徳さん謹製・留ブラ2019ブルーング・カスタム
Tomenosuke Blaster 2019 blueing custom by Nobutaka Toku

留ブラPRO、留ブラPROリテイラー・エディション、留ブラ2049、留ブラ2049ライセンス・エディションと、それぞれのエディションを発売するたびに、徳信尊氏や佐藤加寿彦氏に限定版カスタムの製作をお願いしてきましたが、まだ手付かずだったのが留ブラ2019です。
そこで徳さんに、留ブラ2019を使って、映画『ブレードランナー』撮影直前の、ハリソン・フォードの手に合わせてグリップまわりを改修したばかりの、ブルーイングも瑞々しい傷ひとつないブラスターを再現してもらうことにしました。
ただし、徳さんSPの製作費の半分以下という厳しい条件つきで、4月のことでした。
当初は個人的に1挺だけのつもりでしたが、この話を知ったHCGからもオファーがあり、それなら11月の東京コミコンでも販売したくなり、徳さんには4ヵ月で何挺仕上げれるか検討をお願いしました。
その回答が本日、サンプルとともに届いたのです。
徳さんいわく「ブルーイングの量産についてはハリソン・フォード・シグネチャー・エディションでコツがつかめたので、10挺ぐらいは造れそうです」。
10年以上温存していた留ブラOG用ABS製削り出しリコール・バレルとの換装をはじめ、拘りの留ブラ2019ブルーング・カスタム。
その他、カスタムの内容については、後日、詳述したいと思います。
a0077842_15510961.jpg
Just in time for Tokyo Comic Con in November, we are currently preparing a blueing custom based on the Tomenosuke Blaster 2019 by Nobutaka Toku. According to him, "The blueing mass production process was perfected with Harrison Ford Signature Edition, so I should be able to make around ten in four months." Details on the custom blueing will be provided at a later date.
# by tomenosuke_2006 | 2019-07-14 01:59 | 留之助ブラスター
これもAdfuntureモチャ、近日入荷
Dark Kayder by Bee Wong from Adfunture

ソフビというのは壷状の金型にソフトビニール材を流し込み、成形する、いわゆるスラッシュ成形法で作られた日本のお家芸的フィギュアの総称だと思っていました。

スラッシュ成形については、オビツ製作所さんのホームページで詳述されていますの
で、よろしければご覧ください→ https://www.obitsu.co.jp/process/index.html

しかし中国でもまったく同じ手法を使った製品が作られ、ソフビとして売られるようになり、その品質も年を追うごとに洗練されて、いまではそれが日本製なのか中国製なのか、簡単には見分けがつかなくなってきました。
それでも留之助は、同じ日本人ゆえトコトン話ができて、長年のよしみで便宜もはかってもらえて、何より信頼のおけるオビツ製作所さんで作ってもらうソフビにこだわるつもりです。
といって、中国製スラッシュ成形品を認めないというわけではありません。
ただ「ソフビ」という呼称は日本で生まれた合成語でもあり、便宜上、中国製品と区別する意味でも日本製品にだけ使い、たとえばAdfuntureのダーク・ケイダーがスラッシュ成形品であってもソフビとはいわず、ふつうにソフトビニール・フィギュア(場合によってはスラッシュ成形フィギュア)と表記するつもりです。
というわけで、留之助商店初、中国製スラッシュ成形フィギュアのダーク・ケイダーが、先日ご紹介したディーズ・ナッツ (普通のロトキャスト製)といっしょにAdfuntureから送られてきます。
香港のコミック・アーティストでキャラクター・デザイナー、ビー・ウォンによるネズミのダース・ベイダー、熱烈歓迎です。
a0077842_11112296.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-07-13 23:50 | Adfunture 新製品情報
タイランドからレジン・フィギュアのボスが来る
COMING SOON: Boss by Watchara Boonpokkrong

詳細はのちほど。
a0077842_23443940.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-07-12 23:44 | イマモチャ
クラシックボット・クラシックのブラック版が入荷してます
BACK IN STOCK: Classicbot Classic Black by Philip Lee

2ヶ月まえ、iBot G3といっしょに届いたんですが、オンラインで発売するまえにギャラリーを訪ねてくれたヘビーユーザーさんとお連れのみなさんに買い占められ、あわてて再発注かけたのがブラックボディのクラシックボットです。
本日、やっと再入荷しました。
クラシックボットの元ネタになったMacintosh Classicは、実際のところ、黒の筐体は作られませんでしたが、その後、2種類の個性的な黒い一体型Macが発売されたのはご存知ですか。
2台とも、いまでも倉庫の奥にあるはずなんですが。
ひとつは1993年に1万台のみ作られた日本未発売のMacintosh TVで、アメリカから個人輸入しました。
CD-ROMドライブがビルドインされた最初の一体型Macintosh LC 520と同じかたちの筐体で、TVチューナー・カードを内蔵し、キーボードもマウスも黒という極め付きの特別仕様でした。
が、いかんせん日本のTVの周波数域がアメリカのそれとは異なるため、TVとしては使い物にならず、しばらくCDプレーヤーやゲーム機として遊んだあとは箱に戻してしまったのでした。
もうひとつは1996年に日本でも発売されたTVチューナー・カード内蔵のMacintosh Performa 5440
これは使い出がありました。
コンシュマー向け一体型Macとして1994年から作られてきたPerformaシリーズですが、1998年はじめ、この5440を最後に生産終了し、そうです、Appleに復帰したスティーブ・ジョブスが同年8月に発表したiMacに取って代わられたのでした。
話が横道にそれちゃいましたが、ようするに「特別なMac = 黒の筐体」というイメージはこうして定着し、いまではフルスペックにカスタマイズすると150万円もするiMac Proへと受け継がれているのです。
そんな特別感漂うクラシックボット・クラシックのブラック版はいかがですか、と、そういうお話。
よろしくお願いします。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_14043879.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-07-11 23:10 | PCモチャ
トーマス・ノスケ・クレール・エディション
Sneak peek of Krell Edition @ Grand Canyon

去る5月、トーマス・ノスケの新サンプルといっしょにグランド・キャニオンを旅した時のスナップショットです。
ゴールドメタリックの素体を満遍なくブラッシングしてツヤを消し、その上に緑を吹いての拭き取り、緑青仕上げのクレール・エディションです。
6月末に40個完成し、ただいま出番を待っているところです。
a0077842_21303327.jpg
We brushed the gold metallic body for erase the gloss. Then sprayed green paint on the surface and rubbed it off before drying. It is the completion of the verdigris Thomas Nosuke Krell Edition. This Sofubi Robot will be released sometime of July.

MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2019-07-10 23:26 | 留之助オリジナルモチャ
売り切れだったシリアル・キラー・シリーズ、補充
Restock the Cereal Killer Series

SOLD OUTだったファット・トニーをはじめ、生産終了のミニシリーズなど、ロン・イングリッシュの名作シリアル・キラー・フィギュアを補充しました。
しばらくの間、このシリーズに限り、価格が1万円未満でも送料無料でお届けします。
現在SOLD OUTになっている他のシリアル・キラー・フィギュアも、順次補充の予定です。
それぞれの商品ページには "edition size 250"(250個限定)といった表記のほか、"limited edition"(限定版)や "open edition"(オープン版)などの記載もあります。
たとえば250個限定とは読んで字のごとく販売用に250個だけ作られたという意味で、限定版とは販売数を決めて製造されるも生産数を公表しない場合の表記です。
また、オープン版とは製品が売り切れたら追加生産するというもので、前述のファット・トニーとフランケン・ファットがそれに当たり、1年ぶりのカムバックとなりました。

ご注文はこちらから→CATEGORY Cereal Killer Series
a0077842_12504507.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-07-09 16:48 | 商店入荷新着情報
Adfuntureモチャの取り扱いが復活します
The deal with Adfunture resumes

2019-07-05のブログで話題にしたAdfuntureといえば、一時は東洋のKidrobotとまでいわれたアグレッシブなメーカーだったんですが、オフィスが香港から上海に移り、モチャよりアパレルに力を入れはじめたころから疎遠になってました。
が、最近、モチャのプロデュースに力を入れはじめたのを知り、コンタクトをとろうと思っていた矢先、たぶん8年ぶりじゃないでしょうか、オーナー兼クリエイティブ・ディレクターのエディからタイミングよくメールが届いたのです。
もちろん取引再開、傑作をどしどし取り寄せますのでご期待ください。
a0077842_12551258.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-07-08 13:04 | Adfunture 新製品情報
アストロ・クラッシュ、発送開始
SHIPPING START: Astro Crash by Josh Divine

お待たせしました。
本日、アストロ・クラッシュが入荷しましたので発送させていただきます。
それにしてもユーモアたっぷりの、じつによくできたフィギュアです。
a0077842_12240832.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-07-08 12:27 | 留之助商店計画
水野純子デザイン、ジュンコノトモのチラシ出来
Junkonotomo flyer design by Junko Mizuno

とりあえず1000枚作りました。
本日発送分のご注文から、こちらのB5版チラシを同梱させていただきます。
a0077842_17252326.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-07-07 17:26 | 留之助オリジナルモチャ
バンクシーのキッシング・コッパーズ、追加予約受付開始
Kissing Coppers: ADDITIONAL PRE-OREDER

高額商品にもかかわらず、予約殺到のキッシング・コッパーズであります。
メーカーのMighty Jaxxでは、予約開始後24時間のうちに集まった数に基づく限定版(Limited Edition based on total quantity sold during sales period)という手法をとる一方で、当店のような契約ショップは当初から決まった数を割り当てられました。
ので、制限時間内でSOLD OUTになってしまったのですが、交渉の甲斐あって特別に追加を受け入れてもらえることになりました。
このチャンスをお見逃しなく。

ご予約はこちらから→https://tomesyoten.exblog.jp/
a0077842_14494894.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-07-07 15:41 | Mighty Jaxx 新製品情報