<   2011年 04月 ( 64 )   > この月の画像一覧
TOYS HELP US Charity Sale on April 11 Monday 3 PM (JST)
TOYS HELP USチャリティー・セールは地震発生から1ヵ月後の4月11日午後2時46分に黙祷を捧げたのち、3時から開始します。

TOYS HELP US campaign sale is designed with the hope to be a help to the disaster reconstruction of huge earthquake and tsunami that hit Tohoku district on March 11th 2:46 PM. This was brought to realization with the deep understanding and support from the artists and toy company that we had been having close relationships with.
This sale will start at 3pm of April 11th, one month after the earthquake, after the silent prayer.
TOYS HELP US Charity Sale on April 11 Monday 3 PM (JST)_a0077842_1121299.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2011-04-02 01:15 | 留之助イベント
TOYS HELP US x Yoskay Yamamoto.
TOYS HELP US x Yoskay Yamamoto._a0077842_0414169.jpg
異境の地にあって霊験あらたかな和の作風で世界中のファンを魅了するYoskay Yamamoto(ヨウスケ・ヤマモト)さん。
そんな彼から届いた荷物はまるで手品の帽子のように、次ぎから次ぎに素敵な作品が飛び出して、驚くやら、感動するやら。
中にはヨウスケさんが今回の大震災の義援金に代えるため描き下ろし、すでに売り切れてしまった最新作『taiyo: the sun』のAP(アーティスト・プルーフ)も。
ほかにもうっとりさせられる代表作3点の、こちらもAPばかり数枚ずつ。
まずはそんな2D作品からご覧ください。

Yoskay-san, We really appreciate your concern and support.
TOYS HELP US x Yoskay Yamamoto._a0077842_0442236.jpg

taiyo: the sun by Yoskay Yamamoto
6.5" x 6.5" (165 x 165mm) artist proof print



More: その他の代表作3点のAPはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-04-01 23:59 | 留之助イベント
TOYS HELP US x Jun.
台湾の友、Junから3個限定の特別なRebel Angelが届きました。
紅白のジャパン・カラーで塗り分けられ、キャップのひさしのいつもの文字 "DESTROY" が "REBUILD" に書き替えられた心憎いカスタムです。
それともうひとつオマケが。
製品化が先送りになっているレベル・エンジェル・カラー版のサンプルも。

Jun, We really appreciate your concern and support.
TOYS HELP US x Jun._a0077842_2133613.jpg

Rebel Angel Pray For Japan by Jun
8.5-inch vinyl figure / Edition saize 3
キャンペーン協賛ソフビ・フィギュア



More: レベル・エンジェル・カラー版のサンプル画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-04-01 21:08 | 留之助イベント
ナポソロをジョージ・クルーニーでリメイク始動。
エイプリルフールにこんな話をしても信じてもらえないかもしれないな。
去年11月、スティーヴン・ソダーバーグ監督が自作の『オーシャンズ』シリーズなどで気心も知れているジョージ・クルーニーを主演に『The Man From U.N.C.L.E.』のリメイクを検討しているというニュースが流れたけれど、ついにクルーニーが契約に同意した。
で、2012年の公開を目指して製作準備に入ったのだ。
往年のスパイ・シリーズのリメイク版といえば『アイ・スパイ』や『ゲット・スマート』などの拍子抜け映画ばかりで、あんなことになるくらいならナポソロだけはそっとしておいてほしいと思っていた。
たとえアカデミー賞監督のソダーバーグでも、クルーニーがソロを演じようとも、聖域には近づいてほしくないとさえ思っていたのだ。
が、THE UNCLEGUN.COM の主宰者Brad Ferguson(ブラッド・ファーガソン)氏によると、今度のナポソロはTVシリーズと同じ1960年代を舞台に、オリジナルの雰囲気を尊重しつつ、定番のアンクル対スラッシュの戦いを高度に進化した映画術を駆使して描く拘りの作品になるらしい。
そういえば去年末、ソダーバーグ監督作のもうひとりの常連マット・デイモンがロサンゼルス・タイムズのインタビューにこたえて、こんな話をしていたことを思い出した。
「彼はいま撮影中の『Contagion』(2011年10月21日全米公開)を終えた後、来年(今年)からマイケル・ダグラス主演の『Liberace』(2012年全米公開予定)を監督して、その後、多分ジョージ・クルーニーといっしょに1本だけ仕事をしたら引退するつもりなんだ。映画界を退いたら、画家になりたいと言ってるよ」。
デイモンの言葉を信じるなら、ソダーバーグ監督はフィルム・メーカーとしての引退記念にナポソロを選んだことになり、だったらハンパな映画にはならないだろうと思えてきた。
あとはイリヤを誰が演じるかだ。
ところでブラッドさんは、リメイク版の設定がオリジナルと同じ60年代だからP38のアンクルガンやカービンも同様に使われるべきだと、自分が手塩にかけて創り上げたレプリカを売り込むらしい。
店主もマルシン工業さんとパイプができたことだし、アンクルガンの決定版やM1-カービンを使ったスラッシュ・ライフルなんかも出来ないものかと変なことを考えはじめたのだった。
ナポソロをジョージ・クルーニーでリメイク始動。_a0077842_11542669.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-04-01 12:08 | TV・映画・ビデオ