<   2018年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
『ブレードランナー2049』タイプ・ブルーイング
"Blade Runner 2049" type bluing by Toku-san

発砲用カスタム留ブラについて触れた2018-08-27のブログの最後で、『ブレードランナー2049』で使われたウェザリング仕様の留ブラを徳信尊さんと佐藤加寿彦さんのコラボで再現すべく研究中と書きましたが、さっそく徳さんによるレシーバーのブルーイング・サンプルが上がりました。
これは、徳さんがシュタイヤー・マンリッヒャー・ライフルの金属パーツ部分、つまりレシーバーとボルトとボルトハンドルを担当し、佐藤さんがチャーターアームズ・ブルドッグをはじめその他のパーツを加工して、劇中の留ブラよろしく臨場感たっぷりに仕上げるというコラボ・プロジェクトです。
今後、機会あるごとに進捗状況を紹介したいと思っています。
a0077842_16031066.jpg
At the end of 2018-08-27 blog that touched on the Firing Tomenosuke Blaster, I wrote that the weathering-specific Tomenosuke Blaster used in the movie "Blade Runner 2049" would be reproduced by a collaboration with Nobutaka Toku (aka Toku-san who is model maker of Tomenosuke Blaster) and Kazuhiko Sato (custom gun maker of Tomenosuke Blaster World Con ver.). Immediately, the receiver's bluing sample from Toku-san was raised.
This is a collaboration project where Toku-san is responsible for the metal parts of Steyr Mannlicher Rifle (in other words the receiver, bolt and bolt handle) while Sato-san is responsible for manufacturing other parts like Charter Arms Bulldog. It aims to replicate to the closest degree the presence felt in the film such as that of Tomenosuke Blaster.
In the future, I would like to share the project's progress with you whenever there is the opportunity to.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-09-06 07:21 | 留之助ブラスター
近日、日本降臨
COMING SOON: Devilman Flesh Ver. Tomenosuke Exclusive

Unbox Industriesから連絡があり、以前からSTGCC 2018に間に合うようお願いしていたマイク・サトフィン・デザインの留之助限定デビルマン100個限定が、1ケース6個だけなら特急で仕上げ、中国の工場からシンガポールの滞在先ホテルに直送できると言ってきました。
一般販売の日取りは残りのフィギュアが日本に到着後、決めたいと思っています。
a0077842_13263357.jpg
Of the 100 figures of the Devilman Flesh Version, only 6 pieces for STGCC 2018 will be sent directly from the factory in China. I am thinking of deciding the date of the general sale after the remaining figures arrive in Japan.
by tomenosuke_2006 | 2018-09-05 15:51 | 留之助限定モチャ
ミミ・ザ・カニバル・ガール第2弾クレイジー・パープル、完成
"MIMI The Cannibal Girl" Crazy Purple Edition by Utomaru

やっとutomaruちゃんのミミ・ザ・カニバル・ガール第2弾、その名もクレイジー・パープル・エディション30個限定がオビツさんから届きました。
ちょうどいいタイミングですので、この週末にシンガポールで開催されるSTGCC 2018へ、5個だけ持ち込みます。
一般販売の詳細は帰国次第お知らせしますので、楽しみにお待ちください。
a0077842_13180324.jpg
The second version of Utomaru's "MIMI The Cannibal Girl" Crazy Purple Edition, has finally arrived from the Obitsu. Since it's perfect timing, I will bring 5 fpieces to STGCC 2018 to be held in Singapore this weekend.
The details of the general sale will be announced as soon as I return home, so please look forward to it.
by tomenosuke_2006 | 2018-09-05 13:14 | 留之助オリジナルモチャ
Mcスーパーサイズ・ミニについて、コレクターさんからのご報告
Mc Supersized Mini Figure has arrived to customer

和歌山県在住のコレクター Mさんから、ご購入いただいたMcスーパーサイズ・ミニ6個の開封画像が「驚異」のタイトルとともにメールされてきました。
なんと、ホントに驚異の5個かぶり。
で、Mさんには「これはこれでいい感じ」と言っていただけましたが、店主としては恐縮至極であります。
単品販売の場合、ご注文いただいた分を12個入りケース(6個2段)の左上から右の順に抜いていきます。
で、ちょうど2段目6個になった時、Mさんから6個のご注文をいただき、ケースのままお送りした次第です。
ケースの底、つまり2段目に6/12のレギュラー(フルカラー版)のうち、5個までがまとめて入っていたことになります。
他のケースもそうなのかは分かりませんが、ハラハラドキドキのこれがブラインドボックス・フィギュアの怖いところでもあり、楽しい点でもあるのでした。
これを機会にMcスーパーサイズ・ミニのショッピング・ページに、レシオを追加記入しておきました。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/8SfJgi
a0077842_19422282.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-09-04 09:44
解剖版エルモ、近日入荷、かも
Sesame Street - Anatomical Elmo by Jason Freeny

クリーチャー・デザイナーで人形使いの天才ジム・ヘンソン(1936年 - 1990年)が創作した『セサミストリート』の中でも、おそらく一番人気のキャラクターがエルモくんではないでしょうか。
フサフサの真っ赤な毛でおおわれた好奇心旺盛なモンスター。
それを、解剖フィギュア作家のジェイソン・フリーニーが料理しました。
背丈は21.5センチ、なので骨格や内臓の表現もこと細かで期待が持てます。
メーカーは予定通りに製品をあげてくれないあのMighty Jaxxで、2017年10月に今年の1月〜3月には出荷すると聞いて注文を入れたのですが、去る7月に、この8月に出荷が延期されたといわれて待っていたら、もう9月になってしまいました。
というわけで入荷後、即、発売しますね。
a0077842_14485356.jpeg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-09-03 14:53 | Mighty Jaxx 新製品情報
フライトナイト・バンパイア・スカル・ペイント・テスト
Paint test of the Vampire Skull from "Fright Night"

長い間、理科室で吊るされたままになっている骨格標本のような風合いを出してほしい。
造形工房の職人さんには、そんなリクエストとともに、突起や牙が欠けて使い物にならないエラー品を数個あずけ、2度目のペイント・テストでオッケーを出させていただきました。
芸術とさえ呼びたくなる力強く大胆な彫刻が、この黄ばみ仕上げでますます強調されて申し分なしです。
発売は10月にズレ込みそう。
a0077842_15084563.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-09-02 10:17 | 留之助プロップレプリカ
留ブラ・プラチナムの納期につきまして
Stunt Model Platinum will be available soon

納品を楽しみにお待ちのみなさま。
製作をお願いしているモデラーさんが大きなプロジェクトに参加するため、6挺で製作を打ち切りました留ブラ2049スタント・モデル・プラチナムですが、完成間近となりました。
お届けは、留之助スタッフ一同がSTGCC 2018から帰り着く9月12日以降となります。
どうかご了承ください。
a0077842_16073309.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-09-02 09:30 | 留之助ブラスター
"メルトダウン"にバンドルセットを追加しました
Meltdown – Bundle

当店の都合で申し訳ございませんが、お一人で1種類ずつ注文される方や、どちらか一方を注文される方が同時に殺到されますと、受付処理で間違いが起きないとも限りません。
ので、まずはアルター・エゴロング・グッドバイの2点のバンドルセットを今夜半0時50分より先行販売します。
その後、0時55分にはバンドルセットの販売を中止し、0時59分から単品販売に切り替えさせていただきます。
やや気ぜわしい予約受付となりますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/6WoDLG
a0077842_16004469.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-09-01 16:07 | 商店入荷新着情報
懐かしのフラッシュ・ゴードン・フィギュア、近日入荷
COMING SOON: Flash Gordon 3 3/4-Inch Action Figure

以前、フレッシュ・ゴードン・ピストル・オリジナル・カラー版の宣伝ついでにダラダラと書いた2018-05-25のブログで、『テッド』(2012年)の『フラッシュ・ゴードン』(1980年)について触れました。
LAに住みはじめた年のクリスマスだったか、『フラッシュ・ゴードン』公開当時は陳腐で冗長なストーリーに加え、ド派手で悪趣味な衣装やセット、サム・ジョーンズの目を覆いたくなるようなヘタクソなお芝居が、ある意味、尋常じゃなさすぎて、ぐうの音も出ないというか、話題にする気さえ起きなかったものです。
が、年を重ねるというのは寛大になるということでしょうか、忘れっぽくなるということでしょうか、青春時代の思い出がすべて美化されて甦り、いいとこはクイーンの音楽だけだと思っていた『フラッシュ・ゴードン』も、いまではこんなフィギュアまで仕入れてみようなんていう気に変わったのでした。
というか、こんな3.75インチ・フィギュアが作られていることに驚いた次第です。
9月中旬入荷予定。
a0077842_13010107.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-09-01 13:04 | Sci-Fi Classicモチャ