<   2010年 08月 ( 79 )   > この月の画像一覧
ハイ・フルクトース16号、鋭意発売中。
今号のカバー特集はSDCC 2010のハイ・フルクトース・ブースでオリジナル・フィギュアGhost Seekerを発表し話題になったJeff Soto。
お馴染みBarry McGeeやRon Englishの新作や代表作をはじめ、日本人アーティスト高松和樹の、それが絵なのかペーパークラフトなのか写真なのか困惑させられるスピリチュアルな作品も収録されている。
動物を描いたBath Cavener Stichterの彫刻には誰もが釘付けになるだろう。
粘土のテクスチャーを生々しく留める立体作品の数々は、まるでそれが解剖室か剥製室で彫られたような気味の悪さと偏った動物愛を感じさせてくれる。
相変わらずの盛りだくさん、HI-FRUCTOSE vol.16はただいま留之助書店で発売中。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/15023962/

ハイ・フルクトース16号、鋭意発売中。_a0077842_1073111.jpg
↑ Jeff Soto
ハイ・フルクトース16号、鋭意発売中。_a0077842_1084415.jpg
↑ Barry McGee
ハイ・フルクトース16号、鋭意発売中。_a0077842_1092222.jpg
↑ Ron English
ハイ・フルクトース16号、鋭意発売中。_a0077842_1012077.jpg
↑ Kazuki Takamatsu(高松和樹)

More: さらにハイライト・ページはつづく。
by tomenosuke_2006 | 2010-08-28 11:06 | 書店入荷新着情報
オゾマティにひれ伏す。
オゾマティにひれ伏す。_a0077842_22365179.jpg
これでも猿なのである。
しかも畏れ多い猿なのである。
遠いむかし、失われた大帝国アステカで人々に崇められた守護神Ozomahtli(オゾマティ=猿の意)を、いまいちばん燃えているアーバン・アステカ・アーティストのJesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンディス)が翻案、現代に甦らせた。
どうだ、暑苦しいだろう、残暑なんか何のそのだ。
全高10インチ(25.5センチ)、両腕・両足が可動し、メラメラと燃えさかる炎のような王冠を取り除くと、確かにモヒカンの猿が出現した、ちゃんと尻尾もある。
これより発売、箱絵がまたよい。
オゾマティにひれ伏す。_a0077842_3183689.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13144828/

More: オゾマティをじっくり鑑賞。
by tomenosuke_2006 | 2010-08-27 03:13 | 商店入荷新着情報
SDCC 2010限定モチャを定価でご提供です。
夜光版ジャウィと同じく、個人的にあっちのバイヤーさんに頼んで1個、定価で買ってもらい、20%のマージンを上乗せして手に入れていたSDCC 2010限定Film Noir Irinaが、これまたホールセール・プライスで入ってきました、売れ残ったのかなぁ。
残り物には福があるって言うじゃないですか、高価なフィルムノワール・イリーナが円高のおかげでオリジナル・カラーより安く買えるという超常現象まで起きて、欲しい人にはたまらんでしょう。
ずいぶんまえに売り切れていたハンマーヘッド・シャーキーもKozikのSDCC 2010限定アナーキー版として復活、こちらも併せてどうぞ。
SDCC 2010限定モチャを定価でご提供です。_a0077842_10282828.jpg
イリーナのご注文はこちら→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Irina/
アナーキー・ハンマーヘッドのご注文はこちら→http://tomesyoten.exblog.jp/13140936/
by tomenosuke_2006 | 2010-08-26 08:57 | 商店入荷新着情報
Seahorse Tomenosuke Exclusive by Amanda Visell.
ブラッシュアップにことのほか時間がかかり、8月の納期が10月にズレ込んだおかげで、予定外ではありますが、留之助商店開店4周年記念モチャのひとつになりそうです。
台北のショップParadise ToylandがプロデュースするAmanda Visell(アマンダ・ヴィゼル)のSeahorse(シーホース=タツノオトシゴ)留之助限定カラー。
ホワイト&ゴールドのアンティックな風合いも見事なら、5色ある中でも最高にノーブル、他とは一線を画しています。
本日届いたサンプル画像で承認の返事をさせてもらいました。
そこで出し惜しみしつつ、留之助シーホースの寄りのカットを1点だけポストさせていただきますね。
Seahorse Tomenosuke Exclusive by Amanda Visell._a0077842_0113313.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-08-26 00:17 | 留之助限定モチャ
Buff Monster、連発。
SDCC 2010で初売りされたバフ・モンスターのヌイグルミ(限定200個)を買うと、8月はじめ盛況のうちに幕を閉じたGiant Robot主催のカスタムショーThe Monster Withinの公式ポスターが付いてくるセールを開始します。
ヌイグルミは肌触りも心地よいタオル地の高さ13センチくらい、ポスターはフルカラーの458mm x 610mmですから、先に発売のLife is SweetDrippy Skullのシルクスクリーンと同寸ですね。
Buff Monster、連発。_a0077842_6271824.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13136226/
by tomenosuke_2006 | 2010-08-25 06:44 | 商店入荷新着情報
Buff Monsterの100部限定シルクスクリーン2種。
1枚目はBuff Monster(バフ・モンスター)の処女作品集『ライフ・イズ・スイート』の出版を記念して、作品集のカバー・アートをそのままポスター化した限定版シルクスクリーンです。
ブラック、グレー、ピンク、メタリック・シルバーの4色刷りです。
Buff Monsterの100部限定シルクスクリーン2種。_a0077842_2348324.jpg
Buff Monsterの100部限定シルクスクリーン2種。_a0077842_23504884.jpg

Life is Sweet Print
Silkscreened poster by Buff Monster
Signed and numbered / Edition of 100
458mm x 610mm


2枚目はドロドロにとろけたアイスクリーム製スカル。
バフ・モンスターがLAのいたるところに貼って歩いているスカル・ステッカーと同じ絵柄の限定版シルクスクリーンです。
Buff Monsterの100部限定シルクスクリーン2種。_a0077842_0235896.jpg

Buff Monsterの100部限定シルクスクリーン2種。_a0077842_0241260.jpg

Drippy Skull Print
Silkscreened poster by Buff Monster
Signed and numbered / Edition of 100
458mm x 610mm


バフモン・アート発売中→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Buff+Monster/
by tomenosuke_2006 | 2010-08-25 00:40 | 書店入荷新着情報
デッド・チェ〜クトゥルフ、GID3連発のとどめはジャウィ。
ニュージーランドのクリエイターMarinw Ramdhani(マリーン・ラムダニィ)とアメリカ西海岸のユニオン・シティにショップを構えるKuso Vinylがコラボで作り上げたスーパー・サイのJouwe(ジャウィ)。
といえば、滑らかなラインで構成されたたっぷり10インチ(25センチ)の三頭身、太鼓腹がとってもかわいいと評判だ。
個性的だけれど尖ったところがなく、むしろ受け身の、ダニーのようなカスタムにもってこいのシェイプを有している。
からだろう、ジャウィを使ったカスタム・ショーが世界各地で開催されたり、企画されているのだ。
今年はじめにはハワイのAla Moana Centerで、10月にはドイツのケルンで、そのあとアメリカ・ツアーがはじまる。
とまぁ、そういう人気者のジャウィのGID版がSDCC 2010限定として50個だったか、100個だったか作られたのだけれど、いくらか売れ残ったみたいだね。
留之助にホールセール・プライスで送られてきた。
ちなみに店主、個人的にあっちのバイヤーさんに頼んで1個、定価で買ってもらい、20%のマージンを上乗せして手に入れていたわけで、とことんバカみたいである。
デッド・チェ〜クトゥルフ、GID3連発のとどめはジャウィ。_a0077842_19252022.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Jouwe/
by tomenosuke_2006 | 2010-08-25 00:02 | 商店入荷新着情報
ラグナー10年の軌跡、集大成本上梓。
主流はミッドセンチュリー・モダン、時にレトロ・フューチャー。
Brandon Ragnar Johnson(ブランドン・ラグナー・ジョンソン、通称ラグナー)の描くファッショナブルで時空を往き来するようなタッチの絵に心酔した人も少なくないだろう。
2007年のVernaculis(ヴァナキュリス)以来、ラグナー本といえば軒並み留之助書店のベストセラーでもある。
そんな彼の待望の集大成、Eponymonstrous!(エポニモンストラス)が入荷した。
ラグナー10年の軌跡、集大成本上梓。_a0077842_8154275.jpg
オールカラー320ページ、化粧箱入りハードカバーの超大作。
上の画像の化粧箱から無地艶消しのパステル・サックス色の本体を取り出すと、表紙にクリヤーでEponymonstrous!のタイトルが、背にRagnarと印刷されている、ウットリ。
光りに反射して、はじめて気付く、憎い仕様だ。
サブタイトルにWork from 00-10 The Binary Decadeとあるように、これは2000〜2010年に及ぶラグナーのすべてを網羅した内容で、彼の本を買い逃した人には最高のダイジェスト版であり、ファンには彼のプライベートを垣間見、人となりを知り、作品のビハンド・ザ・シーンをじっくり探索するまたとない機会となるだろう。
ラグナーによるエディトリアル・デザインがこれまた素晴らしい、ページを繰るたびに意表を突かれる。
スナップ写真、デザイン画、ストーリーボード、印刷物、イラストレーション、ペインティング、スケッチ、オモチャなど、さらにビジュアルをたっぷり交えながらのエッセイやインタビューが加わる。
善は急げ、買って見るしかないでしょう。
ラグナー10年の軌跡、集大成本上梓。_a0077842_933849.jpg
ラグナー10年の軌跡、集大成本上梓。_a0077842_9333575.jpg
ラグナー10年の軌跡、集大成本上梓。_a0077842_9334847.jpg
ラグナー10年の軌跡、集大成本上梓。_a0077842_934035.jpg
ラグナー10年の軌跡、集大成本上梓。_a0077842_9341483.jpg
ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/15002970/
タグ:
by tomenosuke_2006 | 2010-08-24 09:39 | 書店入荷新着情報
GID版デッド・チェの予約は締め切りましたが、
こっちのGIDはいまから発売です。
そう、John Kovalic(ジョン・コヴァリック)作クトゥルフ君の、デッド・チェ同様グリーンに浮き上がる夜光版。
この世界一かわいいクトゥルフ・シリーズをご紹介して、かれこれ3年と3ヵ月、いまさら説明することはありません。
彼のバックグラウンドをお知りになりたい方は、下の作者の名前をタグってみてください。
GID版デッド・チェの予約は締め切りましたが、_a0077842_0595161.jpg

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13131245/
by tomenosuke_2006 | 2010-08-24 00:37 | 商店入荷新着情報
ようやく発売のゾンビ犬には小粒なオマケがついていた。
生ものだったらとっくに腐ってますよ、7月5日の告知からおよそ50日あまり、やっと届きました、ゾンビ犬のWONDOO(ワンドゥー)。
鮮度は一度死んでますので、これ以上は悪くなりようがありません。
テッド-Eとアップルのゾンビ姉弟の愛犬にして、たまに番犬。
たるんで伸びきった自分のシタベロを、しょっちゅう前脚で踏んづけてはずっこける儚いヤツなんです。
じつは飛騨高山に到着するまで分からなかったのですが、何とウィンドーボックスから中を覗いたら、ワンドゥーの足元に小さなオマケを2個発見しました。
ポケット・ゾンビ・のメーカー・サイトAtomfreak Studiosのタイトル部分をうるさく飛び回るアレです。
ワンドゥーともども遊んでやってくださいね。
ようやく発売のゾンビ犬には小粒なオマケがついていた。_a0077842_23125233.jpg

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13129983/

More: 見えるか見ないかの小粒なオマケ。
by tomenosuke_2006 | 2010-08-23 21:15 | 商店入荷新着情報