<   2008年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧
hotmailへは、なぜか送信できません。
DS5、発売開始から6分で25個入りケースが、17分でばら売りの、それぞれオンライン販売分すべて完売しました、ありがとうございます。

ところで最近、当店からのメールがお客様に届かない、または迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう、といった問題が報告されています。

とくにhotmail等のフリーメールをご使用の方に多くみられる状況のようです。
メール未着が報告されているメールアドレスは"@hotmail.com"、末尾が"ac.jp"などの学校サーバーを通したメールアドレス。

当店でも対策を練っている最中ですが、もし予約確認メールが届かない、発送連絡が一向にない、といったお客さまがいらっしゃいましたら、一度迷惑メールフォルダをチェックしてください。
また、ドメイン名"@tomenosuke.com"をセーフリストに追加してください。
指定受信の編集が可能な場合は"tencho@tomenosuke.com"のメールアドレスを指定受信リストに追加してください。

現時点ではお客さまから当店へ送られたメールや注文フォームは問題なく受信されています。

DS5の予約確認メールも順次送信しておりますが、当店へメールが返ってきてしまったお客さまには明日以降もメールの再送手続きを行い、また電話連絡での確認もさせていただきます。
どうぞご理解、ご協力をお願いいたします。
hotmailへは、なぜか送信できません。_a0077842_611186.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-07 03:00 | 留之助商店計画
DS5、深夜0時発売。
DSといっても、お待ちかねのダニー・シリーズ(Dunny Series)のことですから、言うまでもないか。
アメリカ発売直後の狂騒も一段落し、eBayのプレミア価格も落ち着いた模様です。
さて、DS5、これよりおよそ15時間後の深夜0時、オンラインで発売開始となります。
榎本店長、地元の常連さんたちから店頭でも同時刻に発売してくれと迫られたようですが、ご安心ください、入荷数の1/3は店頭販売用に確保してございます。
DS5、深夜0時発売。_a0077842_9493564.jpg
こちらは、このまえ8インチのエッギィ・ダニーをデザインしたデビルロボッツ作のシークレット・チェース(?/??)。
夏マフなのか、色合いからいけば冬支度か、とにかく19人のダニー中、いちばんモードしているのは確かだね。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-06 09:00 | 商店入荷新着情報
こちらの象頭も同時入荷の予定です。
グレッグ“クラオラ”シムキンズ作のキャプテン・ロスクロウの兄弟分、Keel Haul Cleg(キール・ホール・クレッグ)もSTRANGEcoのアナウンスに偽りなければ10月上旬、同時入荷いたします。
キャプテンが600個に対してキールが700個限定。
この100の差の理由について考えてみたんですが、さっぱり、とにかくお楽しみに。
こちらの象頭も同時入荷の予定です。_a0077842_237127.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-05 23:18
白いからといって、絵を描きなさいという意味ではございません。
もともと絵心のない店主である、DIYを奨励してるわりに自分では何もしない。
もったいないような気もする。
白は白でいい、真っ黒なのもいい。
ようするにDIYとは言わないで、あえて無地とかブランクと呼べば、そういうものか、なのである。
そのまま飾っても、問題なく絵になるし。
ブランクはデザインが込み入った分だけ(たとえばボード・ブロード)、大きければそれだけ(たとえば10インチ・マッドエル)、存在感もひとしおだ。
というわけで、最高のブランクモチャを近日発売いたします、100個しか作られなかったキャシー・オリヴァスのベニーと赤い鳥の白い鳥ver.
ついでに今後入荷予定のブランクモチャは下記のとおり。
1.カール・ジョーンズのフーディーズ5人組真っ黒版。
2.トーマス・ハンの純白プッシャー
3.スーパーモディファイ・スタジオのMODホワイト。
白いからといって、絵を描きなさいという意味ではございません。_a0077842_2149125.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-05 05:56 | MINDstyle 新製品情報
フトドキな名前の爆裂人形、発売開始。
Bud of the Month(今月のバド)シリーズの第1弾を入荷新着情報に並べました。
本来はブラインドボックス仕様ですが既報のとおり、レギュラー(18/25)とレア(7/25)が選べる開封済み販売となりますので。
しかしこのサイズ、公称3インチ・ダニーより0.5インチ背が高いだけの、つまり3.5インチ=約9センチのバド君をミニフィギュアと呼んでいいものかどうか、けっこう大柄に見える。
ので、気になってダニーを採寸したら2.7インチ=約7センチしかないことが判明しました。
だからどーしたってこともないですが、とりあえず入荷新着情報の3.5インチ・バドからはMini Figureのタグをはずすことにしました。
フトドキな名前の爆裂人形、発売開始。_a0077842_1655987.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-04 12:00 | 商店入荷新着情報
ロボットとドーナツに憑かれた男の展覧会。
2006年にEric Joyner(エリック・ジョイナー)が描いた2点の絵がけっこうトラウマだ。
ひとつは『ザ・ロープ・ショー』と名付けられた作品。
首つり用に結んだロープを前に腰を落とすか弱そうな黄色のロボットに、中央のロボットが何やら死に際の説教か。
憐れむような眼差しで、死は恐るるに足らず、死んでしまえばそれっきり・・・。
右のいかついロボットがさっさと済ませろと急かしている。
ロボットとドーナツに憑かれた男の展覧会。_a0077842_628520.jpg
もうひとつは『ザ・ラスト・スナック』(トム・ウルフのザ・ライト・スタッフとは一切関係ない)。
最後の晩餐ならぬ最後のドーナツを食べきれずに吊るされたロボットの絵だ、無念そうな。
どちらもモチーフになったロボットは実在のティントイで、デザインや表情に創作は入っていない。
一見、悲しげな顔も、もがき苦しみ飛び出た目さえ、はじめっからそうなっていた。
なのに魂を感じるのは、とりわけ“死”を題材にしているからなのか。
プレス成型されたり、キャストパーツで出来た無表情のロボットを相応の舞台に配置して、アイデンティティーまであたえてしまうエリック・ジョイナーの企みにヤラれたと思った。
彼の描くロボットたちの半分は人並みの生活をしている。
場末のバーの片隅で物思いに耽る者もいれば、夕陽を眺め黄昏る者も。
ときにドーナツが人らしさを表す小道具として使われる。
あとの半分のロボットたちはSF的なシチュエーションの中、宇宙を探検したりゴジラやキングギドラと戦う。
そのときドーナツは背景の巨大な山となり、あるいはUFOのように空を舞い、非現実に拍車をかける。
興味深いのはいずれもロボットたちが動いてそこまで来たことを示す足跡や軌跡が描かれていないことだ。
まるで大きなジオラマセットに、あるいは実際の風景の中にオモチャのロボットをポンと置いたような感じ。
動きがあるようで、ない、ポーズを決めて飾った、これはスケールの大きな静物画といえそうだ。
ロボットとドーナツに憑かれた男の展覧会。_a0077842_114544.jpg
1/2スケールのロビーとフルスケールのフライデー(いずれも高価なプロップ・レプリカ?)を描いたこの新作を見たら、フライデーって母親が似合うオカマちゃんだったんだと分かりました。
そんなロボットとドーナツに憑かれた男、エリックの作品展ARTIFICIAL ENLIGHTENMENT(人工の悟り)が9月6日からLAのCorey Helford Galleryで開催される。
会場ではドーナツが振る舞われるとか。
2週後の土曜日には店主も出かけていけそうだけれど、先着400名に配られるというエリックの新作ポスターは手に入らないだろうな。

エキサイトブログにいつの間にかYouTubeが貼れるようになってたんだね、なわけだから。


by tomenosuke_2006 | 2008-09-04 11:30 | ロウブロウアート
クラオラらしい新作の名前はキャプテン・ロスクロウといいます。
フリーハンド・ピンストライプ画法で有名なLAベースのアーティスト、Greg "Craola" Simkins(グレッグ“クラオラ”シムキンズ)。
彼がスキンデザインしたニンギョープロジェクトや盟友ジョー・レッドベターとコラボで創ったレドキンズ(ブラインドボックス生体解剖ごっこにも混入)で、日本でも徐々に知り合いが増えてきたようだ。
そのクラオラの純粋オリジナルのオブジェモチャがSTRANGEcoから発売される。
その名はCap’n Rotnclaw(キャプテン・ロスクロウ)。
アラスカン・キングクラブにキャプテン・フックの顔が乗っかったような超現実的デザインで高さ7インチ(約18センチ)、側面にチラッとのぞく脚がけっこう生っぽい600個限定、留之助には10月入荷の予定。
ミステリーアクションっていったっけ、障害物にぶつかると方向転換するメカ内蔵の乗り物や動物キャラのオモチャ。
バッテリー駆動式やゼンマイ仕掛けがあったと思うけれど、キャプテン・ロスクロウって、そんなふうに改造して動かしてみたくなる雰囲気、醸し出してます。
クラオラらしい新作の名前はキャプテン・ロスクロウといいます。_a0077842_10134848.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-03 10:16
ロジック製モーゼル、アンクルカービンへ。
着々と進んでますね、ロジックさんのモーゼル・アンクルタイプのカービン化計画。
スコープにロジック製P38・アンクルタイプでも使用されていたブシュネル型を流用したほかは、専用のスコープマウント、フォアグリップ付きエクステンションバレル、ロングマガジンを新調、あとはストックのみという感じです。
黒いボータイにタキシードのナポソロがモーゼル・アンクルカービンを縦にギュッと構えたあのポーズを早く真似してみたい?
ロジックさんのサイトのここも面白いから見てください。
小型パーツ製作用に自作したPC制御できる小型CNCスライス盤の製作工程が紹介されています。
ロジック製品の精度がますます高くなりそうです。
ロジック製モーゼル、アンクルカービンへ。_a0077842_6445987.jpg
ロジック製モーゼル、アンクルカービンへ。_a0077842_6451550.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-02 00:05 | プロップ
シリーズ5、本国アメリカのイカレぐあい。
アメリカでは3日に一部の特約店で開催されたリリースパーティでのみ先行、4日からふつうに発売されるダニー・シリーズ5だけれど、もうeBayを賑わせている。
で、シルエットから十分想像がついていたホアック・ジーの“?/??”は“1/100”のコジック版より20ドル高い、定価のおよそ28倍の値段で売買されているから驚きだね。
一方、Devilrobotsの“?/??”はサイフにやさしい定価の倍程度、ということは“2/25”?
水野純子さまのダニーなど“1/50”の相場は定価の8.5倍、とんだことになっている。
シリーズ5、本国アメリカのイカレぐあい。_a0077842_844668.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-02 00:00 | 留之助商店計画
アニメはズブのシロウトですが、コレ。
日本ではトゥーン・ディズニーで2006年9月から2007年9月まで、また同年10月から今年の3月までは衛星アニメ劇場(NHK BS2)でもオンエアされた全26話の日仏合作のSF冒険アニメ『オーバン・スターレーサーズ』を知ってるかい?
店主はまったく知らなかった。
ウィキペディアでざっと目を通し、YouTubeでいくつかクリップを拝見させてもらったが、なるほどこういうものなのかと。
で、そのアニメのヒロイン、モリーがいくらそっくりにフィギュア化されたとしても、ふつうはスルーするところだけれど、なんとあの覆面ギャングのクリエイティブ集団MUTTPOPがプロデュースしたとなると話は別だ、しかもいっしょにならべて飾れる同一スケール(高さ18.4センチ)。
人気のマットポップ漫画の最新4、5号に、売り切れていた1〜3号もモリーといっしょに入荷の予定、どうぞお楽しみに。
アニメはズブのシロウトですが、コレ。_a0077842_22291282.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2008-09-01 00:00