<   2009年 02月 ( 59 )   > この月の画像一覧
ご依頼の品、確かに落札いたしました。
eBayウォッチャーの店主が言うのだから確かである、?/??のDoktor A・ダニーが最初に出品されたのは1月27日で、1週間後の2月3日に305ドルで落札された。
これは発売直後の3インチ・ダニーとしてはかつてない高額、コレクターズ・チェックリストに?/??とあるけれど、もしや?/???の間違いではないかと思ったのだった。
ふたつめのDoktor A・ダニーは2月9日に202.5ドルで落札、ほぼ100ドルは安くなった、とはいってもねぇ。
けれどしょっちゅう出品されるわけではないこのレア・ダニー、そろそろ落札しないと栃木市のSさん、待ちきれなさそうだし。
ちなみに店主が落札したのを見届けるかのように、別の出品者から同じものがBuy It Now(即決価格)価格219.99ドルで出品されました。
ところで内輪話。
たまにあるんですよ、店頭で何気に買った人がレアものを引き当てて、これあまり好きじゃないって言うのを聞いた店長が、だったらそれと引き替えにもうひとつお選びくださいっていうパターン、期待してます。
a0077842_13102670.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-10 13:09
Dieselfuel Artist Series情報その2。
ナース姿の爆裂バド、こちらもまたロックポスター・アーティストCasey Burnsの初めての立体作品である。
2004年8月に描いたポスター、Sonic Youthのナースをお手本にしたんだとか。
確かに色合いはそっくりだけどベースが球体だと色っぽさは消えうせて、けっこう頼りがいのあるベテラン婦長さんぽくなる?
a0077842_9163928.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-09 23:30
Dieselfuel Artist Series情報その1。
紫のアイシャドーしっかり入れた爆裂バドの作者はロックポスター・アーティストのStainboy、最近、Vicious Intent(ヴィシャス・インテント=邪悪な考え)というタイトルの作品集を出版したばかりだ。
この本にコジックさんが序文を寄せているあたり、ステインボーイも隅に置けない悪い子なんだろうね、モチャ界での活躍を期待したい。
a0077842_23102674.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-09 23:15
EYEGORE by THE PIZZ、目下発売中。
「ザ・ピッツァのアイジョージの値段と入荷予定日を教えてください」っていうお問い合わせメールをいただき、一瞬何のことか悩んだけれど、たぶん、ザ・ピッズのアイゴアなんだろうと思った。
しかしアイジョージとは古い、古過ぎる、去年の忘年会で年増の芸子さんと赤いグラスをデュエットしちゃいましたよ。
というわけでザ・ピッツァのアイジョージ、発売しました。
下の画像は1月31日、メルローズのMUNKY KINGで開催されたアイゴアの発売記念イベントでのザ・ピッズ(左)です。
a0077842_8442822.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-09 19:30 | 商店入荷新着情報
お待ちかねJAMUNGOの新作。
見るからにケッタイなJAMUNGOの新作BlowUpDolls(爆裂人形)はいかがです?
題してDieselfuel Artist Series。
ディーゼルフュールとはディーゼルエンジン用燃料のこと、このねちっこいデザインを指すのかな、とにかく火には近づけないでください、プラスチックですから。
今回はなんとユーザーフレンドリーな個別ウィンドーボックス入りだとか、留之助では6個セットで販売の予定です。
アーティストはStainboy、Mike Fisher、K3N Adams、TOOTH、Casey  Burns、VanBeaterとBDIXのコラボ。
a0077842_14454065.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-09 14:48
どこまで付き合うか、それが問題だ。
ゲイリー・ベースマンのホット・チャチャチャを思い出す。
とくに最初の“赤”は仕入れるのも熾烈な戦いで、8個入り1カートンを確保できた時など大仕事をやってのけた気分になったものだ。
2007年6月にスタートし2008年11月に終了した全8色のチャチャチャ、映画でいえば中盤の山場ってやつでしょうか、SDCC 2007限定100個なんてのもあったけれど、そのあとちょっとダレて、カタルシスのない幕切れを迎えたような。
Wheaty Wheat Studiosのミスター・バニーやKidrobotのユニコーナサウルス的に、せめて3バリアントぐらいでまとめてもらえたら気軽に集めようっていう気にもなるけれど、TOY2Rのスマッシュにいたっては現時点で9色(NYCC 2009でVTN限定の在庫を売ったらしい)、もうこれ以上は出ないで欲しいと願う店主なのだった。
a0077842_13384446.jpg
で、最近の悩みどころはスティーブン・レポッドツー・フェイス・ヘイゼル
MINDstyleモチャに手を出すっていうのは、底なし沼にハマることと同じですから。
いずれもグレーが基調色の渋〜いNYCC 2009限定版を見てしまうと、並行輸入で販売するかどうかは別にして、自分用にひとつぐらいはと思ってしまう。
ちょいまえ、DIY風ホワイトやソリッドブラックのほかにも数種のカラーバリアントがリリースされたキャシー・オリヴァスのベニーと赤い鳥で、ほとほと懲りたはずなのになぁ。
a0077842_14234567.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-08 23:59
覚えていますかぁ? ホートン。
最近は若手NY勢の活躍が目立つよね、目まぐるしく変容する西洋オブジェモチャ界って、眺めているだけでも楽しいけれど、冒険好きなメーカーや旬のアーティストたちと交流していると、時に自分までモチャ作りに参加しているような気にさせられることがある。
たとえばおよそ1年前、SRT(SUPER RUD TOYS)の代表にしてクリエイティブ・ディレクターのJonathan Catheyとメール交換していた時もそうだった。
ドクター・スースの絵本『ぞうのホートンひとだすけ』のタイトルロール君を量産する準備が整い、いくつかのカラーバリアントが計画されたところで、ジョナサン・キャセイから3色選ぶとしたらどれがいいかと聞かれたり、フィギュアのお尻あたりに製品ロゴをプリントするっていうアイディアをどう思うかとたずねられたりした。
その後も製作費の捻出に懸命な彼から卸値をさらに5%割り引くので前払いで予約を入れてくれないかと言われ、喜んでそうさせてもらった。
a0077842_942250.jpg
こうして生まれることになった製品版ホートンについては、2008年3月22日の記事に詳述したんで、よかったら見てください、画像もたっぷりあります。
が、ホートンの完成を待ちわびていた去年の夏、突然ジョナサンからSRTを辞めることになったとメールが入った。
ホートン・プロジェクトは別の者が引き継ぐので心配しないように、もし問題が起きたら直接連絡してほしい、最善は尽くすと言ってきたのだ。
寝耳に水とはこのことだ、ジョナサンがいるからSRTに声援を送り続けてきたんだし、売れ残るのは承知の上でニィンギョー・プロジェクトも欠かさず仕入れてきた。
SRTの事情に詳しいあるアーティストから聞いた話では、お家騒動があり、ジョナサンが代表者の座を追われたんだとか。
で、ホートンの完成は大幅に遅れて去年12月末になんとかリリース、ただし跡を引き継いだ人に問題ありで、(中略)、紆余曲折を経てやっとこの度、留之助に届いた次第。
ジョナサンの置き土産となったホートンはSRT最後のモチャになるかも、その後、新しいスキンデザインのゴショやその他新製品の話は聞かれない。
ジョナサンのその後の動向もいま現在まったくつかめない。
ホートンのブルーとホワイト、のちほど入荷新着情報に並べます。
a0077842_12465522.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-07 23:55 | 商店入荷新着情報
シイタケ狩りの成果です。
こちらもレジン製、エミリオ・ガルシアのジャンピング・ブレインとよく似たサイズ。
ただしあっちは彫刻刀が使われた形跡一切皆無の、まるでデジタルな完成度、絵に例えるならCGってとこでしょう。
で、メデューサ・ブラック・マンバに睨まれて石化したこちらのシイタケ、Medusa Stone Shiitake ときたら、ゴリゴリのガチャガチャで、絵でいうところのフリーハンド・マンバ、じゃなかったマンガ。
対照的で、けれど、どちらも魅力的。
シイタケはアメリカで中華料理をテイクアウトするとき必ず使われる紙容器に入れられ、前後に貼られたステッカーの一方にはシリアルナンバーが印刷されている。
エリックのこういう凝りようが、好きだね。
本体の裏にはサインとシリアルナンバーも入り、留之助ではメデューサ・ブラック・マンバとの組み合わせを11セットご用意、2月8日(日)午前0時15分のお越しをお待ちしています。
a0077842_0103478.jpg
a0077842_0133870.jpg
a0077842_014246.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-06 23:59 | 商店入荷新着情報
kaNOの透けるマネーグリップ。
kaNOモチャである。
NYCC 2009でデビューするHI-DEFがKieth PoonのHummerhead Sharky(シュモクザメ)といっしょに到着、Bodega Lime GIDも追って入荷する。
以上はいずれ紹介したいと思う。
で、きょうはその後のkaNO、少数限定のクリアレジン製Moneygrip計画について。
最近、オブジェモチャ界では、300個がミニマムといわれているソフビのほかに、もっと少数生産のきくレジンが重宝がられはじめている。
Luke FeldmanのMaikoやEmilio GarciaのJumping Brainもそうなら、Erick ScarecrowのSoopa MariaChelly Chainsawもしかり。
初期投資があまりかからずリスクが少ない、から大きな利益は望めないかもしれないが自腹で作れば誰も文句は言わない、自由がきく。
レジンの重量感は高級にも映るし、少数生産だから重宝がられたりもする。
というわけでkaNOもクリアレジンのマネーグリップを計画した次第。
そこで頭をもたげてきたのが留之助スペシャルなんだけど、さてさて何色にしようかしらね。
a0077842_23273423.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-06 23:29
TOYSREVILにて。
a0077842_22472548.jpg
よそのブログ(当ブログを含む)の画像を無許可で転載したり、スッパ抜きを堂々とやってのけるオブジェモチャ・ニュースサイトの異端児TOYSREVILがやってくれました。
エリック・スケアクローのLVL 9999・バター・(ダニー)とLVL 9999・チョコレート・(ダニー)の存在を暴露したんだよ。
それがこの上と下の画像。
ただしふたつの行方までは語られていないし、エリックも口をつぐんでいる。
きっといまごろエリックは購入希望者からの問い合わせに追われてるんだろうね。
a0077842_23104528.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-05 23:14 | 留之助限定モチャ