<   2009年 12月 ( 44 )   > この月の画像一覧
アンクルグリップの“切り込み”について。
「アンクルP38の右グリップのスコープマウント基部より後端部分に大きな切り込みがあるものがあります。10年ほど前GUN誌で、この切り込みはフルオートにするときにシアを押さえる棒のようなものを差し込むためのものでは? なる記事を読んだことがありますが、真実はいかがなものでしょうか」というご質問を、M in Kyotoさんからいただきました。
そういえば以前、熱心にカスタム・アンクルガンを作っていらっしゃったバクレツパイナップルさんは、例の切り込みをキッチリ再現されて最高にマニアックでしたね。
で、いい機会なのでTHEUNCLEGUN.COMのBrad Ferguson氏に直接聞いてみると、以下のようなレスが返ってきました。
a0077842_8332196.jpg
cut away section(切り込み部)を持つアンクルガンを少なくとも2挺、劇中に確認できる。
しかしなぜグリップに切り込みが入れられたかの記録は一切ない。
アンクルガン研究者の間では、フルオートにするためのシアを操作する別パーツをそこに組み込んだという仮説が有力だ。
とはいえ、そのパーツを見たという人を私は知らないし、シリーズ全話を通じてアンクルカービンのフルオートの連射シーンはないように思う。
a0077842_1035342.jpg
つまり真相は"?"のままなのです。
そこで店主の見解を少々。
まずアンクルタイプのパーツはすべてNC旋盤や同時5軸加工機などない時代の手作りだったということ、当然個体差があり、むしろすべてがソックリ同じである必要もなかった。
スコープマウントやフォアグリップなど、明らかに形状の異なるものが存在します。
フラットグリップとラウンドグリップもどちらが先に作られたかというより、いまでは同時に存在したかもしれないと思うようになりました。
そこで例の“切り込み”ですが、簡単に抜き差しできるパーツで本当にP38をフルオート化できるのかという疑問がわきます。
むしろグリップ内部でダブルアクション用のコッキング・パーツを干渉させないようにするためには、ちょうど“切り込み”部分の肉厚を薄く加工しなければならず、それくらいなら切り落としてしまえということになったのでは。
撮影中にしばしばジャムり、応急処置した結果なのかもしれません。
個体差といえば、イリア・クリアキンの胸元をとらえた下の画像は興味深いですね。
スコープマントを取り付けるためのスリットが省略されて、カービン化できないハンドガン仕様だと分かります。
なのに例の“切り込み”があるということは、ハンドガンをわざわざフルオートにしようとしたのではなく、不発ミスを防ぐための処置だと考えた方が自然ではないでしょうか。
考えれば考えるほど楽しいのがアンクルガン。
現在、留之助ver.6のカービンパーツがそのまま応用できるアルミ削り出しのラウンドグリップ+オープンエンド・フラッシュハイダーを装着させた留之助ver.6.5を製作中です。
特製ヒップホルスターと留ブラAP用に考えていたハンドガンケースのオマケ付き、乞うご期待。
と、なんか最後はセールストークで終わってしまいました。
a0077842_11272635.jpg

All Photos Courtesy Brad Ferguson / THEUNCLEGUN.COM


by tomenosuke_2006 | 2009-12-16 12:16 | プロップ
オソルオソル出します。
a0077842_2223890.jpg
どう見てもDIY経験豊かな人の作品だとは思えない。
曲面相手のぎこちない筆使いで線はヘラヘラだし、うまく描こう、塗ろうの気持ちはあったのだろうけれど、子どもの素朴なイタズラ書きと大差ない結末。
ツノがあるくせに、二重瞼の上目遣いはやけに色っぽく、こいつは何かの間違いで生まれてきたオカマのサイクロップスかぁ?
kidrobotの4種類の新しいDIYフィギュア・シリーズMUNNYWORLDのひとり、Bubを当店でお買い求めになり、せっかく完成させて現物をご持参いただいたんだもの、なんとか称えてさしあげたい。
そーだ、こういうのをヘタウマって言うんだと、ついに褒め言葉を思いついたのも束の間、これはただのヘタウシだったと気付く。
なぜなら左腕に黒毛和牛と書かれているもん。
a0077842_22335059.jpg
いかんいかん、モンコウから茶色の実がはみ出ているぞ。
その上の垂直にそそり立つ尻尾のあり得なさ、ヘソの遠慮気味な×印のタッチ、手足の先はちゃんとヒズメ状にペイントされて、だんだん見てたら慣れてきた、好きになってきた、もはや愛おしくさえある。
これって、当店常連にして店主の百倍もB〜C級映画に詳しいHN“爆弾班中谷”さんの作品でした。
この際ですからTrikkyRaffyRoozと、あとの3人もヘラヘラなヤツに生まれ変わらせてやってください。
えーっと、それから、MUNNYWORLDご購入のみなさんでDIYされた方がいらっしゃいましたら、ぜひ見せてくださいな。
サイクロッギュウのあとですもん、なーんも遠慮することないでしょう。
by tomenosuke_2006 | 2009-12-15 08:44
これは、まず、青森の君に買っていただきたい。
a0077842_18161441.jpg
青森県在住の生物専攻の学生さんで、秋に友だちとふたり、高速代を浮かすため一般道をズルズルと南下、2日間かけて留之助商店に辿り着いたAndrew Bellファンの好青年君のために、このアートプリントを仕入れます。
ほかにも希望者がいらっしゃった場合を考え、3枚ずつ注文を入れましたが、まずは青森の彼を優先させていただきますのでご了承ください。
店主がアンドリュー・ベルを紹介した過去ポストの「アタマん中、変な生き物でいっぱい」とか「変な生き物作家」というセンテンスが、生物を専攻する彼の琴線にピピッときたらしい、結果、アンドリュー・ベル・モチャとアートワークのコンプリートを目指すハメに。
就職もめでたく内定したとかで、給料取りになったら当店でアンドリュー・ベルといわず、もっともっと変なオブジェモチャを買ってくれると約束してくれたし、そういうお客さんはエコヒイキしないとね。
a0077842_18262265.jpg

▲ Never Look Back (green)
けっして振り返らないで(緑版)シリアルナンバー&サイン入り
216mm x 280mm

a0077842_18305920.jpg

▲ Never Look Back (red)
けっして振り返らないで(赤版)シリアルナンバー&サイン入り
216mm x 280mm


アンドリュー・ベルの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Andrew+Bell/
アンドリュー・ベルの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Andrew+Bell/
by tomenosuke_2006 | 2009-12-14 18:36 | ロウブロウアート
2010年1月のkidrobot、まず2種。
毎年12月は新製品をひとつもリリースしないのがkidrobot本家のスタイル。
よそのメーカーもめっきり静かになるけれど、これは11月のブラックサンデー(11月の第4金曜日)までに商品を出し切り、クリスマスのプレゼント用に売ろう、買ってもらおうの計算があるからだ。
そうはいっても出荷が遅れていたりの新作がまだまだ留之助に入荷の予定、当店は手をゆるめる気は毛頭ないからね、年末までミッドナイトセールは続きます。
さてと、1ヵ月のブランクのあとの新春1月のkidrobotモチャのうち、エントリーレベルの支障がないところがぼちぼちと発表になっているんで、お知らせします。

2010年1月上旬発売
a0077842_153926.jpg
Gloomy Bear Zipper Pulls by Mori Chack
ご覧のとおり、森チャックのグルーミーベアのジッパープル、1インチ(25ミリ)サイズ、ブラインドボックス仕様です。
9種類の異なるデザインのグルーミーベアがいろんなカラーで塗り分けられて、シークレットを含むぜんぶで23種類が用意される。
本家のアナウンスではケース買いすればコンプリートできるらしいけれど、事前に見せられたコレクターズ・チェックリストは分母が30、なのに価格表には25個入りとあり、何がなんだか分からない。
正確なところが判明次第、またご報告させてもらいますね。

2010年1月中旬発売
a0077842_16201019.jpg
Vasily the Grumpiest Walrus Plush by Frank Kozik
ヒタイのKozikマークが何ともふてぶてしいこの16インチ(40センチ)の大きなヌイグルミは、メチャ不機嫌なセイウチのヴェイシリーといい、ロシアの核攻撃潜水艦の指揮官殿である。
趣味はアザラシやアシカを自分より下等だと勝手に決めつけ小馬鹿にすること、好物は新鮮なハマグリ、お楽しみは昼寝。
なのに氷山や海底火山や鯨との衝突を避けながらの潜航はことのほか忙しく、だから不機嫌なのだ。
と、まぁ、ヴェイシリーはThe Grumpiest(グランピエスト=メチャ不機嫌)と名付けられたヌイグルミ・シリーズの第1弾だとか、こんなのを小さな子どもに買いあたえたいと思う親がいるとしたら、考え直してもらいたい。

森チャックの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Mori+Chack/
セイウチの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Walrus/
by tomenosuke_2006 | 2009-12-13 23:59 | kidrobot 新製品情報
David Choeの冬支度Choegalが来る。
GAMA-GOとコラボで木製フィギュアのデスボットを作ったり、卸売りビジネスもしているオンライン専門ショップNingyoushiが、2004年、サンフランシスコにオープンさせた直営店がdoublepunch
そのショップのために同じSFの住人David Choe(デイビッド・チョー)がNingyoushiブランドで発表してきたチョーガル・シリーズの最新作を完成させ、先ごろ200個限定で発売開始された。
てっぺんの丸はサクランボか、いつもの頭巾がカップケーキ風に彩色されたその名もカップケーキ・チョーガル。
いままでとは打って変わった冷たい配色にパステル・ピンクのマフラーなど、なるほど冬のコーディネートでまたよい。
a0077842_10441159.jpg
今度の三変化はチョコレート色の素顔、カップケーキ風の覆面顔、ロボットの3種類で、もちろんデイビッドの見本通りに職人がひとつひとつ手描きで妖しく仕上げている。
したがって、それぞれソックリだけれど、同じものはふたつとしてない。
前作チョーガルをお持ちの方ならご存知のように、腕の関節はスプリング内蔵の可動式、その都度ハラハラさせてくれる箱絵も期待にたがわぬ出来だ。
近日入荷が決まりました。
a0077842_1124531.jpg
木のモチャの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Wood+Figure/
by tomenosuke_2006 | 2009-12-12 11:39
Cap Duck計画、続報。
a0077842_54537.jpg
Shonのキャップ・ダックの日本逃亡用衣裳が決まった。
ブラック&グレーにピンクのポイント、丸留マークがキャップに付く。
ブルーのオリジナルと、この留之助スペシャルを各3個限定発売することも決まった。
a0077842_54284.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-12-12 05:08 | 留之助限定モチャ
12月12日の真夜中12時、新レベル・エンジェル降臨す。
たったひとつしか売り出さないのに、専用注文フォームまで用意して、土曜のミッドナイトセールなんて大袈裟だと思う。
けど、 Rebel Angel Tattooって真夜中が俄然似合うキャラでしょ、だから。
Junのこの仕事に値段をつけるとしたら、販売価格の倍でも安いと思った次第。
けど、彼がそーさせてくれないのね。
a0077842_245836.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-12-11 23:59 | MIDNIGHT SALE
訂正します、原寸よりかなりデッカイMao胸像でした。
a0077842_23204711.jpg
あーあ、さっさと買わないから予約特価から通常価格に戻っちゃったじゃないですか。
って言いたいとこだけど、取り寄せ送料が予想してたより安くついたので特価と通常の中をとった新価格にしました。
そう、金ピカ・マオのことであります。
もしこれが原寸大だとしたら、マオは病的に顔がデカイことになる。
くわえタバコは別パーツ、台座の裏側には作者Kozikさんのサインが入っていた。
下の画像は当店最年少常連モリモト君とのツーショット、モリモト君がとくに小さいわけじゃない、マオがとんでもく大きいのです。
a0077842_2327878.jpg
金ピカ・マオ胸像発売中→http://tomesyoten.exblog.jp/11628957/
by tomenosuke_2006 | 2009-12-10 23:38
シアトルではJunko Mizunoの作品展。
ゴシック-カワイイとかカワイイ-ノアールと呼ばれているんです、海外にとられちゃった感じの水野純子さんによるセクシーでキュートでグロテスクな作品の数々。
シアトルのRoq La Rue Galleryで12月11日から1月30日まで開催されるDesert Women展で彼女の新作がご覧いただけます、なんて軽〜く言っちゃいました。
もちろんオンラインでプレビューもできます。
ご希望の方はこちらへメールでお申し込みください→kirsten@roqlarue.com
a0077842_029289.jpg
a0077842_0291315.jpg
a0077842_0292225.jpg
飛騨高山では絶版になって久しい純子さんのナース・フラッシュ・イット・キューイーが奇跡の再入荷です。
2年前、買えなかった人、これが最後のチャンスだと思います。
ナース・キューイーの勤務先の、ちょっと不気味な病院をイメージした箱絵もイカシます。
a0077842_0422533.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-12-10 00:53 | ロウブロウアート
Medusa Brookyln-Boa、これでよろしいでしょうか。
エリックの10ヵ月ぶりのソフビフィギュア、メデューサ・ブルックリン・ボアの発売についてお知らせしたつもりの先のポストでしたが、いただいたコメントを拝見するかぎり変な盛り上り方になってしまったようですね。
榎本店長と丸ッと2日間留守にしていたので事情が十分つかめないでいるのですが、とりあえずエリックが語るブルックリン・ボアの販売計画は以下のとおりです。
まずは彼のモチャメーカーESC-TOYSのebay-shopで太平洋標準時の11日午前9時、留之助商店は日本時間の同時刻11日午後11時に、初回販売特典のサイン入りアートプリントをセットにして同時発売します。
ESC-TOYSと当店で25セットずつ、合計50セットの発売です。
イベント限定モチャなどが特別の場合を除いて卸売りされないのとよく似て、ESC-TOYS製品の最新作やレジン製フィギュアのほとんどは小売り価格での仕切りとなり、当店ではつねに平行輸入商品並の低めのプロフィットで発売してきました。
そういう意味ではブルックリン・ボアもまったく同じです。
総生産数はたったの200個、残り150個はアメリカの有力トイメーカー兼ディストリビューターとコミックブック・ショップの大手チェーンが、プリント・セットと同じ価格でフィギュアのみを来年3月頃に発売するとか、日本はもとより他のどの小売店へも卸売りの予定はないと聞いています。
とまぁ、そんなところです。
a0077842_21115050.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-12-09 21:17