<   2008年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧
ハイ・フルクトース8号とクラッター12号。
ハイ・フルクトースと、留之助書店でははじめてのクラッター最新号が入荷した。
お馴染ハイ・フルクトースの巻頭を飾るのは、三重県鳥羽市出身で15才のときに渡米した独学のペインター、ヨースケ・ヤマモトによる、日本へのノスタルジーとアメリカでポップに染まった感性が織りなす21世紀の錦絵である。
こんな絵が襖に描かれ奥の四畳半で、何か悪いことをしてみたくなる。
a0077842_17181126.jpg
ヨースケ作の魚の頭に人の体のKoibitoという名の絵をもとに、Munky Kingが7インチ・フィギュアのブラック版を150個だけ製作、SDCC 2008で限定発売したけれど、もちろんひとつ、ここにある。
で、はじめてそれを手にたとき、パッケージを見てクスッとなった。
ウィンドーボックスの商品ロゴ“Koibito”の右に漢字で“魚”辺に“恋”の創作文字と“人”が印刷され、コイビトと読ませるのだ。
絶対、日本人にしか分からないこのシャレた名前のフィギュアは、近く500個限定オリジナル・カラー版が発売される予定だとか、何としても留之助で扱いたい。
ちなみに店主、コイビトとは“鯉人”から来ているとばかり思っていたのだった。
a0077842_17245187.jpg
世界の知られざるアーティストたちの素晴らしい作品に遭遇できるフルカラー100ページの美術館。
8号の中では、ほかにMike Raeの生木で仕上げた架空兵器の数々(上)も見物である。
最後になるけれど、ヨースケ・ヤマモトの“Yoskay”の“k”と“s”が校正ミスで入れちがったままなのは残念でした。
a0077842_17571688.jpg
ハイ・フルクトースがアメリカ発のいまいちばん濃いカウンターカルチャー・アート誌なら、12号目を迎えるクリッターは世界のオブジェモチャ情報をグラフィカルに網羅するイギリスの雑誌。
毎号、新作トイのレビューやら世界のトイショーのリポート、話題のアーティストのインタビューなどでフルカラー72ページは飽和状態である。
留之助で発売したモチャのさらに詳しいバックグラウンドなども分かり、ためになる。
つまりコレクターズ・ガイドブックとしても十分威力を発揮してくれるのだ。
この12号から留之助書店で取り扱いをはじめるんで、お見知りおきを。
おっとそれから、待望のコスプレ少女写真集ワンダーウーマン・オブ・アメリカと殺傷力皆無のAK47ペーパーガン・モデル・キットも入荷してます、どちらもその筋のマニア向け。
a0077842_18232133.jpg


こんなインタビューも載ってます。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-15 23:59 | 書店入荷新着情報
8月後半から9月のキッドロボット・モチャ。
まず、ここで紹介するモチャの発売日はあくまでもキッドロボット本家直営店(オンラインを含む)にならぶ日のことで、留之助ではその約1週間後の週末日曜日の深夜0時から発売のつもりだってこと、覚えておいてください。

8月21日
a0077842_16404048.jpg
The Simpsons Mini Series
アメリカの中産階級よりやや貧乏なプアホワイトの家庭事情を皮肉りつくすコメディアニメの傑作、なんていう説明は必要ないな。
1989年の放送開始から400話以上も作られているアメリカのアニメ史上最長寿番組であり、20ヶ国語に吹き替えられ世界60ヶ国で放送中だ、なんて解説もいまさら聞きたくないよね。
とにかく超メジャーなアニメの生みの親、Matt Groening(マット・グレイニング)とキッドロボットが手を組み、ダニーやファットキャップでお馴染の鍋つかみふうの手を持つ、上下からギュッと圧力をかけたディフォルメ体型のミニフィギュアをこしらえた。
総勢24のラインナップ、内3個がシークレット。
シンプソンズ・ファミリーがこれだけのボリュームで立体化されるのは前例がないかも。

8月28日
a0077842_17293690.jpg
TADO Tulip 7-inch
このまえ発売された3匹のクマダニーの1匹アンクル・バッキーをデザインしたTADO(タド)のオリジナル作品、その名もチューリップ。
Cannibal Funfair(カンニバル・ファンフェア)という、カーニバルに聞こえないでもない“人食い人種(カンニバル)の遊園地(ファンフェア)”という題名のイラスト・シリーズの中の代表的キャラを7インチのフィギュアに仕立てた。
ただし本家とのコミュニケーション・トラブルで入荷が微妙な状態なのが気になる。

9月4日
a0077842_18284055.jpg
Dunny Series 5
お待ちかね、3インチ・ダニーのシリーズ5が登場だ。
シリーズ4からだと1年ぶり、テーマ・ダニーのフレンチからなら半年ぶりの熱狂がまたやって来そうだね。
ミニフィギュアとはいっても限定生産だから配給量にも限りがあり、これまで入荷早々に売り切れちゃってファンの皆さんをガッカリさせたけれど、実績と交渉が実を結び、今度は25個入りカートンがたっぷり送られてくる。
で、アーティストの顔ぶれもベテランと新星が入り交じり、バラエティ豊か。
ざっと、Amanda Visell, Aya Kakeda, Clutter, Devilrobots, Dirty Donny, Frank Kozik, Huck Gee, JMGS//Jellymoon, Jesse LeDoux, JK5, Junko Mizuno, Kathie Olivas, MAD, Mad Barbarians, MISHKA, Reach, Sneaky Raccoon, Steven Harrington, TOOFLY.
中でも女性陣の活躍を期待したい。
留之助で発売中の最新作グッド・ウンチコーンの作者アマンダ・ヴィゼルや、東京生まれニューヨーク在住のアヤ・カケダ、近日当店で発売予定の新ベニーと赤い鳥ホワイト版のキャシー・オリヴァス、さらに近くサンフランシスコに本拠を移す予定のあの水野純子さまも。

9月18日
a0077842_19112076.jpg
10-Inch Labbit Dark Purple, Red & White
でっかくて、存在感があって、お馴染なのに、色が変わるだけでとても新鮮に映る10インチ・スモーキンラビットの不思議、また欲しくなりますよ、きっと。
上の画像の内、真ん中のティール(緑色がかった青)はキッドロボット本家の限定カラー。
代わりといってはナンですが、定番のホワイトがいっしょに入荷する。

9月25日
a0077842_19221063.jpg
Heroes of Burgertown Mini Figures
こちらも3匹のクマダニーの1匹ティー・ベアの作者Jon Burgerman(ジョン・バーガーマン)のミニフィギュア、バーガータウンのヒーローたち。
ミュタジェン(突然変異源)か、はたまたラディエーション(放射能源)か、とにかく何かの要因で巨大なパワーを持つことになったバーガータウンの住人たち、シークレット2名を含む全15名が奇妙に勢ぞろいする。
ダニーとくらべたらけっこう難しそうなバーガーマンのオリジナル、留之助ではシンプソンズとこのヒーローズ、どっちがウケるか楽しみです。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-14 23:59 | 留之助商店計画
レディ・アイコの個展が9月からNYで。
このまえはあまりにも急すぎて、せっかく東京に来ていたアイコさんに会えなかったけれど、今度は予定を立てて出かけてみようか。
9月13日〜10月11日まで、ブルックリンのBrooklynite Galleryで彼女の個展“SHUT UP and LOOK”が開催される。
SDCC 2008をパスしたことだし、今年の秋はNYからLAを回るのがいいかも。
ついでだから卸部門のシステムがいまいちオーガナイズされていないキッドロボット本家にも物申しに寄ろう。
せっかくだからNYの彼らにも会いたいね、エリック・スケアクローとかkaNOとか。
a0077842_013784.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-13 23:59 | ロウブロウアート
中国生まれの世界平和なミニフィギュアの来日です。
現代の三蔵法師か高貴な家系のご子息か、このなんともモッタリとした表情の少年5人は、去る4月のNYCC 2008でデビューした中国生まれの身の丈8センチのミニフィギュアである。
この度、つつがなく来日が決まり、週末には留之助に並ぶ。
グループ名をパーク・パイオニアといい、もちろん個々に名前がある。
左からウォン、キープ、ノウ、ダラー、緑でもないのにグリーンという。
上海ベースのアーティスト・デユオ、Perk(パーク)が生みの親だ。
平和なまなざし、力を抜いたデザイン、野心のかけらも窺わせない挑戦、静かな迫力、裸足というのが無防備でよい。
なんていうか、淋しい時や悲しくなった時、空を見上げるのもいいけれど、そっとポケットからパーク・パイオニアのひとりを取り出し、じっと見つめると心安まる。
苛々した時、怒れる時など、こいつを眺めながら深呼吸でもすれば、平常心に返れる。
そんな気がする。
肌の色も様々なパーク・パイオニア5人組は、自由世界との境界が薄れ行く中国に育った豊かで若い世代の精神を映し出した最新オブジェモチャといえるだろう。
オリンピックのシンボルキャラにでもすればよかったのにね。
a0077842_22341490.jpg
こちらのフィギュアはブラインドボックスで入荷しますが、当店ではすべて開封し、個々にご指名いただけるようにするつもりです。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-12 23:59
給料日からおよそ2週間、給料日まであと2週間。
いまごろって、サイフがけっこう軽くなる時期なんだよね。
マジに倹約考えないと食費にも事欠きそうだ。
なのによりによって留之助では、連日、情け容赦なく新製品を打ち出してくるし、給料日までどうしのげばいいんだろう。
なんて感じの今日この頃じゃございませんか?
そういう微妙な時期にネイト・ヴァン・ダイクのペイデイ(給料日)を発売するなんてシャレにもなりませんよね。
けど、海外ではとっくに売り切れてしまった魅惑のカラー版、深夜0時に頑として入荷新着情報に並べます。
a0077842_198467.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-11 19:00 | 商店入荷新着情報
スモーキン爆弾、店頭で完売しちゃいまして。
すみません、スマッシュ・ゴールディに次ぐ2度目の失態です。
というか、ゴールディは入荷新着情報にポストしてすぐ、当ブログで紹介するまえに売り切れたんですが、こちらは荷物が配達されてすぐ、強引な地元の常連さんに根こそぎさらわれてしまいました。
20個入りディスプレー・ケースがふたつのみの入荷で、ひとつはケースごと、ひとつはバラで。
a0077842_1117280.jpg
これはスモーキンウンチ以来のオバカでもっともあぶないミニフィギュアでしょう。
なんたって爆弾がくわえタバコで、導火線に飛び火したらどーするんですか。
しかも今度のタバコの先っちょは赤々と火がついているふうの念入りな仕上げで、緊張が増すしくみ。
ディスプレー・ベースも付属する、いや、していたのだった。
a0077842_11303112.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-10 23:59 | 留之助商店計画
ベースマンの新画集、着。
去年春にSF(サンフランシスコ)のアートギャラリー Modernismで開催されたゲイリー・ベースマンの個展 I Melt In Your Presence(あたしはあなたのそばで和みます)を飾った大作 Dying of Thirst(脱水状態の死)をまんま書名にした新画集が到着した。
a0077842_1141473.jpg
もちろんそのときの出品作から、去年夏のLAは Billy Shire Fine Artsの個展 Hide and Seek in the Forest of ChouChou(チョウチョウの森のかくれんぼ)の傑作など、この7月のバルセロナでの新作発表直前までの代表作を網羅している。
つまり、人間の男がひとりもいない異空間でのけったいな動物を交えた性の狂乱、したたり落ちる分泌物、浮遊するMOD(Manifestation of Desireのイニシャルで“欲望の現われ”の意)の醜態性、じゃない集大成なのだ。
これまで作品集ではなかなか観られなかったビンテージ写真や、切り取った古書のページに絵を重ね描きするミックスド・メディア作品も多数収録されて一段と怪しげな作り、しかも28×36センチの大判ハードカバーときている。
画集というよりはむしろ全48ページのポスターブックとか、リプロダクションが綴じてあると思ってもらって間違いない。
2冊買い、1冊は本棚へ、もう1冊はピンナップ用にバラして使うなんていうのは贅沢過ぎ?
店主、考えただけで分泌しそうになりました。
a0077842_12112661.jpg


ミックスド・メディア作品も観ますか?
by tomenosuke_2006 | 2008-08-09 12:42 | 書店入荷新着情報
残り物には福がある。
a0077842_8423422.jpgSDCC 2008限定モチャは、ご予約でほとんど嫁ぎ先が決まってしまいましたが、ほんのわずか売れ残った子がおります。
入荷新着情報のこちらをご覧ください。
ぜんぶで4種類(ドクター・ディストラクションは除外)のうち、どれでもひとつご注文されますと、抽選でおひとりにエリック・スケアクローのキッサキ砂嵐SDCC 2008限定版をプレゼントします。
商品1点に抽選番号がひとつ付きますので、複数個購入されれば当たる確率がグンと増す仕組みです。
ご注文いただいた方だけにインチキなしの厳正なる抽選方法など、詳しくお知らせしますね。
締切は8月末日、完売しなくても売れた数だけで抽選決行です。

by tomenosuke_2006 | 2008-08-09 09:25 | 商店入荷新着情報
5インチ福笑いラビットが帰ってきます。
a0077842_7264927.jpg
およそ1年の歳月を経て、4種類のパーツを付け替えて遊べる4種類の5インチ(約12.7センチ)ラビットシリーズの第2弾が、ユニコーナサウルスと同じ便で入荷します。
下がコジックさんによる新作のコンセプト・アート。
順に紹介させていただきますと、左上がグルーチョ、右上がリップ、左下がマスタッシュ、右下がスマイルです。
このうち、実際の製品版ではマスタッシュの赤十字マスクがSMチックなジッパーに代わり、スマイルのニンマリした口に真っ赤なルージュがひかれました。
ユニコーナサウルスと同時発売を予定しています。
a0077842_7311352.jpg


参考までにシリーズ1の画像。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-08 07:45 | 留之助商店計画
ミニスカリーの絵染め製品版3種。
万が一、投げて誰かの頭にぶつけても、柔らかいからケガなどさせないですむ超やわらかソフビ製のミニスカリー
シカゴのアーバン・ウォーフェアから直送のDIYがけっこう人気で売れてますが、その絵染め製品版が出たのでご紹介します。
白いのはオージー(100個限定)、黒いのがクレイジー・エイト(88個限定)、紅玉風がフルーツ(50個限定)。
アーバン・ウォーフェアの主宰者デニス・クィジャーノにいくつか卸してくれるよう頼みました。
a0077842_110464.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-07 11:00