<   2007年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧
Rocket特製、陳列ツリー。
常連のロケットさんがジョーレッドのミニフィギュア・シリーズファインダーズ・キーパーズを制覇した記念に、どこを探しても格好のディスプレーケースがないからって、とうとう自作しちゃったですよ(左下)。
真ん中の木の幹からアクリル板の枝が伸びてるような、陳列台ならぬ陳列ツリー、さすがです。
Rocket特製、陳列ツリー。_a0077842_819181.jpg
で、じつは内心、店主もひとつほしいなぁと。
お店のあっちこっちに飾ってる、というよりは散らばってるサンプル用のミニフィギュアを、ひと所にまとめれたらいいのになぁと。
そう思って(念じて)いたら、きっと気持ちが通じたんでしょうね、なんと留之助用にひとつ作ってプレゼントしてくれたんです(右上)、ありがとうございました。
アクリル板は自在に回転させて位置が変えれるから、背丈のあるヤツ、ないヤツ、いろいろ収容可能で、そこここにワザを感じます。
最近、アメリカでミニダニー用にファンメイドのこんなの(下)が出回ってるけれど、
やっぱりロケット製はちがうと再認識しましたよ。
あっちはたしかに整理整頓用には持ってこい、並べて飾って、でもそれで終わりでしょ。
こっちはというと、いじって遊ぶ、陳列プラスアルファな楽しみがある。
真打ちに座布団3枚!なのでした。
Rocket特製、陳列ツリー。_a0077842_9135116.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-14 09:20
絵になるギターだね。
絵になるギターだね。_a0077842_21351551.jpg留之助商店お馴染のアーティストでは、スケット・ワンホアック・ジーでしょ、マッドもいればミストなんかも。
総勢17名のロウブロウ・アーティストがIbanez(アイバニーズ)のアコースティック・ギターに思い思いの絵を描いてオークションに出品するSounds Like A Custom ShowがeBayで開催中だ。
てんでに最低入札価格を設定し、200ドル以下もあれば、高いところではホアックの600ドルからなんてのもある。
試しにスケット・ワン(右の画像)に400ドル、ビットしてみたら、ちょうどその額が最低ラインだったよ。
クリスマス用の商品仕入れで何かと出費のかさむ時期、あまり派手な入札はできないけれど、きょうから数日間、ちょっと楽しませてもらおっかな。

その他の気になるアイバニーズ。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-14 01:15
溶けないうちにお召し上がりください。
溶けないうちにお召し上がりください。_a0077842_13303628.jpg
薄汚れたなりで深夜のLAを徘徊し、廃虚のビルや朽ちたビルボードに自作の不思議なキャラクターを印刷した大判ポスターを糊付けしてまわるゲリラなストリート・アーティスト
かと思えば、プレスのきいたパンツに白のシャツというこざっぱりした出立ちで、作品展に訪れた来場者と気楽に言葉を交わすロウブロウ・イラストレーター
ふたつの顔を持つバフ・モンスターは、しかし、どこにいようと同じ調子の、未確認飛行物体のような、かわいく憎めないキャラをモチーフにした絵で見る者をホンワカさせる。
そのキャラ名も自分と同じバフ・モンスター。
オチンチンの上3分の1のように見えなくもないし、豊満な胸とダブルのもいる。
また、あるキャラの口元は女性のアソコと瓜二つだったりする。
彼の絵では、そんなモンスターの脳天からミルク状の液体が(ドクッドクッ)発射されたり、口元からヨダレを(ジュルジュル)したたらせるのだ。
かわいさのかげに“H”あり?
バフがはじめてオモチャに手を染めたのはキッドロボットでミニ・ダニーのひとつをデザインした2006年。
今年7月にはMIND styleからチューブ状のパッケージに入った3インチのモンスター・シリーズを発表し、世界で売れ残っているのは留之助商店だけっていうくらい大ヒットした。
そして今度、11月の第4木曜日の感謝祭に、前作の3インチとくらべたらお手頃価格の1.5インチ(4センチ)版が発売される。
上の画像がそのプロトタイプ、下の画像が製品版。
ぜんぶで5種類のモンスターが5色に塗り分けられ、アイスクリームカップそのもののブラインドボックスに詰められて、見るからにおいしそう。
ちょっと時差があるんで当店の入荷は12月になっちゃうかもね、クール宅急便で届きます。
なんとか溶けるまえ、寒い冬のうちに売り切れたらいいなぁと思ってます。
溶けないうちにお召し上がりください。_a0077842_17112330.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-13 17:17 | MINDstyle 新製品情報
オモチャ屋の次は本屋になりたかった。
神田神保町や高田馬場の古本屋でCOMのバックナンバーとかハヤカワのポケットブック版SFシリーズをせっせと買っていた30年ぐらいまえ、とうことはオモチャ屋に憧れた子ども時代とくらべたらけっこう大人になってからだけど、本屋も悪くないなぁと、しみじみ思ったのだった。
うず高く積まれた書物の谷間を分け入るように進んだ店の奥に、いまにも崩れそうな本や雑誌の山に占領された机があり、その向こうに時たま上目遣いでこちらを窺う老眼鏡のオヤジがいる。
いつも本を読んでいて愛想はないけれど、質問には的確に答えてくれる。
それなら二列目を右に折れて奥から三つ目の棚の上から四段目の左端にある、みたいに。
雑然と膨大な書物の山も、オヤジにはきちんとオーガナイズされた図書館なのだ。
ちょっとカッコいいと思った。
40数年たってオモチャ屋の主になれたのをこれさいわいに、最近、オブジェモチャとかぶる内容の洋書を探し出し、せっせと仕入れているのには、本屋になりたいと思ったあの頃がどこかで関係しているような気がする。
どうせ食い潰す(?)なら、好きな本も道連れにしなきゃ“本”当じゃない。
オモチャ屋の次は本屋になりたかった。_a0077842_18181867.jpg
留之助用に本を選ぶポイントはオブジェモチャと同じく、そそられるか否かということ。
で、日本に輸入されてなさそうなもの。
Amazonでチェックして、もし国内にあったなら、それより安くできなきゃ仕入れるわけにはいかない。
こうして選ぶと、コアでギリギリなの、売れ残っても仕方なさそうな一部のオブジェモチャと似たり寄ったりなヤツに行き着く。
つまり、自分“本”位な傑作・怪作・怖いもの見た作。
中にはお気に入りのアーティストの自費出版に近い画集とかもあり、そういう場合はご祝儀代わりに多めに入れることも。
雑誌はといえば、廃刊になってしまったplay TIMESのようなロウブロウアートとオモチャの情報が満載なもの。
最新号が近日入荷予定のカウンターカルチャー・アート誌HI-FRUCTOSE(ハイ・フルクトース)がそれに匹敵する。
たとえ売れ残ってもSWINDLE(スウィンドル)同様、最後まで付き合うぞって腹をくくり年間契約したら、なんともう1冊、ハイ・フルクトース系の雑誌が創刊されることになり。
書名はillo.(イロ.)、セントルイスに編集部を置くTHE ILLUSTRATED PRESS社の発行。
内容は以下のとおり、凄いメンツによるイラストの山、イラスト原案のオモチャもありで、1日も早く見たいじゃないですか。
それはそーと、薄々気付いてはいるんだよね、次から次に仕入れるばかりで何がどこに、どれくらいあるのか店長まかせの店主では、残念ながらカッコいい古本屋のオヤジのようにはなれないってこと。
共通点は老眼鏡だけ?
オモチャ屋の次は本屋になりたかった。_a0077842_1929416.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-11-12 00:56 | 書店入荷新着情報
ここがアメリカなら誰にも言いたくないけど、
日本なんで、どーせ買えっこないから打ち明けます。
実際にTVシリーズ『0011ナポレオン・ソロ』撮影用に製作された7挺、もしくは8挺といわれている本物のアンクルガンのひとつが売りに出されたのだよ。
ベースはワルサーP38軍用モデルの実銃で、12スリットのバードケージ(別名フラッシュハイダーorマズルブレーキ)にアルミニウム製フラットグリップが装着されている。
で、お値段は25,000ドル、希望者にはロバート・ボーン氏がスライド側面にサインしてくれるんだと。
下の画像が今回売りに出たアンクルガンです、生唾。
ここがアメリカなら誰にも言いたくないけど、_a0077842_1344830.jpg


別アングルの画像です。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-11 13:48 | プロップ
留之助流SWフィギュア。
留之助流SWフィギュア。_a0077842_23311449.jpg
本当は専門コーナーができるくらいSWモチャの在庫かかえてる。
とくに好きで集めたのはEP4〜6にまつわるオモチャで、1970年代のビンテージから1997年リバイバル当時のアクションフリート、21世紀になってからは復刻版やらMRのハイエンド・プロップ・レプリカなど、正直なところ何がどれくらいあるのか分からない。
アクションフリートといえば、とくにサイズが頃合いで『エイリアン』や『プレデター』も、さらには『スターシップ・トゥルーパーズ』なんかもSWと同じく全種類、それぞれ段ボール箱単位で買い漁ったっけなぁ。
とにかく並べるスペースも保管する場所だってお店にはないから、いまも下呂温泉の倉庫でその他の“我を忘れるくらいある”映画モノといっしょに熟睡しているのだ。(興味のある方は留之助までお問い合わせください)
なのにだよ、一部の人にしかウケなさそうという点では当店主力のイマモチャ(SWはチョイマモチャのカテゴリに属す)の仲間じゃないかと、こんなユルユルのSWを仕入れることにしちゃいました。
留之助流SWフィギュア。_a0077842_1405290.jpg
敬虔なSWコレクターの失笑を買うだけで、実際には買ってもらえそうもないフィギュアの数々、SUCKADELIC(サッカデリック)という、SWマニア数名によって2005年に設立された零細ファクトリーの製品だ。
これはSWのパロディなんかじゃないよ、堂々とブートレグ(海賊版)を謳っているところが好ましい。
アンダーグラウンドな匂い、はじめっから一流を目指そうとはしない潔さ、というよりはどーでもいい感じ。
SWが大都会の路地裏でヒップホップをBGMに繰り広げられたら、ダースベイダーやストームトルーパーやボバ・フェットもこうなることでしょう、あり得ませんが。
冒頭の4つはじつにブートレグらしいパッケージも魅力のひとつだし、一方、すぐ上と下のサッカロード600っていう新作は寸詰まりのデフォルメで、セイバーにラジカセにターンテーブルにマントが付属するところが目新しい。
どれもフィギュアのサイズは高さ5インチ、8ポイント可動で、メーカー品とくらべても遜色がない。
遊び方など、こちらの日本語版CMで詳しく紹介されてるんで、要参照です。
留之助流SWフィギュア。_a0077842_12242385.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-11 12:38
ナポソロDVDの特典画像をちょっとだけ。
アメリカで11月27日に発売される『0011ナポレオン・ソロ』DVDボックスセットですが、すでに完成し、関係者には無料配布された模様です。
ということは間違いなく、ウチの現地バイヤーには発売当日に到着するはず。
飛騨高山へは何かと安心な米国ヤマト運輸さんに転送してもらうことにしました。
さて、DVDボックスセットを手に入れたアンクル・ドット・コムのブラッドさんがボーナス画像の一部をキャプチャーしたんで、紹介しますね。
いずれもアンクルガン・カレンダーに収録された画像の一部。
ほかにもThe Incredible World of Spy-Fiの著者Danny Biederman(ダニー・バイダーマン)やSFXプロップメーカーとしても有名なコレクターRobert Short(ボブ・ショート)が協力者にクレジットされているから楽しみです。
とくにボブのコレクションはこれまで一般公開されていないはず、何が飛び出すんでしょう。
ナポソロDVDの特典画像をちょっとだけ。_a0077842_12142430.jpg


ブランク・アンクルガンいろいろ。
by tomenosuke_2006 | 2007-11-10 12:15 | ムカシモチャ
えっ、もうコンプですかぁ?
地元でスーパーミニ25個入りを一箱買っていただいたお客さまから、シークレットのskully(3/100)以外、アソート率どおりに揃ったとご報告いただきました。
で、さきほどお店でさらに4個バラ買いされたら、なんとひとつが最後のskully。
ちょっと待ってくださいよ、もうコンプですかぁ、いくらなんでも早過ぎます、苦労が足りなくないですか。
ところでラインナップカードではシルエットしか分からないvalentine(?/??)ですけど、それって去年のバレンタインデーに発売されたレギュラー・キッドロボット君が持ってたハートの復刻版。
ということはですね、“I HATE YOU”ハートのほかに“I LOVE YOU”ハートもきっとあるはずなんです。
つまりまだコンプしたわけじゃないってこと、きっとね。
店主が何を言いたいかお分かりだと思いますが、まだ在庫があるうちに“I LOVE YOU”ハートを何としても射止めていただきたいのです。
ここまで来たんですもの、陰ながら応援いたします。
もちろんクレジットカードもご利用いただけます。
えっ、もうコンプですかぁ?_a0077842_18154759.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-09 18:27
スーパーミニにも、やはりシークレット。
下の画像はブラインドボックスに入ってるラインナップカードです。
コレクターはこれを見ながら、コンプリートを目指すわけです。
これを見て、弱腰になる人、完全撤退する人もいます。
ほしいのがひとつかふたつあり、ひとつかふたつ買って、ズバリ的中する運のいい人もいれば、いつまでたってもそのひとつが手に入らず、買い続ける人もいます。
店主は後者の気の毒な人が好きです。
スーパーミニにも、やはりシークレット。_a0077842_23252860.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-09 00:00
もうじき、9日午前0時、キッドロボット君の発売です。
入荷新着情報の更新、忘れないようにしないと。
ただいま8日の午後6時半だから、キッドロボット君スーパーミニ・キーチェーンの発売まであと5時間半。
歴代キッドロボット君をそのまんま縮小したミニ版から、まったく新しいデザインまで、ぜんぶで20種類あるらしいけれど、25個入りケースを買えばすべて揃うかは未確認だからね。
噂では新デザインの中から今度レギュラーサイズが作られるらしい。
もうじき、9日午前0時、キッドロボット君の発売です。_a0077842_18445417.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-08 18:30