アングリー・ベイビーが帰ってきます
COMING SOON: Temper Tot 10” figure: Mad Lad Pose

2012年はじめだったかな、ロン・イングリッシュとホンコンのモチャメーカーGarageworks Industriesとのコラボ作品として、ハルク・ボーイという全高22インチ(56センチ)の大型スタチューが10体に満たない超限定で製作・販売されました。
で、その年の10月、権利問題でトラブルになるのを避けたのでしょう、ハルク・ボーイをテンパー・トットに改名、仁王立ちポーズのリーズナブルな8インチ(20センチ)フィギュアとしてリリースするや、大ヒットしました、よね。
そのテンパー・トットが、ハルク・ボーイ時代のポーズに戻り、しかもサイズは10インチ(25センチ)と、ひとまわり大きくなって帰ってくるのです。
入荷は4月上旬を予定、お楽しみに。
アングリー・ベイビーが帰ってきます_a0077842_00593664.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2020-03-09 22:09 | イマモチャ
NY Toy Fairでのスナップです
Snapshot @ NY Toy Fair 2020

2月22日 – 25日まで開催されたNY Toy FairのKidrobotブースに展示されていた新8インチ・ダニーの画像をネットで見つけました。
左の緑色はキース・ヘリングのスリー・アイド・モンスター・ダニー、で、中央の白いのはジャン=ミシェル・バスキアのペッツ・ディスペンサ・ダニーです。
いずれもウォーホルの8インチ・ダニーマスターピース・コレクションの流れをくむ限定生産の特別なダニーです。
いずれも4月から6月発売の予定。
日本のコレクターさん用にガッツリ確保しております。
また、右にチラッと見えるのは8インチ・バルーン・ダニーの新色で、こちらは5月発売予定。
楽しみは尽きませんね。
NY Toy Fairでのスナップです_a0077842_21214887.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-03-08 22:06 | kidrobot 新製品情報
パリのモチャ屋ARTOYZでミミ大評判
Go to Spring, Toys season

下の画像はパリのモチャ屋ARTOYZのメルマガからのキャプチャーです。
で、3種のミミの下にあるフランス語のテキストは「春に向かって、おもちゃの季節だよ」みたいな感じでしょうか。
おかげさまで、あちらでの売れ行きも好調のようです。
Tomenosuke.Stores.jpの在庫も残りわずかとなりました。
またAmazonでも、若干ですがレアなミミを発売中です。
パリのモチャ屋ARTOYZでミミ大評判_a0077842_20022608.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-03-08 21:12 | 留之助オリジナルモチャ
フュージョン・フィラのピジョン・フィギュアだけでも
FUSION FILA Pigeon by Jeff Staple x FILA x ToyQube

4羽めのステイプル・ピジョンが登場します。
しかし、いままでで一番入手困難なハトかもしれません。
というのも中国でライセンス展開するブランド、FILA FUSIONがNYのSTAPLEとコラボしたオリジナル・スニーカーのオマケで、なんと中国国内のみの限定販売だからです。
イタリア生まれのスポーツウェア・ブランド、とはいっても2007年に全世界のブランド使用権を韓国の会社が買収し、いまでは各国にFILAブランド商品を製造、販売しているパートナー企業も多く、どうでもいいブランドっていってしまえば、ただそれだけなんですが、今回はジェフ・ステイプルのデザインで、ステイプル・ピジョンがプリントされたスニーカーとあって、やや食指が動くのでした。
とにかく、問題はハトです。
そのハト、なんとToyQubeがOEM製作しており、どれだけでもいいからこっそり回してほしいとお願いした次第です。
フュージョン・フィラのピジョン・フィギュアだけでも_a0077842_14511433.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2020-03-07 16:56 | ToyQube 新製品情報
アンチ・サプレマシー、予約開始
PRE-ORDER NOW: ANTI SUPREMACY (Vehemence Colour Way) by Abell Octovan

作者エーベル・オクトヴァンは、かく語りき。
「この作品には、正義と名誉こそは決して黙殺されるべきではないという強いメッセージを込めている」と。
全高30センチ、重量感たっぷりのポリストーン製。
黒のパワーストーンを思わせる基部に真紅のバスト、ユニークなデュアルトーン仕上げのアンチ・サプレマシー(反権力)ヴィエメンス(猛威)カラーウェイの予約を承ります。
メーカーによりますと、新型コロナウィルス問題が早期に収束すれば、2020年8月下旬 - 9月下旬に発送できるとのことです。

ご予約はこちらから→https://tomesyoten.exblog.jp/
アンチ・サプレマシー、予約開始_a0077842_21270043.jpg
アンチ・サプレマシー、予約開始_a0077842_07230906.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2020-03-06 15:33 | Mighty Jaxx 新製品情報
最新5インチ・ダニー、近日入荷
COMMIN SOON: 5" Void Mecha Half Ray Dunny by Dirty Robot

8インチ・クラック・ダニーがまだ入荷しないうちから次のダニーの話をするのもなんですが、絶賛予約受付中のデッドメンの作者であり、イギリス人で現在は北海道在住のアーティスト、ダーティロボット(ダニエル・アイルズ)の5インチが間もなく発売の予定です。
下はその画像、まだ全体像はお見せできません。
最新5インチ・ダニー、近日入荷_a0077842_21211436.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-03-05 21:28 | kidrobot 新製品情報
ウッド・アウェィキング・ドンキー・エディション、予約開始
PRE-ORDER NOW: A Wood Awakening Donkey Edition by Juce Gace

ロバ化しつつある例のピノキオ、入荷が3ヵ月以上先になるため、入荷新着情報ページで予約受付を開始します。
また、既報のMighty Jaxxモチャのうち、2020-02-03のブログで紹介しましたトラスト・ノー・ワンと2020-02-15のブログの解剖プーペクですが、メーカー都合で特約店への卸売りがキャンセルされました。
なので留之助商店での取り扱いはございません。
あしからずご了承ください。

ウッド・アウェィキングのご予約はこちら→https://tomesyoten.exblog.jp/
ウッド・アウェィキング・ドンキー・エディション、予約開始_a0077842_22421456.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2020-03-04 22:43 | Mighty Jaxx 新製品情報
留ブラ2019スタント・モデル組立キット、増産出来
Product increase has been completed

お待たせしました。
長い間、売り切れ状態だった留ブラ2019スタント・モデル組立キットの増産分とパッケージが、それぞれ同じタイミングで前者はコスモリブレさんから、後者はヒダシキさんから届きました。
今回ご注文いただいた先着50名様には、留ブラ・ポリス・モデル・コンバージョン・キット製造の際に、ロット数の関係で余分に造られアルミ製グリップエンドとアルミ製レーザーサイト(いずれも塗装済み)をプレゼントさせていただきます。
いろいろ工夫して、お役立てください。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
留ブラ2019スタント・モデル組立キット、増産出来_a0077842_22591981.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-03-03 21:35 | 留之助ブラスター
問題作、3月7日23時59分、予約開始(予定)
ANTI SUPREMACY (Vehemence Colour Way) by Abell Octovan

2019-09-13のブログでご覧いただいたエーベル・オクトヴァンのアンチ・サプレマシーの、今度はSupreme Japanからのクレームも回避できそうな新カラーウェイが少数限定で発売されます。
気になる方は、続報を要チェックです。
問題作、3月7日23時59分、予約開始(予定)_a0077842_08414304.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-03-02 20:47 | Mighty Jaxx 新製品情報
80年代アメリカで人気を博したアニマトロニクスのクマ
Billy Bob by Justin Ishmael

よほど思い入れが強かったんでしょうね。
ほとんどの日本人は見たこともなければ、そのいわれさえ知らないであろう1980年生まれのアニマトロニクスのクマを、私財を投じて復刻フィギュア化したのはジャスティン・イシュマエル
あの『デッドリー・スポーン』の怪物ミニフィギュアを、きちんとライセンスを取得して作った彼です。
で、『デッドリー・スポーン』が1980年代の超B級映画なら、この80年生まれのクマもはっきり言ってマイナーなキャラクターです。
正確には1980年から1992年まで営業していたピッツァ・レストラン・チェーン "Showbiz Pizza Place" で活躍していたアニマトロニクス・ロボット・バンド "Rock-afire Explosion" のバンジョー奏者兼リード・ボーカリストで、名前はビリー・ボブといいます。
それをイシュマエルが全高28センチの堂々たるサイズでビニール・フィギュア化、黄色いルニーバード、バンジョー、アニマトロニクス・ヘッドのアクセサリー付きで完成させたのです。
いずれも着脱可能で、ギターを持たせたり、もちろん頭を載せ替えることもできます。
80年代アメリカで人気を博したアニマトロニクスのクマ_a0077842_18502797.jpg
人が演じたセサミストリートの活躍の場がTVだったのに対し、ライブが売りのロック・アファイア・エクスプロージョンは、ピッツァを頬張った子どもたちを生の迫力で熱狂させたんでしょうね。
きっとイシュマエルも、そんな子どもの一人だったに違いありません。
2017年に原型彫刻に取り組み、2年を製品化に費やして、やっとこのほど完成、3月中旬には留之助に届きます。


# by tomenosuke_2006 | 2020-03-01 18:55 | 商店入荷新着情報