蔵出し・世界大恐慌時代のスモーキンラビット
DELIVERY FROM WAREHOUSE: 10" Hooverville Lucky Labbit by Kozik

昼過ぎ、用事で銀行に寄ったのですが、換気のために防煙窓が開け放たれ、カウンターには飛沫防止用の透明ビニールが張られて、いささか寒い店内でしたが新型コロナウィルスの感染防止策の徹底ぶりに感心してしまいました。
が、道をはさんだ真向かいのパチンコ屋は普通に営業していて、ガラスドア越しに中を覗くと絵に描いたような三密状態で、この、なんというか、巨大人食い鮫が獲物を狙うアミティの沖合で、水遊びに興ずる人たちを目の当たりにしたような気になって、オヤオヤと思ったのでした。
実際のところ、「お前ら、とっとと喰われちまえ」とイケナイ気持ちが頭をもたげたのですが、敵はホオジロザメよりたちが悪い、パチンコとは無関係の人にさえ危害を及ぼす新型ウィルスなんですよね。
ブロディ署長ならパチンコ屋に乗り込んでいって「陸に上がれ!」、じゃなくって「全員解散!」と叫ぶところなんでしょうが、ここ下呂温泉にはそんな気概のある人はいなさそうです。
ちなみに銀行の隣は下呂警察署の下呂温泉交番で、パチンコ屋の向かえには下呂警察署の署長歴任者でもある新市長を迎えたばかりの下呂市役所があったりします。
蔵出し・世界大恐慌時代のスモーキンラビット_a0077842_11453950.jpg

Jaws Eating Quint Deluxe Pop! Vinyl Figure
当店では取り扱っていません

さて、夕食前にルーチンの薄暮ウォーキングに出かけると、ますます異様な光景に遭遇します。
日に日に臨時休業する旅館が増えて、いまでは温泉街にともる灯もまばらで、まるで廃墟のようなんです。
廃墟といえば、1929年の株価の暴落でアメリカが廃墟と化した世界恐慌時代の文化全般に興味があって、いまから30年もまえのことですが、何冊か本も書きました。
『モダニティ '30年代アメリカのスタイル』(1986年・講談社)、『'30年代アメリカのマガジンアド・グラフィック/1・2巻』(1989年・学研)、『ハリウッド・マイアミ アメリカン・デコの楽園』(1990年・学研・海野弘先生と共著)、『ニューヨーク 摩天楼のアール・デコ』(1990年・学研・海野弘先生と共著)などです。
1990年には東京新聞社主催の『1930年代のモダン・スタイリング アメリカン・デコ』展も監修しました。
この展覧会は、店主がLAに住んでいた1980年から10年がかりで集めたアメリカン・デコとインダストリアル・デザインに関するマッチのラベルから自動車に至るおよそ2000点のコレクションを通じて、不況時代に生まれたデザインがいかに人の意識を変え、イノベーションを起こしたかを紹介するものでした。
その後、コレクションは名古屋市に買い取られ、国際デザインセンターの所蔵品として数年まえまでデザイン・ミュージアムを賑わせていましたが、いまは別の企業に売却されたと聞いています。
蔵出し・世界大恐慌時代のスモーキンラビット_a0077842_23320150.jpg

通販部門は変わらず営業いたします

とにかく廃墟のような街並みの元凶が株価の暴落によるものではなく、コロナウィルスという未知の感染症だという点が厄介過ぎます。
感染拡大の防止策がうまく機能しないと、つまりおうちでジッとしていないと医療の崩壊で助かる命も助からなければ、経済破綻どころか真の地獄が待ちうけていると思ったりするわけです、小心者のワタシは。
そこでモチャに願を懸けようと、取り出したるは世界恐慌時代の浮浪者をモチーフにしたフランク・コジックのフーバービル・ラッキー・ラビット(下の画像)。
フーバービルとは当時のホームレスの人々がおっ建てたあばら屋が立ち並ぶ町(vill = 町)のことで、1929年から33年まで大統領を勤め、アメリカを恐慌に陥れたと非難されたダメ大統領ハーバート・フーバーからきています。
1930年代初頭を舞台にしたピーター・ジャクソン監督の『キング・コング』(2005年)では、セントラル・パークのフーバービルが克明に再現されていましたし、同時期のNYが舞台のミュージカル『アニー』の、59番街橋の下のフーバービルで歌われる「We'd Like to Thank You Herbert Hoover = 感謝するわ、ハーバート・フーバー」という皮肉に満ちた楽曲は有名です。
で、トランプビルとかアベノビルなんてのが生まれないですみますようにと願いを込めて、大事にとっておいたフーバービル・ラッキー・ラビットを蔵出し販売したいと思います。
のついでに、さらにレアなスモーキンラビットを2匹、便乗販売する魂胆なんですよ。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
蔵出し・世界大恐慌時代のスモーキンラビット_a0077842_13572399.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-04-22 18:15 | Kidrobot 新製品情報
トーマス・ノスケ・Doktor A・カスタム
Doktor A painted up a Thomas Nosuke for fun

Doktor Aが自身のインスタで、こんなカスタムをアップしてました。
ベースになったのはエルメスオレンジ・エディション
とってもいい感じです。
じつはトーマス・ノスケのプロダクション・プルーフがいくつか残っており、彼の監修でmirock-toyの金子洋平くんがとっておきのカスタム・ノスケを準備中です。
乞うご期待。
トーマス・ノスケ・Doktor A・カスタム_a0077842_20214533.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-04-21 20:22 | 留之助オリジナルモチャ
クッキーモンスター・モノ・エディション、予約開始
PRE-ORDER: XXRAY PLUS Sesame Street Cookie Monster Mono Edition

これまでセサミストリートのアナトミー・フィギュア・シリーズといえばOGカラーのみ販売してきましたが、2018年9月発売のエルモだけは、その後もホワイト、ピンク、モノの3種類のカラーウェイが発表されて、仕入れるかどうか悩んだ末にあきらめました。
残っちゃうのイヤだし、これ以上ショップの床に在庫を積み上げたくないと思ったから。
で、先ごろ売り切れたクッキーモンスターにもモノ版が作られることになり、Mighty Jaxxの発表では8月ごろに完成するということで、これまた予約が一定数に達したら入荷を決定する手でいくことにしました。
圧倒的多数のご予約をお待ちいたします。

ご予約はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
クッキーモンスター・モノ・エディション、予約開始_a0077842_22353911.jpg
クッキーモンスター・モノ・エディション、予約開始_a0077842_22354353.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-04-19 22:14 | Mighty Jaxx 新製品情報
ピーペク・フロック加工版、予約開始
PRE-ORDER: PEEpek Flocked Edition by Whatshisname

2020-04-04のブログで紹介したWhatshisname(ホワッツヒズネーム)のモコモコ・フロック加工のピーペックの予約を承ります。
Mighty Jaxx製品ですので、ご予約が一定数に達しましたら入荷が決定します。

ご予約はこちらから→https://tomesyoten.exblog.jp/
ピーペク・フロック加工版、予約開始_a0077842_20184902.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-04-19 20:45 | Mighty Jaxx 新製品情報
Mighty Jaxxから発売される新製品の予約販売につきまして、方針変更のお知らせや、お願いがございます
We will set restrictions on some pre-order items

今年に入り、Mighty JaxxのMOQ(最小発注数量)がこれまでの倍に引き上げられたため、今後は一部の製品について予約期間を設け、万が一、予約が一定数(MOQの約半分)に達しなかった場合は、取り扱いを中止させていただくことにします。
つまりご予約いただいても、製品をお届けできない場合があるということです。
これは余剰在庫をなるべく持たないようにするためと、以下の理由によります。
入荷新着情報のカテゴリ「PRE-ORDER 予約受付中」をご覧いただければお分かりのように、現在リストされている26点の予約商品のうち、17点がMighty Jaxx製品です。
そのMighty Jaxxだけが、製品代金を全額前払いしないと取引してくれない強気のメーカーなのです。
なのに納期が遅れることは日常茶飯事、さらにコロナ禍が影響して・・・で、時節柄シビアになり、Mighty Jaxxの未入荷品の前払い代金を合算したら300万円に達しそうな気配で、このままではヤバイことになると分かったのです。
なので、Mighty Jaxxから発売される新製品の予約販売について、大幅に方針を変更することにしたのでした。
下に入荷新着情報の直近の予約製品、ハンド・オブ・サイトの製品欄を貼り付けましたのでご確認ください。
MOQ12個のうち、6個以上のご予約で入荷が決定します。
一部、Mighty Jaxx製品につきましては、今後も同様の方針でご予約を承りますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

Mighty Jaxxから発売される新製品の予約販売につきまして、方針変更のお知らせや、お願いがございます_a0077842_16191525.jpg

PRE-ORDER ITEM

Mighty Jaxxから発売される新製品の予約販売につきまして、方針変更のお知らせや、お願いがございます_e0118156_12484821.gif

ご予約受付締切:5月10日
2020年9月下旬 - 11月下旬発送予定

ペドロ・コレアの
ハンド・オブ・サイト
ご予約特価¥25,000(税込¥27,500)
希望小売価格27,000(税込¥29,700)
250mm tall / edition size 300

About This Toy   Pre-Order Form

ご予約数が6個に達しましたら入荷が決定します
初めて当店をご利用のお客様には入荷が決定した場合に限り
代金の半額を予約金として申し受けます
代引きでのご予約はお受けできません


# by tomenosuke_2006 | 2020-04-18 16:14 | Mighty Jaxx 新製品情報
キース・ヘリングのスピーカー
COMING SOON: Keith Haring's Three Eyed Monster SoundQube
キース・ヘリングのスピーカー_a0077842_21565444.jpg
ちょっとキース・ヘリングが熱くなりそうです。
とくに三つ目で笑う四角い顔の "スリー・アイド・モンスター = 三つ目の怪物" モチャが脚光を浴びそうなんです。
最近でもキャップやTシャツなどのワンポイントとして使われているキースの代表的アイコンですが、元は1982年に出版された作品集 "Keith Art Haring" のカバー・アート。
だったんですが、三つ目の怪物がとくに有名になったのは1985年にキース自らプロデュースした正方形の "三つ目の怪物・AM - FM ラジオ"(下の画像)がヒットしたからだといわれています。
というわけで "三つ目の怪物" がモチャ化されるのはAM - FMラジオ以来。
まずはKidrobotから三つ目の怪物・8インチ・ダニー(コロナ禍の影響で4月の入荷が遅れそう)がリリースされ、そのあとにToyQubeのBluetoothスピーカー、三つ目の怪物・サウンド・キューブが控えているんですよ。
とくにこのスピーカー、AM - FMラジオの21世紀的復刻版とでも呼びたい、ほぼ同じコンパクト・サイズの10cm x 10cm x 4.5cm。
両側面のほっぺのあたりにスピーカーを1個ずつ内蔵し、ステレオ出力を実現しています。
さらにmini SDカード・スロットをはじめ、USB、mini USB、AUXのポートもあって、使い勝手は良さそうです。
入荷を楽しみにお待ちください。
と、ここまで書いてきて気付きました。
ToyQubeからの特約店向けニュースレターには電源について、ナンの説明もないのでした。
USBとAUXケーブルが付属するということなので、そこらへんが使えるのでしょうか、今度、聞いておきます。
ちなみにグリーンのスピーカーは、メーカーのToyQube限定カラーだということです。
キース・ヘリングのスピーカー_a0077842_23473189.jpg

1985年のキース・ヘリング。
この5年後の1990年2月にエイズによる合併症のため、31歳の若さで他界しました。



MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2020-04-17 23:05 | ToyQube 新製品情報
"手の目" のお守りフィギュア
COMING SOON: Hand of Sight by Pedro Correa

鳥取県の境港市にある水木しげるロードで、手のひらに目がある "手の目" っていう妖怪像を見たことがあります。
悪党に襲われ殺された盲人が、成仏できずに復讐のため毎夜さまよううちに、よほど強い執念だったのでしょう、両手のひらに目ができて視力を得ると、とうとう無念を晴らすことができたとか。
小さな像でしたが、大きな目の玉がついた両手を前に突き出し、文字通りカッと見開いた姿は迫力十分で、邪念でいっぱいの心のうちを見透かされたような気持ちになりました。
ギレルモ・デル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』(2006年)にも"手の目" に似たモンスター、ペイルマンが出てきましたね。
鼻腔と口だけのツルんとした顔も不気味なら、顔の前で指をまつ毛のように広げて辺りをうかがう仕草など、怖すぎてトラウマになっちゃいました。
2年ほどまえでしたっけ、NECAからペイルマンのリアルなフィギュアが発売されましたが、こんなのわざわざいらねぇと思ったものです。
そういえばずいぶんまえ、エジプト旅行帰りの友人から、青い手のひらに目がある民芸品のお土産をもらったことがあります。
こちらは復讐とか怨念とはまったく無縁で、聞くところによると「邪視」による禍いを遠ざけるアミュレット(魔除のお守り)なんだとか。
邪視とは、人から羨ましがられたり、妬まれたりすると悪いことが起きるという考えのことで、エジプトをはじめ、中東、ヨーロッパ、南アジア、南米などにも同じようなアミュレットがあるらしいです。
で、近くMighty Jaxxからリリースされる "ハンド・オブ・サイト" という置物フィギュアも、後者に属します。
ブラジルのペドロ・コレアが描いた神秘的なデジタルアート(下)の見事な立体化作品、仕入れるつもりです。
\"手の目\" のお守りフィギュア_a0077842_14343349.jpg
コレアはブラジルのサンタカタリーナ州フロリアノポリスに住むイラストレーターで、大学ではグラフィック・デザインを専攻し、卒業後はエディトリアル・デザイン、モーション・グラフィックス、ブランディング、Webデザインなど、様々な分野で活躍してきました。
最近、iPad用の新しいグラフィック・アプリ Affinity Designerプローモーション・ビデオに出演し、オゾン溢れる森の中でイラスト "ハンド・オブ・サイト" を仕上げる様子を披露しています。
フィギュアの方はソフトビニール製で300個限定。
取り外し可能なジオラマのベース兼バックグラウンドがセットになっています。
「バックグラウンドの中央上部にある扇型の色の筋は、火、空気、霊、大地、水という5つの要素を表している」と、コレア。
この際、邪視による禍いなんかより、その霊験あらたかな "手の目" でコロナ禍を跳ねのけてもらいたいものです。
近日予約開始予定。
\"手の目\" のお守りフィギュア_a0077842_22065304.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-04-16 21:41 | Mighty Jaxx 新製品情報
来るな!ウィルス
Curunavirus

ご多分にもれず観光客が激減して静まり返った下呂温泉の、あらかじめアポイントいただいた方にだけショップを開放してきた留之助商店ですが、ここ数日、市外から、遠くは関西からも、お店を見たいとか、家族でうかがいたいといったお電話があり、いささか戸惑っております。
なぜなのか、理由はさっぱり分かりません。
緊急事態宣言が出された7都府県をはじめ、独自に非常事態を宣言して不要不急の外出自粛を呼びかけている地方にお住まいのみなさんを、まるで感染者扱いしたり、差別したり、拒絶するものでは決してございませんが、いまは「来るな!ウィルス」作戦実施中です。
つまり通販のみで、ショップは当分の間、公開を自粛するっていうことです。
留之助商店は不要不急のショップの中でも、最たる部類のモチャ屋です。
食料品や薬など、生活必需品とは真逆の品物を商っています。
もちろん同好の士の多くは、店主もその一人ですが、モチャで笑ったり、和まされたり、夢を見させてもらったりして、これぞ心を豊にするアイテムだと思っています。
モチャのミッションも、読み物や絵画や彫刻や音楽や映画と同じ「感動」と「幸福」を届けることなのです。
そんな芸術みたいな玩具みたいなオブジェモチャが、コロナウィルス感染拡大の憂いを吹き飛ばすのに少しでもお役に立てるならと、これからもせっせと新製品を紹介したり、オリジナル・モチャのプロデュースに励むつもりです。
経済が大きく減速し、不況時代の到来も免れなさそうな時だからこそ、前向きに。
というわけで、一日も早いコロナウイルス感染症の終息と、みなさまのご健康を心よりお祈り申し上げます。
来るな!ウィルス_a0077842_18580599.jpg

近日蔵出し予定のトリスタン・イートン作タッグ・チーム・8インチ・ダニーです
Tag Team 8" Dunny by Tristan Eaton (2008)


# by tomenosuke_2006 | 2020-04-12 03:20 | 留之助商店計画
ジュリー・ウェストのファウナ・スーパージャンキー
COMING SOON: Fauna SuperJanky By Julie West

360種類に及ぶ動物の名前と絵から特徴を当てる『ファウナ』っていうボードゲーム、ご存知の方も多いと思います。
もともとファウナとは「動物相」の意味で、日本大百科全書(ニッポニカ)によれば、一定の場所あるいは同一の環境にすむ動物の全種類のことを指します。
たとえば地理(場所)を基準にして、アフリカ大陸のファウナとか、飛騨山系のファウナといった表現や、環境あるいは生息場所を基準にして河川ファウナや森林ファウナと呼ぶこともあります。
自然の恵みあふれるアメリカで最高の環境(かもしれない)太平洋沿岸北西部に住み、創作を続けるジュリー・ウェストがデザインしたジャンキーの名前もファウナ。
太平洋沿岸北西部のファウナをイメージしたといいます。
さらに「私のファウナは蛇の軍団を従えた幽霊の森の女神なのです」とも語っています。
さぁ、あなたは鋭い枝角を持ったファウナ・スーパージャンキーに、どんな世界を感じますか?
それはさておき、留之助商店でジュリーの名前が挙がるのは、2009年1月発売のUKダニー・シリーズ以来なので、11年ぶりになります。
あの時のダニーは彼女がロンドン滞在中にデザインしたもので、その後帰国して現在の太平洋沿岸北西部を永住の地に選びました。
Kidrobotのダニーと双璧をなしつつあるSuperplasticのジャンキー。
日本でも中毒患者が増加中なのは、じつに喜ばしい限りであります。
ジュリー・ウェストのファウナ・スーパージャンキー_a0077842_10440941.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2020-04-08 19:53 | Superplastic 新製品情報
アンディ・ウォーホル・バストのスケッチを入手
Andy Warhol 12 inch Bust

Kidrobotが迷彩柄のアンディ・ウォーホル・12インチ・バスト(全高30センチ)を準備中です。
12インチという大きさはSSURのレベル・エイプ・バストと同じで、ライフサイズよりひとまわり小ぶり、飾るにはちょうどいいかも。
メガネまわりの造形とか、どんな仕上がりになるのか興味津々です。
で、我が家では、このバストを囲むようにウォーホルの8インチ・ダニー・マスターピース・コレクションをはべらせる計画です。
入荷は7月ごろとのことですが、世界はどうなっているのでしょうか。
「箱に入ったキャンディーを食べているとき、最後の一個を味わうのが待ち遠しくてしかたがない。そう、僕は未来のために生きているんだ」とは、ウォーホルの著作『ぼくの哲学』で見つけた名言のひとつです。
ちなみに店主がいちばん好きなキャンディーは、ライオネス・コーヒー・キャンディーで間違いございません。
世界がこの難局を乗り越えて安心で安全な未来が訪れますように、小粒なキャンディーを口の中で転がしながら切実に願うのでした。
アンディ・ウォーホル・バストのスケッチを入手_a0077842_00291248.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2020-04-07 18:24 | Kidrobot 新製品情報