店長よりレス、あり。
↓の記事がらみで店長からメールが。
昨夜、ひとりで大笑いしながら観たDVDチームアメリカ ワールドポリス に、AXIS OF EVIL(悪の枢軸)フィギュアそっくりな人形が出てたんだって。
この偶然は何かの縁、絶対仕入れましょうと。
分かりましたよー、そのつもりですよー。
まえからウワサは聞いてたけど、このブラックネタ満載のシニカル人形劇、やっぱり観た方がいいのかなぁ、向学のためにも。
店長よりレス、あり。_a0077842_15405615.jpg
だったらお返しにこれ↓紹介しておく。
LAのストリートアーティストUrbanmedium(アーバンメディアム)のアートワーク。
店長よりレス、あり。_a0077842_15414287.jpg
アーバンの作品でチェ・ゲバラとSWのストームトルーパーを合体させたその名もチェ・トルーパーは、オベイ・ジャイアントとならび評されるストリート・プロパガンダのシンボル。
去年だったかそれの高さ15センチぐらいのレジン胸像が限定発売されたんだけど、店主、入手できず、いまだにあっちこっち探し回ってる。
店長よりレス、あり。_a0077842_1683739.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-03-29 16:13
豪華“悪の枢軸”セット。
デザイナーは21世紀のウォーホルと呼ばれてるLAベースのアーティスPLASTICGOD(プラスチックゴッド)。
セレブリティたちをミニフィギュアに仕立てた絵が彼の代表作かな、ジュエリーやアパレルの仕事も積極的にこなす20代の男子だ。
豪華“悪の枢軸”セット。_a0077842_12132688.jpg
プラゴッドのファンは多くって、映画スターでいえばジャーマイン・フォックス、ブルース・ウィリス、古株のマルコム・マクドゥエルなどが自分をモデルにした絵だけでなく、いろんなプラゴッド作品を集めてるとか。
ぜんぜん詳しくないけれど、T.M.Revolutionのナントカっていう日本人の男の子もプラゴッドの絵を買ったらしい。
このまえここでちょこっとお見せしたニンギョー・プロジェクトもプラゴット作品だった。
そういう彼のもっともシニカルな絵がスーパーラッドトイズで3D化されることになったんで、ご報告。
このフィギュアAXIS OF EVIL(悪の枢軸)についてはあまり詳しくは語らない、報復が怖いから?
背丈5 inch(13センチ)のプラスチック製で生産数やら価格は未定、エアガンの的にするという贅沢な使い道もありそうで。
豪華“悪の枢軸”セット。_a0077842_12394593.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-03-29 13:10
ミスター・カートゥーン on SKET TV
ロスト・エンジェル発売記念イベントの模様だよ。
youtube.com/watch?v=vVG0ozcWhNg
この映像の中でミスター・カートゥーン、あと4つの別エディションを発表するようなこと言ってるね。
場所はLAサンセット・ブールバードのMeltdown Comics(メルトダウン・コミックス)。
コミックスを中心にDVD、T、デザイナーズトイなんかを扱うセレクトショップだね、面白そう。
ミスター・カートゥーン on SKET TV_a0077842_104008.jpg
ミスター・カートゥーン on SKET TV_a0077842_10401735.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-03-29 10:44
FURNISH
FURNISH_a0077842_23235039.jpgベルリンの出版社Die Gestalten Verlag (dgv)から4月に出る本、FURNISH(ファーニッシュ/英語版)やほかにも2種類、売りにくいのは分かってるけど、オーダー入れちゃった。
と、そのあとすぐ店長から定時報告の電話があって、アメリカからSWINDLEの9号と最新版10号、それにもう1種類、変わった本が届きましたよ。
?・・・そう、そう、そうだった。
思い出したよJeremy Fish(ジェレミー・フィッシュ)が去年出した作品集I'm With Stupid(オバカと一緒)も注文してたんだわ。
こうなると、オブジェモチャ系の本も堂々たる品揃えだねぇ、けっこうな在庫ってことだ。
ジェレミーの本と彼のオブジェモチャ、それからあとの2種類の本We Love Magazines(4月発売)とSuper Sonic:Visuals for Music(5月発売)についてはおいおい紹介するとして、まずはFURNISH、サイズは23cm×28cm、オールカラーの272ページ。
“21世紀のための家具とインテリアデザイン”というサブタイトルのこの本は、世界の家具作家や建築家やグラフィックデザイナーによる最新作を網羅している、らしい。FURNISH_a0077842_23335389.jpg
下にこの本の中身を4見開きほど紹介してるから、ま、見てちょうだい。
雨風しのげたらそれでいいとか、用を足せれば十分みたいな、簡素とか質実というのかな、そういう思想と対峙するのが、この家具たちだね。
もはやアート、芸術との共生、風呂上がりにこういう家具のまえをステテコ姿で横切るのはいけません、ってか。
ならリラックスできないか、緊張を強いられるかっていうと、ユーモアや遊び心を感じさせてくれるから不思議、とってもシュール。
使い勝手や機能をウンヌンするのは20世紀の家具でよろしい、21世紀は精神のおさまり具合や居心地のよさを優先するのだ、ということ、この本の写真から読みとることができる。
たとえば右下の白いプラスチックのツルンとした一人掛けの椅子だけど、なんか日除けがついた乳母車のような、母のような、子宮のような、“ただいまぁ”みたいな感じ、受けませんか?
こういう高そうな家具はとりあえず写真で十分、本で満足、店主はオモチャでとっくに代用してますから。
留之助ではじめてダニーを見たある中年男性が「なんだ、貯金箱にもならんのかぁ、くだらん」といったけれど、銀行スーベニアのソフビ貯金箱は20世紀の遺物ってとこでしょう。
で、ダニーはといえば21世紀生まれの居心地のいい異物なんだよ、分かる人には分かるよね。
本国アメリカでは発売後、数分で売り切れた フライング・フォートレスの新作ダニーですが、留之助にはまだ在庫あります、買うならいまですよぉ、なんてことここでいうつもりじゃなかったんだけどなぁ、“本”末転倒とはこのことだね。

FURNISHのハイライトはこちら。
# by tomenosuke_2006 | 2007-03-29 03:34 | 書店入荷新着情報
定刻どおり無事ランディング。
定刻どおり無事ランディング。_a0077842_1104763.jpg
NYのアーティスト、Tara McPherson(タラ・マッファーソン)のエースとイオンが本国アメリカと同じ3月29日に発売できるよう、留之助に到着したよ。
これって最近のキッドロボットにしては、「よーやった」の快挙だね。
混載ミスや発送ミスで、今月発売の品物はことごとく遅配だったから。
んで、エースとイオンの背丈は、このデザインにぴったりの大きすぎず小さすぎずの4inch.(約10センチ)、それに触ってうれしいモコモコのフロック加工ときた。
予備知識なしのフリーのお客さん(とくに女性やカップル)が多い店頭では、これこそ売りやすいオブジェモチャだと、榎本店長。
セールスの方、ひとつよろしく。
# by tomenosuke_2006 | 2007-03-28 11:03