<   2011年 10月 ( 71 )   > この月の画像一覧
Ghost GirlはGIDで優秀の美を飾る。
ブラックにはじまり、オレンジ、ブルー、ピンク、レッドと続いたGhost Girlも今回のGIDで完結する。
NYCC 2011のmyplasticheart (MPH)ブースでゴースト・ガールの夜光版発売を記念して、作者Matt Siren(マット・サイレン)のサイン会が開催されたのだけれど、どうしてもその時間、別件で参加できず、代わりにMPHのオーナーのVincent Yu(ビンセント・ユー)が留之助用に3個、サインをもらっといてくれたのだった。

ゴースト・ガールの生い立ちはこちら→http://tenshu53.exblog.jp/10681513/

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
Ghost GirlはGIDで優秀の美を飾る。_a0077842_2145152.jpg
Ghost Girl, the iconic street art character created by Matt Siren and brought to life in 3D by Matt and MPHLabs will be available in her final colorway at NYCC 2011.
by tomenosuke_2006 | 2011-10-24 02:22 | 商店入荷新着情報
Junの新しいサイトをよろしく。
台湾のロウブロウ・アーティストJunが新しいサイトを立ち上げた。
まだトップページが出来ただけだけれど、ますますスカルを追求した生々しく威嚇的な内容に成長することを祈りつつ、ファンのみなさんはブックマークよろしく。

MUTINEER JUN→http://mutineerjun.tumblr.com/
Junの新しいサイトをよろしく。_a0077842_21423766.jpg
New art work of the new site "Mutineer Jun". Check this → http://mutineerjun.tumblr.com/
タグ:
by tomenosuke_2006 | 2011-10-23 21:43 | ロウブロウアート
Lana Del Reyのピクチャー・レコードである。
その年齢からは想像もつかないけだるい大人の歌声に、ついつい引き込まれてしまう。
NYブルックリン出身の歌手Lana Del Rey(ラナ・デル・レイ)、本名はLizzy Grant (リジー・グラント)、ノスタルジックな容姿がとても魅惑的な24歳の歌姫がブームなんである。
すでにamazon.co.jpでMP3の音源セールスがはじまり、10月25日にはUSA直輸入の7インチ・アナログ・LPのデビュー・シングルもお手頃価格(¥1,293)で発売されるのだけれど、はい、留之助でもただいま発売中なのだ。
ただし当店取り扱いのレコードはUKのStranger Recordsから限定500枚だけ予約販売され、10月17日のリリース前にとっくに売りきれてしまった眉目麗しいラナの顔がプリントされた7 inch picture disc vinylなのである。
A面=Video Games、B面=Blue Jeans。
ラナのサイトやYouTubeでミュージック・ビデオがたっぷり楽しめるけれど、アナログ盤って、オモチャみたいなレコード・プレーヤーで聴いても味があっていいんだよね。
モーターの唸りや針の溝をなぞる雑音がしばらく続き、そのあとに音楽が鳴りだす、空気を震わせながら、裸の音が耳に心地よいのだ。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/Lana Del Reyのピクチャー・レコードである。_a0077842_20365431.jpg



by tomenosuke_2006 | 2011-10-23 21:10 | 書店入荷新着情報
ToyQubeモノ、発売。
ご依頼いただきましたToy Qubeのオーナー兼デザイナーのKeithing(キーシング) ことKeith Poon(キース・プーン)作のカスタム・キャプテン・アメリカをはじめ、既報のディープシー・ドラキュラやNYCC 2011記念 I LOVE NY Baby Sharkyなどを持ち帰った。
そのベビー・シャーキーだけれど、サイズはかわいい3インチ(75ミリ)、よく見るとハート・マークがAPPLEのロゴのようにかじられている。
キース自ら彫刻し、シリコンで型取りして、ひとつひとつレジンで抜いて磨き上げた完全ハンドメイドのハンドペイント、愛情たっぷり染み込んで、お尻にサインも入ってる。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
ToyQubeモノ、発売。_a0077842_16535750.jpg
ToyQubeモノ、発売。_a0077842_874925.jpg
ToyQube owner and desgner Keith Poon had some exciting releases for us at NYCC 2011. One of them was 3" Baby Sharky features the classic "I LOVE NY" message. All were handmade and painted by the artist.

More: サメとイカの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-23 15:58 | ToyQube 新製品情報
motorbotが留之助のためにモチャ作りはじめる。
ユーモアあふれるカスタム・トイ作家として人気を誇り、また、レジンで抜いた奇怪なオリジナル・クリーチャーたちを次々に発表しているmotorbot(モーターボット)が、留之助のリクエストに応えてくれることになった。
まずは映画『ゼイリブ』(いわずと知れたジョン・カーペンター監督の傑作SF映画)からインスパイアされたというThey Live Alien(ゼイリブ怪人)のオリジナル絶版カラーと、Treatures(トリーチャーズ)のSDCC 2010でのみ発売されたこれまた絶版カラー(下の画像)のリメイクで日本デビューを飾る。
テキサス州ダラス在の32歳が繰り出すオブジェモチャにご声援を。
motorbotが留之助のためにモチャ作りはじめる。_a0077842_15121930.jpg
We will release the talented custom toy artist motorbot's creations very soon.
by tomenosuke_2006 | 2011-10-23 15:17
ジクレー・プリント付きSKETCHBOT V5、発売。
今度のSketchbot(スケッチボット)は黒のマーカーを持った真っ赤な子、いつもと同じ300個限定だ。
NYCC 2011のmyplasticheart (MPH)ブースでプレ・リリース版を3個購入、それに作者Steve Talkowski(スティーブン・タルコウスキー)にサインを入れてもらい、ついでに記念発売されたジクレー・プリント25部限定にもサインしてもらって持ち帰った3セットの発売である。
首尾よくぜんぶ売れたら、ホテルLe Parker Meridien New Yorkからコンベンション・ホールVavits Centerの1往復分のタクシー代くらいは取り戻せるかも。
ところでV5は近くアメリカのディストリビューターから取り寄せて定価販売するので、モチャ本体のみご希望の方はいまここで買わなくてもいいと思います。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
ジクレー・プリント付きSKETCHBOT V5、発売。_a0077842_034556.jpg
ジクレー・プリント付きSKETCHBOT V5、発売。_a0077842_1244255.jpg
Sketchbot Variant 5 was sold at myplasticheart (MPH) of NYCC 2011. Creator of Sketchbot and LA-based artist and animator, Steve Talkowski was joining the MPH booth during NYCC for a signing.
by tomenosuke_2006 | 2011-10-23 00:02 | 商店入荷新着情報
もう一兎の方、Yankee Pig Dogのご紹介。
Dunny 2011のシークレット・パーツ全10種類で作るボーンズ・ダニーや20インチのグロス・ブラックも鮮やかなキルジョイ・ダニーの作者Kronk(クロンク)が、Kozikの7インチ(18センチ)ラビットを料理したのがこれ、NYCC 2011限定Yankee Pig Dog: Biological Warfare Edition(ヤンキー・ピッグ・ドッグ・細菌戦版)だ。
帽子やゴーグルやジェットパックなど、しっかり作り込まれたアクセサリーもよし、リベットのポッチを再現した新モールドもよし、なのだけれど、いかんせん塗装がところどころダレている。
という理由で定価100ドルが69ドルにディスカウントされ発売されたからなのか、コミコン開催期間中に限定300個が完全に売り切れてしまったのだった。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/16099855/
もう一兎の方、Yankee Pig Dogのご紹介。_a0077842_22164439.jpg
Kidrobot was set to release Kronk’s Yankee Pig Dog Labbit: Biological Warfare Edition, but there were some production issues that weren't caught until they received the stock. Rather than just trying to pass it off to the customers, they've dropped the price on this 7" Labbit.

More: ヤンキー・ピッグ・ドッグ・細菌戦版の追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-22 22:35 | 商店入荷新着情報
二兎を追って、二兎とも得る、レア・ラビットはいかが。
kidrobot USAのソーシャル・メディア・アンバサダー、平たく言えばkidrobotが運営するオンライン・マガジンKRonikleの編集長、のRyan the Wheelbarrow(ライアン・ザ・ウィールバロウ)は、ファインアートの画家、グラフィック・デザイナー、カスタム・トイ作家として八面六臂の大活躍好男子である。
二兎を追って、二兎とも得る、レア・ラビットはいかが。_a0077842_1915453.jpg
そのライアンの新作カスタム・ラビットがNYCC 2011のmyplasticheart (MPH)ブースで発売された。
Kozikの1.5インチと10インチのラビットを使い、ダイカット・ビニール・レタリングで仕上げたアーバン・グラフィックな作品。
小さいのは8種類、大きい方はたった1個だけ作られたのだけれど、そのワンオフを10月13日(木)のプレビュー・デー開場前に、ちゃっかりいただいたのだった。
それがまず一兎、で、あとの一兎は10月17日のポストでお伝えしたkidrobotブースに残っていた最後の3個のYankee Pig Dog(ヤンキー・ピッグ・ドッグ)300個限定、両方まとめてFOR SALE開始。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/16098666/
二兎を追って、二兎とも得る、レア・ラビットはいかが。_a0077842_19225420.jpg
Social media ambassador of Kidrobt and super urban artist Ryan the Wheelbarrow created the customized 10" Labbit (Frank Kozik). The visually striking figures, created with di-cut vinyl letters for NYCC 2011.

More: ウィールバロウ・カスタム・ラビットの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-22 20:06 | 商店入荷新着情報
2Dと3Dのキッドロボット君、まとめて入荷。
2Dと3Dのキッドロボット君、まとめて入荷。_a0077842_2155154.jpg
2Dのキッドロボット君とはKidrobot Fly Guys Enamel Zipper Pull Series(フライガイズ・エナメル・ジッパープル・シリーズ)のこと。
Kozikキャラで好評だったリッパーズ・ジッパープルのキッドロボット君版だ。
ぜんぶで25種類、高さ1インチ(25ミリ)のメタルにエナメル塗料仕上げ、何が出るか分からないブラインドバッグ入りで発売中。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/16098008/
2Dと3Dのキッドロボット君、まとめて入荷。_a0077842_17541126.jpg
Featuring 25 character versions of Kidrobot’s classic icon, the Fly Guys are 1-inch tall. Made with shiny zinc alloy and enamel paints, the blind foil series.

3Dの方はKidrobot 'Bots Mini Series(キッドロボット・ボッツ・ミニシリーズ)、意外に大きく見える3インチ(8センチ)キッドロボット君の最新作だ。
大判の8インチ・シリーズで好評だったキッドロボット君をミニチュア化したりのぜんぶで11種類、こちらも誰に会えるか分からないブラインドボックス入りで発売中。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/16098059/
2Dと3Dのキッドロボット君、まとめて入荷。_a0077842_18472580.jpg
Eleven ‘bots from the KR ‘hood have gathered to be 3-inch vinyl versions of Kidrobot’s classic icon. Stylized and suited up to resonate awesome, these fresh figures articulate at the head and arms, and are dressed to fit their different personas.
by tomenosuke_2006 | 2011-10-22 18:55 | Kidrobot 新製品情報
Stranger Factoryの『季節はずれ』展のご案内。
11月18日から12月4日までニューメキシコ州アルバカーキのStranger Factoryで『Late Season(レイト・シーズン=季節はずれ)』という展覧会が開催される。
ストレンジャー・ファクトリーとは、ご存知 Brandt Peters(ブラント・ピータース)とKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)夫妻が経営するギャラリー・ショップのことで、そこではふたりが率いるアート集団Circus Posterus(CP=サーカス・ポスタラス)のメンバーによるイベントが定期的に企画され、つねに好評を博している。
で、今度の『季節はずれ』展はハロウィン・テーマのグループ展『Bewitching(ビウィチング=魔法にかける)』に次ぐ期待の展覧会なのだ。
展示されるのはお馴染みChris Ryniak(クリス・ライニャック)と、当ブログに初登場のAmanda Louise Spayd(アマンダ・ルイーズ・スペイド)の作品群。
というわけで、この機会にアマンダのことをちょっとご紹介したいと思う。

ブラント、キャシー、クリスについてはこちらを参照→http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=201104/07/42/a0077842_22432688.jpg
Stranger Factoryの『季節はずれ』展のご案内。_a0077842_329893.jpg
グラフィック・デザイナーとしてアートの基礎を学んだアマンダは、オハイオ州の田舎に住むアンティークの収集家であり、石鹸と香水作りの達人でもある。
古い織物や脱ぎ捨てられた子供服を新しい素材と巧みに組み合わせた彼女のミックスドメディア作品は、一様に歯並びの悪い小鬼たちを描いて、その古風で風変わりな人形に熱狂するアート・ドール・コレクターも少なくない。
Stranger Factoryの『季節はずれ』展のご案内。_a0077842_13442036.jpg
そんなアマンダがファンタジー・アーティストのブラントやキャシーと仲良くなるのは自然の成り行きだろう。
クリス・ライニャックと同郷で交流もあったというのが、それもCPに参加する大きな要因となった。
1点ずつ手作りのため、ふたつとして同じドールはない。
『季節はずれ』展ではクリスもワン・オフ作品でアマンダに対抗し、お互い季節に取り残され、人間に見捨てられた淋しげで奇妙なクリーチャーを発表する。
もし彼らの作品を購入したい方がいらっしゃいましたら、あらかじめご連絡ください、留之助がお手伝させていただきます。
Stranger Factoryの『季節はずれ』展のご案内。_a0077842_15265888.jpg
Stranger Factory art space is proud to present “Late Season” a two-person exhibition by Ohio artists Chris Ryniak and Amanda Louise Spayd. Both artists explore the ideas behind the rooted transition and personification of harvest time, including the melancholy of the ultimate expiration of rot and decay. The exhibition opens November 18th with a reception from 6-9pm.

More: 展示作品の追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-22 15:34