<   2008年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧
ダッチという名の超タフな猿にご用心。
最近まで知らなかったけれど、榎本店長によると月末の給料日ごろっていうのは買いが集中(殺到じゃないところがややさびしいけど)するらしい。
中には1ヵ月分の取り置きを給料のあとにまとめて精算する人もいらっしゃるとか(まるで他人事のような口調で失礼、人見知りで計算が苦手な店主は仕入れとサイトでのセールスプロモーションが担当で、接客や売上げ管理は完全に店長まかせなもんで)。
つまり給料日、英語でいうところのペイデイがきて、留之助はやっと息がつける仕組みなのだ。
そんなペイデイの現金の出し入れや支払いで混み合う銀行へお金を預けに来ていたのがダッチ、怖いもの知らずで人(猿)一倍腹の据わったチンパンジーだった。
窓口で入金伝票を書いていると、突然、動物マスクをかぶった3人の武装強盗がなだれ込み、まんまと大金をせしめたかと思った直後、ダッチの電光石火の活躍で全員がぶざまな死を迎えることになる。
ダッチという名の超タフな猿にご用心。_a0077842_8102093.jpg
サンフランシスコ在のイラストレーター、Nate Van Dyke(ネイト・ヴァン・ダイク)がとりわけ拘り描き続けているチンパンジーをオブジェモチャ化したのが、このペイデイ。
18×18×15センチの表面にドル紙幣を模したウィンドーボックスに、銃を構え現金袋を手にしたダッチ本人と強盗からの戦利品、セイウチのマスクが収められている。
一見、ダッチが強盗のようだけれど、お間違いのないように。
彼はあくまでもそこに居合わせてしまった人殺しを“ヘ”とも思わない善意の第三者なのだ。
ダッチという名の超タフな猿にご用心。_a0077842_911827.jpg
作者のネイトはN8とも書く。
抜群のデッサン力による細いペンと厚いマーカーを巧みに使い分けたハイコントラストの絵が、まずいい、男らしい。
水彩もアクリルもオイルの技もずば抜けて高度なのは、自称“2才からの絵描き”だからだろう(N8のサイトを要チェック)。
出版・音楽・アパレル業界で腕を揮い、最近、City of HereosのゲームメーカーNCsoftのシニア・コンセプト・アーティストになった。
このN8と、あっという間に完売してしまったトライサイクル・テラーのスコット・トールソン、テイストは異なるけれどオブジェモチャ界にデビューしたばかりのふたりには新しい波を感じないではいられない。
かつてのゲイリー・ベースマンやティム・ビスカップ、それに続くジョー・レッドベターやエリック・スケアクローの才気にはじめて触れたときのような感動に似ている。
おっとそれから、ペイデイには16ページのコミックブックが付属する。
N8いわく「幼稚園のころ母親が買ってくれたHE-MANのフィギュアにはミニ・コミックブックがオマケで付いてきて、キャラクターを紹介していたんだけれど、このクールなアイディアにはやられたよ。20年以上たったいまでも通用すると思う。だからオモチャを作れるようになった記念に、ぼくもコミックブックを付けてみたというわけさ」。
ペイデイの発売まで、あとちょっとお持ちください。

付属コミックのハイライトはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-06 23:59
リチャード・コイルのオールメタルを忘れてた。
留之助ブラスターの開発に気をとられ、完全に忘却の彼方にあったコイルさんのオールメタル・ワーコンモデル。
とりあえず日本輸出向けに銃口を閉塞し、トリガーとハンマーを連動させるパーツを取り除き別便で送るとこまでは了解してくれたものの、メタルのレシーバー部分やトリガー回りをイエローかゴールドで着色するよう頼んでも絶対聞き入れてはくれなかった。
ので、返金を求めると、すでに製作に資金を投じたため返す金はないと言ってきて、一時は険悪な関係に陥っていた。
じつはそのころ留之助ブラスターの製品化のメドが立ち、コイルさんのオールメタへの興味は徐々に薄れるあんばいに。
が、その後、紆余曲折あってコイルさんにはひとまずアメリカの知人宛に、いっさい手を加えない素の2挺を送るよう頼んでいたのがとっくに到着済みで、あとはその知人に日本向けの合法処理を支持するばかりだったのを忘れていたのだ、おめでたい。
それを思い出させてくれたのはブレランのに〜ぜきさんのブログALL THAT BLADE RUNNERでコイルオールメタがちょこっと触れられているのを目にしたから。
確かにに〜ぜきさんのおっしゃるとおり「フルメタルって・・・よくわからんけど、まずいんじゃないでしょうか。みなさんも、楽しいはずのブラスター趣味のせいで、警察に家宅捜索なんて悲劇に見舞われないように、各自十分情報収集の上、いろんなものを購入してくださいませ」ですよね。
リチャード・コイルのオールメタルを忘れてた。_a0077842_10202350.jpg


コイルオールメタのその他の画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-05 10:46 | プロップ
必読、ユニコーナサウルスの販売について。
必読、ユニコーナサウルスの販売について。_a0077842_625485.jpg
SDCC 2008で限定LAVA(ラバ=冷えて固まった溶岩)版が販売されたジョー・レッドベターの新作ユニコーナサウルス。
まだ手にしてはいないけれど、曲面と平面、カーブとエッヂの見事なコンビネーションで、ちょいまえならティーターやリンゴベア、最近ならスマッシュと肩を並べるジョーレッド・アニマルの完全立体化作品だということぐらい想像がつく。
そのカラーバリアントのグレーとオレンジがやっとキッドロボット本家と一部の特約店から発売される、もちろん日本では留之助だけ。
で、今回は本家の特別の計らいでいつもの限定モチャのおよそ3倍(といっても18個ずつ)入荷することになり、その3分の2を2個セットとして、とくに日ごろから当店ご利用のお得意さま(オブジェモヂャン=意味はこちらを参照)に優先販売させていただくことになりました。
ご案内メールを楽しみにお待ちください。
必読、ユニコーナサウルスの販売について。_a0077842_626377.jpg


5ヵ月まえのマル秘資料。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-04 23:59 | 留之助商店計画
もうこれくらいにしときましょうね。
SDCC 2008限定モチャのこれが最後の入荷情報だと思います。
あのドクター・ディストラクションのブラック・ビーン(黒豆)仕様、全国数名のMUTTPOPファンの皆さんには気になる存在じゃございませんか。
これはグレートーン版のクラシコに似て非なるもの、きっぱりとしたハイコントラストのB&W仕様で、その名も黒豆一家という。
その第1弾がSDCC 2008で250個のみ発売されたドクター・ディストラクション、ダークな感じがいっそう強調されております。
このあと深夜0時より予約受付開始。
ちなみにその他のSDCC 2008限定モチャは、榎本店長の仕切りで商談がはじまってる模様です。
もうこれくらいにしときましょうね。_a0077842_17184865.jpg


黒豆ファミリー、見てみませんかぁ。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-03 17:23
深夜0時より、ブラウン版を売り出します。
いちばん恐ろしげな顔つきのスマッシュ・ブラウンを、このあとすぐ、8月3日午前0時より売り出します。
ふるってお申し込みください、販売数僅少です。
深夜0時より、ブラウン版を売り出します。_a0077842_225026100.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-02 22:54 | 商店入荷新着情報
スコット・トールソンのSDCC 2008限定。
ディズニー・スタジオのアニメ部門に籍を置く一方でインデペンデント・トイカンパニーを立ち上げ、その第1弾のトライサイクル・テラーが人気のスコット・トールソン、おかげさまで当店でも恐怖の三輪車の反響、上々です。
で、じつは彼もSDCC 2008用に限定モチャを発表していた。
Doc Von Block(フォン・ブロック博士)と助手のビーカーのセット。
スコット・トールソンのSDCC 2008限定。_a0077842_21213626.jpg
これまたいい味いい感じのマッドサイエンティスト、怪しげな液体が詰まった風のひとつ目の助手がかわいいじゃありませんか。
まるで木工細工を思わせる手塗りのソリッドレジン製、ゆえに重量感たっぷりの6インチ(15センチ)はアマンダ・ヴィゼルのハンドメイド・オブジェモチャの手法を思わせる25個の限定生産。
同じデザインながら、ひとつとして同じものはない仕様なのだ。
もちろんバイヤーのアレックスに走ってもらったけれど間に合わなかった。
が、トライサイクル・テラーの日本での販売を留之助が引き受けることになり、スコットと何度かメールを交わしているうちにヴォン・ブロック博士に話題が及ぶと、なんとまだ2個残っていると。
SDCCの売れ残りじゃなくって、期日までに仕上げられないでいたのを最近完成させたんだと。
つまりデッドラインを気にしないで創ったとりわけ念入りなSDCC 2008限定ヴォン・ブロック博士が、バイヤーにマージン払わないまんまのプライスで作者本人から直送されることになったのだ、当然ひとつは店主用、あとのひとつはあなたがどうぞ。
スコット・トールソンのSDCC 2008限定。_a0077842_22173298.jpg

SDCC 2008限定モチャをはじめ入荷数が極端に少ないもの(一部例外あり)はあらかじめお問い合わせいただくのが確実に手に入れるいちばんの方法です。また当店をご利用のお客さまにお送りしているメールマガジンでも、入荷後に在庫商品をご案内させていただきます。


by tomenosuke_2006 | 2008-08-02 22:33
ご紹介します、ウチの現地バイヤーです。
クローントルーパーに囲まれてゴキゲンなのがアレックス・エイボイム。
SDCC 2008会場に張り付き、限定商品を買い集めてくれたサンディエゴ在住のバイヤーです。
ご紹介します、ウチの現地バイヤーです。_a0077842_1114980.jpg
何がどれくらい集まったかというと、
x3 Kissaki by Erick Scarecrow
x3 Tokidoki 8-Inch Dunny
x3 Swamp Yeti Smash by Joe Ledbetter
x3 Pistol Pedro by Michelle Valigura
x3 Poopicorn by Amanda Visell
x3 Masked Karimba by Paul Pope
x3 Scavengers exclusives (Masao and Nigel) by Kathie Olivas
x1 Pink Hot ChaChaCha by Gary Baseman
x1 16-inch Slap Happy by Brandt Peters
ごめんなさい、このうち店主の分をよけたりしますので全部がぜんぶフォーセールというわけにはいきませんが、とりあえず荷物(下の画像がその一部)はサンディエゴを離れ、こっちに向かって飛んでます。
ご紹介します、ウチの現地バイヤーです。_a0077842_1137636.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2008-08-01 11:40 | 留之助商店計画