<   2010年 07月 ( 65 )   > この月の画像一覧
一夜明けたレベル・エンジェルです。
おかげさまでオンライン分が気持ちよく売り切れたタトゥー・ブラックを、何とかあと数個、融通してもらうことにした。
完成が遅れ、予定生産数200個のうちTTFに間に合ったのはたったの50個。
けれど中に数個不良品が混ざっていたりして、当店にはギリギリ12個しか回してもらえなかったのだけれど、そこをムリヤリ。
今回持ち帰らないと、取り寄せ送料や関税などにムダな経費がかかってしまいますから。
一夜明けたレベル・エンジェルです。_a0077842_8165992.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/12931052/
by tomenosuke_2006 | 2010-07-11 08:20 | モチャ行脚
TTF 2010現地リポート-1/やっぱり最初はこの男子。
去年のTTFで見初めたふたり、両人とも留之助用に限定レジン・フィギュアを作ってくれたり、内ひとりはガールフレンドといっしょに飛騨高山まで遊びに来てくれたRebel AngelのJunと、Cup DuckのShonの共同ブースへ真っ先に顔を出す。
手作りだったフィギュアを自己資金を投じてソフビ化したんだもの、何はともあれ「おめでとう」を言いたいし、ブラッシュアップされたという自信作を触ったり、例の留之助スペシャル、RATEG(レイテグ=Rebel Angel Tomenosuke Exclusive GID)を一刻も早く見たかったからね。
TTF 2010現地リポート-1/やっぱり最初はこの男子。_a0077842_22332989.jpg
TTF 2010現地リポート-1/やっぱり最初はこの男子。_a0077842_22341478.jpg
Junのショーケースにはデビューしたてのタトゥー・ブラックと参考出品のレイテグが仲良く並び、玩具少年たちの注目を集めていた。
オリジナルどうりに抜けた凹凸の複雑極端なスカルヘッドに安堵、緻密なタトゥー柄も細部まで表現され、さらにキャップ、腕、手首、足首と7点可動で自在にポーズが変えられる、つまり大いに遊べてしまう。
当のJunはといえば、去年の10月に高山で会ったときよりタトゥーが増えて、およそ2割増し、自身もますますレベル・エンジェル化していた。
キュートなキャラクターが持てはやされる台湾では自分は異色な存在だけれど、このタフなスタイルを崩す気はもとよりないと言う。
わりには、今夜当店が売り出すタトゥー・ブラックに注文が入るかどうか、けっこうナーバスになっているところがキュートなのだった。
TTF 2010現地リポート-1/やっぱり最初はこの男子。_a0077842_22364310.jpg
TTF 2010現地リポート-1/やっぱり最初はこの男子。_a0077842_22393162.jpg
一方、Shon(左側の男子)は今回デビューのキャップ・ダックのブラック版のほかに、試作のオリジナル・ブルー版とグレー版を並べ、接客の合間を縫っては当店用の12個の本体とパッケージにていねいにサインを書いていた。
ちなみに右のメガネの少年は、最近、新たにチームに加わったイラストレーターのWhoで、手にしているのは彼の処女作Whose Dollのプロト、資金を貯めてソフビ化したいと言っていた。
Shonのキャップ・ダックや別の新作については後日、追加リポートするとして、下の画像はJunのSin Eaterの試作。
いつになるか彼のことだからはっきりしないけれど、とりあえず6個、暇なときに作ってくれるよう頼んだのだった。
TTF 2010現地リポート-1/やっぱり最初はこの男子。_a0077842_626285.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-07-10 23:59 | モチャ行脚
タトゥー・ブラック・ミッドナイト。
TTF 2010リポートはのちほど。
本日10(土)日本時間の深夜0時、台北より男前に仕上がったソフビ版のREBEL ANGEL TATTOO BLACKを発売します。
今回、持ち帰る12個の内、2、3個を岐阜駅店でも発売の予定です。
タトゥー・ブラック・ミッドナイト。_a0077842_1322323.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-07-10 12:52 | MIDNIGHT SALE
スチームパンク・キーボード&マウスの受注製作を承ります。
ヴィクトリア調でスチームパンクで、デッカードのアパートにあってもよさ気な、ブラスターとの相性もすこぶるよろしい見てくれの、ハンドメイド&カスタムビルドなワイヤレス・キーボードとマウスのセットの受注製作を承ります。
作者は木製ボディのクラシック・カーを、ホットロッド・カーにカスタマイズするのが生業のオハイオ州シンシナティ在のホットロッダー、Woodguy(ウッドガイ)。
彼のサイトでその高度な技をお確かめください→http://www.woodieworks.net/wwindex.html
スチームパンク・キーボード&マウスの受注製作を承ります。_a0077842_0242973.jpg
コブの紋様が美しいオークの硬木をふんだんに使い、大昔のタイプライターを思わせる丸いキーを精密に再現、マウスはハンドペイントによる大理石風の仕上げとなる。
カラクラ以来のMac狂を自称するウッドガイである、もちろん完全にファンクショナル、MacとWinの両方で使用できる。
留之助書店に新設した“ステーショナリー”のカテゴリーに加えることにした。

ご希望の方は、以下の2点をご了承願います。
1.受注から納品までおよそ4週間ほどお待ちいただきます。
2.木目や全体の色合いが画像と異る場合がございます。

ご予約はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Woodguy/
スチームパンク・キーボード&マウスの受注製作を承ります。_a0077842_0245469.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-07-09 00:01 | PCモチャ
老舗STRANGEcoが1年8ヵ月ぶりの快挙。
とくにウチじゃなくてもいいか、っていうことで、SFのメーカーSTRANGEcoが作る最近のFriends With Youやtokidokiのキュート系モチャやアクセサリーには手を染めないで来た。
好みがはっきり分かれそうな、あえて難しい(売りにくい)ヤツにそそられるというへそ曲がりな性格だからかも、とにかく留之助にとって最後のSTRANGEcoモチャは2008年11月に発売したクラオラのキャプテン・ロスクロウキール・ホール・クレッグだった。
んが、ミニマムの各12個を仕入れただけなのに、まだ完売していないなんてどーゆーことなんだ !
1億2千万人もいる日本国で、この素晴らしが分かる人は二桁にも満たないってことなのか !!
いけない、感情のあまり、話が横道にそれてしまった。
つまり売れ筋ばかりじゃない、むしろ好事家に照準を合わせたとしか思えないクラオラや、さらにはボブ・ダブのルイ三重人格セットのような冒険的なモチャを出してくれるのがSTRANGEcoの“らしい”ところだと思ってきた、から、今回の新作発表はよろこびもひとしおなのだった。
老舗STRANGEcoが1年8ヵ月ぶりの快挙。_a0077842_172911.jpg
ジャーン、なんて効果音を鳴らしたい気分。
ストリートアート界のカリスマOBEY GIANT(オベイ・ジャイアント)ことShapard Fairey(シェパード・フェアレイ)デザインの、これまた本当に久しぶり(2007年2月の8インチ・ダニー以来)のオブジェモチャ、Mr.Sprayが、STRANGEcoからリリースされるのだ。
1950年代の広告に出てきたマスコットを彷彿とさせるレトロ・キャラ、ミスター・スプレーは2004年ごろからしばしばストリートを賑わせてきたらしい。
これまでの尖ったプロパガンダから"MAKE ART NOT WAR"と穏やかなキャッチフレーズに軌道修正されて、じつにいい感じ、当店の看板ネオンレディ・キロワットの世界観に通じる。
老舗STRANGEcoが1年8ヵ月ぶりの快挙。_a0077842_172449.jpg
実際のスプレー缶と大差ない高さ11インチ(28センチ)の大ぶりサイズ、オベイのミニステンシルのアクセサリー付き。
で、4つのカラーウェイが作られるうちのブラックとレッド各348個限定が、留之助にも入荷する。
ちなみに200個限定のゴールドの販売方法はいまのところ明らかにされていないけれど、100個限定のシルバーはSDCC 2010のSTRANGEcoブースで発売の予定。
後者については、もちろんウチのバイヤーさんにせめて2個はゲットするよう言ってあります。
老舗STRANGEcoが1年8ヵ月ぶりの快挙。_a0077842_1732095.jpg


More: シェパード・フェアレイ作のパッケージがまたしてもよい。
by tomenosuke_2006 | 2010-07-08 17:16
今度はゲイリー・ベースマンがFaith No Moreに参加。
人気のロウブロウ・アーティストが自作のポスターに1枚ずつ直筆でシリアルナンバーとサインを入れる話題のFaith No Moreシリーズに、新たにGary Baseman作品が加わりました。
去る7月5日にNYで開催されたライブ用、3種類の豪華カラーバリアントが用意された代わりに、1点ずつの製作数は限定70枚に絞られて、他の作品とくらべるとややエクスペンシブ。
奇天烈ファンク・メタルなフェイス・ノー・モアにぴったりの、最近、とくにキテレツ化に歯止めがきかなくなった感のゲイリーらしい作品です。
少女とデビルのからだのフォークロアなパターンが新鮮、少数ですが並行輸入いたします。

今度はゲイリー・ベースマンがFaith No Moreに参加。_a0077842_9552766.jpg
今度はゲイリー・ベースマンがFaith No Moreに参加。_a0077842_1003944.jpg

Silkscreened poster by Gary Baseman
Signed and numbered / Edition of 70
458mm x 610mm


by tomenosuke_2006 | 2010-07-08 10:06 | 書店入荷新着情報
USBメモリー親指サムの作者の首振りクトゥルフです。
7月1日のポストで紹介した親指型USBメモリーの作者であり自然史博物館のファブリケーター、Stephen W. Bell(スティーブン・W・ベル)の馬鹿げてる2作目は、いわゆるボビングヘッドのクトゥルフ、丈夫なウレタン・レジンで作られた高さ5.5インチ(14センチ)の置物です。
スティーブンいわく「おそらく首振り人形最初であろうかと思われるこのクトゥルフを、あなたの机、あなたの枕元、あるいはクルマのダッシュボードに飾ってください。そうすれば彼は根気よく首をフリフリ慈悲深く、あなたから忌まわしい災いや死を遠ざけてくれることでしょう」。
親指ともども7月中旬の入荷。




by tomenosuke_2006 | 2010-07-08 00:34 | Sci-Fi Classicモチャ
アンドリュー・ベルの大作を発売します。
今週末、NYのToyQubeから通算何色目に当たるんだろう、オー・ノー・スシの限定イエロー版が発売される“変な生き物”作家のAndrew Bell(アンドリュー・ベル)だけれど、留之助書店でも特別な作品を発売します。
2005年にkidrobot NY店で開催された作品展『EXPEDITION 6』のために、アンドリューがパワー全開で描き下ろした縦6フィート(183センチ)の同名の大作が、この度、1/2にリサイズされて、200部だけ4色リトグラフで限定製作されたのです。
半分に縮小されたとはいっても、縦91.5センチはまだまだ堂々たる迫力ですから。
アンドリューにしか見えないパラレルワールドに巣くうモンスターたちを、日本の風景の中に見つけた傑作、血の色をした底なし沼のような空に、思わず吸い込まれそうになってしまいます。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/14730016/
アンドリュー・ベルの大作を発売します。_a0077842_17381581.jpg

4c lithograph by Andrew Bell
Signed and numbered / Edition of 200
458mm x 914mm



More: 大きさはこんな感じです。
by tomenosuke_2006 | 2010-07-07 18:00 | 書店入荷新着情報
7月中旬のkidrobotは、指をくわえて眺めるだけ?
マイアミ・ベースのアーティスト・デュオFriends With You作品といえば、留之助ではkidrobot製のお手軽ラッキーズ・ジッパープルを扱っただけ。
で、次なるFWYの新作はというと、またしてもkidrobotなんですが、モチャというより明らかにファニチャですね、腰掛けて便利なベンチなんです。
当然というか、大物だけに、けっこうな高額商品。
7月中旬のkidrobotは、指をくわえて眺めるだけ?_a0077842_10594355.jpg
いつもの便には載せられない、つまり送料がいくらかかるか即座には分からない43センチ x 86センチ、だからむやみやたらと仕入れるわけにもいかないのです、スモーキンラビット・スツールの取り寄せでは辛苦をなめましたので。
結果、ひとつはオンラインで、もうひとつはインテリア代わりに岐阜駅店で展示販売の予定です。
7月中旬のkidrobotは、指をくわえて眺めるだけ?_a0077842_1114377.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-07-07 11:42 | Kidrobot 新製品情報
テネブレの原型がほぼ出来上がった模様です。
FedExのトラッキングで確かめたら、イギリスのRAJE ToysからDr. Brainが到着するのは9日(金)、ってことは榎本店長と連れ立ってTTF 2010にいるころじゃないですか。
なのでドクター・ブレインの発売は帰国後の12日(月)以降になります、よろしくお願いします。
以前にもお話ししたようにドクター・ブレインは新興メーカーRAJE Toysの第1弾。
第2弾はDoktor AによるスチームパンクなG.N.O.M.E.(ノーム)8月発売、で、第3弾がこちらの画像のTenebrae(テネブレ)10月発売なのです。
テネブレの原型がほぼ出来上がった模様です。_a0077842_854981.jpg
テネブレの原型がほぼ出来上がった模様です。_a0077842_810457.jpg
ブエノスアイレス在のグラフィック・デザイナー兼イラストレーターで、kidrobotのユーモアたっぷりなミニシリーズ、キューコスの生みの親のPO(Patricio Oliver=パトリシオ・オリバー)がデザイン。
フライヤーの絵を見たときの期待を裏切らない、いや上をいく並外れた造型じゃないですか、立てたのと、丸くしたのと、ふたつの仕上げのエッジがバランスよく組み合わさって、うっとりの原型彫刻だ。
同じ素体のボディを使い、カバーリングしたり付け替えたりしながら、まったくちがうキャラクターを生み出すRAJE Toysのこのシリーズ、店主はコンプリートを目指します。
テネブレの原型がほぼ出来上がった模様です。_a0077842_8343564.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-07-07 09:37