伝説のゲーム・デザイナー・フィギュア、予約開始
PRE-ORDER: Game Designer By Danil YAD

とりわけ今作は実在する日本の著名人をモデルにしたデリケートな作品ゆえ、メーカーにいろいろ確認すべき事項があり、それに手間取っていました。
アストロ・クラッシュを2ダースほど輸入販売しただけで、手塚プロに訴えられそうになるという苦い経験をしていますので、できれば問題に巻き込まれたくないというのが正直なところです。
が、いろいろ気持ちの整理がつきましたので、1週間ほどまえから入荷新着情報ページに掲載するも、なかなか売り出さないでいたロシアの彫刻家 ダニール・ヤッドのオーサーズ・プロジェクト・シリーズ第2弾、“ゲーム・デザイナー” の予約を開始いたします。
モデルはあの小島秀夫さん(ただしダニール・ヤッドもメーカーも作品名にその伝説のゲーム・デザイナーの名前を使っていません)。
昨年11月にソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)からリリースされたPlayStation 4用ソフト、Death Stranding(デス・ストランディング)のルー / BB-28のようなカプセルを抱え、瞑想に耽るが如く物静かな佇まいが魅力のフィギュアです。
製品の完成は2020年6月〜8月ということですが、例によってMighty Jaxxです、遅れる可能性がなきにしもあらずです。
なので、冷やかしの予約、お気軽な予約はご遠慮いただき、まことに恐縮ですが商品代金の半額をご予約保証金としてお支払いいただけるシリアス・バイヤーさんのみ、お申し込みください。

ご注文はこちらから→https://tomesyoten.exblog.jp/
伝説のゲーム・デザイナー・フィギュア、予約開始_a0077842_12482873.jpg
伝説のゲーム・デザイナー・フィギュア、予約開始_a0077842_12483100.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2020-01-16 12:25 | Mighty Jaxx 新製品情報
お待たせしました、ビィチィ・リッチ獄中版の発送開始
SHIPPING START: Bitchy Rich Prison Break Edition by ABCNT

仕上げの色を変えただけではございません。
今度の米国大統領は左手に手錠をはめて、かなり不機嫌そうです。
というわけで、ご予約分につきましては本日発送済み。
たっぷり仕入れました、在庫豊富にございます。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
お待たせしました、ビィチィ・リッチ獄中版の発送開始_a0077842_18380675.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-01-15 10:44 | Mighty Jaxx 新製品情報
Sket-Oneの新8インチ・カスタム・ダニー、予約開始
PRE-ORDER: Sketrona Extra 8inch Custom Dunny by Slet-One

今朝ほど、Tomenosuke.Stores.jp会員のみなさまには未完成のメルマガを誤送信してしまい大変失礼しました。
はい、2通目の訂正メルマガでお分かりのように、ダニーとコロナビールを合体させたSket-Oneの最新作、スケットロナ・エキストラ・8インチ・カスタム・ダニーのお知らせです。
非会員のみなさまも、耳よりな話なのでお聞きください。
これまで当店ではスケット・ワン直販のカスタム・ダニーをコレクターのみなさまに並行輸入価格で提供してきましたが、今後は留之助商店だけが日本向けにスケット・ワンと同じプライスで販売できるようになったのです。
その第1弾がこのスケットロナ・ダニー。
長年の親交と東京コミコンで培った友情とスケチャップ・ブラスターの成功のたま物だと思っています。
スケチャップ・ブラスター同様、日本の技術では簡単に真似のできない気泡・曇り皆無のクリアレジン製、Made in Californiaの傑作ピースをぜひコレクションに加えてください。

ご予約はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
Sket-Oneの新8インチ・カスタム・ダニー、予約開始_a0077842_20262529.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-01-14 20:43 | 留之助限定モチャ
伝説の背番号「7」、予約開始
PRE-ORDER: LEGEND // SEVEN from Fools Paradise

23の次は、てっきりスコッティ・ピッペンの33かデニス・ロッドマンの91が来るだろうと思っていたら、なんとサッカーにパスするとは、Fools Paradiseのフェイントには意表を突かれるばかりです。
で、「伝説の7番」と命名されたこのハイエンド・スポーツ・フィギュアのモデルが誰なのかは、あなたの想像におまかせします。
大人の事情でマイケル・ジョーダンのフィギュアが「トゥー・スリー」として売り出されたのとまったく同じで、今度も口が裂けても大英帝国勲章 "OBE" を授与されたイングランド出身の元サッカー選手の名前は言えません。
高さは人工芝が貼られたベース込みの34センチ、いわゆる1/6とか12インチと呼ばれる既製フィギュアと同じスタンダード・スケールで作られています。
しかしあまたのアクション・フィギュアとは異なり、臨場感たっぷりのフィックスド・ポージング、アートピースと呼びたい造形美、これぞFools Paradiseなのであります。
入荷は6月ごろ、予定通りに製品をあげるメーカーです。
なので予約はTomenosuke.Stores.jpで承ります。

ご予約はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
伝説の背番号「7」、予約開始_a0077842_23475922.jpg
伝説の背番号「7」、予約開始_a0077842_23475400.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-01-14 00:24 | 商店入荷新着情報
Munky Kingモチャ、大量入荷
JUST ARRIVED: Munky King art figures

既報で未入荷のMunky Kingモチャ、すべて、たっぷり入荷しました。
ぜひTomenosuke.Stores.jpまでお出かけください。
Munky Kingモチャ、大量入荷_a0077842_22372416.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-01-13 22:39 | 商店入荷新着情報
モンティ・パイソンの殺人ウサギにつきまして
Regarding Monty Python Killer Rabbit Plush

年末から今年にかけて3件も同じ内容のご質問メールを受け取り、もしや他にも発売をお待ちの方がいらっしゃるかと思い、お知らせします。
2019-09-12のブログでご紹介した例の『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1975年)の殺人ウサギの件です。
じつは入荷数が予定よりも大幅に少なくなり、早い時期にお問い合わせいただいた留之助ユーザーさんに販売・終了しておりました。
このヌイグルミは、去年はじめ血糊のないバージョンがリリースされ、たぶんその売れ残りと思しきものが、わずかですが口まわりを赤く染められ、7月のSDCCで会場限定として売られました。
で、そのSDCCでの残りの何点かを当店が仕入れ、販売した次第です。
しかし吉報です。
血糊のないバージョンとなりますが、再販が最近決まり、7月ごろ入荷します。
楽しみにお待ちください。
モンティ・パイソンの殺人ウサギにつきまして_a0077842_17503445.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-01-13 17:49 | チョイマモチャ
バグヘッドのスピットファイア、入荷
First impression: Spitfire by Baghead
バグヘッドのスピットファイア、入荷_a0077842_14331164.jpg
第二次世界大戦期に活躍したイギリスの戦闘機や、その戦闘機名に由来するといわれた60-70年代のイギリスを代表するライトウエイト・スポーツカーと同じ名前の毒蛇、スピットファイア(2019-09-03のブログで紹介)。
"短気者" とか "癇癪持ち" が "スピットファイア" の本来の意味ですが、まさにバグヘッドのスピットファイアこそ、その名にふさわしい、いまにもキレて襲いかかりそうな気配を漲らせ、プロト画像を見ただけでこの緊張感漂うデザインに惚れ込んでしまったのでした。
それと巳年生まれの店主としては蛇の絵や造形物に目がなく、こんなに現物の到着を待ち遠しく思ったモチャもそうそうありません。
画像だけでは分かりにくい素材感や構造なども気になってました。
というわけで、とりあえず開封してToyQubeのお手並み拝見といきますか。
バグヘッドのスピットファイア、入荷_a0077842_12300638.jpg
8個入りカートンからバグヘッドがデザインしたというアーティスト名が左右に反転されたパッケージをひとつ取り出したとき、まず驚いたのは中身が入っていないんじゃないかと心配になるほどの軽さでした。
フタを開け、ぴったり収まったウレタン材を引き出して、いちばん上のカバーを外すと、ちゃんと2分割されたフィギュアが収められているのを見て、胸を撫で下ろした次第です。
長年モチャ屋をやってますと、中身が入っていないパッケージだけを受け取った経験も1度や2度じゃなく、時にはその後のメーカーとのやりとりが煩雑すぎてギブアップしたこともあり、軽い箱には疑心暗鬼にかられてしまうのですよ。
けれど今回はセーフ、プラスチックで出来た軽量でデリケートな形状のフィギュアをそっと取り出します。
バグヘッドのスピットファイア、入荷_a0077842_08222677.jpg
蛇本体と鎖を模した台座の成形色はブラック。
バグヘッドのイラストが完璧に立体化され、蛇表面のすべての模様はモールドで縁取りされて、そのラインに沿ってイエロー、グレー、レッドの3色を使いハンドペインで塗り分けられています。
この種のハンドペイント仕上げは、スプレーマスクが標準の日本の工場ではなかなか実現できない技でもあり、ジェラシーさえ感じてしまいました。
また大きな背ビレや鎖の先の尻尾にはレッドのクリアパーツが採用され、それらの先端を艶消しブラックでスプレーし、濃度を足して、これまたバグヘッドのイラストそっくり。
クリアパーツは本体と小さな凹と凸で連結、接着されています。
ディスプレーする際は、垂直に立つ鎖の台座の凸部に蛇の首の内側の凹部を重ね合わせるだけです。
バグヘッドのスピットファイア、入荷_a0077842_15065338.jpg
バグヘッドのスピットファイア、入荷_a0077842_15122144.jpg
どこから見ても申し分なしの仕上がり。
またしてもTouQubeに1本とられた気分です。
予約で半分以上が売れて残りわずか、ただいま絶賛発売中。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
バグヘッドのスピットファイア、入荷_a0077842_16585482.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-01-12 16:13 | ToyQube 新製品情報
オビツ製作所さんのホームページ
We were introduced on Obitsu's homepage

ソフビ製作で毎度お世話になってますオビツ製作所さんのHPで、留之助商店をご紹介いただきました。
オビツソフビの製作事例ページに、破格の全段ブチ抜きの1ページで。
Tomenosuke.Store.jpへリンクまで貼っていただき、恐縮至極でございます。
それにしてもゴッコ堂の田中茂太くんにソフビ製作の手ほどきを受け、オビツさんを紹介してもらってから、はや8年がたつんですね。
これからもオビツさんにご協力いただきながら、ユニークなヤツを発表していきたいと思っています。
オビツ製作所さんのホームページ_a0077842_16351417.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-01-11 16:13 | 商店入荷新着情報
クレメント・ソフビ@今宮戎
mr clement sofubi sculpture @ Imamiyaebisu (god of prosperous business)

今年はミスター・クレメント・ソフビのホワイト版を連れて今宮戎詣でとなりました。
スウェーデンのギャラリー・ストアEye Shut IslandとフランスのArtoyzからのリクエストにこたえて商品の一部を卸したり、日本のコレクターさんだけでなく、いろんな国から注文があり、さすがクレメントだと感心した次第です。
そうそう、オチンチンのついたフィギュアは売るのが難しいといったアート・トイ業界のジンクスを打破できたのが何よりうれしかったかも。
まだ計画が動き出したばかりのころ、クレメントのスケッチブックから、中指を立て下半身を丸出しにしたお行儀の悪いウサギの絵を見つけて、これをソフビにしたいと口にした店主に、当のクレメントでさえ戸惑っていたのを思い出します。
さてクレメント・ソフビの第2弾ですが、すでにデザインは完成し、クレメントによる彩色サンプルが届き次第、オビツさんと量産の打ち合わせをするばかりとなりました。
乞うご期待。
クレメント・ソフビ@今宮戎_a0077842_13413802.jpg
クレメント・ソフビ@今宮戎_a0077842_13414578.jpg
クレメント・ソフビ@今宮戎_a0077842_14503478.jpg
クレメント・ソフビ@今宮戎_a0077842_13414822.jpg
The design of mr clement sofubi sculputure's second batch has been completed, and artist is currently preparing coloring samples. As soon as I received the samples, I will have a meeting with Obitsu factory for mass production.
# by tomenosuke_2006 | 2020-01-10 13:19 | 留之助商店計画
ひさしぶりのアンディ・ウォーホルもの、入荷
NOW ON SALE: Andy Warhol Resin Banana Bookends

ウォーホル作品の中でも最もオマージュされ、多彩なグッズのモチーフに使われてきたのがバナナ。
そんなバナナを使った傑作ブックエンドが入荷しました。
そもそも1967年にウォーホルが手がけた「ヴェルヴェット・アンダーグランド・アンド・ニコ」のジャケット・アートに初登場したバナナですが、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのマネージャー兼プロデューサーも務めたウォーホルが、オリジナル初版盤のジャケットに施したお遊びは伝説です。
バナナの絵の端にPeel Slowly and See(ゆっくりはがして、見ろ)と書かれ、貼ってあるバナナのステッカーをはがすと、下からバナナの果肉が現れるのです。
で、このバナナ・ブックエンドもウォーホルが考え出した同じ遊びが体験できるお洒落さんなんですよ。
磁石で固定された皮をはがすと、なんと中から果肉が現れるオプション付き。
ぜひご賞味くださいませ。
ところでこのブックエンド、パッケージ込み6.7キロという超重量級で、たぶん留之助が扱ったモチャの中でもいちばん重いんじゃないかと思われます。
なのでアメリカからの取り寄せ送料もハンパなく、それがそのまま商品代金に加算されていますので、その旨、ご了承ください。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
ひさしぶりのアンディ・ウォーホルもの、入荷_a0077842_12072628.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-01-09 00:49 | kidrobot 新製品情報