カテゴリ:ムカシモチャ( 101 )
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。
発泡スチロール使って彫刻した恐竜たちに2液混合のウレタン樹脂を吹きつけて固めてしまう、便利な世の中になりましたよ。
むかし(1990年頃)店主が造型チーム組織して、あるイベント用にいろんな変なヤツ作ったときは、まず粘土彫刻して→シリコンで型(モールド)をとり→グラスファイバーとレジンで固めて抜いて(キャスティング)→ヤスリやサンドペーパーで磨き→色塗って仕上げたものだけど、いまじゃいちばん面倒くさいモールディングとキャスティングと磨きがいらない。
当時のハリウッドの造型関係者の言葉を借りればシットジョブ、つまりクソみたいな仕事が省略されちゃって、時間も短縮できる。
ただこのウレタン樹脂を吹きつける造型仕事の問題点は、厚めの被膜でおおわれて彫刻の細かなディテールが飛んじゃうこと。
けど、うちのレトロ恐竜たちはそれが狙い、精密ではなくて大ざっぱ、繊細じゃなくって大味が目的だから、渡りに船ってやつだね。
ウレタン樹脂が乾くのが明日の朝ごろ、とっても大味なだけにかえって難しい仕上げの塗装に入る。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。_a0077842_2354531.jpg
開催が7月20日に迫った名古屋の夏のイベント恐竜大陸
の子どものプレイゾーンを飾るのは4匹のレトロ恐竜だけじゃないよ、『レトロ恐竜って何?』的な軽い展示もある。
留之助商店で売ってるレトロ恐竜モチャをはじめ、店主秘蔵の写真やポスターなんかも利用する予定、たとえばこんなのも。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。_a0077842_015996.jpg

上は1934年のシカゴ万博の絵葉書。
シンクレア社によるブロントサウルスの原寸大模型の展示風景。
1964年のニューヨーク万博より30年もまえから
シンクレア社は恐竜にこだわっていたのだ。
その下はシカゴ万博で売られたシンクレア恐竜ブック。

メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。_a0077842_036143.jpg

これもぜんぶ絵葉書、時代は1950〜1960年代。
右の2点はカリフォルニアのハイウェイ沿いに住んでいたブロント(上)とチラノ(下)。
左の2点はサウスダコタ州ラピッドシティにあった恐竜公園の風景。
恐竜見てほのぼのとした気持ちになる、レトロならではでしょう。


前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その7”はこちら
by tomenosuke_2006 | 2007-07-10 00:51 | ムカシモチャ
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その7。
床に固定用のステーも取り付けられてレトロ恐竜の彫刻完成です。
ハドロサウルスの指先がちょっと危険っぽいんで、ディフォルメ修正をレプリカさんにお願いしました。
こうやって全員集合すると壮観だね。
このモッテリとしたプロポーションとノンキなポーズ、かえって新鮮でしょ?
週末、2液混合ウレタン樹脂を吹きつけてカラーリング作業がはじまります。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その7。_a0077842_21394921.jpg
前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その6”はこちら
by tomenosuke_2006 | 2007-07-05 00:09 | ムカシモチャ
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その6。
ブロントサウルス、ほぼ完成、残すは土台の彫刻のみ。
レプリカさん、「母親っぽい、やさしい感じ」っていう店主のリクエストをちゃんとカタチにしてくれました。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その6。_a0077842_14224675.jpg

メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その6。_a0077842_14232154.jpgハドロサウルスもほぼ完成。
チラノサウルス、トリケラトプス、そしてこの2体。
ぜんぶの彫刻が完了すると2液混合ウレタン樹脂を吹きつて固め、今週半ばには色着け作業を開始する予定。
ビビッドないい感じの4色をそれぞれに割り振ったんだけれど、それはまたのお楽しみ。

前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その5”はこちら
by tomenosuke_2006 | 2007-07-02 14:36 | ムカシモチャ
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その5。
トリケの彫刻完了。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その5。_a0077842_23583147.jpg
もともとどってりとしたトリケラトプスだけど、体脂肪率をさらに2割アップ。
それにともない首回りも太く、頭も大きく膨れ上がって、ご覧のとおりのかわいらしいヤツになりました。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その5。_a0077842_1463482.jpg
前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その4”はこちら
by tomenosuke_2006 | 2007-06-25 23:59 | ムカシモチャ
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その4。
まずはチラノサウルス君の彫刻完成。
あした中日新聞社会事業部の担当者さんと仕上げについて打ち合わせます。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その4。_a0077842_1643405.jpg
いちばん下の写真、ブロントサウルスを彫刻するスタッフさんと見比べてもらえば、どれくらいの大きさか想像つきますよね。
こんな感じです。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その4。_a0077842_16472482.jpg
前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その3”はこちら
by tomenosuke_2006 | 2007-06-19 16:53 | ムカシモチャ
こういうの、とっても趣味なんだけどなぁ。
映画のSFX部門でミニチュアやプロップ・メイカーとしてキャリアを積んだJeff Brewer(ジェフ・ブルアー)がデザイン&モデリングしたロケットの数々。
1930〜50年代の漫画や科学雑誌、映画やTVやブリキモチャからインスパイアされたとおぼしきレトロ風味は、懐かしくもあり、新鮮でもあり。
クールロケットと名付けられたこのシリーズ、いまでは11を数え、アメリカやヨーロッパのトイショップのみならずインテリアショップやアートギャラリーで売れている。
レジン製で重量感たっぷり、手仕上げでアートピースのおもむき大、飾るにほどよいサイズは20〜30センチときた。
店主、2年前にLAのSOAP PLANTで見て、ひとつ買って帰ろうと思ったんだけれど、発泡スチロールのクッション材を使ったパッケージはトランクに入れるには大き過ぎて断念、あれからずーっと思い続けてきたんだけれど、なんと日本でいかが?ってメールが入った。
どうせ入れるなら全種類と思ってしまうのが店主のイケナイところ、ミニマムオーダーが6個入り1ケースだから、けっこうお金もかかるし、ストックする場所はどーするの?
なんて考えていたら思い出したよ、まだIWG ロケットシップ-エコ・グリーンだって売り切ってないんじゃないの。
クールロケット・・・このあともずーっと思い続けることになるのでしょうか。
こういうの、とっても趣味なんだけどなぁ。_a0077842_912370.jpg
ついでだからジェフ・ブルアーのフィルモグラフィを紹介しておくと、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993)、スター・トレック・ファースト・コンタクト(1993)、ジャイアント・ピーチ(1996)、スターシップ トゥルーパーズ(1997)、メン・イン・ブラック (1997)、ディープ・インパクト(1998)、スター・ウォーズ/エピソード1〜3(1999-2005)、ジュラシック・パークIII(2001)など、ビッグプロジェクトに参加してる。
by tomenosuke_2006 | 2007-06-19 10:26 | ムカシモチャ
こんなの作れたら最高なのにね。
こんなの作れたら最高なのにね。_a0077842_19204168.jpg
資料整理してたらこんなキリヌキが出てきた。
1964〜65年のニューヨークで開催された万博の中でも、とくに子どもたちの人気を集めたテーマ館シンクレア・ダイナランド(恐竜庭園)の当時もの雑誌広告だよ。
そう、夏のイベント恐竜大陸用に福生市のレプリカさんにお願いして作ってもらってるレトロ恐竜のアイディアの源。
店主担当のは子どもがまたがって遊ぶ遊具サイズ、1960年代のむかしは子ども56人が並んで見上げる本物サイズ、そりゃデカイにこしたことない。

こんなの作れたら最高なのにね。_a0077842_1921957.jpg店主、こんなこと考えた。
デカイが魅力の恐竜を間近で体験するための、よじ登って遊ぶことさえできるよう、階段状の岩場やハシゴ代わりの立ち木、何本もの蔓(つる)を這わせたジオラマを用意する。
アスレチックの感じで恐竜と戯れるんだよ。
ブロントサウルスの長い首は中がトンネルになっていて、くりぬかれた目から外界を見下ろすっていうのもいいよね、首長竜になった気分。
アイディア語りはじめたらきりないし、もしそんなの作らせてもらったらイベントの後、持ち帰るわけにもいかないし、やっぱいまぐらいがお手ごろサイズといえなくもない、か。
by tomenosuke_2006 | 2007-06-17 22:18 | ムカシモチャ
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その3。
発泡スチロールを使った彫刻作業が進行中です。
チラノサウルス君のこの不格好さがいいです。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その3。_a0077842_13213089.jpg
前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その2”はこちら
by tomenosuke_2006 | 2007-06-14 13:28 | ムカシモチャ
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その2。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その2。_a0077842_165316.jpgニューヨーク万博(1964〜65年)で好評を博したシンクレア・モーターオイル・カンパニー主催の恐竜庭園のことや、そこで販売された恐竜モチャについては、去年10月のブログで紹介したから、興味のある人はそちらをチェックしてちょうだい。
そのシンクレアの高さ15センチのチラノサウルスや長さ23センチのブロントサウルスなど恐竜モチャは、留之助ホームページの変で普通でないモノコーナーの取り扱い品目のひとつ(まだアップしてないけどね)、あまりお安くないけどポチポチ電話や店頭で売れてるみたい。
そんなのを参考に東京福生市の造型チーム、レプリカさんに製作をお願いしたのが恐竜イベント恐竜大陸用のレトロ恐竜の遊具、とってもいい感じで作業進行中だ。

写真上から順に。

・恐竜モチャを参考にそのシルエットをベニヤ板へ拡大トレース、それをカットしたものを彫刻のガイドに使う。
・彫刻用の材料は発泡スチロール、電熱線スライサーやカッターナイフ、ヤスリを駆使して立体に仕上げていくことに。
・さらにその後、完成した発泡スチロールの彫刻に速乾性の2液混合ウレタン樹脂を吹きつけ、遊具としての強度と安全製を確保する。
・この2液混合ウレタンは他の樹脂と異なりチョイ弾力のある仕上がりで、いちばん遊具に向いているという理由で採用することにした。
・ツッルツル・ピッカピカに固められた弾力のある表面のカラーリングには、やはり弾力柔軟性に富んだウレタン塗料を使用するつもりでいる。

で、ここだけの話なんだけど、今回の仕事のご褒美にイベントが終わるとレトロ恐竜4点セットはたぶん店主のものになるんだよ。
下呂温泉の別荘の裏庭に飾って、恐竜庭園の小っさい版でも作ろうかって思ってる。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その2。_a0077842_17574035.jpg

前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その1”はこちら
by tomenosuke_2006 | 2007-06-07 18:53 | ムカシモチャ
8ミリ映画上映会リポート。
6月2日土曜日、8ミリ映画上映会の夜がやってきました。
この日を迎えるまでに、ひつこく3回ほど呼びかけさせていただことは周知の通りです。
4月6日の記事  4月25日の記事  5月19日の記事
開催場所は下呂温泉の別荘。
当初の予定どおりまずは下呂市にある店主の倉庫見学、を口実にじつは8ミリ映写機やら備品を運び出すのを手伝ってもらい、夜8時ごろから上映会がスタートしました。
が、けれど・・・

店主 「あれれ、モーターの音がするのに、フィルム巻き込まないね。本当ならここから入って機械を通って、あっちのリールにつながるんだけどなぁ。ちょっと榎本店長、君、器用なんだから直してちょーだい」
店長 「ぼく、8ミリ映写機見るのさえ生まれて初めてなんで、かいもく見当がつきません」
すったもんだのあげく・・・
お客さんA 「あっ、分かりましたよ。駆動用のファンベルトが溶けちゃってます。これじゃ絶対動きません」
8ミリ映画上映会リポート。_a0077842_1820945.jpg
上の写真はそのときの模様、中央が青ざめた店主の姿であります。
備えあれば憂いなしっていうけれど、店主、行き当たりばったりな性格だから、こーいうこともありますって。
わざわざお越しいただいたみなさん、ごめんなさい。
8ミリ映写機、修理に出して、出直します。
by tomenosuke_2006 | 2007-06-03 15:30 | ムカシモチャ