<   2018年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
エンジョイ・ユア・ステイが、ついに入荷
JUST ARRIVED: Enjoy Your Stay

去年の3月に予約販売したコーストイの2種類のカラーウェイによるエンジョイ・ユア・ステイですが、いつものように完成予定よりおよそ3ヵ月遅れで入荷しました。
若干数ですが在庫がございます。
そうそう、予約を募る際にお知らせするのを忘れましたが、 スヴェン作の30 x 44cmのアートプリント(下の写真)が付属します。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/yF3TpN
a0077842_18305434.jpg
a0077842_18344829.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-01-31 18:40 | 商店入荷新着情報
ブライアン・アーウィングのホラー・ポスター
Horror screen print of Brian Ewing

DCon 2017で話題を集めたオハイオ州コロンバス在住のイラストレーター、ブライアン・アーウィングの新作ホラー・ポスターが入荷します。
数あるアーウィング作品の中から、今回、留之助が厳選したのはクラシック・ホラー・アイコンに骨格や筋肉のレイヤーを重ねて、内包する狂気を描き出そうと試みた野心作のスクリーン・プリント、5点。
その内の1点だけ、スタンリー・キューブリックの傑作ホラー『シャイニング』のジャック・ニコルソンをご覧いただきます。
できたら額装して発売しようと思っています。
a0077842_01574252.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-01-30 02:14 | 書店入荷新着情報
小売店1軒につき、2個配給の最新ベール
Veil: East Regular Colorway by Jermaine Rogers

1年ぶりにジャーマイン・ロジャースのおかしなクマのベールが帰ってきました。
先のボクは変になりそう版は両手で頭を抱えていましたが、"東洋"と名付けられた新作は両手を広げて"バーッ"のポーズをとるパンダ風。
で、前回同様、1ケース(12個入り)注文したのですが、受注確認メールには「小売店1軒につき、2個までしか配給できない」とあり、肩すかしをくらった気分です。
500個作られたのですが、SDCC 2017でほとんど売れちゃったとのこと。
2月中旬入荷予定。
入荷しましたら、商店入荷新着情報で事前に発売日時などを発表しますので、ジャーマイン・ベール・ファンのみなさんには早い者勝ちでお願いします。

こちらを要チェック→https://goo.gl/RzDz3g
a0077842_15085763.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-01-29 14:51 | イマモチャ
留ブラ・スタント・セカンドロット発売
SECOND LOT FOR SALE: Tomenosuke Blaster 2049 Stunt Model Kit

2017年12月に予約を受け付け、先週、納品が完了した留ブラ・スタントのセカンドロットですが、若干数の在庫がありますので販売します。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/HeK2RQ
a0077842_21584796.jpg
INTERNATIONAL ORDER→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
by tomenosuke_2006 | 2018-01-28 22:02 | 留之助ブラスター
ジェイソン・リモーン原作、アンドリュー・ベル製作の野良猫たち
Stink Box by Jason Limon + Andrew Bell

留之助では、あの忌まわしいスノウコーンで注目を集めたイラストレーターのジェイソン・リモーンですが、彼の描くの中では比較的、というよりは圧倒的にフツーな、耳も目も口も脚も尻尾の数も同じなら、付いてる位置さえ変わらない現実世界の野良猫たちが、ほんのりとミニフィギュア化されました。
仕掛け人はシングル・サービング・1.5インチ・キーチェーンや、あまりの人気に再生産が決まったキルカットの作者アンドリュー・ベル
総勢16種類の毛色様々な野良猫が、リモーンの絵で飾られたブラインドボックスに収まります。
面白いのは、ブラインドボックスが悪臭を放つ野良猫の巣箱というか、フィギュアを飾るのにピッタリの台になるよう工夫されている点です。
キョトンとした子、ボケーッとした子、おどおどした子、孤独そうな子、とにかく同情したくなるような猫ばかり。
どうぞ彼らに愛の手を差し伸べてやってくださいな。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/
a0077842_23331420.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-01-26 23:46 | 商店入荷新着情報
ジェフ・ジレットの落書きから抜け出たミッキー・フィギュア
PRE-ORDER: Minksy by Jeffrey Gillette

UKのゲリラ・アーティスト、バンクシーが2015年に自身の本拠地ブリストル近郊に5週間の期間限定でオープンさせたディズマランド(Dismaland)のこと、みなさんご存知だと思います。
世界中の有名無名のロウブロウ・アーティスト50人に呼びかけ創った、主にディズニー・テーマの現代アート作品を、2.5エーカーの広大な敷地に展示した(悪)夢のような屋外美術館。
公式サイトの発表によると、会期が終わるとディズマランドの設備や資材などはフランスやカレの難民キャンプに寄付されたとか。
最後まで、じつにバンクシーらしい壮大なイベントだったというしかありません。
a0077842_16545093.jpg
では、ディズマランドにはディズメイランド(Dismayland=狼狽える+ランド)という元ネタがあったことはご存知でしょうか。
毎晩、ディズニーランドから花火が上がる音が聞こえてくるというアナハイムの近所に住み、1994年からミッキーマウスやドナルドダックをスラムの中に描いてきた画家、ジェフ・ジレット
そんな彼の一連の作品シリーズ名がディズメイランドで、バンクシーに多大なインスピレーションをあたえたといわれています。
もちろんディズマランドにはキー・アーティストとして招聘され、ジレットの作品を元にしたインスタレーションが創られたり、スーベニア・ショップではジレット描き下ろしのポスター(上の画像)が売られたりもしました。
a0077842_17574276.jpg
今回ご紹介するのは、ミッキーマウスをモチーフにしたジレット最初のモチャ。
ジレットがバンクシーのタッチで描いたミッキーの落書きステンシル、その名もミンクシーを、ToyQubeのプロデューサー、キース・プーンがポリストーンで立体化したのです。
しかもスラムで蝿がたかってそうな簡易トイレのアクセサリー付き。
そのトイレのドアにはミンクシーのステンシルがプリントされて雰囲気十分です。
フィギュアの高さ15センチ、簡易トイレの高さ23センチ、近日中に予約を受け付けます。
a0077842_21133353.jpg
▲ ジェフ・ジレット、NYコミコン 2017のToyQubeブースにて。


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-01-25 21:40 | イマモチャ
いましばらくお待ちください
UP TO DATE: Belladonna of Sadness statue Tomenosuke exclusive

きょう、国内外から何件もお問い合わせをいただいています留之助限定"哀しみのベラドンナ"スタチューの件です。
2017-11-25のブログで「近日完成」とお知らせしたきりになっていましたが、どうやら今日、Unbox Industriesのインスタに製作途中の画像がアップされたのをご覧になり、興味を持たれた方が大勢いらっしゃったようですね。
販売価格と製作数は決まっていますが、発売日についてはこれから詰めていきますので、いましばらくお待ちください。
a0077842_17402267.jpg
Please wait a little while more for releasing Belladonna of Sadness statue Tomenosuke exclusive.


by tomenosuke_2006 | 2018-01-24 17:53 | 留之助限定モチャ
最後のイーブル・フェット参上
Evel Fett GID by 3DRetro x Retro Outlaw

じつはこのイーブル・フェット・GIDも、グレッグ "クラオラ" シムキンズのステア・モンスタ・クリムゾン版や、ジム・マッケンジーのキング・ゴードの新色や、カーク・ライデンのモー・ホークと同じく、このまえのクリスマスにLAの3DRetroにおじゃました時に仕入れ、持って帰るには大きすぎたのでUSPSで別送してたヤツなんです。
ついでにイーブル・フェット・シリーズ中、最もレアで人気だった共産党版イーブル・フェット・レッドのデッドストックを3DRetroの倉庫で見つけたので、いっしょに仕入れたのでした。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/33fMgU
a0077842_22014884.gif

by tomenosuke_2006 | 2018-01-24 15:51 | 商店入荷新着情報
佐藤式・発光レーザーサイト発売
Green LED Laser Sight by Kazuhiko Sato

ユニークなフィッシング・ギアを製造販売しているヒロミ産業製の、ウキにつける夜釣り用ミライト(電池一体型LEDユニット=316G)。
それを応用したレーザーサイトの試作を、留ブラ・ワーコン・カスタムの作者、佐藤加寿彦さんがご自身のk’z(ケイズ)ブログで紹介されて以来、推移を気にかけていらっしゃった方も少なくないと思いますが、何度かの試作を重ね、ついに販売できるまでの完成度に達しました。
a0077842_17131410.jpg
レーザーサイトに施してある貫通穴を直径3.2ミリに拡張して、およそ22ミリ彫り込み、ミライトを格納。
それを固定するためにレーザーサイトの裏側に1.7ミリのネジを切り、2.5ミリ径のビスの頭が面一で収まるよう加工しました。
グリーンLED(ミライト)のONはLEDそのものを定位置にくるよう押し込み、OFFは特製のキーを使って引き出します。
取り付けは留ブラに同梱の六角レンチでシリンダーカバーを外し、精密ドライバーを使って既設のレーザーサイトと交換するだけ。
今回、予約販売するのはミライトをインストールしたレーザーサイトと発光停止用のキーのセットです。
初回35セットのご予約を、明日1月23日(火)午後9時より承ります。
納期は3月中旬を予定しています。
奮ってご注文ください。

注)ミライトの寿命(連続発光時間)は、メーカー発表によりますとおよそ30時間です。こまめにON/OFFすればかなり遊べますが、あくまでもミライトは消耗品とお考えください。点灯しなくなった場合は、メーカーが同一商品(316G)を作り続けている限り交換サービスにも応じますので、その際はお問い合わせください。このレーザーサイトは既成の貫通穴をコンマミリ単位で拡張し、長さを厳密に調整した特製の極小ネジを使った精密部品です。緻密な作業に精通した方以外のミライトの交換は何卒ご遠慮ください。無用の分解等で起きた不具合や特製ネジの紛失につきましてはサポート対象外とさせていただきます。

We are beginning pre-order sales of the Lazer Sight that includes an green LED unit with integrated battery used in floats for nighttime fishing. According to the manufacturer, it provides 30 hours of continuous lighting. Turning it on and off with each use makes it last a long time, but please consider the LED unit to be consumable. If it no longer turns on we will exchange it at actual cost for as long as the manufacturer continues producing the same product, so please let us know if that happens. This laser sight is a precision part that expands the existing through hole by a fraction of a millimeter and uses extremely small screws custom made for their exact lengths. Unless you are skilled in detailed work, please do not disassemble the Lazer Sight or attempt to replace the LED unit. Issues caused by unnecessary disassembly and loss of the custom screws fall outside the scope of the support we provide.

PRE-ORDER / ご予約はこちらから→https://goo.gl/16AEeY
a0077842_21443962.jpg
▲ グリーンLED(ミライト)が発光した状態。
a0077842_21445375.jpg
▲ 発光停止用キー。
a0077842_21451340.jpg
▲ 発光を停止するには付属のキーを使ってLEDを引き出します。
a0077842_21452685.jpg
▲ 未発光のLEDの位置。

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-01-22 23:24 | 留之助ブラスター
留ブラ・ワーコン・カスタムのビデオ・レビュー
The video review of Tomenosuke Blaster World Con custom by Christian Saenjaina Hansen

デンマーク在住の自称オタクのレビューアー、クリスチャン・S・ハンセン(aka DarthChrisDK)による留ブラ・ワーコン・カスタムのレビューが、YouTubeにアップされました。
ご覧ください。
先日ご予約いただいた20挺につきましては、2月下旬納品を目標に佐藤加寿彦さんが昼夜兼行で頑張っています。
楽しみにお待ちください。


by tomenosuke_2006 | 2018-01-22 13:15 | 留之助ブラスター