<   2018年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧
アナスティージャ・クリムゾン版、近日入荷
COMING SOON: Anesthesia Bust Crimsonversion by Doktor A

第3のカラーウェイ、アナスティージャ・クリムゾン(あかね色)版がもうすぐ届きます。
19世紀イタリアの彫刻家ラファエル・モンティの作品にインスパイアされつつも、Doktor Aの特徴的なスチームパンクの香りを強く放つ傑作アート・スカルプチャー・シリーズ。
例によって世界限定50個につき、ごく少数のみの入荷となります。
楽しみにお待ちください。
a0077842_15473761.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-04-24 15:50
ラバーヘッド・第2巻、バッカー募集中
RUBBERHEAD Volume II on Kickstarter
a0077842_10402406.jpg
留之助商店で発売したスティーブ・ジョンソンのモンスター・メイクアップ自伝作品集『ラバーヘッド・第1巻』は、もともとクラウドファンディングのKickstarterで資金を集め出版されたっていうことはご存知だと思います。
で、当店ではスティーブが持っていた余剰在庫の販売を請け負ったわけですが、第2巻はぜひともご自身でバッカー(資金援助者)となり、入手いただければ最高です。
締め切りまであと12日、ただいま絶賛募集中。

Kickstarterページはこちら→http://bit.ly/RubberheadVol2



先般、好評のうちに売り切れたスライマーを傍らに、スティーブ、くわえタバコで「第1巻なんか目じゃねぇ」って言ってます。
確かにレアな写真をふんだんに使った自作の紹介やら現場裏話に加えて、自称、南カリフォルニアで一番のクライム・アーティストWes Huffor(ウェス・ハフォー)描き下ろし、スティーブ主役の、いささか悪ノリがすぎるのではないかと心配なグラフィック・ノヴェルが掲載されます。
さらにカバー・アートを、当ブログにも度々登場しているホラー絵師Chet Zar(チェット・ザー)が担当します。
で、それらのオリジナル・アートがリワード(返礼品)として用意され、最も高額なプレッジ(資金提供)の目玉がチェットの作品なのです、が、早い時期に売り切れてしまいました。
下が、チェットによるカバー・アートの創作風景をタイムラプスで撮影したムービーです。

Kickstarterページはこちら→http://bit.ly/RubberheadVol2



いまではKickstarterも要所要所が日本語で表示され、各種クレジットカードやデビットカードで簡単にプレッジできるようになりました。
詳しくはKickstarterの「バッカーからの質問」ページをご覧ください。
というわけで、『ラバーヘッド・第2巻』のバッカーになって、書籍をはじめ、いろんなリワードを手に入れましょう。

そうそう、スティーブから頼まれごとがありました。
第1巻の日本人バッカーでリワードが届いていない方がいらっしゃいましたら、留之助までお申し出ください。
なんでも発送業者が海外発送の一部を放置していたらしことが、最近になって判明したとか。
なので当店が仲介し、スティーブが責任を持ってリワードをお届けしいたします。

Kickstarterページはこちら→http://bit.ly/RubberheadVol2
a0077842_00211506.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-04-21 00:36 | TV・映画・ビデオ
ピラニア・キット、本日午前11時発売
Piranha Resin Cast Kit comes out today

コストを抑えるためにパッケージの簡素化を試みました。
当初はソフビでよく使う「透明プラスチックバッグ&ヘッダーカード綴じ」でいくつもりでした。
留ブラ・ラバーガンも同じ手法で成功したことですし。
が、今度のピラニアはそう簡単にはいかなかったのです。
丸々と肥えた体長30センチの巨体にして無垢のレジンは、プラスチックバッグが伸びたり破れるんじゃないかと心配になるほど重い。
そこで見つけたのが、放射能さえ跳ね返しそうなナイロン・ポリエチレンアルミ4枚合せ、0.1mm厚のアルミバッグなのでした。
見た目の屈強さに心底惚れました。
というわけで、ピラニア・レジン・キャスト・キットは本日午前11時発売です。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/J9hghz
INTERNATIONAL ORDER→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
a0077842_01014157.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-04-20 01:42 | 留之助プロップレプリカ
第3のバイソン・ヴァン、入荷決定
Bison Van SF Special Edition by Jeremy Fish

クラクションの音も、やっぱり「モー」なのでしょうか。
バッファローとワンボックスカーが有機的に結びついた傑作フィギュア、バイソン・ヴァンの作者、ジェレミー・フィッシュ、けっこう好きです。
で、サンフランシスコ在住の彼をずっと昔からバックアップしてきたギャラリー・ストアが、老舗のUpper Playgroundなんですが。
数年前までは、エッジのきいたモチャを自らプロデュースしていましたが、最近はもっぱら仲間のアーティストの画集やポスター、彼らの絵をあしらったアパレルなど、どちらかというと2D作品でロウブロウアート・ファンを楽しませています。
そんなアッパーから、じつに4年ぶりに発売されたモチャが、通算3作目にしてブラックが渋い3DRetro製バイソン・ヴァン・サンフランシスコ特別版100個限定なのでした。
おかげさまで縁があり、ほんの数個ですが留之助でも販売できることになったんですよ。
5月上旬に入荷するはず、ご期待ください。
a0077842_00230919.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-04-20 00:43 | 3DRetro 新製品情報
ピラニアの作り方 by 比嘉ブラザーズ、その2/2
How to paint the Piranha Resin Cast Kit - 2/2

ピラニア・レジン・キャスト・キットには、比嘉ブラザーズさんによる下のようなB4版二つ折りの「ピラニアの作り方」解説書が同梱されます。
これはその半分、右側のページです。
発売は明日、4月20日(金)午前11時。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/J9hghz
INTERNATIONAL ORDER→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
a0077842_09532262.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-04-19 12:25 | 留之助プロップレプリカ
もうひとつ、Kozikモチャをご紹介
Let Us Prey by Frank Kozik

これはレドラム・5インチ・ダニーよりもずっとあと、Kidrobotから10月にリリース予定のコジック作アート・スカルプチャーの最新画像です。
作品名"Let Us Prey"の"Prey"は"お祈り"の"Pray"にかけたダジャレでして、スペルが間違ってますよなんて言ったら、コジック先生のせっかくのボケを台無しにしてしまいますのでお気をつけください。
札束を両手にはさみ、"Let Us Prey"、つまり"餌食にしてちょうだい"とお祈りする、お金がすべての世の中を皮肉ってみせた作品。
ほぼ原寸大の高さ30センチ、ソフトビニールで出来ています。
a0077842_12195369.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-04-19 12:24 | kidrobot 新製品情報
6月発売のレドラム・5インチ・ダニー
PRE-ORDER SOON: Redrum 5" Dunny by Frank Kozik

コジック先生のレドラム・ダニーといえば、留之助商店開業間もない2006年11月に8インチ版が登場し、あっという間に完売して、駆け出しのモチャ屋としては驚くばかりでした。
ダニーというプラットフォーム・フィギュアが日本ではまだまだ無名でしたし、当店のオンラインショップのアクセス数ときたら1日わずか二桁程度。
作者コジック先生のネームバリューの賜物だと、感謝した次第です。
で、2008年にはレドラム・ダニーが20インチ版でリバイバル。
買ったはいいけど大きすぎて飾れないと、コレクターさんを大いに悩ませたのが昨日のことのように思い出されます。
そういうダニーにも歴史ありのレドラムが、6月、5インチ版となって帰って来るのです。
下の画像は、その完成品を手にポーズをとるコジック先生です。
入荷の暁には、3つのサイズのレドラム・ダニーを並べて記念撮影しようと思っています。
予約開始は2018-03-02のブログで紹介したプラッシュ・ガッツ・8インチ・ダニーと足並みそろえ、5月になってから。
いましばらくお待ちくださいね。
a0077842_23221622.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-04-19 00:04 | kidrobot 新製品情報
ピラニア用ディスプレー・スタンド、別売します
Display stand for Piranha is sold separately

4月20日(金)午前11時、ウォルナット突き板製ピラニア用ディスプレー・スタンドを同時発売します。
自作のピラニアを飾るには必須のアイテムです。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/J9hghz
INTERNATIONAL ORDER→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
a0077842_23005394.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-04-18 00:15 | 留之助プロップレプリカ
クラシックボットの新しい仲間、近日入荷
COMING SOON: Trashbot and Friends by Philip Lee

Mac OSのことを"漢字Talk"なんていっていた90年代のころから、APPLE PCを使っていた人には、とくに懐かしいのではないでしょうか。
今年の初荷だったと思います、元旦に発売すると同時に注文が殺到したクラシックボット・クラシックの新しい仲間が入荷するのです。
その名もトラッシュボット・アンド・フレンズ。
ゴミ箱をはじめ、メールやフロッピーディスクやフォルダや、あのシステムエラー発生時に表示された憎っくき爆弾マークなど、むかしのMacのデスクトップを飾った8ビットの代表的アイコンを、クラシックボット・クラシックの作者、フィリップ・リーが本物のデスクトップ・アクセサリーにしてしまったのです。
中でもゴミ箱のクラッシュボットは、蓋を開けるとペン立てにもなる働き者。
入荷を楽しみにお待ちくださいね。
a0077842_00055093.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-04-17 23:59 | PCモチャ
凄いバッタなソフビ風フィギュアがやって来る
Skullmark Galaxy Commanders

この種のブートレグ・モチャに詳しいわけでも、その元ネタを正確に言い当てるほどの知識もございません。
間違っていたらごめんなさい。
メーカーは、1970年代〜80年代のクラシック・アクション・フィギュアのブートレグを中国のソフトビニール工場で作っている香港のSkullmark
で、今回取り寄せるのは下の画像の4キャラクターです。
左上のコマンダー・エイザーは、青島文化教材社から1975年に発売されたプラモデルのアトランジャーを地味にカスタマイズしたものではないかと思われます。
右上のコマンダー・カフカは、うーん、なんだろう、仮面ライダーでしょうか。
左下のコマンダー・マッハは、1974年〜1975年まで日本テレビ系で放送された特撮番組『スーパーロボット マッハバロン』のかなり積極的なコピーです。
メーカー自ら「このフィギュアをマッハバロンに捧げる」と言っているので、間違いないです。
で、最後、右下のコマンダー・ロバートのルーツは、言わずと知れた『ロボコップ』(1987年)ですね。
ロボコップをデザインし、特殊造形とSFXだけでなく、映画の共同プロデューサーのひとりでもあるロブ・ボーティンは、そうです、4月20日(金)午前11時発売のピラニアのオリジナル・クリエイターなのでした。
ロブがピラニア製作に参加した1977年当時は、まだ彼が17才の高校生だったんですよ。
学校サボって撮影に参加してたって話してました。
そんなわけでピラニアを、スカルマーク・ギャラクシー・コマンダー・シリーズともどもよろしくお願いいたします。
a0077842_19532130.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-04-16 21:59 | チョイマモチャ