カテゴリ:3DRetro 新製品情報( 89 )
ロン・イングリッシュの芸術家ノーム
Artisit Gnome 3DRetro Exclusive by Ron English

3つの目を持つロン・イングリッシュのアイコン的キャラ、バニーラビット(フィギュアの胸にプリントされている)に芸術家の魂を注入したのが、このノームである。
なんでも見たものすべてを3Dで描く特別な才能の持ち主らしい。
そのオリジナルカラーが3DRetro限定としてDCon 2015でリリースされたので、留之助に回してもらった次第。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/z6v5TM
a0077842_14242750.jpg
3DRetro released the OG edition of Artist Gnome 4-inch figure from Ron English. This triple-take jumbles the artist’s identity with that of his three-eyed Bunnny Rabbbit for an unique self-portrait toy. This first edition is limited to 300 pieces.
by tomenosuke_2006 | 2015-12-03 14:34 | 3DRetro 新製品情報
ネイザン・オオタのスイーテッド・バーディーズ
Nathan Ota x 3DRetro = Suited Birdies

つまり"長老の小鳥さん"っていう意味の、日系イラストレーター ネイザン・オオタの作品を忠実に立体化した原寸の小鳥大フィギュアなのである。
3DRetroだけで直売されたハート、スペード、クラブ、ダイア版に加え、SDCC 2014限定GID版も合わせて全5種類を持ち帰った。
今夜発売。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Suited%20Birdies/
a0077842_21593586.jpg
ネイザンのサイトにあった自己紹介文を直訳して、彼の解説に代える。

私は宿題をしている時、いつも気が付くと絵を描いていた。私の初期の影響は、テレビ・アニメ、漫画雑誌、写真やパンク・ロックのチラシがもとになっている。私は、兄の部屋にこっそり入り、彼の「ヴァンピレラ」の漫画をあさって、私が手に入れることのできたすべての表紙を模写したり、トレースしたりしようとしていたことを思い出す。古典的な芸術は、当時まったく私の興味をひかなかったので、ロバート・ウィリアムズやオリビア、パス・ヘッド、レイモンド・ペティボンのような本当に私に訴えかけるものに取り掛かった。伝統的な芸術には、私が高校に入るまで決して関わらなかったし、なお私に訴えかけなかった。私はいつも気が付くと大衆文化に引き寄せられていたし、当時はそれがグラフィティーだった。私は完全に中毒になっていた。私はそのすべてが好きだった。スプレー缶を振った時に中の玉がカチッとなる音や、ペンキを塗る一定の流れるような動きの音、描いている時に壁で缶がこすれる音、色、スケール、友情、完全に自由だという感覚。今日まで、空気中に漂うスプレーペイントのにおいを嗅ぐといつも、素敵な時間を思い出させてくれる。カリフォルニアのパサデナにあるアートセンター・カレッジ・オブ・デザインに入るやいなや、私はまだ少しグラフィティーをかじっていたけれども、芸術のまるっきり新しい世界がイラストをもって私の目を開いていた。私は大学に入ってしたいことがまったく分からなかったし、私が向かう方向が何であれ私を導く教師にゆだねていたようなものだった。最初は少しもどかしかったが、すぐに理解しはじめ、私がイラストレーターになろうとしていることを知った。
1993年に卒業して間もなく、私は新聞、雑誌、レコーディング会社、ゲーム業界の背景アート、ギャラリーでフリーランスのアーティストとして働き始めた。
a0077842_2140241.jpg
Nathan Ota's Suited Birdies come to life in these life-sized vinyl figures. The hearts suite is the first of the birds to be released. Make sure to get one before they all fly away.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2015-12-02 07:11 | 3DRetro 新製品情報
ついにマウスケティア・アーミー、集結
all Mouseketeer Army to gather
a0077842_1654397.jpg
LAのショップ兼メーカーの3DRetroからリリースされたボブ・ダブのマウスケティア・アーミーは4人のメンバーで構成され、一般小売店に卸されたのは最初のウィル版と最終のデビル・ロック版だけ。
あとはイベント限定で、おいそれとは手に入らず、売れ残った分は3DRetroのみで直販された。
幸運にもDCon 2013限定のデス版は、2年前に現地買付けで数個持ち帰り、店主のコレクション分を残して即完売。
SDCC 2014限定のモヒカン野郎リバティ版だけが手に入らずじまいだった。
3DRetroのオンライン・ショップで売られた形跡もなく、ほとんど諦めていたら、なんとバーバンクの3DRetroの倉庫の奥にデス版とともに埋もれているのを発見、この度、持ち帰ったというわけである。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Mouseketeer%20Army/
a0077842_16235382.jpg
On August 6th, 1970 the war began when the radical Youth International Party, aka Yippies, invaded Disneyland as a way to rebel and protest against the establishment. They were successful in taking over Tom Sawyer's Island for a "smoke-in," taunted guests with their chants of anarchy, and attempted to raise their flag at city hall. Mickey Mouse and friends were under attack. But from this event arose The Mouseketeer Army. They battled back to defeat the oppressive ideologies of the Yippies who's only objective was for Disneyland to cease to exist. The Mouseketeer Army is the last hope to preserve the Magic Kingdom.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2015-11-30 16:58 | 3DRetro 新製品情報
夜光のレベル・エイプ・バスト、予約開始
SSUR Rebel Ape Bust: GID

チェ・ゲバラとSF映画『猿の惑星』(1968年にはじまったオリジナル・シリーズ)のコーネリアスが合体した高さ30センチのアナーキー・ビニール・バスト・スタチュー、レベル・エイプに第3のカラーウェイ "GID" 版がお目見えだ。
詳しいいわれは2013-11-18のブログを参照のこと。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/23590171/
a0077842_21391914.jpg
Stemming from a concept and apparel line in the '90s, Russ Karablin of SSUR's Rebel Ape character has been brought to life via a collaboration with 3DRetro. Presenting the Rebel Ape in a series of limited edition 12" bust sculptures in rotocast vinyl, the Rebel Ape sculpture is inspired by a blend of motifs from Che Guevara and Planet of the Apes - instantly recognizable symbols synonymous with upheaval and anarchy.
by tomenosuke_2006 | 2015-08-22 21:44 | 3DRetro 新製品情報
マウスケティア・アーミー、3人目の仲間
Mouseketeer Army: Devil Lock by Bob Dob

ビジュアル・ストーリーテラーのボブ・ダブ3DRetroとタッグを組み、およそ1年に1作のペースでリリースしているマウスケティア・アーミー・シリーズに、3人目の仲間が加わった。
のを記念して、まだ語っていなかったマウスケティア・アーミーのいわれについて記しておく。

話は1970年8月6日にさかのぼる。
イッピー(Yippies)こと、過激派の青年国際党(Youth International Party=YIP) が権力層に対する反逆と抗議の手段としてディズニーランドに攻め入り、戦争がはじまった。
イッピーたちはスモーク・イン(マリファナ自由化要求集会)のためにトムソーヤ島を占拠、同党のアナーキーなスローガンで、ディズニーランドの入園者をなじり、市役所に自分たちの旗を掲げようとした。
ミッキーマウスや彼のお友だちは攻撃にさらされたのである。
しかし、この出来事によってマウスケティア・アーミーが結成されたのだった。
ディズニーランドを消滅させることだけが目的というイッピーの抑圧的なイデオロギーを打ち負かすために、彼らは反撃をしかけた。
マウスケティア・アーミーは、マジック・キングダムを守りり抜く最後の望みなのである。

と、まぁ、こんな感じである。
若かりし頃の横山ノック風(なんて言っても分かんないか?)ヘアスタイルのデビル・ロック君が3人目の仲間。
近日入荷の予定。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/23506349/
a0077842_20204546.jpg
On August 6th, 1970 the war began when the radical Youth International Party, aka Yippies, invaded Disneyland as a way to rebel and protest against the establishment. They were successful in taking over Tom Sawyer's Island for a "smoke-in," taunted guests with their chants of anarchy, and attempted to raise their flag at city hall. Mickey Mouse and friends were under attack. But from this event arose The Mouseketeer Army. They battled back to defeat the oppressive ideologies of the Yippies who's only objective was for Disneyland to cease to exist. The Mouseketeer Army is the last hope to preserve the Magic Kingdom.
by tomenosuke_2006 | 2015-08-01 20:24 | 3DRetro 新製品情報
物騒な風船を持つ着ぐるみキャラのフェリペ
Felipe by Juan Muniz

ラスベガス在住のイラストレーターでアニメーターのフアン・ムニスが創作したキャラクターを3DRetroが立体化、SDCC 2015でお披露目された。
で、ファンはこのフェリペについて、次のように説明したのだった。
「日常生活や仕事場で、人はよくもう一枚の"皮"をかぶっているけれど、この"皮"は自分自身の本当の姿を見せようとしない。私が描いている "表情" はボウッと前を見つめていて、状況に応じて、ユーモアや疑いや皮肉を伝えることができるんだ。あるフェリペは、血を流す自分のハートを引きずり、後ろを振り返って、まるでそのハートが子供のときに手放せなかった例の毛布であるかのように、そこにちゃんとあることを確かめる。別のフェリペは鉄床(かなどこ)を釣竿に結びつけて地面に座っている。さらに別のフェリペは、ほんの少し前に自分の体を貫き、背中から飛び出て、目の前にまで歩いてきて、"ごめんよ" と書いた看板を差し出しているピストルの弾(たま)を見下ろしているんだよ。」
ま、とにかく3DRetroのブースに寄った際、モチャ化されたもっとも物騒なフェリペのプロモで訪れていたファンと遭遇し、箱とフィギュアの両方にサインを入れてもらい、なんとか6個持ち帰ったのだった。

注)「子供のときに手放せなかった例の毛布」とは、チャーリー・ブラウンに出てくるライナスが四六時中しがみついている例の毛布のことで、持っていないと安心できないような"モノ"のことだと思われる。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/23466430/
a0077842_16302693.jpg
a0077842_16303938.jpg
Based on the painting of Juan Muniz, the piece features Muniz's signature character, Felipe, holding a rather dangerous group of "balloons". In talking about the concept behind the character, Muniz explains that "We often wear a second skin in daily life or at work and the 'skin' doesn't reveal much of our true self. The 'mask' I draw is a blank stare and depending on the situation, can convey humor, doubt or irony. There is Felipe, dragging his bleeding heart, looking back to ensure it's still there as if it's a security blanket. There is Felipe, sitting on a chunk of earth with an anvil tied to his fishing pole. And there is Felipe, looking down at the bullet that moments ago pierced him, then popped out his back, walked around to the front and held up a sign that reads, 'I'm sorry'."
by tomenosuke_2006 | 2015-07-25 16:59 | 3DRetro 新製品情報
ネイザン・ハミルの特別なラヴァベア
Lavabear: GID Edition by Nathan Hamill

3DRetroのオーナーに「あした(7月10日)、ネイザン(ハミル)が来てサイン会をするから、3個でカンベンしてほしい」と言われて持ち帰ったのが、ラヴァベアの最新作。
なんたって、SDCC 2015のために、たったの75個だけ作られた特別版で、グリーンのGID仕様なんである。
その3個に、やはりSDCC記念に用意されたネイザン作の真っ赤なオクトパップ・アサヒをオマケに付けて発売する。
ちなみに下のサイン会風景は、3DRetroのインスタグラムからの流用でございます。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_21301479.jpg
Nathan Hamill’s very special “Lavabear” figure. This is an exclusive glow-in-the-dark edition being released at SDCC 2015! Limited to an edition of only 75 pieces worldwide. We will introduce very few pieces but to give you the Octopup Asahi (Rising Sun) edition extra.
by tomenosuke_2006 | 2015-07-18 22:09 | 3DRetro 新製品情報
3DRetroと留之助だけで発売のナオミ版
Wild Girls Set: Naomi Edition by Gary Baseman

SDCC 2015の戦利品のひとつ。
SDCCで先行発売された、これはゲイリー・ベースマン作、3DRetroプロデュースのワイルド・ガールとチョウチョウのセット、の、赤毛のアトム風ヘアスタイルが強烈なナオミ版(左)なのである。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/23423786/
a0077842_19404594.jpg
a0077842_19433537.jpg
Ben Goretsky (center) a owner of 3DRetro and his crew at SDCC 2015.
by tomenosuke_2006 | 2015-07-15 19:56 | 3DRetro 新製品情報
ゲイリー・ベースマンの新色ワイルド・ガール
Gary Baseman's Wild Girls Set: Beverly Blue Edition

オブジェモチャにはウェルカムなサイズってあるんだよね。
それは多分に日本の住宅事情と関係ありそうだ。
たとえばジェシー・フェルンナンディス・ファンの中には、高さ30センチの迫力メカ・アステカもいいけれど、より小ぶりな23センチのデス・サーペントの方が飾りやすいし、さらにコンパクトな15センチのミクトランなら、いろんなカラーウェイを集めてみたいっていう人がけっこういらっしゃる。
たしかに20インチ(51センチ)ダニーをコンプしている店主としては、飾りたくてもスペースがないから、倉庫に積み上げられた大きな段ボール箱の山を見上げるだけなのだった。
そういう意味でも3DRetroがプロデュースするフィギュアって、大半がツボを押さえたサイズで攻めて来る。
とくにゲイリー・ベースマン作品の中でも歴代筆頭の可愛らしさで人気の3DRetro製ワイルド・ガールなら、高さも15センチだし、新色が出るたびに片っ端から買いたくなるというか、買わされちゃうのは店主だけじゃないだろう。
前作同様、ワイルド・ガールとチョウチョウの足元には自立させるための花型ベースが用意され、磁石内蔵でふたりは仲良く手をつなぐ。
ということで、爽やかなブルー・スキームの新ワイルド・ガール、ベバリ−・ブルー・エディションの予約開始だ。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_1819383.jpg
From artist Gary Baseman we present his Wild Girls vinyl figure set. Beverly Edition with "Blue" color paint scheme. Beverly comes with her own Chou Chou. Each has a flower base stand which is optional to use when standing the figures. The figures also have a "magnetic" attraction when you put their hands together.
by tomenosuke_2006 | 2015-04-06 18:28 | 3DRetro 新製品情報
ネイザン・ハミルのアブストラキュートな新作
Lavabear: Mammalia Edition by Nathan Hamill

レジン製ミニフィギュアのボリスでデビューし、次にロサンゼルスのショップ兼メーカー3DRetroとタッグを組んでヴァイナイルのベリコース・バニーストライフとサイアといった、ヘタなのかウマいのか、可愛いいのか怖いのか、いくぶんアブストラクトな作品で、けれど熱狂的なファンを獲得してきたネイザン・ハミル(スター・ウォーズのマーク・ハミルの息子)。
の最新作が、これまた3DRetroからリリースされた。
星屑から生まれたラヴァベア、っていうからクマの仲間にちがいない。
ネイザンの説明だと、ラヴァベアは長い年月を経て逞しく成長し、小型で獰猛な肉食動物アーサインのような生き物となった。
で、マルチェナンドという聖なる王国の門兵として活躍しているのだと。
いつもながらのネイザン創作のファンタジー・ストーリーの主人公なんである。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/22867854/
a0077842_1555629.jpg
オマケにネイザンがゲスト出演したTOY BREAKのビデオを貼っておきます。
ちなみに右端が父親そっくりのモチャ作家です。



"Lavabear was once a shapeless, colorless being created from stardust by The Those. Over time, he rose into a vibrant, ursine-esque creature. His sole purpose was to guard the entrance to the Sacred Realms of Märchenand, along with it, its memories, treasures, and secrets.
by tomenosuke_2006 | 2015-03-08 00:00 | 3DRetro 新製品情報