<   2009年 03月 ( 52 )   > この月の画像一覧
アジア地区ではリリースされないSK3モノトーン。
去年の夏、Michael Lauが発表したスタンリー・キューブリック・フィギュア3点セットのSK3、留之助でも5セットを入手してヤフオクに出品、いい感じで落札された。
マイケル・ラウものって、つい先ごろ東京で発売されたKAWSの人体模型ベアブリックのように、香港では転売屋が群をなして買い漁る人気商品。
最近もNIKEのマイケル版クレージー・エアフォース1や同時発売されたマイケル自分像フィギュアがSK3なみの大ヒットとなった。
で、MINDstyle限定のSK3モノトーン版が発売されると聞いて喜んだのも束の間、生産数が少ないためか、北米だけでの発売となってしまったのだ、グスン。
でも2セットは確保、内1セットは店主用としても、最低あと3セットぐらいはなんとかしたい。
eBayに出品されるのを待ってたらとんでもない値段になっちゃうだろうし、どんな手を使って仕入れるかただいま思案中。
アジア地区ではリリースされないSK3モノトーン。_a0077842_22522215.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-08 18:26
3人組、ご来店。
こいつたちの素性については2008年3月16日の記事を参照いただきたい。
個別に仕上げられた結果、ふたつとして同じカラーリングはない。
ズッシリなFRP製、厚手のメタリック塗装、各キャラ世界限定15個、Kozikモノ専門に集めてらっしゃるコレクターさんでも、かならずや二の足踏みそうな3人組をこれより発売いたします。
3人組、ご来店。_a0077842_16234322.jpg


大きくて大変な開梱風景、その他。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-08 16:49
Mac OS Xが走るトリスタンDell。
Tristan EatonのTHUNDERDOGから1月15日に届いたメルマガを見たときは、Macじゃないからなぁと一瞥して終わりだったDell Mini 9のカバー用スキンデザイン。
それがここに来て、やたら気になりだした。
WinマシンをMac OSで走らせるのをハッキントッシュっていうけれど、Dell Mini 9をハッキントシュするこんなムービーを見たら、ムズムズしちゃって。
しかも日本語でその方法をていねいに解説してくれる奇特な方のこんなブログを読んでしまうと、痒いところに手が届くというよりは、もう完全にムズ痒い。
家では30インチ・モニタにつなぎ、遠出の際はかならず携行するMacBook Proと、メールチェックやオークションにも重宝なiPhoneで何不自由のない人生を送っているから、トリスタンDell Mini 9にどんな仕事をしてもらうかいまのところこれといったアイディアなし。
どなたかいい使い道をご存知でしたら、お教え願えませんでしょうか。
Mac OS Xが走るトリスタンDell。_a0077842_1348639.jpg
こちらの画像はTHUNDERDOGのメルマガに添付されていたもの。
目移りして、まだどれにするか決まっていない。
このまま決まらなければいいと思ったりもして。

トリスタン・イートンのスキンデザイン。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-08 13:59 | PCモチャ
ジッパープルもジャガー・ウォーリアと同じ日に発売。
ジッパープルもジャガー・ウォーリアと同じ日に発売。_a0077842_112164.jpg
たまーに見知らぬ名前や有名ブランドのロゴマークに出くわすけれど、だいたいはYKKの文字が刻まれた金具、つまりジッパーを開け閉めするときの把手のことをタブっていうらしい。
そのタブにある穴に、こいつの金物(レバースナップ)を引っかけて使えば、機能性向上ばかりかちょっとしたアクセントにもなる。
アーロン・メションのLet's Hang Zipper Pulls、留之助商店開業以来ここまで可愛く小粒(平均25ミリ)なモチャははじめてである。
下のイラストがそのジッパープル全種、絵とそっくり同じ立体がブラインドボックス入りで登場。
身の回りのタブというタブぜんぶに付けてしまいたいっていう人は36個入りケースでのご購入をオススメします。
ジッパープルもジャガー・ウォーリアと同じ日に発売。_a0077842_114451.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2009-03-07 00:40
ジャガー・ウォーリア・ダニーのこれがチェイス。
すでに本国では完売の1500個限定Jaguar Warrior Dunny by Jesse Hernandezの1/12の、たった125個しか作られなかった逆転カラー版シークレットチェイスの、これが素顔です。
キッドロボット本家のディスカッションボードに投稿された画像を転載しました。
ジャガー・ウォーリア・ダニーのこれがチェイス。_a0077842_23574139.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-06 23:59
eBayのBlue Libertyはニセモノです。
Erick Scarecrowから、2007年に彼のブランドESC-TOYS限定として100個だけ発売された自由の女神ブルー版のニセモノが2点、eBayに同時出品されているとメールが届いた。
本来、ブルー版には本体と箱の両方にサインが入れられたが、出品物はサインなしのあってはならない非公認モノ。
おそらく100個以外に作られていたスペアがどこかで見つかり、どういう経路か分からないけれど出品者の元にやって来た、という意味ではサインなしはなしでレアといえないでもないけれど。
この出品者の他の売り物を見ると女神と同じKACHING BRANDSと、その兄弟会社のMINDstyleモノだけがゴッチャリ、メーカーと特別な縁でもあるんだろうか。
ブルー版独占販売のオポチュニティーを与えられた作者のエリックとしては、こういうのが売られることは本意じゃないだろう。
もしeBayでブルー版を買おうと思う人がいらしたら、それは出品タイトルにあるような100個限定版のひとつ(ふたつ)ではないということだけは知っていてもらいたい、とエリック。
eBayのBlue Libertyはニセモノです。_a0077842_19133027.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-05 23:59
Alex Pardee描き下し、The Walrus Riderの箱。
Alex Pardee描き下し、The Walrus Riderの箱。_a0077842_1104266.jpg
顔は見るからにかにかわいいセイウチだけど、3本足っていうところが怖いエイリアン風のワーラス・ライダー。
そのパッケージ・グラフィックが届いた。
アレックス・パーディーのこの絵、下から仰ぎ見た構図はH・G・ウェルズの『宇宙戦争』に出てきた火星人のウォーマシンを思わせる。
Alex Pardee描き下し、The Walrus Riderの箱。_a0077842_111227.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-04 23:59
ワン・パウンド・モチャの予約を受け付けます。
去年のいまごろ120ドルで100個だけ発売されたジョー・レッドベターのメタル・フィギュアBummerの狂騒を覚えてらっしゃいますか。
ビニールやプラではないという素材の目新しさも手伝って、一瞬で売り切れたかと思うと即座に2倍の値段でeBayに出品され、落札価格は14倍強、目を疑いましたよ。
製造発売元はLAのFULLY VISUALというできたての会社で、その後もアマンダ・ヴィゼル、ホアック・ジー、コジック、バフモンスター、ルーク・チューたちの小さくて重いモチャをリリースしてきた。
たぶん発売順でいうと5番目あたりだと思う、コジックのあとのGary Baseman作品、Creamy(下の画像)が完売したころから過熱気味だったブームも落ち着きをみせて、ある程度、欲しい人に行き渡るようになった。
ワン・パウンド・モチャの予約を受け付けます。_a0077842_17373952.jpg
このシリーズの面白いところはモチャが缶詰めされている点。
留之助でもジョーレッドのバマーとゲイリーのクリーミィ、どちらも未開封を在庫しているけれど、どなたか気前のいい人にお買い上げいただき、目の前でガリガリ切り開いていてもらえたら10%OFFにしますが、いかがですか。
なんてことより本題です、ゲーリーのメタル・フィギュア第2弾、予約受付のお話。
いまもLAのCorey Helford Galleryで展示中の絵(6500ドルで原画を購入することもできる)Clown Cone(下の画像)を元にFULLY VISUALがプロデュースした立体作品100個限定の予約を募ります。
ワン・パウンド・モチャの予約を受け付けます。_a0077842_17524812.jpg
これより30時間、3月4日23時59分が締め切り。
このクラウン・コーンはメーカーが小売店に卸す最初の作品で3週間前の2月11日に発売開始された。
ので、どれだけ当店が取り寄せられるかは未定、予約は早めがいいかも。
大きさはシリーズ中いちばんノッポの6インチ(15センチ)、目方もワン・パウンド(454グラム)と最重量級だ。
しかも仕上げがいままでにない多色のシルバー、ゴールド、カッパー、ニッケルをいぶしたような取り合わせで、不思議と金属のヒンヤリ感はおろかアイスクリームの冷たささえ感じさせない、ところはゲーリーの絵的でもある。
これが缶詰めになっているかは未確認、できれば簡単に取り出せて、難なくもとに戻せれるようなパッケージを希望。
ワン・パウンド・モチャの予約を受け付けます。_a0077842_1851228.gif

by tomenosuke_2006 | 2009-03-03 18:00
お待ちどうさま、本日よりメカトリ発送です。
ご予約分は本日午前中にヤマト便に載せますので、あしたにはじっくり遊んでいただけることだと思います。
まだの人は、どうぞお早めにご注文くださいね、すればそれだけ早く感動できるわけですから。
さて、下の画像は出荷直前のやや緊張気味なMechtorians Mini Figureの面々、その他のDoktor Aモチャがお見送りに来たの図です。
ちなみに左のGAME OVERと描かれた大きめは、去年4月にNYで開催されたエリック・スケアクロー主催のSOOPA SHOWに出品されたDoktor Aのワンオフ、もちろんソフビで、けっして木製ではざいません。
そんな重厚なのとならんでもけっして引けをとらないのがメカトリアンズだとは思いませんか。
お待ちどうさま、本日よりメカトリ発送です。_a0077842_747940.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-03 07:48
第三のセイウチ。
STRANGEcoと同じSFにあって、モチャよりはアパレル、よりはロウブロウアートの販売で圧倒的な勢力を誇るUPPER PLAYGROUND
留之助でもお馴染みのRon English、Greg“Craola”Simkins、Nate Van Dykeたちの原画を大量にコレクションていることで有名だ。
そのうちクラオラとネイト・ヴァン・ダイクといえば、UPPER PLAYGROUNDブランドでモチャの傑作も出している。
前者はCraola Walrus(クラオラ・ワーラス/下の画像)、どこから見ても同じクラオラ作のSTRANGEcoから出たキール・ホール・クレッグキャプテン・ロスクロウ似のやたらに上半身が目立つセイウチだ。
第三のセイウチ。_a0077842_82965.jpg
一方、ネイトといえばあの怖い物知らずのチンパンジーPay Day(ペイデイ/下の画像)の作者、けっこう売れて在庫僅少。
で、両者は一見まったく似ていないようで、じつは動かしがたい共通点がある。
そ、セイウチなのよ、ペイデイのチンプにもギャングがかぶっていたセイウチ・マスクが付属していたでしょ。
このセイウチこそはUPPER PLAYGROUNDのシンボルマークであり、ここの最近のモチャはどれもセイウチをモチーフにしたアーティスト競演といった趣なのだ。
第三のセイウチ。_a0077842_8542825.jpg
最新作もセイウチ、正式名をThe Walrus Rider(ワーラス・ライダー)という。
ホラー映画ファンで独創的な怪物を描き続けているアーティストAlex Pardeeがデザインした。
3本足のセイウチに角を生やしたウサギがまたがり、高さは11インチ(28センチ)、商品説明によるとウサギの両手はベンダブルでウィンドーボックス仕様、“シークレット・サプライズ”のオマケが付く。
こんな変なヤツ、間違ってもオーダー入れないわけがない。
几帳面な性格っていうんだろうか、何でも系統立てて集めるのが好きなんで1年前に発売されながら仕入れるのを怠っていたクラオラ・ワーラスもいまさら仕入れることにしたのだった。
これで晴れて3大セイウチ・コレクターになれる。
第三のセイウチ。_a0077842_10221127.jpg


追加画像/アレックス・パーディのセイウチ。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-02 10:40