<   2009年 03月 ( 52 )   > この月の画像一覧
夜明けのチャペルのグリン。
なんでこんないいものがサッサと売れないんだろうと思ったら、留之助とはまったく別の流通で日本にも難なく入って来ていたRon EnglishのGrin、当店在庫あと1ヶ。
もうちょっと市場調査しないといけないね。
そのカラーバリアント、Chapel of Dawn(夜明けのチャペル)版が発表になった。
とってもいい色合いだけど、今回はスルーします。
同じお金を投じるなら日本のショップが尻込みしそうなモチャ、入手困難なヤツ優先でいきたいからね。
とりあえず画像だけ、ご紹介。
夜明けのチャペルのグリン。_a0077842_0261355.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-18 23:59
第一のセイウチがやって来た。
コンプ・マニアな君へ、Greg“Craola”SimkinsのCraola Walrusが入荷した。
UPPER PLAYGROUNDのトレードマークのセイウチを旬なアーティストが思い思いの発想で料理する、その記念的第1弾がこのクラオラ・ウォーラスなのだ、はずせない。
山高帽に白シャツ、赤いネクタイにアーガイルのニットベスト、じつにジェントルマンな出で立ちでピース・ピースっていいながらジワジワ攻め寄るさわやかな不気味。
第一のセイウチがやって来た。_a0077842_22282153.jpg
第二のセイウチ、Nate Van Dykeペイデイ・チンプをお持ちで、今度出る第三のセイウチにも少なからず興味がおありなら、これを押さえてセイウチ・シリーズのコンプを狙うべき、最後のチャンスである(↓)。
第一のセイウチがやって来た。_a0077842_23401960.jpg
グレッグ“クラオラ”シムキンズが一時こだわっていたアーガイル・チェックつながりでコンプを目指すのもよい。
ニンギョープロジェクトと同時購入っていう渋〜いチョイスもある(↓)。
第一のセイウチがやって来た。_a0077842_23412345.jpg
STRANGEcoから出た同じクラオラのキャプテン・ロスクロウとキール・ホール・クレッグ、つまり胴長デフォルメ・キャラでまとめるのも悪くない、同じ7インチ(18センチ)の背丈だし(↓)。
とにかくクラオラのセイウチをひとつよろしく。
第一のセイウチがやって来た。_a0077842_23421254.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-18 23:03 | 商店入荷新着情報
ショップ限定Mad Lの流出モノ。
ショップ限定Mad Lの流出モノ。_a0077842_11191458.jpg
流出という言葉を聞いて過剰に期待してしまうあなたを軽蔑なんかしない、店主もそうですから。
ただし留之助の流出は映像や画像ではなく、もちろんモチャ。
去年11月、ユタ州ソルトレークシティーのショップMechanized限定として売り出され、12月のオブジェモチャ展示即売会VTNで完売するはずだったMadの特製5インチ(13センチ)Mad L、その名もSkin Deep(スキン・ディープ)が少数流出して、近日届くことになったのだ。
Phase 3のSlam Mad L(スラム・マッドエル)の兄弟分な感じ。
頭のバンダナ、チェック柄のシャツ、右耳のスカー、後頭部のそこかしこにはタトゥーあり、作り込みがよりハードである。
ショップ限定Mad Lの流出モノ。_a0077842_11194089.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-17 23:59
ちょっと接待で忙しい。
NYのキッドロボット本家でアメリカ東海岸、カナダ、アジア地区の小売店を統括しているWholesale Account ManagerのShannon Rivers(シャノン・リバース)君が新婚旅行で飛騨高山にやって来た。
留之助開業以来の担当で、去年9月NYへ出向き初会合、彼の理解を得て当店はダニーなど限定版モチャを販売できる日本唯一のキッドロボット・オーソライズド・リテイラー(公認小売店)になったのだった。
ゆえに、接待しなきゃならんでしょう。
アメリカ人の父と台湾人の母を持つシャノン君は、まず1週間、新婦レイチェルをお披露目がてら親戚の大勢いる台湾を巡り、日曜日深夜、日本滞在の三泊四日を心のふるさと飛騨路でくつろごうと成田空港から直行して来たのだ。
あらかじめ教えておいた新幹線に乗り遅れ、よほどのことがない限り地元民さえ使わない各駅停車の夜行列車で、岐阜から高山までおよそ3時間かけてたどり着くという珍道中なスタートではあったけれど、一夜明け、あとは店主がいるからパーフェクト、すべてのリクエストに倍返しで応えてあげた。
酒蔵見学したいとうから、すでにシーズンの終盤を迎え一般公開と利き酒サービスが終わってしまった飛騨の蔵元の中でも、とくに店主おすすめの銘酒久寿玉(くすだま)の平瀬酒造さんにお願いして特別に工場を案内してもらったり、キッドロボット本家でラーメン同好会を主宰するシャノンが高山でいちばん美味しいラーメンを食べたいというから、豆天狗の大将にたっぷり接待してもらった、豆天狗ではありえない替え玉サービスにコーヒーとデザート付き。
店主が用意した本日の宿は奥飛騨温泉郷福地温泉のかつら木の郷、女将からは新婚カップルの貸し切り風呂へ雪見酒のサービスもあり、これ以上ないロマンチックな夜を過ごせたはずである。
これでまたレアなキッドロボットモチャをよそより多めに送ってもらえる、これもまた留之助商店入りびたりの大事なオブジェモジャンのためなんですから。
ちょっと接待で忙しい。_a0077842_16133576.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2009-03-16 23:59 | 留之助商店計画
つまりこういう写真を撮りたかったから。
少なくとも1/12のジャガー・ウォーリア・ダニーが1個、当店販売分から出たはずである。
店頭展示用に開封したひとつは、無念、レギュラーカラーだったんで早々にeBayで落札、このほど到着した。
値段は言わない、忘れたい、ヨコシマな考えが頭をもたげるから。
だってそれだけのお金を注ぎ込むなら、その分、自分で店売り分を買い占めて開封すれば当たりそうだもの。
とにかく1/12がブラック・ジャガーだと知り、是が非でも欲しくなったのはこんなツーショットを撮りたくなったから。
左は10インチ・ジャガー・ウォーリア・マッドエル、Jesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンデス)がmy plastic heart主催の展覧会Street Tribeで発表したカスタム・ワンオフ。
ジャガー・ウォーリア・ダニーといがみ合いながらのこの絵、いいでしょ、榎本店長がたったいま撮影して送ってくれた。
つまりこういう写真を撮りたかったから。_a0077842_2317564.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-16 00:01
アカシ君のその後。
去年11月、けっこう盛り上ったDave Bondi作のミッキーマリオなフィギュア、Akashiは、あのあと50個だけ限定ピンク版が作られて12月のオブジェモチャ展示即売会VTNで販売された。
で、ひとつぐらい欲しいなぁと思ったものの、入手のメドが立たずあきらめていたら、なんとここに来てデイブ・ボンディ本人が手放さないで持っていたいくつかが取り引きのあるディーラーさん経由で回してもらえることに。
ただしアロケーションはいまだ未定、楽しみにお待ちください。
それから、売り切れたと思っていたオリジナル・アカシがまだひとつストックルームに残っているのを発見、よかったらどうぞ。
アカシ君のその後。_a0077842_21512338.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-15 21:52
Carrie Chauという、はずせない女性アーティスト。
美術家の奈良美智さんNYで逮捕、拘置 深夜に地下鉄駅で落書きと報じられたのは3月10日。
同様のハプニングを伝える別の記事では、2日間の拘留について「(拘置されなければ)会えないような人に囲まれ、映画の中にいるような体験だった」というコメントが紹介されていた、またひとつ名言だね。
じつは初期の絵に奈良さんの影響をそこはかとなく感じさせるホンコン・ベースのアーティストCarrie Chauが、近ごろ積極的に発表している独創的な立体作品を、日本で初めて留之助が輸入販売する覚書を交わしたのが落書き事件のあった2月27日で、事件が配信された10日には彼女がリードデザイナーを務めるライフスタイルストアHomeless Storeから、当店への第1便の荷造りが完了したとメールが入った。
奈良さんには失礼だけれど、この偶然は験を担ぐのが大好きな店主としては幸先よしとしたい。
いいタイミングのキャリー・チャウ留之助デビューではないかと思うのだった。
Carrie Chauという、はずせない女性アーティスト。_a0077842_1334757.jpg
ホンコンに生まれ、4才の時から絵を描きはじめたというキャリーは国立工芸大学のデザイン科を卒業すると一時イギリスへ留学、その後故郷へ帰り平面、立体、プライベート、パブリックを問わずあらゆるスタイルの創作活動を続けている。
2007年10月にはコーズウェイベイ(銅羅湾)のタイムズスクエアで大掛かりな展覧会Black Sheep Exhibition(下の画像)が開催されたが、その模様をVinyl Pulseで垣間見て、立体作家としての彼女がてきめん気がかりな存在になった。
Carrie Chauという、はずせない女性アーティスト。_a0077842_14101456.jpg
去年も11月20日から大晦日にかけて同じタイムズスクエアでさらに大規模な展覧会が開催されると聞いてはいたけれど、そうそう簡単には動けない年の瀬、またしてもオンラインで眺めるだけで終わってしまった(下の画像)。
Carrie Chauという、はずせない女性アーティスト。_a0077842_14214416.jpg
Carrie Chauという、はずせない女性アーティスト。_a0077842_14223256.jpg
左右どちらの手でも絵が描けるという特技を持つキャリー・チャウ。
繊細緻密な筆さばきや、子どもの時に見た夢を大人になって回想したかのような大人女の子らしい画風は、むしろ奈良さんというより、これまたどこかで奈良さんに通じる可愛げのない子らを描かせたら天下一のキャシー・オリヴァスに近いといえる。
キャシー作品はソフビで立体化されているが、キャリーのそれはポリストーン製でひとつずつ木箱に詰められ、より手作り感が強い。
立体絵画とでも呼びたくなる仕上げのミニフィギュア・サイズ(3〜4インチ)の3作品と彼女が彫刻と呼ぶ大作が1作品、いま大阪空港で通関中。
届き次第、まずはじっくり鑑賞し、入荷新着情報に順次並べる予定だ、ご期待ください。
Carrie Chauという、はずせない女性アーティスト。_a0077842_15172095.jpg

leopard black sheep
4インチ(10センチ)600個限定 


by tomenosuke_2006 | 2009-03-15 15:29
商店・書店の入荷新着情報を更新しました。
今夜0時のBFF発売前に商店書店に新着モノを追加しました。
商店・書店の入荷新着情報を更新しました。_a0077842_15353937.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-14 15:37 | 商店入荷新着情報
よかったっていうか。
Gary Basemanのクリーミーに次ぐ通算2個目のメタルフィギュア、Clown Coneが届きました。
これまでのFULLY VISUAL製品より倍の大きさのこいつは、缶詰めではなく段ボール箱入り。
それを知ってホッと胸を撫で下ろす人も少なくないんじゃ。
たとえばエリック・スケアクローのTOMENOSUKE SPECIAL、スーパ・マリア・ウォーホルタカヤマ・コンフィデンシャルをご購入いただいた方の中には、いまもパッケージの封印シールを破れず、中身を見られないでいらっしゃる人がおよそ2名も、分かる気がします。
そういう意味でも、今回のクラウン・コーンが簡単に出し入れできる箱入りっていうのは、よかったと思うわけです。
よかったっていうか。_a0077842_1335388.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-13 13:41
SK3 Monoと同時入荷のMichael Lauもの。
一般小売店へは卸販売されないためアメリカから並行輸入となったMichael Lau x MINDstyleのSK3 Mono(定価300ドル)、Vinyl Pulse Exclusives Storeのみで限定発売され、あっという間に売り切れて、早くもeBayを賑わせている。
同じくマイケル・ラウの創作プロジェクト、gardenerの10周年を記念して発表されたこちらのJordon 049 x 023 x MINDstyleもLAのショップDe La Barracuda限定で卸販売なし。
ブルージャージ(定価150ドル)とホワイトジャージ(定価200ドル)のセットが、恐れ知らずの999ドルでeBayに登場した。
当店へはSK3 Monoが3セット、Jordon 049 x 023の2色2体が2セットとブルージャージ単体が1個入荷する。
このMINDstyleモチャに限りオンラインでの一般販売は行わないため、興味のある方はこちらからお問い合わせください。
SK3 Monoと同時入荷のMichael Lauもの。_a0077842_11192671.jpg


ブルー&ホワイトのフルイメージはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-13 11:33 | MINDstyle 新製品情報