絶版ジョー・レッドベターもの、ちょい入荷。
大晦日だったんだね、ジョー・レッドベターの紹介記事、書いたのは。
いろいろ問い合わせもらいながら、レッドベターものはどれもこれも少数限定品ばかりで、そろえるのがひと苦労。
あっても仕入れがバカ高なプレミア価格だから、店売り用に値付けすると、とんでもないことになっちゃう。
だから出し惜しみしてたわけじゃないのよ、こわくって言い出せなかっただけ。
でも、まぁ、2月15日にピンクのティーター君の発売が決まったことだし、早く手を打てばリーズナブルな定価で買えるけれど、もたもたしてるととんでもない値段になっちゃうよっていう話でもしておこうかな。
そのまえに、あらためてレッドベター作品と触れ合った感想です。
a0077842_1962738.jpg
デザイナーズトイって、大ざっぱだけど、ふたつに大別できる。
ひとつはダニーやキューイーのように、共通の原型素体を立体のキャンバスがわりにした作品群。
同じからだを持ちながら、こうも印象が違うものかと驚かされる。
集めて、並べて、見くらべる、これこそこの種のオブジェモチャの楽しみのメーンイベントだよね。
たとえば上の写真、最近話題のシンガポール発デザイナーズトイ・シリーズTrexiのレッドベター版もそう。
ほとんどのアーティストが10インチというボリュームたっぷりの素体に凝ったキャラの顔やからだを描いているけれど、レッドベターは素体全体を空にでも見立てたみたいに、お馴染のキャラ、フライングピッグを頭や胸や背中や腕のあちこちに何匹も飛ばして見せた。
変わってて、いいね。
もうひとつは原型もアーティストのオリジナルっていう作品。
店主、いろんなデザイナーズトイを見てきました、買ってもきました、人一倍。
でも絵と瓜二つだとか、うまく立体化したねって感心しても、オオッーと思うことはなかった、レッドベターに会うまでは。
a0077842_10154799.jpg
直線と曲線、平面と球とのせめぎ合い、大胆な造型美。
上の写真、ファイヤーキャットの後ろ姿を見てよ。
バッサリ切り落とされた背中はどうなってしまったのかって、気になるのは店主だけかなぁ。
お皿の上に真っ二つに切られたリンゴが半分だけあったりしたら、あとの半分、だれが食べたんだろうって気になりません?
つまりこのファイヤーキャット、見えてる部分だけじゃなく、見えない個所(腕の先も)にもレッドベターの創意を感じないではいられない、店主にとってはまことに不思議なオブジェモチャなわけです。
耳は尖った缶切りのようで、実際に危険極まりなく、完全にこどものオモチャじゃなくなってるところが、また良いんだなぁ。
危ないから触らないで、なんていわなきゃならないネコのお人形なんて、ほかにないよ。
大晦日の記事でも紹介したミスター・バニー(左下の写真)にいたっては、もっとバッサリ鋭利で、護身用にもなりそうな気配だ。
a0077842_10342227.jpg

レッドベターの考えなのかメーカーの計算なのか分からないけれど、彼の作品は200とか400という少数限定版ばかりで、なかなか行き渡らなかった。
猛毒沼のクマさん(右上の写真)もそう、こんなに買うのが難しいTOY2R製品も少ない。
から、いままでよりも多めに限定生産されるティーター君の新作のこと、忘れないでといいたいわけね。
色も形も、全編、レッドベター節。
いっしょにハマりませんか!

この記事で紹介のレッドベターもの、少数ですが在庫あります。けっしてお安くありません。興味おありの方は留之助ホームページからお入りいただき、“Contact Us お問い合わせ”ボタンからメールください。店長が対応させていただきます。


# by tomenosuke_2006 | 2007-01-15 22:43
ネオン集め その3 ネオンの価値 
2006年11月2日2006年11月8日の記事で書いたネオン集めの話、放ったらかしにしていたことを思い出した。
で、そのつづき。

1990年、ルート66沿いの自動車修理工場の奥で出会ったネオンサインは、錆びて朽ち、ネオン管は3割がたなくなっていた。
長年の役目を終え、いまは力尽きて横たわる老人のように見えた。
これを売りたいという人物は1951年から同じ道路沿いでステーキ・レストランを営んできたファミリーの三代目で、店主や同行のアンティック・ディーラーの友人デニス・ボーゼスと同世代(当時30代後半)の男性だった。
大型トレーラーが何台も収容できる大きな駐車場の入り口、通りに対して直角に建てられた鉄骨の台座の上で、長いあいだ、それは名物ロードサインとして道行く人たちの視線を浴びてきた。
けれど1980年代の終りに店をたたむことになり、何度か入れ替えられた家具や調理器具などとはちがい、祖父の代からずっとあったこれだけは棄てられないでいたという。
壊れてホコリをかぶったネオンサインに、元気だったころの姿がオーバーラップする。
バッファローを追うカーボーイ。
投げ縄が放たれ、バッファローの首めがけて飛んでいく。
a0077842_0442656.jpg
そのネオンが見下ろしただろう駐車場やルート66で繰り広げられた50年代〜80年代のさまざまな物語。
プレスリー、ビートルズ、ボブ・ディラン、ママス・アンド・パパス、イーグルスたちのBGMが聴こえてくる。
カーボーイ・ネオン史・・・店主の興味に、けれど三代目はあまり時間がないという理由で応えてはくれなかった。
40年間続いた店を、たとえ世情の変化とはいえ、自分の代で終わらせねばならなかった不運と、先人に対するきまりの悪さが入り交じっていたのかもしれない、彼はクールを演じるのに懸命なようだった。
商談はデニスがまとめた。
3分割されたカーボーイ・ネオンは乗ってきたロングボディのピックアップ・トラックにぴったり納まり、その日の夕方にはLAのピコ通りにあるネオンサイン専門の小さな工房に運び込むことができた。

ほとんどのネオンサインは、通りのどちらから見てもいいように両面に同じ絵柄が描かれている。
デニスの腹積もりでは、両面を完全にレストアして3万ドルで売るより、それを真っぷたつにスライスして同じものをふたつ作り、片面でいいという人ふたりに2万ドルずつで売った方が、買い手は1万ドル節約できるし、自分は1万ドル余分に稼げる。
確かに名案で、いまさら高価な両面仕立てのネオンを買って実際に屋外で使おうなんていう人はめったにない。
店主以外にもこんな大きなネオン(長さ23フィート=7メートル)を欲しいと思う物好きがいたとして、コレクションしたり、飾るなら、片面で十分なはずだ。
ただしこのカーボーイ・ネオンに限っていえばデニスの計画は空振りに終わった。
あまりの傷みように、片面の絵は大半がはがれ落ち、もしこれを使ってふたつにしようとするなら、ひとつは絵を複製しなくてはならない。
ビンテージ・ネオンの価値は、割れやすいネオン管のコンディションではない。
ネオン管はオリジナルと寸分たがわぬ素材で、まったく同じ色に再生が可能。
むしろ本物と偽物、ビンテージとレプリカの違いはネオン管そのものではなく、その下の看板部分にある。
つまり、絵。
有名なアーティストが描き残したわけではないけれど、名も無き絵にこそ価値がある。
カーボーイ・ネオンは看板の絵がペンキで手描きされ、日に焼けて薄くなると、頃合いを見計らって塗り替えられるという人生を送ってきたように推察された。
生き延びた側の絵は、そのまま使われていたらまもなく修正されただろう白茶けた、ゆえに郷愁に満ち満ちて映った。
絵を保護したければ表面を琺瑯(ほうろう)加工する手もあったが、大がかりな手順と相当な費用を要する。
個人経営の施設に琺瑯引きの大型ネオンが使われることなど、まずない話だった。
カーボーイ・ネオンは1950年代のはじめ、ステーキ・レストランを興した初代オーナーが資金をやりくりし、地元の看板屋と語らいながら作ったにちがいなかった。
a0077842_0452248.jpg
あれから2カ月後、ピコ通りのネオン工房で生き返ったそれを目にしたときの感動は、かつて味わったことのない豊かで心癒されるものだった。
名も無き絵はネオンの光を受けて、さらに際立って見えた。
点滅を制御するドラムの回転音と、ドラムに取付けられたピンにスイッチ板が接触したとき発せられるバチッという電気音、そこへネオン管の中を電気が泳ぐ放電音が重なって、まるで生き物の鼓動のように、音楽を奏でてるようにさえ聴こえた。
達成感に、胸が熱くなった。
病みつきになるのが分かった。
この時から10年、毎年ひとつ、最高のネオンサインを見つけては、LAの日通に借りた倉庫に運び込むことになる。
一度も乗ることのない2000ccクラスのクルマを毎年1台、買うようなものだと、誰かに笑われた。

まだ、つづきそう。
# by tomenosuke_2006 | 2007-01-14 23:57 | ムカシモチャ
キッドロボットが元気いいと、ホッとします。
去年12月、ちょっと心配してたこと。
それはキッドロボットがマッドヴィレイとジャングルマジックの予約をとったあと、色ちがいや柄ちがいのトラックジャケットなどなど、店主としてはどーでもいいアパレル商品ばかり何種類も発表して、かんじんのオブジェモチャの新作を見せてくれなかったから。
大好きなポール・スミスがデザインしたっていっても、ダニー柄のTシャツをお出かけには着ないよ、やっぱり。
ましてやキッドロボットのトラックジャケットなんて、ぜったい着る気にならない、年も年だし。
a0077842_10381477.jpg
店主が欲しいと思わないものは、どんなに売れ筋でもお店には置かない、売らない。
反対に売れないと分かっていても、欲しいと、つい仕入れちゃう。
もし留之助商店にポリシーみたいなものがあるとすれば、それくらいだね、在庫の山。
とにかく心配してたら、ここにきて新作を矢継ぎ早に発表してくれて、ホッとした。
やっぱキッドロボットはモチャメーカーの本道行ってくんないとね。
ついこのまえ紹介したコジックのLil Gimp 5 Pack(リリ・ギンプ・ボンデージ5ヶ入り)2月8日発売をはじめ、遂にっていうのがふたつも。
まず2月1日にシェパード・フェアレイの8インチ・ダニー、オベイ・ジャイアントが!
a0077842_118149.jpg
作者のフェアレイっていうのは、店主、気張って仕入れたものの、ちっとも売れないポップカルチャー誌スウィンドルの共同編集者でイラストレーター。
その彼が以前3インチ・ダニー・ベースにデザインしたオベイが、店主好みの8インチにブロウアップされ、1989個限定で発売されるのだよ、ひとりでコーフンしてます。
もうひとつは待ちに待ったジョー・レッドベターの新作、Teeter=ティーター君のピンク版が2月15日に。
a0077842_11215069.jpg
まえのオレンジ版が1個60ドルの400個限定で発売と同時に売り切れたけれど、今度のは2600個作られる予定だから、ちょっと安心だね。
とにかく大物オブジェモチャ続々登場で、お店やっててよかっと思うひとときなのだよ。
まだ資金繰りのことまでは考えが及んでませんけど。
# by tomenosuke_2006 | 2007-01-13 11:34
Bushnell 1.3x15mm Phantom Pistol Scope
a0077842_20153243.jpg昨夜は名古屋ブルーノートでザ・ベンチャーズを堪能しちゃいました。
ホントよかったよ、エレキで熱唱するインストゥルメンタル専門バンドは、老いてもなお元気っていう感じ。
もはや懐かしいというよりは母のふところに抱かれるような心地よさで、テケテケテケテケに少年時代の60年代へタイムスリップでした。
司会進行役のドラマーさんが曲名告げたり、メンバー紹介するたびに、ベースのオジサンが奏でるメロディ・・・それがMFU、0011ナポレオン・ソロのフレーズだったりしたもんだから、きょうはやけにナポソロがからむなぁと。
じつは朝、アンクル・タイプのカービンに使われたと同じブシュネル社のビンテージ・スコープが税関で足止めくらい、電話で係官と話をしていろいろ勉強させてもらったばかりだったから。
P38アンクル・タイプ・カービン留之助ver.は、いまのところマルゼンのP38エアーガンにロジックさんのアクセサリー・パーツとバクレツパイナップルさん特製のロングマガジンを使用し、ブラッドさんとこのユーティリティパックの精巧なレプリカを付属させようと思っている。
けれど、できることなら一歩でも本物に近づけたいということで、40年前のブシュネル・ファントム・ピストル・スコープなのだ。
ロジックさん作のダミー・スコープ、極上の出来なんだけれど、わずかに小ぶりで、素材が樹脂ということもあって軽い。
一方、本物は重さも稼げる金属製でカービンにしたときの位置がちょうど真ん中あたり、バランスも申し分なし。
そういう留之助ver.の必須アイテムに中部空港税関支署の物言いがついたのだよ。
赤い文字で「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」と印刷された速達ハガキが届き、「輸入承認等必要書類を提出しなさい」とある。
さっそく電話で問い合わせると、小包の送り状にていねいにもピストル・スコープと記載されていたから中を調べることになったとか、用途や望遠の有無などをたずねられた。
余計なこと口にして没収とか送り主に返すなんてことになったら、ヤブヘビ。
反対に、どうすれば品物が受け取れるのか慎重&丁寧にお伺いをたてる。
すると望遠機能があれば望遠鏡として申請し問題なく通関できるが、そうでないと拳銃のパーツとみなされ通産省のしかるべき許可を得る必要があると教えられた。
もちろん倍率1.3とはいえ望遠には違いなく、なんとかその線で通関してもらえないものかとお願いすると、ふたつ返事でオッケーが出て、関税も発生しないと。
じつはこのブシュネルのスコープ、40年前に日本の光学機器メーカーが下請けで作っていて、箱の裏にはMade in Japanの文字。
日本製品には日本の関税はかからないとも、係官が教えてくれた。
サンキューベリーマッチ!
ブシュネルは届く、アンクル・カービンに変身させるためのアクセサリー1式が揃うのは時間の問題、気分はもう日本晴れ。
iPodからパイプラインを引っ張り出してテケテケテケテケ、名古屋ブルーノート目指してクルマを飛ばしたのだった。
a0077842_21125355.jpg

1966年にシアーズ・ブランドで発売されたMFUピンボールマシーン・ゲーム、その名もSECRET CODE WHEEL GAME。ゲーム板のメインビジュアルが主人公のソロではなく、相棒のイリヤというのが面白い。彼の人気の高さが知れようというもの。これよりもまえの1964年には別のピンボールモチャが発売されたけれど、そのときはソロがいちばん目立っていた。64年、66年版とも留之助商店に在庫あり。


# by tomenosuke_2006 | 2007-01-12 21:14 | プロップ
Sketデザインの新作キッドロボット君は、こちら。
店長とふたり、日本時間の深夜1時にパソコンかぶりつきで手に入れた300個限定のキッドロボット-12アメリカン・デラックスが2個。
さらにもう1個、発売当日、NYのキッドロボット本店で開催されたリリース・パーティで、Sket Oneがサインしたヤツ。
合計3個しかないけれど、こちらで売ってます。
高いから、ムリに買わなくっていいけどね。
それと、その前のページの3番、長らく品切れてた2004年に333個だけ発売になったっていう真っ赤なバージョンの03が最近、入荷した。
箱なしのルーズのくせして、高いよ。
あと04が見つかればキッドロボット・シリーズもコンプリートできるってもんだ、やったね。
アメリカなみに人気があってよく売れたら、そうはいかない。
売れ残ってるから、できるんだ。
ウーム、これって喜んでいいの? こういうものの考え方って、商人(アキンド)としては落第じゃないのかなぁ?
a0077842_133245.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-01-11 01:43
ゴリラズの次はマッドヴィレインということになっております。
まずはこちらでビデオクリップをご覧いただかないと、本題に入れない。
a0077842_18563117.jpg
政府の化学工場で事故が起き、非情にも化学者がふたり閉じ込められてしまう。
毒ガスの影響でひとりはプヨプヨの大頭怪人に、もうひとりはハルクばりの大男に変身して傷ついた顔を銀色の鉄仮面で覆う。
仮面の男は元の肉体に戻るための手がかりが隠されている開発途上にあった秘密兵器を持ち去るのだが、敵の執拗な追撃に遭い目的はいまだ果たせそうにない。

ドラマチックで、実験的で、即興に満ち満ちて、危なっかしさが全編に漂う。
動くアメコミといった感じのギクシャクっとしたアニメに、まったく無関係な雑誌広告のスクラップ画像が途中でコラージュされたりして、まさにMadvillainのサウンドをビジュアライズしたら、こうなりましたっていうクリップ。
そうです、マッドヴィレイン・・・店長ともども勉強しましたよ。
アンダーグラウンド・ヒップホップ界を賑わすプロデューサーMadlibとMF Doomがタッグを組んだユニットで、サンプリングネタにライヒやストリートファイター2のサントラを使って、まったく新しいサウンドを創造中なんだと。
MF Doomは日常でもステージでも、いつも鉄仮面を被りじつにミステリアス、一方Madlibはいろんな名義で作品を作り出すなど、何かと話題の音楽ユニット。
ヒップホップ界の枠を越えてファンを増やしている、らしい。
で、ご覧いただいたマッドヴィレインのビデオクリップ All Caps に登場したMF Doomばりの鉄火面に重そうなオーバーコートをまとったアニメキャラを、このたびキッドロボットが完全立体化したと。
大ヒットしたゴリラズのフィギュアに次ぐ、新年を飾るにふさわしいミュージックコラボの第2弾がいよいよ入荷だ。
アニメと同じカラーリングのグリーンは世界限定3000個、バリアントのグレイが1000個で、とりあえず日本じゃうちが真っ先かな。
パワフルポップな絵箱に身長21センチ、横幅もたっぷりのフィギュアがギュウギュウに押し込まれて、外も中味も飾り甲斐があるってもんです。
コジックの密林の不思議5ヶ入りと同じく、とってもお得な開始価格でヤフオクに出品予定、早くキメたい人は留之助ホームページの入荷新着情報をチェックしてちょうだい。
a0077842_19553146.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-01-11 00:12
アジアへの投入は2008年だとか、ついにiPhone誕生。
a0077842_9211086.jpg
このブログで留之助商店の商いとは無関係なオモチャの話はしないつもりだったけれど、これだけは別だよ。
APPLEのiPhone、スマートフォンとMacとiPodがいっしょになった未来型ケータイが発表された、ついに。
iPhoneの商標をよその会社が持ってるから使えないとか言われてたけれど、話がついたみたい、大金が動いたんだろうね。
こういうのを店主は「真(まこと)に実用的なハイエンド・トイ」と呼びたい、詳しくはリンク先を参照。
ほんの数時間まえ(サンフランシスコ時間午前10時前後)、アジアへの投入は2008年になると、APPLEのCEOスティーブ・ジョブズ様がMacworld Expo/San Franciscoの基調講演で語ったけれど、はたして日本デビューはいつ? 楽しみがまたひとつ増えました。
# by tomenosuke_2006 | 2007-01-10 09:30
しかしコジックさん、ノリノリだね。
密林の不思議5ヶ入りが届くまえに、次回作Lil Gimp 5 Pack(リリ・ギンプ・ボンデージ5ヶ入り)の発表だよ。
矢継ぎ早っていうか、精力的っていうか、オモチャをデザインするのが楽しくってしょうがないコジックさんのルンルンが伝わってきますねぇ。
2月8日発売、お値段は密林の不思議と同じ、予約受け付けます。
a0077842_8363657.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-01-10 08:38
1月11日、アメリカと飛騨高山で同時発売!
お待たせしました、フランク・コジックの新作Jungle Magic 5 Pack(密林の不思議5ヶ入り)の入荷だよ。
今度のミニ・スモーキン・ラビットも前作の5ヶセットと同じ、触って気持ちいいモコモコ風フロック加工が特徴かな。
けれどデザインがずいぶんと大胆できれいになって、遊びごころにあふれ、仕上がり最高だ。
シマウマにレオパード、ヘビ柄のラビットもいて、お約束のドットはちゃんとあるし、みんな仲よくタバコくわえてる。
メーカーのキッドロボットからは「これは喫煙を奨励するものではありません」と一筆そえるように言われてるけれど、べつにどーでもいいよね。
a0077842_23295879.jpg
とってもお得な開始価格でヤフオクに出品予定、早くキメたい人は留之助ホームページの入荷新着情報をチェックしてちょうだい。
コジックついでだから言うけれど、世界350個限定のAnarchy NADE(アナーキーネイド君)のクロ、じつはとーにヤフオク出品中なんだよ。
この手投げ弾モチーフの新キャラ、目玉オヤジ的でもあり、頭のサイズは野球のボールくらいかな、いい感じの大きさと愛らしさが目印。
とっくに海外ではソールドアウトになっていて、当店が入手できたのはたったのウン個? 
これの50個限定の白バージョンでコジックのサイン入りが1個だけ近日中に入荷するけれど、すぐには売らない。
# by tomenosuke_2006 | 2007-01-10 00:04
写真を追加しました。
↓の記事、P38アンクル・タイプ、プロトに、写真を1点追加しました。
アメリカの火曜日、ってことはもうじき、飛行機に載る予定の荷物の一部です。
# by tomenosuke_2006 | 2007-01-09 20:25 | プロップ