<   2007年 09月 ( 51 )   > この月の画像一覧
ケビンが紹介してくれたもうひとりのケビンのこと。
話は9月4日の記事で触れた映画『モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔』が製作された1985年にさかのぼる。
例の下アゴがデレッと垂れ下がった男色モンスターの着ぐるみを作るケビン・ブレナンの仕事場を訪ねたときのことだ。
正確を記するなら、そこはケビンの大先輩であり、モンスターの内装メカニズム=アニマトロニクスをデザインしたダグ・ベズウィックの自宅ガレージだった。
ダグとは、長年リック・ベイカーを影で支えてきた天才マシーニスト。
寡黙で、人前に出たがらず、コツコツと仕事をするタイプの人。
リックがアカデミー賞を受賞した『狼男アメリカン』(1981)や『グレイストーク』(1983)の作り物に内装されていたほとんどのメカはダグの手作りだし、スタン・ウィンストンに依頼されジェームス・キャメロンのスケッチを元に『ターミネーター』(1984)のエンドスケルトンのコンセプト・マケット兼アニメーション・モデルを作ったのも彼だった。
留之助商店に飾ってある現存する唯一のフルスケール・T1は、そもそもダグのエンスケの拡大版だったのである。
モンスター・イン・ザ・クローゼットはそんなダグとケビンが請け負った仕事で、ダグのガレージではモンスターを演じるスタントマンの全身を型どりする作業が進行中だった。
a0077842_21354031.jpg

むかし撮ったこんな写真が出てきた。
拡大して見てください。黒い上着がケビン、白のTシャツがダグ。


ケビンが身長2メートル以上はある痩身のスタントマンを紹介してくれた。
「ぼくと同じファーストネームのケビン・ピーター・ホール」
面と向かうと、ちょうど店主の目線は彼のヘソのあたり。
とにかく眼前に立ちはだかる電信柱人間といったところ。
「本業はダンサーなんだけど、身長がありすぎてね、なかなかダンスの仕事にありつけず、かわりに映画やイベントでいろんなヌイグルミを着てるんだ」と、もうひとりのケビン。
ひと目でゲイとわかる物腰柔らかな人物だった。
a0077842_21364748.jpg

ケビン・ピーター・ホールを型どりして作ったライフキャストの上に、
粘土を盛ってモンスターを彫刻するケビン(左)と、
それを見守るパートナーのダグ(右)。
モノクロ写真はモンスターの口の中から出てくるもう一匹のモンスターの彫刻。
エイリアンのリップオフだけれど、デザインは素晴らしい。

a0077842_21373176.jpg

モンスターの着ぐるみが完成して、スタントマンのケビンが試着。
左上の長髪の男子がスペシャル・メークアップ・アーティストのケビン。
身長は185センチぐらいだったから、モンスターのデカさも想像できる。
モンスターの口の中にもうひとりのケビンの笑顔が覗く。


その後も何度か仕事場や撮影現場でケビン・ピーター・ホールと会ったけれど、脚本家兼監督のボブ・ダーリン立ち会いのもと、着ぐるみのアクション・チェックをした日のことは忘れられない。
そこにはいつものやさしげなスタントマンの姿はなく、モンスターに変身した迫力満点の大男がいた。
彼はモンスターという化けの皮の中でのみ男に返るのか、男を演じるのを楽しんでいるのか、エイリアンと闘わせてみたいと思わせる荒々しくどう猛な身振り手振りには圧倒された。
けれど、「このモンスターはね、男好きな一風変わったキャラクターなんだから、もう少しそこらへんを意識して演じてもらわないと困る」と注文をつける監督の言葉に、つい吹き出しそうになってしまったのだった。
a0077842_2315563.jpg
その後、店主が帰国して間もなく、ケビン・ピーター・ホールの活躍をケビン・ブレナンのクリスマスカードで知らされた。
『プレデター』(1987年/上)ではそのタイトルロールを、同じ年に公開された『ハリーとヘンダーソン一家』でもハリーという名のビッグフットを演じ、ともに映画は大ヒット。
しかもプレデターは続編が、ハリーはTVシリーズ化されて、押しも押されもしないハリウッド一のモンスター俳優になったのだ。
ちょうど『プレデター2』(1991年)が公開された年、ハリウッドで数年ぶりにケビン・ブレナンと会い、悲報に接した。
あの長身の彼がつい最近、エイズでこの世を去ったという。
放送中のTVシリーズのハリーはしばらく代役で撮影されたけれど、中途で製作が打ち切られたとも。
製作陣も共演者たちでさえ、ケビンが演じたハリーそのものがこの世を去ったような虚脱感に見舞われ、撮影を続行することができなくなってしまったからだった。
もはやケビンは単なる着ぐるみ役者ではなかったのだ。

留之助商店の奥には『プレデター2』でケビン・ピーター・ホールが着用した着ぐるみを展示用に改造したあのモンスターが仁王立ちしている。
店主はその恐ろしげな怪物を見上げるたび、それとはまったく正反対の彼のやさしい笑顔をはっきりと思い出すのだった。

プレデター2の雄姿も見てください。
by tomenosuke_2006 | 2007-09-08 23:52 | TV・映画・ビデオ
ホワック・ジーの新作ポスター、買おうかなぁ。
やっぱり、よそおかなぁ〜。
っていうセンテンスでサブちゃんの『帰ろかな』を連想したあなたは古い。
店主、とーぜん古い人間なところへもってきて、古い街並みの飛騨高山に住んでるからなんでしょうか、最近のホワック・ジーの執拗な日本趣味に違和感どころか郷愁さえそそられるようになっちゃった。
およそ3ヵ月に1度やってくるホワックのeBayストアで開催される新作ポスターの限定販売、で、きょうがその日。
正確にいうと太平洋標準時9月7日正午、ということは日本のあしたの早朝4時に、アライグマ演じる忍者ダニーが主役の2種類の和風ポスターが、60部ずつ売りに出されるのだよ。
だから早起きして「買おうかなぁ」、「よそおかなぁ」、なのだった。
来週にはポスターそっくりの8インチ・アライグマ・ダニーが、同じホワックのeBayショップで10個だけ限定販売されることも決まったことだし、今夜はひとつ資金を蓄えるために『がまん坂』(サブちゃんの昭和63年のヒット曲)かなぁ。
a0077842_21184393.jpg

↑の絵をクリックすると拡大されます。


by tomenosuke_2006 | 2007-09-07 21:45
夜光性インベーダー・ダニー、買いましたよ。
このまえお伝えしたとおりロンドンのデザイン集団oki-ni作の8インチ・ダニーは、きのう、おもに本家oki-niとキッドロボット直営3店舗+オンラインで発売され、1人1個がお約束のオンライン分は一瞬にして売り切れた。
店主、名を変え(家族の名前)、住所を変え(家や会社)、メールアドレスを変え、もちろんクレジットカードも変えて合計3個ゲットした。
ひとつはお店の展示用、ひとつは高くってもいいていう人のための販売用、最後のひとつは店主用っていうか、予備っていうか。
で、いつも卸しでまとめて仕入れてるから忘れてたけれど、1個39.95ドルの商品に送料がそれより高い55.75ドルもかかる、高過ぎる。
ということは留之助は、いままで個人輸入するしかなかったレアなオブジェモチャ収集家のみなさんのお役に立ってるってことなんだよね。
このオキニ・ダニー、8インチ・ダニーの歴史の中でも栄えある最初のGID(グロウ・イン・ザ・ダーク)。
インベーダーゲームのような4ビット・パターンが全身にプリントされて、当店では夜光性インベーダーニーと呼ぶことにしました。
a0077842_20213217.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-09-07 20:33
緊急入荷・ブレラン The Final Cut プロモプリント!
a0077842_1312302.jpg
ポスターやスチルなどムービーマテリアルの販売で有名なTOY HAWKSから、8X10サイズのプリント8枚セットが極少数入荷した。
ものはイワクつき。
7月30日の記事で紹介したブレードランナーの新DVD“ The Final Cut”のプロモーション用に作られながら、結局は使われなかった8X10なのだ。
ようはSDCC 2007でのサイン会用の色紙みたいなもの。
じゃ、なぜ使われなかったかというと諸説紛々、TOY HAWKSの説明を箇条書きすると。
a0077842_14594012.jpg
1.最終的に会場で配布されたポスターの印刷が、じつは諸般の事情で遅れていたため、万一納期が間に合わなかったときのために用意されたレイザープリントによる代替品という説。
確かに印刷が荒れて見えるものもある。
2.サイン会に参加予定だったジェームズ・ホンが、配布用ポスターに自分の演じた目玉屋のチューがいないことにヘソを曲げたため、急きょ個別版が作られたという説。
結局ジェームズ・ホンはサイン会には顔を出さずじまい、別のブースでサイン入りTシャツなどを売っていたとか。
a0077842_1534537.jpg
デザインからするとロビーカード風。
でもそれぞれに俳優の名前とキャラクター名が印刷されてるあたりはサイン用色紙。
不思議なのは目玉屋チューのプリントが2種類ある点。
スピナーの絵だけが異色だけれど、シド・ミードのサイン用だったんでしょう。
そういえばサイン会に出席予定だったエドワード・ジェームス・オルモスとダリル・ハンナのプリントもセットに含まれている。
とにかく信用あるTOY HAWKSが卸してくれたこのプロモプリント、今夜、新入荷情報にアップしたり、ヤフオクにも出品することにしたよ。

あとの3点のプロモプリント画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2007-09-06 16:09 | TV・映画・ビデオ
留之助テレビ。
東海地方以外の方にはピンとこない話ですが。
Rocketさんの非公開コメントで知りました、きょう、東海テレビの夕方のニュースで留之助商店が紹介されること。
そういえば先週、取材していただいてたんです。
で、きょうの中日新聞のテレビ欄を見ると、
「飛騨の町にSF映画キャラクター人形館が登場・・・映画ファン必見」
ちょうど当店目当てで来てくれた東京のかわいい女の子を含む3人の若者が、いい感じでコメントしてくれた絵がちゃんと使われていて、効果大。
しかもお店をくまなく見せるたくみな編集で、およそ8分間。
素晴らしい宣伝になりました。
東海テレビのみなさん、ありがとうございました。
下の写真はテレビカメラを向けられ、緊張のあまり青ざめる店主です。
手にしてるのはダニーですが、このシーンはカットされました。
a0077842_0171977.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-09-05 23:53 | 留之助商店計画
このシリーズ、留之助で扱うことに決めました。
UPPER DECKといえばスポーツものフィギュアで有名なアメリカのメーカー。
とくに同社のALL STAR VINYLと名付けられたソフビ・フィギュア・シリーズは、スポーツ音痴の店主でさえ一時ハマったものだった。
NBAのスタープレーヤーレブロン・ジェームスがNIKEのTV-CMで演じた1人4役のキャラの商品化、その大胆なディフォルメとギリギリなリアルさにけっこう魅せられ、留之助取り扱いオブジェモチャのラインナップに加えたのだった。
その後はバスケからフットボールにシリーズが移行して、NFLのスタープレヤーがこれまた魅力的なレブロン・タッチで登場したけれど、この世界、ぜんぜん分からないから仕入れるのはあきらめた。
まぁ、オールスター・ヴァイニールの特色をひとことでいうなら、憧れのスターをコミックスのスーパーヒーローの如くとことん格好良くしたような、空想力と造形力の見事なコンビネーションの賜物といったところでしょうか。
たとえばリアリズム一辺倒のマクファーレン製スポーツ・フィギュアとは完全に対峙して、フィクションの娯楽性、お気楽さを秘めている。
しかも大量生産で売れ残った商品をバッタ売りしたりするあまたのアクション・フィギュア・メーカーとは異なり、生産数を抑え、商品を大切にしている点に好感が持てるのだ。
a0077842_2221798.jpg
そんな異色のメーカーがアメリカン・コミックスの殿堂MARVELとがっぷりコラボ、他の無制限大量生産型トイとは異なるコンセプトで新感覚コミック・フィギュアを作ることになったのだった。
その最初の製品が既報のトゥィキム・デザインのスパイダーマン、限定2000個。
SUBSCASTSと名付けられた新シリーズの第1弾で、じつはひとつずつに手書きのナンバーがふられるってこと、お伝えするのを忘れてた。
実在のスポーツ選手をコミックス風に仕立てたアッパーデッキが、コミックス・ヒーローを立体化するとこうなる。
つまりオブジェモチャる。
高価で代り映えしないスタチューなんかに興味のない、一皮むけたマニア向け。
クリスマス前に発売されるサブキャストの次回作IRON MANの案内見て決めましたよ、これは留之助が扱うべきでしょう。
というわけでこれからのサブキャスト、ごいっしょに注目してみませんか。
a0077842_23385813.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-09-05 23:44
ダニー・イン・ザ・サウナ。
9月になったというのに、きょうの飛騨地方の暑さといったらハンパじゃなかったね。
1週間ぶりに下呂温泉の別荘に寄り、仕事場のドアを開けると、なんと中はサウナのよう。
夏のあいだ、ドライ設定で連続運転させてたはずのエアコンが止まってたんだよ。
建物の中も外も、ちゃんと世話してくれる人がいるから、いつも掃除したてのキレイさなんだけれど、空調のオン・オフはなんとなく店主の役割。
きっとスイッチ入れ忘れて高山へ帰ったんだろうね、だからまるっと1週間、このまえ寄ったときからずっと中は異常気象だったと。
仕事場の大半はいまでは大事なワンオフ・オブジェモチャのストックルームと化し、見ればひとり、20インチのダニーがなんかヘン。
ただでさえ首のない寸詰まりの体形なのに、胴体が顔にのめり込んだみたいで、あるいは下アゴが胴体にデレッと垂れ下がったようで、とにかくモンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔のしまりのない怪物を思い出してしまった。
a0077842_23211343.jpg
じつは20年まえに公開されたこのショーモナイ映画とは、さらにさかのぼること2年まえからの付き合いだった。
スペシャル・メークアップ・アーティストのリック・ベイカーに長年師事し、当時、店主のアパートのすぐ近くに住んでいたからよけいに親しくなったケビン・ブレナンの、これは独立記念作で、何度か仕事場や撮影現場に遊びに寄ったりしたのだよ。
アゴが外れたんじゃないかと思わせるしまりのない風貌には意味があり、押し入れモンスターは男色モンスター、美味しそうな男を見るとデレッデレッとなっちゃう、その心の機微を下アゴに表現したのである?
それより、ダニー・イン・ザ・サウナだった。
NYのYoyamartの専属アーティストで、2004年に開催された最初のダニーのリリース・パーティではトリスタン・イートンやダレクとともにワンオフ20インチ・ダニーを発表したJD Boujnah(JD・ボージャナ)の、そのときの、そのものズバリが、日ごろの暑さでフニャフニャになっっちゃって、つまり押し入れモンスター状態、一瞬、焦った。
というわけで今夜は下呂市にとどまり、へこんだダニーの首の付け根の矯正治療をしたのでした。

a0077842_14538.jpg
矯正治療中のボージャナ・ダニー。
こんなふうにS管で頭を吊り下げ、へこんだソフビの首の付け根を戻しました。

a0077842_17854.jpg
ボージャナがパッケージをデザインしたチョコレート。
ほかにもゲイリー・ベースマンやティム・ビスカップのチョコなどYoyamartで販売中。


by tomenosuke_2006 | 2007-09-04 23:43 | TV・映画・ビデオ
緊急入荷! DVD "TOYS ARE US"!!
a0077842_188101.jpg

DVDにはオブジェモチャ界の重鎮から若手まで、多彩な顔ぶれが登場。
ちなみに右上はコジックさん、左下はエースとイオンのタラちゃんです。


8月28日の記事で紹介したDVD2作品のうち、まずToys Are Us: A Revolution in Plastic(トイズ・アー・アス:プラスチック革命)が早くも入荷、1本じっくり観て聴いて、これなら“太鼓判”ということで、いま新着情報に載せてきたよ。
DVDにはPlay filmとSelect a scenのレギュラーメニューのほかに、See interviewsとHear the bandsのふたつの別メニューが用意されている。
アーティストやコレクターやショップやコンベンションにスポットを当てたドキュメンタリー仕立ての30分、それがPlay filmで存分に楽しめる。
出演アーティストは重鎮から若手まで多数多彩。
先の記事と重複するけれど、コジック(スモーキンラビット)、パトリック・マー(ロケットワールド)、タラ・マッファーソン(エースとイオン)、カノー(マネーグリップ)、エリック・スケアクロー(シイタケ・コンテスト)、ブライアン・フリン(Super 7)、Mars-1、ジャーマイン・ロジャース(ベール129)たちが次々に。
英語のヒアリングに自信がなくても切れ目なく登場する山ほどのオブジェモチャを眺めてるだけでも楽しいし、音がいいんだよ、ミュージック・ビデオな作りで、かしこまって観る必要なし。
で、音楽だけ楽しみたい向きにはHear the bandsのメニューで手っ取り早く、じっくりインタビューに耳を傾けたいならSee interviewsを選べばいい。
コジック、Mars-1、ブライアン・フリン、パトリック・マーのロングインタビューが拝聴できるのだ。
10月3日からNYのイーストビレッジで開催されるカウンターカルチャーな映画祭EVIL CITY FILM FEST 2007への出品も決まったというし、どんな評価が得られるんだろうね。

a0077842_18291679.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-09-03 18:33 | 書店入荷新着情報
そして今週木曜日にはミニ・スモーキンラビットが控えてる。
こっちは3個のシークレットを入れて総数18個でコンプリートのミニ・スモーキンラビット・シリーズ第3弾、もちろんブラインドボックス入り。
いったいいままでに何種類のミニ・スモーキンが生まれたんだろうね、集め出したらクセになるっていわれてる。
ファインダーズ・キーパーズ同様、こちらもご用心。
水玉のピエロ風、ハロウィンのジャック・オ・ランタン風、口裂けラビットや赤青3D印刷ラビット、下の写真にはないけれど立派なヒゲをたくわえたのもいる。
25個入りケースとバラの2本立てで、6日の木曜日に発売開始だよ。
a0077842_238675.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-09-02 23:11
Finders Keepers 騒動。
a0077842_20301094.jpg
キッドロボットのブラインドボックス入りミニフィギュアにもいろいろキマリがあるみたいで、はじめから限定生産品として企画されるものと、売れ行き(あくまでも契約ショップからの注文)を見守りながら、場合によっては追加生産するよう計画されているものがある。
最近ではマッドのベント・ワールド・ヴァンダルズやジョー・レッドベターのファインダーズ・キーパーズが後者の追加生産組だね。
とくにファインダーズ・キーパーズの初回卸売り分は注文受付けと同時に売り切れて、今月21日に最終追加分が出荷されるくらいの大ヒットになった、おめでとうございます。
留之助でもケース買いしてくれるお客さまがチラホラ、でも16個コンプリートはかなり厳しそう。
なぜなら300分の1のフライング・ホリデー・ピッグとか400分の1のラヴァ・ティーターとかがあるんだもの。
早くもeBayではピッグがおよそ3万円、ティーターが3.5万円ぐらいで売買されている模様、とんだ盛り上がり方だ。
キッドロボットは“16 new designs to find, keep and collect !”、16個の新しいデザインを探して、もっと探して、集めましょう!っていってるけれど、けっこう罪作りな宣伝文句だと思いません?
a0077842_2244128.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-09-02 22:21