しい抱き方は上の写真を参照のこと。右手の親指と人さし指で右耳をはさみ、手のひらでやさしく後頭部を包む。左手は親指を上に、股間から小さな臀部をやさしく握る。なごみの形状・・・手のひらから全身に平和が伝播していくのを感じないではいられない。あなたもおひとつどうぞ。


by tomenosuke_2006 | 2006-07-11 10:33 | イマモチャ