<   2011年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧
mini Crappy Catは新規モールドだった。
早くも追加オーダーを出さなきゃいけないくらい、おかげさまで大好評のクラッピー・キャットなのだ。
が、9月16日のポストで一部勘違いがありましたので訂正させてください。
今回のCrappy Cat Mini Seriesは2009年12月のBlow Up Dolls series 3に入っていたクラッピー・キャットのモールドを流用して作られたみたいなことを言いましたが、なんとすべてのパーツが新規モールド製でした。
あの時のクラッピー・キャット(下の画像の右側)はBUDのボディに新規の頭を着けていて、口は彫り込んであったのに対し、今回の(左側)は口も目や眼帯と同じく印刷なのでした。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/15543747/
a0077842_1403415.jpg
A new mini Crappy Cat (left) was cast from a new mold. It completely differs from a mini Crappy Cat (right) of Blow Up Dolls series 3.
by tomenosuke_2006 | 2011-09-23 14:07 | 商店入荷新着情報
待望のPO作品、10月中旬発売決定。
レジンとソフビを適所に採用し、堂々たる仕上がりでファンを魅了した赤と青のTenabrae(テネブレ)の作者、ブエノスアイレス在のグラフィック・デザイナー兼イラストレーターPatricio Oliver(PO=ピーオー)の最新作がいよいよなんである。
赤毛の魔法少女Almondo(アーモンド)と彼女の分身にして炎の守護者Salamandra(サラマンダラ)の大小2体セット。
メーカーこそちがえど、これは前作のテネブレに続くシリーズ最新作に当たり、素材も前作同様、レジンとソフビのコンビネーションで独特の風合いを醸し出している。
で、メーカーのUnbox Industries(UK)以外、いまのところ世界でウチだけがセールスすることになってるみたい。
とにかく去年のNYCC 2010でPOにお初にお目にかかり、日本でテネブレのセールスを成功させたのがよかったと思う(っていうか、ご購入いただいた皆さんのおかげです)。
で、まずPOがメーカーに当店を推薦してくれた。
その後、アーモンド&サラマンダラを実際に製造した中国の工場関係者による展示が行われた夏のTTF 2011で、さらにプッシュした甲斐があった(いろんなところへ出かけてみるもんです)。
これくらいしつっこくしないと、人気アーティストの限定モチャなんておいそれと仕入れられないんですから。
パーツの大半はレジン製で、そのパーツはシリコン・モールドから抜かれ、ひとつひとつ手作業でポーリッシュされている。
組み立て、塗装も、もちろん手仕事。
エッッヂは見事に鋭く、甘さは一切ない。
まさしくワークマンシップの結晶というべき完成度なのだ。
入荷は10月中旬、まだプライスも取り扱い数さえ、教えてもらっていないんだけれど。
a0077842_0325893.jpg
Almond & Salamandra are 3" and 6" combination of hand cast resin and injection moulded vinyl figures. Due to the materials used every Almond & Salamandra is unique and also quite fragile, please take care of your items as it will be impossible to replace it!
by tomenosuke_2006 | 2011-09-23 01:05
Cool Rockets、4年の歳月を経て、ようやく取り扱い開始。
お気に入りの写真がある。
1985年の秋、構想を温めていた本のリサーチのため、ワシントンDCの国会図書館(ライブラリー・オブ・コングレス)を訪ねて見つけた一葉の8x10。
真っ白い煙をモクモクと吐きながらトンネルから出て来た弾丸型蒸気機関車"20世紀号"が、線路脇に佇む鉄道員の父と子の前をいままさに横切ろうとしているモノクロ画像だ。
その機関車はマシン・エイジといわれた1930年代のアメリカで、レイモンド・ローウィとともに一世を風靡したインダストリアル・デザイナー、ヘンリー・ドレフェスの傑作。
機関車の威容に驚き、白い煙に漲る無尽のパワーに圧倒された。
まるでランタンを手に見上げる少年になったような気分で。
a0077842_18484238.jpg
以来、"流線型"と"煙"は少年心を刺激する切っても切れない存在となった。
だから4年前、レトロ・ティン・トイ風レジン製ディスプレー・モデルCool Rocketsシリーズを仕入れようかどうか悩んだのも、"流線型"と独創的な"煙"の表現に魅せられたからだった。(2007年6月19日のポストを参照→http://tenshu53.exblog.jp/5757681/
当時はミニマム6個を仕入れる勇気がなかったというか、種類も豊富で目移りもして、結局はスルーしてしまったのだけれど、たぶん在庫処分の意味もあるんだと思う、今度は割り引いてもらえるし、円高ドル安だし、いまさら取り寄せることに決めたのだ。
1930年代から50年代の少年たちが熱狂したスペース・オペラの宇宙を、ワイヤーで吊られ、煙をくゆらせながらプカプカと飛行したロケットやフライング・ビークル風、中でもとくに気を引いた3種類。
いまどきのディテール過剰な船とちがって、あっさりツルンな流線型がほどよいし、爆煙まで造形してディスプレーの支柱代わりにしたあたりがとくにアイディア賞なのだ。
作者は映画のSFX部門でミニチュアやプロップ・メイカーとしてキャリアを積んだJeff Brewer(ジェフ・ブルアー)。
届いたらどれかひとつ、机に飾るつもりだよ。
a0077842_20462683.jpg
Cool Rockets are designed and created by Jeff Brewer who is working at film industries. All models are cast in polyresin plastic and hand painted. Comes carefully packaged in a reinforced gift box with color label and a Cool Rockets Authenticity Card.

More: その他のクール・ロケット。
by tomenosuke_2006 | 2011-09-22 21:12 | Sci-Fi Classicモチャ
RagnarのBIG CITY、大事なことを言い忘れていた。
画集『The Art of Big City』の紹介記事で作者Brandon Ragnar Johnsonのサインが入ると言ってたけれど、ほかにもスケッチが描かれていたのだった。
期間限定で1冊ずつ丹念にしたためたロボット風のキャラが、ハードカバーを開けてすぐのページに登場するのだ。
予想以上にたくさんのみなさんからご注文をいただき、あと数册、このサインとスケッチ入りの特別版が追加入荷する予定、ご注文はお早めに。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/16872106/
a0077842_19532448.jpg
The Art of Big City by Ragnar - Available Autographed for a Limited Time!
by tomenosuke_2006 | 2011-09-21 19:56 | ロウブロウアート
Vannenの水野純子ウォッチ、発送開始。
本日到着。
実物を見て驚いた。
KR x swatchよりふた回りくらい大ぶりで、こりゃ、栄えるぞ。
スナップ画像で失礼。
a0077842_19121341.jpg
Now shipping. You can receive Junko Mizuno for Vannen very soon.
by tomenosuke_2006 | 2011-09-21 19:22 | 商店入荷新着情報
さらに、Uncharted Nathan Drake。
このデフォルメ・ネイト、ますます愛着がわいてきた。
a0077842_9502974.jpg


More Uncharted Nathan Drake!
by tomenosuke_2006 | 2011-09-20 23:59
Uncharted Nathan Drake、これは期待できそうだ。
世界初公開。
Erick Scarecrow(エリック・スケアクロー)が仕込みに2年ちかくもかけたPSとのコラボレーション・フィギュア、『アンチャーテッド −砂漠に眠るアトランティス−』の主人公ネイサン・ドレイクの、これが後ろ姿である。
Wet Suit Maria(ウェットスーツ・マリア)以来、1年ぶりのソフビ作品で、作り込みも念入りなら色使いもふんだん、ゲーム・ファンならずとも期待しないではいられない。
NYCC 2011(10月13日〜16日)にギリギリ間に合うかどうか、とにかく日本では留之助商店で先行発売決定だ。
a0077842_11111184.jpg
Erick said...Here is the last sneak before the full reveal! We're coming close to the final reveal and release "mid-late October" for the Uncharted Nathan Drake vinyl figures. I'm very proud, excited and thankful to be involved with this project. More info coming soon.
by tomenosuke_2006 | 2011-09-19 23:59
RagnarのSF映画コンセプト画集がいい。
Ragnarの名で知られるLAベースのグラフィック・デザイナーでイラストレーターのBrandon Ragnar Johnson(ブランドン・ラグナー・ジョンソン)の作品を、レトロ・フューチャーとか、ミッド・センチュリー・モダンとか、モッズ・ピンナップといった言葉で紹介してきたけれど、彼の絵に脈々と息づいているのは明哲なSFマインドである。
それをとくに強く思わせる画集が入荷した。
題して『The Art of BIG CITY』、ラグナーが映画やTVやゲームの企画用に描きためたコンセプト・アート集だ。
ビークル、ウェポン、ロボット、コスチュームなど、着想もユニークで他に類を見ない意匠の数々、文句なしの未来世界観。
トニー・マスターズ(2001年宇宙の旅)、ジョー・ジョンストン(スター・ウォーズ)、ダン・オバノン(エイリナン)、シド・ミード(ブレードランナー)たちシネマ・デザイナーが天才監督の元で伝説的な仕事を成し遂げたように、ラグナーにも優れた映画人との出会いを願わないではいられない。
ラグナー・デザインの映画をぜひ観てみたい。
ハードカバー、160ページ、ラグナーのサイン入りで発売開始。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/16872106/
a0077842_17424516.jpg
a0077842_17432088.jpg
a0077842_17525259.jpg
Ragnar's "Art of Big City" is a visual tour de force filled with 160 pages of vehicles, girls, robots, weapons, military insignia, type treatments, poster studies and more. This is visual design on an epic scale for a project that has earned urban-legend status in the entertainment industry. When will we see this movie/series/game come to life? Who knows? But while we're waiting, we can pour through the pages of this beautiful book again and again.

More: ビッグ・シティの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-09-18 23:59 | 書店入荷新着情報
O-No Sashimi、こうやって並ぶとますますキレイだわ。
北海道にお住まいのAndrew Bellの熱烈コレクターさんから、キレイなサシミの画像が届きましたので、ご紹介。
サシミはあとホワイトとブラックのふたつのカラーウェイで完結する予定だけれど、さて、どのタイミングで出るかはまだ未定。
とりあえず今年も出かける来月開催のNYCC 2011にアンベルさんがゲスト参加するのが決まってるので、白か黒、どっちかは出るでしょう、サインでもしてもらって持ち帰る予定だ。
NYCから帰って2週間後にはLAのDesigner Con 2011へ榎本店長と行く計画で、うまくいったら最後のサシミをゲットできるかもね。
a0077842_22121466.jpg
This beautiful photo of the first three colorway of O-No Sashimi has been sent by our friend who is crazy collector of Andrew Bell's.
by tomenosuke_2006 | 2011-09-17 23:59 | 投稿画像
Crappy Catのミニ・シリーズ、デビュー。
2009年12月発売のBlow Up Dolls series3Crappy Catが1匹紛れ込んでいるのを見て、これだけのためにモールドを起こすなんて贅沢すぎる、きっといつか、クラッピー・キャットだけのミニ・シリーズが作られるにちがいないと思ったものだった。
イタズラ少年御用達のモチャメーカーJAMUNGOのキー・デザイナーにしてクラッピー・キャットの生みの親、Van Beater(ヴァン・ビーター)がたったひとりで16種類のネコ(じゃないのもいる)をデザインしたミニ・シリーズが想像どおり、しかし出来は予想をはるかに上回るいい感じで完成した。
6パックの最後のひと缶をだらしなく引きずるお馴染みのネコをはじめ、顔面ボコボコにされたヤツもいれば、光線銃を握るサイボーグ・ネコまで多種多様、アクセサリーも多彩で、ほかにもミステリー・デザインが2種類混入しているらしい、近日入荷。
a0077842_134627.jpg
New from Unacat featuring designs by VanBeater. The series is Blindbox format, and the figures are 2.75". There are 16 designs total, including 2 mystery designs and several drunken accessories.  (^w^)

More: クラッピー・キャット・ミニ・シリーズの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-09-16 23:59