<   2011年 01月 ( 46 )   > この月の画像一覧
1:6のノーム判明、これぞドクA節全開だ。
地元の常連さんが購入されたG.N.O.M.E.(ノーム)が、なんと6個に1個のチェイス版だった、おめでとう。
なので、さっそくお借りして、店頭展示用のレギュラー版といっしょに記念撮影した次第。
抑えた色彩に眩しくてかる黄金のヒゲ、三角帽子や服の側面にはDoktor Aのトレードマークのゼンマイ風ツタが這い、これこそ絶対的にもっとも彼らしいノームではないかしらん。
残り僅少、まだ当たる見込みがありそうだ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13957182/
1:6のノーム判明、これぞドクA節全開だ。_a0077842_2485611.jpg
1:6のノーム判明、これぞドクA節全開だ。_a0077842_249876.jpg
1:6のノーム判明、これぞドクA節全開だ。_a0077842_2491882.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-01-13 02:55
Dunny Azteca II、世界同時発売に間に合わないかも。
エキゾチックでミステリアスで、ラテン・アメリカンな血を引くアーティストたちによるダニー・シリーズの第2弾、Dunny Azteca II(ダニー・アステカ2)の世界発売が迫ってきた。
第1弾は留之助が開業して間もない2007年1月にリリースされたけれど、なぜだかウチでは発売した形跡がない。
kidrobot USAから案内がなかったからか、予約が締め切られたあとだったのか、とにかくじつに尖り、あるものはユーモアに満ち溢れ、また別なのは不気味この上ない総勢15種類のダニーを、指をくわえて眺めていたものだった。
それの第2弾が1月20日に世界発売される。
Dunny Azteca II、世界同時発売に間に合わないかも。_a0077842_10363363.jpg
日本ではその日に店頭に並ぶかどうかビミョーらしいけれど、とりあえず参加アーティストは下記の15名。
anaïs e3, Oscar Mar, José Leandro, Córdova Lucas, Izzie Ramírez, OCHÖstore, Michelle Prats, Tepetonga, Luis Mata, Dani Bravo, The Beast Brothers, Jesse Hernandez, MARKA27, MIGUEL DE LA BARRACUDA, Saner.
このうちクリスマスに出たザ・バーグラーズ・ダニーの作者Saner(セイナー)によるナイフをかざしたヒゲオヤジ・ダニーにはシークレット・カラーウェイが用意されるとか、続報を待て。
Dunny Azteca II、世界同時発売に間に合わないかも。_a0077842_1049151.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-01-12 10:49 | Kidrobot 新製品情報
Doktor Aはまだつづく。
シンガポールの新ブランドPobber Toysが立ち上げたClumsy Monsters(クラムジー・モンスターズ=ぶかっこうな怪物たち)シリーズの第1弾が、去年11月28日のポストでお知らせしたドクAのHumphrey Mooncalf(ハンフリー・ムーンカルフ)。
身長8インチ(20センチ)の3本足で、ゼンマイ・ネジと取り外し自在の後頭部付き山高帽に脳ミソのオマケが付く。
その3つあるカラーウェイのうちのメーカー直売100個限定のVerdegris(バーディグリス=緑青)版が近日発売の運びとなった。
シンガポール時間の1月18日午後11時59分、ということは日本時間の0時59分。
日本のドクA・ファンのために留之助に少量融通してくれないか、ただいま問い合わせ中だ。
Doktor Aはまだつづく。_a0077842_0493292.jpg
あとの2つのカラーウェイについては入荷が決定している。
モノトーンのNocturnal(ノクターナル=夜行性)150個限定と色鮮やかなDapper(ダッパー=お洒落さん)250個限定、2月から3月にかけて連続リリースの予定だ。
このクラムジー・モンスターズ・シリーズ第2弾のアーティストはMadに決定しているし、ただいまあるビッグ・アーティストに第3弾を引き受けてもらうべく交渉中だとか。
で、我らがドクAはというと、このハンフリー・ムーンカルフのあとは、UKの新ブランドArts Unknownから新作を発表する予定、もちろんメーカーとはとっくにコンタクト完了済みだ、ぬかりはない。
Doktor Aはまだつづく。_a0077842_1163573.jpg
Doktor Aはまだつづく。_a0077842_1164839.jpg


More: ハンフリー・ムーンカルフって、こんな仕組み。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-11 01:29
留ブラについてのご質問にお答えします。
留ブラPROのクレーム対応状況と2次ロットの発売日についてお知らせするつもりでしたが、そのまえにコメント欄にいただきましたご質問にお答えします。
店主が当然と思いあえて口にしなかったことが次から次に憶測を呼び、まったくちがった懸念へと発展してしまう、言葉足らずな点を反省する次第です。

マルシン工業さんには留ブラAP(=OG)が警察に押収された件、2010年2月に岐阜県警科捜研から模造拳銃との指摘を受けた件、その後3月に検査差し戻しとなった件など、すべて報告しております。そういった状況の中でPROはマルシンさんの安全基準に則り製作が進行しました。もちろん11月の科捜研による最終判断についても報告しました。その際、マルシンさんに製作を請け負っていただくPROはマルシンさんの責任の元に造られ、留之助商店が製作販売したOGについては当然のことながら店主が全責任を負わねばならないと強く思いました。高山署での聴取はつねに穏やかでした。けっして争わず、こちらの見解をいたずらに主張することは控えました。模造拳銃と判断された具体的な理由として蛍光X線元素分析装置による数値が示されましたが、私は金属の含有率が何%以下なら問題とならないのかといった質問もあえてしませんでした。またAP(=OG)のバレル(ジャケット)が金属製でありながら銃口が先端で閉塞されていないこと、見るからに本物の拳銃と見間違われる可能性があると指摘され、ますますリコールバレルの必要性を感じた次第です。もちろんマルシンさんによるPRO製作のことは逐一担当の刑事さんに話し、調書にも詳しく書き留めていただきました。
 
従いまして留ブラPROにつきましては、これまでも、これからも、マルシンさんに造り続けていただく限り、何の迷いもございません。
去る7日にはマルシン工業さんで2次ロットのスケジュールについての話合いを持ったばかりです。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-11 00:09 | 留之助ブラスター
ノーム注意報発令、これより緊急発売。
連休の最終日、いかがお過ごしでしょうか。
一昨日到着をお伝えしたDoktor AのG.N.O.M.E.(ノーム)オリジナル・カラーウェイ500個限定を、ひとつ開封して見たらホントいい色艶放ってた。
ダニー・シリーズ2010とツートーン・ダニー・シリーズから、ドクAによる近作2点を持たせて榎本店長が記念撮影。
ノームが左右のダニーを造ったマッド・ドクターになんとなく見えてくる。
モノトーン・サイン入りのDCon限定版とちがって、今回は定価提供できるところがこの上なくうれしいし。
当店ユーザーのドクA・ファンにはたぶん行き渡りそうな18個の入荷、なのでミッドナイトセールとか鳴り物入りの発売はしないで、これより留之助オンライン入荷新着情報に並べることにした。
ノーム注意報発令、これより緊急発売。_a0077842_1296100.jpg
ドクAの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Doktor+A/

More: オリジナル・ノームをじっくり。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-10 01:43 | 商店入荷新着情報
留之助ブラスターOGのオーナーのみなさま。
留之助ブラスターOGはご承知のように装飾用ガレージモデルです。
業界関係者や研究家のアドバイスをいただきながら安全対策を施し、出来る限り正確な外見と重さの再現を目指して、完成モデルとキットモデルをそれぞれ約100挺製造しました。
キットは留之助商店が、完成モデルはハリウッド・コレクターズ・ギャラリーが販売しました。
そのうち店主所有の完成モデルの初号を使い、島田英承さんにカスタマイズしていただいた留ブラAPの試作品が高山警察署に押収され、岐阜県警察科学捜査研究所での鑑定の結果、模造銃と判断されました。
しかし最終的には店主の供述をもとに作られた調書が検察官送致となり、そこではじめてAPに司法の決定が下されます。

去る12月26日に発売された留之助ブラスターPROについて書き添えます。
この商品は創業50年の業界最古参であるマルシン工業さんの確かな安全基準に則り部材構成が決められ、試作品が(財)日本文化用品安全試験所での検査に合格するのを待って組み立てられ、全日本トイガン安全協会(STGA)の認定をいただき発売されたプラスチックモデルガン適合品です。
当店とハリコレ・ギャラリーがマルシンさんに全幅の信頼を寄せていることは言うまでもありません。

そのPROと、APやOGの部材構成が異る部分は、前者がブルドッグ・フレームとバレルがHW樹脂で一体成形加工されているのに対し、APやOGはレジン樹脂製の短身バレル付きフレームに金属製のバレルジャケットを取り付けている点です。
そこでOG完成モデルを回収してPROと同じ部材構成に改良し、より安全性の高い商品に近づけようと考えました。
今回発表しましたABS製バレルジャケット(リコールバレル)との換装は、OG所有者のみなさんに対して、いま当店が出来る唯一の善後策だといういうことです。
調書にもそのことが記されています。

ブログでことの顛末を詳述しようとしたのには、ふたつの理由があります。
まずひとつは警察から直接OG所有者のみなさんのお宅を家宅捜索したり、突然、呼び出して事情を訊くようなことはないと説明を受けていたからです。
その際、OGキットは捜査の対象外であるとも聞いています。
とにかくそれらを前提の拙文でした。
もうひとつの理由はキットを含む出来るだけ多くのOG所有者のみなさんに事情をご察しいただき、リコールバレルとの換装に積極的にご協力いただきたかったからです。
しかし返って余計なご心配をおかけすることになってしまいました。
慚愧に堪えません、本当に申し訳ございませんでした。

またこの時期に事の経緯とリコールバレルについて発表させていただいたことにつきましては、高山警察署での聴取が終わるのを待つのが賢明だと考えたからです。
また換装作業に必要な人出と時間を考慮した結果でもあります。

検察庁でAPが模造銃であるとの決定が下された場合、リコールバレル未換装のOG完成モデルは同様に模造銃となります。
ただしリコールバレル換装済みOG完成モデルが合法かどうかの判断は、その場では出ないことも十分に考えられます。
万が一、リコールバレル換装済み完成モデルも違法となった場合は、ふたつの選択肢を用意します。
ひとつは当店とハリコレ・ギャラリーが責任をもって回収し、返金対応させていただくことです。
またもうひとつはレジン製リコールレシーバーを製作し、交換サービスを実施します。
当店としましては、我が子のようなOGをどんなことをしてでも延命させたい。
留ブラOGをブラスターの歴史から葬り去るようなことは絶対したくないのです。
それでは不実の告発者に対して屈することにもなります。

いずれにしましてもOGご購入の皆さまに、警察の捜査が及ぶことはございませんのでご安心ください。
なにとぞリコールバレルへのご協力とご理解をたまわりますよう、お願い申し上げます。

留之助商店 店主


by tomenosuke_2006 | 2011-01-09 01:55 | 留之助ブラスター
オリジナル・ノーム、やっと到着、ご報告まで。
UKのもっとも期待できる新モチャ・メーカーRAJE Toys製、UKでいちばん仲良くさせてもらっているアーティストDoktor A作のG.N.O.M.E.(ノーム)=Gyroscopic Non-Ornamental Mechanised Excavator の待ちに待ったオリジナル版が3ケース合計18個到着した。
内3個が1:6の割合で混入しているチェイス・カラーウェイ、来週発売予定なのでご期待を。
オリジナル・ノーム、やっと到着、ご報告まで。_a0077842_20413715.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-01-08 20:43
今度はコレの予約受付け開始。
つねづね思っている、下アゴがずれているとこがこいつのチャームポイントだって。
やっぱりコレもほしいと思わせるカラーウェイの登場だ、デッド・チェの新色グレイ。
高さ14インチ(35.5センチ)、限定50個はいつもと同じ。
予約特価なんてことをしようと企んでいる。
今度はコレの予約受付け開始。_a0077842_2315712.jpg
ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/13940901/
by tomenosuke_2006 | 2011-01-07 00:02 | 商店入荷新着情報
留ブラの光と影『ダイジェスト版』
2時間程度で済んだ黒染金属製モデルガンについての事情聴取とは裏腹に、岐阜県警察科学捜査研究所による留ブラAPの鑑定結果に基づく1年に及ばんとする計7回の取り調べについて、当時のメモや記憶を辿り、その稀有な体験をなるだけ詳細に書き留めておきたかった。
そして最後に“あるお願い”で締めくくろうと思っていた。
しかしこのままではOGオーナーの皆さんに余計な不安を強いてしまうと判断、ダイジェスト版をここにまとめ『留ブラの光と影』を早々に完結させることにした。

2009年12月9日午前の家宅捜索のあと、午後からはじまった最初の聴取で、担当刑事からAPの試作品は他の黒染金属製モデルガンとともに科捜研に送られ、その鑑定結果を待って話を訊くことになると言われた。
それから2ヵ月と2週間後の2010年2月23日、鑑定後はじめての聴取が行われた。
下呂温泉の別荘での押収品目録に記された模造けん銃様のもの(黒染金属製モデルガン)は当然のことながら模造銃とされたが、昭和46年の法改正後に不正に購入したものではなく、大半が父の遺品であり、残りは少年時代からの私物だったため、また改造等の痕跡もないため、聴取はスムーズに終わった。
問題は留之助商店で押収されたAPがX線マイクロアナライザーにかけられた結果、レジン製グリップ以外はすべて金属製と断定され、模造銃の指定を受けたことだった。
これには一瞬言葉をなくしたが、島田英承さんがレジンやデルリン樹脂製パーツをリアルに見せるため塗料に金属粉を混ぜて仕上げたことを思い出し、その結果、誤った検査結果が出たのではないかと説明して再検査を強くお願いした。
この時から店主の経歴にはじまり、留ブラを造り販売に至るまでの動機や状況などを訊ねられるままに話すこととなった。
翌週の3月3日、2度目の聴取でAPが再検査に出されると知らされ溜飲が下がる。
しかしそれからが針の筵だった。
延々と8ヵ月、何の音沙汰もないのだ。
ストレスからか血中タンパクが減少しネフローゼ症候群を発症しかけた。

しかしその間、STGAマーク付きで発売されるPROが指針となり、時間をかけてある品物を準備できたのは不幸中の幸いだった。
OGの樹脂製チャーターアームズ・ブルドッグはスナッブノーズという設定で、その先に金属製のバレルジャケットを取り付けている。
PROとの部材構成上の大きな違いはその部分だけだ。
そこで島田さんと徳信尊さんにはABS製のバレルジャケット、通称リコールバレルの製作に入ってもらった。
再鑑定の結果がクロと出て、その後の聴取のあと調書が検察官送致となり、結果、そこで模造銃と判断された場合、留之助商店がとるべき道はOGオーナーのみなさんのご負担を最小限に留めることだろう。
それにはPROの部材構成に準じ、OGを改良することが最善の策だと考えた。
そのリコールバレル合計200本は5月に出来上がった。

「いたずらに結論を延ばしているわけではない。より重大な事犯を優先するあまり、ブラスター銃の検査が後回しにされているだけで、けっして他意はない。そろそろ結果が送られてくるはずだ」
晩夏のころ、家宅捜索の際の主任刑事から電話をちょうだいした。
それからまた2ヵ月はたっただろう、11月9日、科捜研の再検査後はじめての、待ちに待った、通算4度目に当たる聴取が行われた。
無残にもバラバラに切り刻まれたAPの写真を見せられた。
今度は蛍光X線元素分析装置にかけられ、金属の含有率が投影面積42%、体積45%、質量80%
となり、見るからに銃に似ているという理由で模造銃とされた。
結論は同じだったのだ。
店主はしかし玩具銃における金属の含有率が何%以上だと模造銃と言われるのかを知らないし、明文化されたものを読んだことさえないが、余計な主張は控え、鑑定結果を真摯に受け止めて、担当刑事の質問には正確に答えるよう努めた。
その後、11月9日、16日と聴取は続き、12月2日の最後の聴取のあと調書に母印を捺したときは、刑事さんを相手に延々と留ブラ開発ストーリーを語ってきたような感慨を覚えたのだった。

榎本店長も3度ほど聴取を受け、近く調書が整い次第、母印を捺すことになっている。
わずかな期間ではあったがAPが店長の居住する留之助商店の建物内にあったということで、模造銃所持の書類が作られる。
徳さんはあくまでも留ブラの原型師であり、部材の決定には一切関係していないため、家宅捜索はおろか、聴取も免れた。
部材構成や製造に関するアドバイザーでもある島田さんは、来週、店主の供述の裏付けのために高山警察署の担当官の訪問を受ける。
OGキットは、今回の捜査の対象外だと聞いている。
検察庁でAPが模造銃に指定された場合、OG完成モデルが規制の対象となるが、店頭と通販でそれを一手に販売したハリコレ・ギャラリーには、まだ警察からの連絡はない。

リコールバレルについてのお願い

留ブラOG完成モデルを対象に、メタル風に塗装したABS製バレルジャケットとの交換サービスを実施いたします。
通販でご購入のお客さまにはハリコレ・ギャラリーより直接書面で連絡がございますので、いましばらくお待ちください。
また連絡先が定かでないハリコレ店頭で直接完成モデルをお買い求めのお客さまや、その他何らかの方法で譲り受けられたオーナーのみなさまは、info@hollywood-japan.jpまでお申し出ください。
同じく交換サービスさせていただきます。

留之助オンラインより留ブラOGキットご購入のお客さまにも、順次、リコールバレルをお届けいたします。
また2008年12月13日のハリコレでのプレビューの際、キットを店頭購入されたお客さまをはじめ、リコールバレルに関するご質問等は、info@tomenosuke.comまでご連絡ください。
留ブラの光と影『ダイジェスト版』_a0077842_192607.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-01-06 20:09 | 留之助ブラスター
本日正午、フールズ・マシーンの出動だ。
半死将軍シリーズ中もっとも重装備で製造数が99個と少な過ぎる、香港のデザインチーム27:fool's作Fools Machine(フールズ・マシーン)の発売をまえに、じっくり画像をご覧いただきたい。
本日正午、フールズ・マシーンの出動だ。_a0077842_881654.jpg


More: フールズ・マシーンをじっくり。
by tomenosuke_2006 | 2011-01-06 08:25 | 商店入荷新着情報