<   2008年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧
いちばん小さなDIYとかつてない大きさのDIYがお揃いで。
テディ・トゥループのDIYといえば10インチ(25センチ)版が好評のうちに売り切れたけれど、今度は3.5インチ(9センチ)版が入荷した。
こちら、当店取り扱いの最小DIYに当たる。
パッケージもひねりが利いてよろしい。
レポート用紙で組み立てたような箱にボールペンで書いた風のTEDDY TROOPSのロゴ、正面には小さな文字で"blank"と印刷されている。
純白のテディ・トゥループそのものをメモ帳がわりに使う気楽さでDIYにトライするのもいいし、あんな使い方もありました。
いちばん小さなDIYとかつてない大きさのDIYがお揃いで。_a0077842_8242581.jpg
大きい方は10インチ(25センチ)のマッドエル、このまえ発売されたマッドエル・フェーズ:スリーの倍の大きさだ。
が、単に背丈が倍になっただけだとアナドルなかれ、頭ひとつとっても相当な容積増で存在感は3倍の雰囲気。
福笑い風ステッカーを自作して、何度でもやり直しがきくDIYごっこでもしましょうか。
ちなみに下の画像は今回のテディ・トゥループとマッドエルの大きさ比較。
いちばん小さなDIYとかつてない大きさのDIYがお揃いで。_a0077842_913591.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-23 23:59
やっぱりシンプソンズは問題児でした。
今週末に発売を予定していましたシンプソンズのミニフィギュア・シリーズですが、残念なことに発売中止となりました。
つき先ほどキッドロボット本家より「ライセンスの関係で日本では販売できないことをうっかり忘れて出荷してしまった」とメールあり。
楽しみにお待ちいただいていたファンのみなさまにはたいへん申し訳ございませんが、ゆえに、当店では販売できませんのでご了承ください。
販売可能な国は下記のとおり。
USA, Puerto Rico, Canada, UK, Ireland, Sweden, Norway, Denmark, The Netherlands, Switzerland, Germany, France, Italy, Spain, Greece and Russia.
つまり日本、台湾、韓国、中国など極東方面での販売はないみたいですね。
やっぱりシンプソンズは問題児でした。_a0077842_8461093.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-22 08:47 | 留之助商店計画
DVD3種、同時に入荷しました。
7月7日の記事で紹介したエド“ビッグ・ダディ”ロスのドキュメンタリーDVD、TALES OF THE RAT FINK(ラット・フィンク物語)に、あと2点、POPAGANDA:THE ART & CRIMES OF RON ENGLISH(ポッパガンダ:ロン・イングリッシュの芸術と犯罪)とシャグのTHE SOPHISTICATED MISFIT(洗練された順応できない人=直訳)の出来立てDVDが入荷した。
ロン・イングリッシュといえば画集ABJECT EXPRESSIONISM(惨めな表現主義)が好評だけれど、このポップとプロパガンダの造語がタイトルになったDVDは、例の画集に収録されている個々の作品紹介もあれば、代表作の創作プロセスやマジソン・アベニューを中心に展開した非合法なストリート・エキシビションなど、つぶさに紹介している。
怖いもの知らずの芸術活動というべきか、あるいは器物損壊の証拠映像というべきか、これほどアートが痛快に見えてしまうのはロン・イングリッシュの無鉄砲のなせる技だろう。
ランニングタイム78分はミュージックビデオ仕立て、なんとエレミヤ・ザ・イノセントのダニエル・ジョンストンやThe Dandy Warhols(ダンディ・ウォーホルズ)らが音楽で参加しているのも見逃せない、じゃない、聴き逃せないところなのだ。

プロモ・ビデオ1
プロモ・ビデオ2
DVD3種、同時に入荷しました。_a0077842_14465916.jpg
それからシャグのソフィスティケイテッド・ミスフィット。
こちらもまたミュージックビデオのノリで楽しめる65分のドキュメンタリー・アート集といったところだ。
シャグがかつて在籍していたバンドThe Tiki Tonesをはじめ、Dynatones、ClouseauxらがBGMに参加して、音の調子は南国の都会。
シャグ作品の最大の特徴ともいえるハワイのTikiカルチャーのルーツを訪ねる旅、シャグ本人へのインタビュー、スタジオの紹介、家族や友人たちの証言などを織り交ぜながら、絵からはなかなか読みとれない“人となり”へ肉迫を試みる。
代表作Well Hung(下の画像)のアートプリントが市場に登場するまでを、創作風景から印刷工程も含め、メーキング映像で丹念にたどり、これまた興味深い。

プロモ・ビデオ1
DVD3種、同時に入荷しました。_a0077842_17473623.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-21 12:00 | 書店入荷新着情報
アテンション・プリーズ。
マイケル・ラウのSK3について
お待たせしました、既報のSK3セットを入荷新着情報にただいまポストしました。
5色作られた2001のスペース・スーツすべてを用意するのに時間がかかってしまいました。
この希少なセットに限り、仕入れ原価を開始価格にしたオークションでの販売とさせていただきます。
奮ってご参加ください。
アテンション・プリーズ。_a0077842_2348215.jpg
パーク・パイオニアについて
先の記事で5種類のフィギュアが5個ずつ均等に入荷するとお伝えしましたが、開封してビックリ。
ディーラーさんの話とはまるで異なり、少ないものは2個、多いもので11個のアソートでした。
というわけで個別のプライシングとなります、ご了承ください。
これよりおよそ24時間後の22日(金)深夜0時に発売開始いたします。
アテンション・プリーズ。_a0077842_0115078.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-20 22:30 | 商店入荷新着情報
空襲警報。
Playmate of the YearのようなBud of the Monthは7月からはじまったジャムンゴの月一爆裂人形(4インチ)シリーズで、はじめは冗談かと思ったら、ちゃんと8月も発表された。
前回の、黄色の顔にAK-47を配したあたりがジャムンゴらしい、座布団一枚である。
トップを付け替えて丸型ダイナマイトと手榴弾の両方に変身させられるのもよかった。
ところでAK-47といえば、こちらの狙撃屋バニーもお忘れなく。
空襲警報。_a0077842_7332424.jpg
で、8月はNYCC 2008でプロトタイプが発表された投下型爆弾アタマのバド。
ますます頭でっかちとなり、水滴風のシルエットでキバと目をデザインして、少年のいたずらもここに極まれりっていう感じだね、赤目のワンポイントが効いている。
Bud of the Monthは毎回1000個限定で、内レギュラーカラーが720個、クリアーチェイスが280個用意されることになっていて、この投下型爆弾君の場合も同じ。
ただしいまのところ、どこにどんな色のクリア素材が使われるかは秘密。
留之助では、まず最初に少量しか入荷しない7月のバド2種類を開封済みで発売し、その後、25個入りケース(レギュラー18個、クリア7個)で送られてくる8月のバドを未開封で発売の予定です。
空襲警報。_a0077842_8473877.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-20 09:07
シリーズ5、こんな画像が公開された。
19人のアーティストによる19の新しいダニー。
早く全貌を見たくてしかたないダニー・シリーズ5のうち、新たに4点のニューフェースが公開されました。
その中には水野純子さまのも(左から2人目)。
歴代ダニー中、これほど肉感的で豊満で官能的な娘は見たことがございません。
ハッカ色がまたいい、最高です。
シリーズ5、こんな画像が公開された。_a0077842_23293979.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-19 23:30
性悪、飲んだくれ猫。
ジャムンゴといえば爆弾に顔を描いたり洋服着せた爆裂人形のバドネイドに、スカル似の大人の積み木スキューブスなど、男心にツンとくるロックなモチャを出しているメーカーだけれど、これはどう?
性悪、飲んだくれ猫。_a0077842_1462251.jpg
ジャムンゴのお仲間アーティストVan Beater(ヴァン・ビーター)作の、いままでとちょっと毛色のちがう動物の擬人化キャラ、しかし、やっぱりふとどきな点は彼ららしいか。
残りひと缶となったビールの6個パックのゴムをだらしなく引きずる独眼竜の飲んだくれ猫、それにしては身だしなみがいいクラッピー・キャット。
赤いジャケットのスタンダード版(750個限定)とモノクロ版(250個の限定)が4:1の割合で入荷の予定。
性悪、飲んだくれ猫。_a0077842_1418412.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-18 23:59
スペースものといえば I.W.Gの新作も。
秋は宇宙の季節なのである。
動物を虐待する悪い地球人を懲らしめるため宇宙の果てまで追撃する我らがIWG(I.surgents W.ilderness G.ruppo=反乱を起こした・自然界の・群)に、今度は攻撃用空飛ぶ円盤が配備されることになった。
ABSプラスチック製、全高5インチ(約13センチ)、着脱可能なキャノピーの中にはかわいくまとまった操縦席が。
2007年春に発売されたロケットに次ぐ、I.W.Gミニ・フィギュアとからめて遊べる乗り物シリーズの最新作であり、宇宙服に身を包んだ3インチのクマとサイとゴリラも同時に発売される。
ひとつのキャラクターにひとつのスカル・トロフィー(記念の頭蓋骨)が付属、円盤には2個も付いてくる。
限りなくかわいい顔したIWGの面々だが、成敗した人間の頭蓋骨を記念に持っているところなど、プレデターのようでもある。
スペースものといえば I.W.Gの新作も。_a0077842_23152540.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2008-08-17 23:20
質問にお答えします。
まず、非公開コメントでいただきましたEl Chupacabraについてですが、こちらのモチャはキッドロボット直営店(4店舗とオンライン)のみで発売される限定商品でして、留之助ではイカントモシガタイのでした。
TADOのチューリップはいまもって入荷が未定です、どうかいっしょに祈ってください。
キッドロボットというところは、担当者が入れ替わったりすると上位特約店でもまだ日の浅いウチみたいなショップへの限定商品の配分がグチャグチャになったりして、今回のようなミスが起きるんです
もうちょっとで10〜11月に発売される傑作を知らされないままでいるとこでした。
ここだけの話ですよ、英語じゃないことをいいことに口を滑らしますが、マスクド・カリンバーのポール・ポープのアダルトな新作をはじめ、あのアーティストの8インチ・ダニーに、まさかこのアーティストのキッドロボット君が来ます。
パーク・パイオニアについても非公開コメントやメールでお問い合わせいただき、もう到着していいころなのに、まだなんです、カタジケナイ。
5人のキャラクターは各5個ずつ入荷し、5人組と個々の2通りの販売を予定してます。
それからヨースケ・ヤマモトのSDCC 2008限定ブラック・コイビトですが、興味がおありの方は当店まで直接お問い合わせください。
質問にお答えします。_a0077842_2152103.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-17 22:01
靴下をはいた宇宙人、来訪。
靴下をはいた宇宙人、来訪。_a0077842_1425846.jpg南東の空高くにひとつづきのペガスス座とアンドロメダ座が見られるようになるころ、虫の音が聞こえ出す秋の夜長に、なぜか2本の赤いライン入りホワイトソックスをはいた宇宙人が降り立つ予定です。
その名はオビー。
ジョン・マコーマック作のストーリー Voyage of Alien:SPACE CADET の主人公であり、涙目の悪魔サッデスト・デビルのじつは弟分にあたる。
デビルの創作集団Devils Head Productionsによるオリジナルモチャの第2弾、全高28センチのソフビ製スタチューなのだ。

プロモ・ビデオ1
プロモ・ビデオ2
オビーのバックグラウンドはこちらを参照いただきたい。
偶然にも地球のソックスの柔らかくて、しなやかで、暖かな心地よさを知ってしまった宇宙人によるソックス探索の旅、宇宙の足袋(たび)が描かれている。
画像のオレンジ版が400個、ピンク版が25個のみ作られ、オレンジを16個オーダーすればピンクを1個回してもらえる仕組みだけれど、ウチではちょっと16個はムリだろうな。
ところで我が少年時代の夢、ロバート・A・ハインラインのジュヴィナイルSF『栄光のスペース・アカデミー』(原題がSPACE CADET)とは一切関係ない模様。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-16 23:59