<   2008年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧
サーカスパンクスという文化。
たとえば東のコニーアイランドや西のサンタモニカ・ピアなど、遊園地併設の観光スポットとかカーニバルに付き物の移動遊園地には、そぞろ歩くだけでも楽しいゲームアーケードがある。
ま、日本でいうところのゲーセンの大っきなヤツ。
メニューは多種多様でビデオゲームはもちろん、クォーター(25セント)ライドと呼ばれるコインを入れて遊ぶ幼児用の乗り物から輪投げや射的に水鉄砲、力自慢のパンチングマシンやハンマーゴングなど。
あの悪趣味な映画『ファイナル・デッドコースター』(2006)でいろいろ紹介されていたっけな。
中でもパンチングマシンやハンマーゴングは恋人や仲間にカッコいいところを見せたい男子専用、腕や肩を痛める単細胞君も少なくない。
そういうゲームのひとつに速球とコントロールを競う昔ながらのピッチングゲームがある。
錘が入ったソフトボール・サイズの玉を数メートル先の的に当てると景品がもらえるという遊び。
で、その的をサーカスパンクスといって、そりゃぁもう人をコバカにした挑発的な顔の絵が描かれていたりする。
中には景品なんかいらないから、投げ倒したサーカスパンクスそのものを持ち帰りたいというヒートアップしたお兄さんもいるくらいだ。
サーカスパンクス、それはゲームアーケードの忘れがたいキャラクター、熱くなった青春の日の、ちょっと照れ臭い思い出なのだ。
サーカスパンクスという文化。_a0077842_192127100.jpg
そんなサーカスパンクスをお馴染のロウブロウ・アーティストにスキンデザインさせ、75〜100個限定でコンスタントに発表しているメーカーがCircus Punks
ダニーと同じコンセプトで、ダニーと同じ2004年にデビューし、こちらにはアーティスト直筆のシリアルナンバーとサインが入る。
素材は木製のベースにクッション入りの布製ボディ、ソフビのダニーより手作り感が強い。
サイズは3種類あり、ピッチングゲームに使われているものと同サイズの15インチ(38センチ)プロダクション・パンクス、その倍の30インチ・パンクス、廉価版の5インチ・ミニ・パンクス。
そのうち30インチはまだ商品化されたことはなく、一方、ミニ・パンクスはSTRANGE COのみの取り扱いとなっている。
生産数が極少なためダニーのような盛り上がりはないけれど、ダニーやキューイーではお目にかかれない特徴的なスキンデザインと稀少性で、パンクスの深みにハマっているコレクターも少なくない。
留之助でも上の画像の4点(左からゲイリー・ベースマンのベイビー・ナッパーとネッシー、ティム・ビスカップのガマゴ・イエティとライト・ヘルパー)を在庫しているけれど、当然のプレミア価格だからほとんど動かない。
お気に入りのアーティストによるサーカスパンクスは、やっぱり発売と同時に定価で手に入れたいもの。
で、今度出る100個限定のジョー・レッドベターはいかがですか?
下の画像がそのレッドベター・パンクスの表と裏、留之助に僅かですが入荷することになりました。
サーカスパンクスという文化。_a0077842_2095494.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-06-05 00:01
やっと徳さんにこさえてもらいました。
ブラスターの原型作りにかれこれ1年も縛られていた徳さんには、別の意味で1日も早く一段落してもらいたかった。
じつは壊れたり無くしたりしてスペアを手に入れる術もなく放置していたトイガンのパーツなどを個人的に作ってほしかったから。
去年の夏、チェッカーが映える紅木(こうき)という材を使い、当時モノのMGC製コルトのメダリオンを嵌め込んだGM1用の木グリを復刻してもらって以来の、店主は徳製グリップのファンなのである。
MGC-SW44コンバットオートのスライドストップの再現や、ZEKEの真鍮製P38ミリタリーのバレルをアンクルガン・サイズに切断して実物と同じインチネジを切ってもらうのもさることながら、1日も早くこさえてほしかったのはコクサイのミリポリ用木グリだった。
やっと徳さんにこさえてもらいました。_a0077842_1652593.jpg

↑ 国際産業株式会社、通称コクサイの
昭和46年(1971年)10月20日以前に作製されたカタログから抜粋。


店主所有のミリポリはいつの間にかラバーグリップにすり替わり、オリジナルのプラグリはメダリオンともども散逸していた。
徳さんにやってほしかったのはSW社のオリジナルグリップの複製ではなく、モデルガンとしては大味だけど、そこが魅力の古き良き時代のコクサイが、ミリポリ用に製造したプラグリを完璧に木で復元すること。
問題は直径11.6ミリのメダリオンをどうするかだったけれど、ほとんど同じ径の、ちょっと書体が太いアルミムクのMGC製を黒染めしてコクサイに近づけることにした。
こうして出来上がったのが下の画像である。
やっと徳さんにこさえてもらいました。_a0077842_17342396.jpg

↑ 左が徳製の復元木グリ、右は徳さん所有のコクサイ製プラグリ。

やっと徳さんにこさえてもらいました。_a0077842_17581820.jpg

↑ 仕上げまえのグリップの裏面と
メダリオンが嵌め込まれる凹部を加工した表面(右白ワクの画像)


グリップ裏の固定用円形プレートの中心が本来ならメダリオンの中心と一致しなければならないのだが、コクサイのそれはわずかにズレているんだと、徳さんに教えられた。
フレームのプロポーションそのものが実銃と異なるのか、あるいはメダリオンの位置が実銃よりも上なのか、とにかく十分な資料がない時代のモデルガンであることに違いはない。
そういう事実と推量の狭間で生まれた古き時代のトイガンに、店主は懐かしさを覚えないではいられないのだった。
やっと徳さんにこさえてもらいました。_a0077842_1853581.jpg

↑ 徳製木グリを装着したコクサイのミリポリ。
法規に従い銃口はハンダで完全閉塞、金色のペンキを吹きつけてある(涙)。



こちらはMGC-GM1用の徳製木グリ。
by tomenosuke_2006 | 2008-06-04 00:01 | ムカシモチャ
チーチ・ウィザードが再入荷しました、これって奇跡です。
去年、留之助が在庫していたマーク・ドーブのチーチ・ウィザードを、オンラインでぜんぶ買い占めた方がいらっしゃった。
で、そんなに売れるものなら再発注かけてみようかと思いメーカーのPLANET 6に問い合わせると、在庫ゼロとのレス。
eBayを探索すれば、なんとまぁ定価の倍以上のプレミア価格で取り引きされているではありませんか。
買い占めた方はそこらへんのことをご存知の事情通?、店主、惨敗した気分になったものです。
でも、ここへきていっきに巻き返しが図れそう。
入手経路は割愛しますが、とにかく絶版のチーチ・ウィザードを発売当時の定価で入荷新着情報にアップしました。
併せてマーク・ボードのボード・ブロード2種もいっしょに入荷、前回入荷時より幾分お安くなったと思います。
チーチ・ウィザードが再入荷しました、これって奇跡です。_a0077842_16333250.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-06-03 00:01 | 商店入荷新着情報
変様するティム・ビスカップ、表現の実験室。
たとえばゲイリー・ベースマンの作品は、個展のたび、あるいは作品集の出版ごとに、長編絵物語の何ページかを順番に切り取ったかのような、前後に関連し合う一貫性を感じさせて面白い。
その絵物語は俗人の目には見えないこの世に充満する様々なMOD(Manifestation of Desireのイニシャルで“欲望の現われ”の意)を透視できる画家にして超能力者ゲイリーの人生そのもの、ライフワークと言い換えてもいいだろう。
一方、同じLAをベースに同じころから創作活動を開始して、互いに刺激し合いながらアートとトイの距離を埋める野心作を発表してきたのがティム・ビスカップ
たびたびゲーリーとペアで語られるけれど作風は対照的で、ゲイリーの長編絵物語に対してティムは短編集、この瞬間に抱いている興味や夢、実人生のめまぐるしい変化を彼は絵に留め置こうとする。
事物の本質はそのままで外観が変化することを変様というが、まさしくティムの絵はつねに意表を突く真新しさ、変様の醍醐味に溢れている。
新作を発表するたびに、まったく異なる筆致で描かれる女性や動物や、ときにはカイジュウを見るのは、表現の実験室に足を踏み入れるような胸躍る体験だ。
変様するティム・ビスカップ、表現の実験室。_a0077842_229314.jpg
ちょうど1年まえにLAで開催されたETHER(エーテル)以来のティムの個展The Artist In Youが、NYのJonathan LeVine Galleryで開催中である。

"The Artist In You"
Thru June 14th, 2008
Jonathan LeVine Gallery
529 West 20th St - 9E
New York, NY 10011
212-243-3822

この1年間、ほとんどオブジェモチャの仕事を絶ち、デジタルアートも休止して、絵筆を握りメートル級の大型キャンバスに対峙する創作活動を続けてきたティム。
色使いは驚くほど明るくなり、黒色も闇を表すのではなく、色彩を引き立たせるためのバックグラウンドに帰った。
CGでいうところのパーティカルに似た画像の分解をアクリル絵の具で再現したような作品が目立つ。
見ようによってはクラッカーから飛び出した紙テープのようでもあり、カラフルなリボンにもとれる。
まるで何かを祝福しているかのような。
変様するティム・ビスカップ、表現の実験室。_a0077842_22394080.jpg
変様するティム・ビスカップ、表現の実験室。_a0077842_5144859.jpg
そんな楽しみなティムの個展を留之助書店でお馴染のBaby Tattooが1000冊限定の同名の画集に仕立てた。
ただしいまのところティムのオンラインショップFlopdoodleでの専売。
いちおう留之助書店用に数冊、回してもらえないか交渉するつもりだけれど、面白いのはその画集をPDFファイルでダウンロードできることだ。
リンク先はこちら、http://www.timbiskup.com/TheArtistInYou/Artist-In-You.pdf、なんかとっても得した気分になれる。
意味深なタイトル、アーティスト・イン・ユー=あなたの内なる芸術家の“あなた”とは、己を客観視するクールなティム自身のことではないかと、一連の作品にざっと目を通して思った次第。
by tomenosuke_2006 | 2008-06-02 00:01 | ロウブロウアート
発売日繰り上げ! ファットキャップ・シリーズ2!!
発売日繰り上げ! ファットキャップ・シリーズ2!!_a0077842_19404183.jpg
海の向こうの盛り上がりを、指をくわえて眺めてる手はないと思って。
品物はとっくに入荷済みなんだし、わざわざ発売日を先送りすることもないでしょう。
それに海外特約店へは月末一括出荷のキッドロボットだったけれど、交渉の結果、6月発売の新作から当店が契約しているアメリカの転送業者経由で発売日ごとの入荷が可能になったんです。
だからここらへんでファットキャップ・シリーズ2をお店に出しとかないと、あとがつかえちゃうじゃぁないですか。
というわけで5月25日の記事で紹介したファットキャップの発売日を、6月15日(日)午前0時から6月4日(水)午前0時に繰り上げます(スリー・ベアーズ・ダニーの発売は予定通り、6月8日(日)午前0時から)。
もちろん留之助商店では火曜定休日の翌日、開店と同時に店頭販売を開始します。
大いに盛り上ってくださいね。
発売日繰り上げ! ファットキャップ・シリーズ2!!_a0077842_19411012.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-06-01 00:01 | 留之助商店計画