LA trip もうひとつの目的。
毎年、クリスマス・カードを送ってくれるというのに、こちらからは連絡も何もしないで不義理を重ねてしまった大切な友人。
1980年、LAに住みはじめた駆け出しの店主を、つねにバックアップしてくれたかつてのハリウッドSFX界の寡黙な巨人。
スピルバーグの未知との遭遇や1941で映画史最高の精密さといわれるミニチュア・モデルやセットを創り上げた歴史の人。
ほとんどの同業者が失職してしまったデジタル全盛のいまでも、各種のコンセプト・モデルや大型セットのコンセプト・ミニチュアの製作で多忙な、知る人ぞ知るグレッグ・ジーン。
LA trip もうひとつの目的。_a0077842_23331912.jpg

上の写真 
きれいな住宅街の瀟洒な自宅の中のグチャグチャな部屋にグレッグ・ジーン。
右のカーク船長のコスチュームの隣りは、
1955年の宇宙水爆線でメタルーナ星人が着用したツナギ。
下の写真 
ダイニングルームの大きなテーブルの上のありさま。
カーボンフリージングされたハン・ソロはグレッグがILMで働いたとき、
オリジナルの型から抜いてもらったもの。


8ヵ所の専用倉庫と2軒の持ち家に世界でも有数のSF映画のコスチュームとプロップのコレクションを保管している、というよりは放り込んでいる、整理整頓の苦手な偉大な収集家でもある。
このまえは1966年の映画ミクロの決死圏の潜航艇プロテウス号のミニチュア・モデルをオークションで売却し、新しい家の頭金にしたりした。
とにかくそういうグレッグに店主は会わなければならなかった。
会って変わりのないことを知ってもらい、これまでの不義理を釈明せねばならなかった。
そして頼みごとが、ひとつ、ふたつ、みっつ。
LA trip もうひとつの目的。_a0077842_23353294.jpg

上の写真 
クローゼットから出てきた2001年宇宙の旅のヘルメット。
映画ではたった6個が作られ、色を塗り直して使い回されたが、これは現存する4個のうちのひとつ。
まさにナショナルトレジャー級、試しにかぶってみたら、
あまりのうれしさに店主クラクラきて、スターゲートを一瞬見たような気が。
下の写真 
0011ナポレオン・ソロのスラッシュ・コスチューム。
ホルスターのピストル・サック部分は木製のダミ、
その他大勢のスラッシュ兵が使用したものだと思われる。


頼みごとというのは、まず、そのむかし譲り受けたグレッグがデザインしたフレッシュ・ゴードンのポコチン・ピストルの複製を作って限定販売していいかということ。
そんなの誰も欲しがらないよといいながら、笑って快諾してくれた。
ふたつめのお願いは、来年40周年を迎えるオリジナルの猿の惑星で使われたゴリラ兵のライフルを型どりしてもらうこと。
だいたいありかは分かっているから、見つけ出してそうするよと、これも快諾。
精巧なレプリカの少数限定生産を考えていると話したら、ライセンスをとって量産すれば、きっとアメリカでたくさん売れるのにとグレッグ。
みっつめは、店主だから知っているグレッグの秘蔵コレクションのひとつ、あのスラッシュ・ライフルをなんとかできないかということ。
が、これこそ大問題で、どの倉庫のどこに片付けたか思い出せないという。
絶対見つけ出してほしいと、強硬にお願いしたのだった。
いま試作中のブラスターといい、留之助がカスタムメイドしてみたいと思うオブジェモチャは鉄砲ばかり、なぜかしら。
とにかくランチをいっしょにとったり、グレッグと楽しい午後を過ごしたあとは、店主、同行のふたりの青年をユニヴァーサル・スタジオ・ツアーへと案内したのだった。

戦利品販売コーナー・その4
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-25 20:00 | モチャ行脚
エリック・スケアクローから意味深な画像付きメール。
これがぼくの新しいプロジェクトの写真、Dke Toysのブース4832番でお披露目するから見てちょうだいね。
と、エリックからついいましがたメールが届いたよ、とっても気になるプロトタイプを大写しした画像付きで。
とりあえず現物については後日リポートするとして、その意味深な画像を紹介しときます。
エリック・スケアクローから意味深な画像付きメール。_a0077842_16582712.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-25 16:59
シイタケ発見コンテストへの参加者は5名、期待してますよ。
エリック・スケアクローのシイタケ発見コンテスト参加希望者は、7月17日に定員の5名(シイタケ5種類分)に達したんで、エントリー用シイタケ・プレゼントは終了してました。
ご報告が遅れてごめんなさい。
シイタケを手にされたみなさんは、絶対応募してくださいね、持ち逃げは許しませんから。
で、ひとりぐらいは入選してもらいたいものです、エリックには選考に手加減するようお願いしましたが、聞いてもらえるかは分かりません。

では、恒例のシイタケご紹介シリーズその4、トランク・タンクちゃん。
いままでの3個は男の子だったけれど、今度は女の子みたいだね。
シイタケ発見コンテストへの参加者は5名、期待してますよ。_a0077842_16134015.jpg
「トランク・タンクはピーナッツが苦手なシイタケ、ネズミを敬愛します。物静かな女の子で、あなたのスキを狙ってあなたのスナックを盗み食いするのが大好きです」

このシイタケ・キャラの紹介文って、エリックが送ってくれたネタをそのまま訳してるだけで、店主の感情いっさい入ってませんので。
この紹介文を参考に写真撮るのもいいかもしれませんよ、5人のみなさん。
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-25 16:28
バラクーダでバフ・モンスターと合流。
Buff Festの熱狂に唖然としながら、人気アーティストの新作オブジェモチャのリリースパーティって、いつもこんなんだろうなぁと、ジャパンじゃありえんと。
少なくとも留之助でやったって、来てくれるのは近所の鍛治谷さんと中谷さんと森本君ぐらいなんだろうなぁ。
さびしくなりかけたんで、頭、切り替えました。
ちょっとVINYL PULSE風、取材のマネゴトしましたよ。
ま、下の写真で雰囲気、くみとってください。
バラクーダでバフ・モンスターと合流。_a0077842_195988.jpg

1.夏の陽射しが容赦なく照りつけるオープン10分前のバラクーダまえ。メルローズ・アベニューの歩道はご覧の通りの賑わいに。
2.オープン5分前の店内。エアコンがきいた別世界でおどけてみせる白シャツの男の子がバフです。MINDstylの社長が店主のことを「君のオモチャの日本で唯一の輸入販売店なんだよ」と紹介したら、今度、トーキョーへ行くかもしれないから遊んでちょうだいって。キッズな遊びなら店長が、大人の遊びなら店主がお相手してあげるよとこたえておきました。
3.オープン直後の店内。で、ホント可愛いなんだよ、エミちゃんは。横浜出身で、こっちの大学出て、MINDstylの社員になりました。肩書きはマーケティング・コーディネーターで、バフの50枚限定のシルクスクリーンをお客さんにすすめてました。「ワーッ、わたしのパパよりオジサンなんだぁ」っていわれた店主、よろこんでいいのか、悲しんでいいのか。
4.商売繁盛、バフ・モンスターの大きいのや小さいのがビシバシ売れていきます。どちらもひとり1個しか買えません。
5.200個限定の黒くて大きいのにサインをもらい大喜びの現地ファンは2時間、外で待ちました。なんてことより、隣りのガールフレンドが可愛いから撮りました。
6.夜光版の小さいバフ・モンスターを手に入れて、これまたうれしそうな女の子のふたり連れ。このほかにも通常版をケース(12個入り)買い。帽子の女の子がとくに可愛いから撮りました。

バラクーダでバフ・モンスターと合流。_a0077842_2052464.jpg
ごめん、出たがりの店主で。
左がバラクーダのオーナーで、とーぜんオブジェモチャ・コレクターのミゲル・ガルシア。
ベアブリックやキューブリックをずいぶんまえからやってたんだけれど、いまはもっぱら、よりアーティスティックで希少価値の高いこういうのにハマっちゃったと。
真ん中のバフが口をモゴモゴさせてるのは、ホットドッグを食べてるから。
オープン直前、このあとすぐモゴモゴのままのバフに10インチ真っ黒版3個を押し付けてサインを入れてもらったのでした。
ちなみに7時の閉店前にバラクーダ分は完売、残り半分がSDCCで売られます。

戦利品販売コーナー・その3
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-24 21:50 | MINDstyle 新製品情報
キッドロボットで絶版ミストを捕獲。
キッドロボットで絶版ミストを捕獲。_a0077842_2152251.jpg
ゲイリーとおしゃべりしたあと、BarracudaでBuff FestがはじまるまえにキッドロボットLA店をのぞく。
アパレル以外のキッドロボット製品やその他のメーカーのオブジェモチャなら留之助の品揃えの方が上だもの、創業者でオーナーのポール・バドニッツがLA店の店番してるわけじゃなし、サッと流す程度のつもりでしたが、なんとこのまえパリで見つけてウカれたミストの絶版フィギュアの、赤版と黒版があるじゃございませんか。
これ頂戴って、店員さんにいうと、ずいぶん在庫を探し回ったあげくに、ソーリー、ひとつも残ってないって。
じゃ、一歩譲ってディスプレーしてあるのでいいからっていうと、展示現品の販売はショップマネージャーの許可がないとウンヌンカンヌンっていうんで、そこは強引にねじ伏せ、奪い取ったのでした。

戦利品販売コーナー・その2
タグ:
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-24 02:22 | 留之助商店計画
ロウブロウな1日でありました。
本日のいちばんの予定はメルローズ通りのオブジェモチャ屋BarracudaのBuff Festでバフ・モンスターに会ったり、300個限定の夜光版と、200個限定10インチ真っ黒版を買うこと。
のついでに同じメルローズのキッドロボットLA店や関係各所をくまなくチェックして回り、夕方、ゲイリー・ベースマンに会うという、けっこうギュウ詰めスケジュールだったのですが。
まずはGallery 1988に寄って、20数名のロウブロウ・アーティストたちによる“自分の思うカルト映画”を題材にしたグループ展CRAZY 4 CULTを鑑賞しました。
ロウブロウな1日でありました。_a0077842_17294575.jpg
真っ先にPeter Gronquist作のDarth Bladerがお出迎え。
ダースベーダーがローラーブレードはいてるからダース・ブレーダーじゃ、店主のつまんない駄洒落とラベルが同じじゃぁありませんか。
というように、カルトっていうには軽はずみ。
映画への強〜い思い入れや拘りに満ちた、ハンパじゃないオーラのようなものを感じさせてくれる作品に多数出会えるかと期待したのですが、ちょっと拍子抜けかな。
ロウブロウな1日でありました。_a0077842_183375.jpg
なかなかな作品もありますが、グループ展なんですから、まったく異なる作風がひとつのテーマで結ばれ共鳴し合う、そんな特別な空気を味わいたかったです。
ちょっと残念、散漫な印象きわけて強く、個々の傑作も、傑作ゆえにこの空間の中では居心地悪そうにみえて、ほとんどお気の毒さまというしかなかったのでした。
ロウブロウな1日でありました。_a0077842_1827455.jpg
こんな暗い作品ばかりじゃないですが、店主が思うカルトな傑作は、左がポゼッスドのルーク・チュー作品、右がひと目で分かるシェパード・フェアレイ作品。
で、彼らが自作に引用した映画ですが、店主、わざわざネタばらしません。
分からない人はそのまま人生つづけてもらって結構です、分からなくてもぜんぜん支障ありませんから。
とにかく面白そうな作品はすべて売約済みで、浪費しないですみました。
ロウブロウな1日でありました。_a0077842_19455743.jpg
Gallery 1988近くにあったティム・ビスカップのストリート・アートを眺め、4時から始まるBuff FestのBarracudaへ2時間早く先回りしてオーナーのミゲル・ガルシアとMINDstyleの社長マシュー・D・ヤングに仁義を切る。
だってもうお店のまえには長い列ができてるんだもの、店主、炎天下で2時間も待つ気ないし、店長にそれさせるのもかわいそうでしょ。
並ばなくてもいいように、ついでにバフ・モンスターを真っ先に紹介してくれるよう話をつけました。
で、BarracudaのまえにMunky KingではじまったBuff Festの、当店でも取り扱いのレギュラー版のリリースパーティを覗くため移動すると、なんと、お店のまえでゲイリー・ベースマンとばったり。
立ち話でしたが、けっこう盛り上がり、夕方、会うのはこちらから辞退させていただきました。
Barracudaで遊んでいたら時間的にぜったいムリ、それならSDCCでゆっくり会いましょうって、ミニポスターのサインもそのときもらうことに。
ほんとだよ、ちゃんとゲーリーと記念撮影したんですから。
彼、店主に気後れしたみたい、顔、引きつってるように見えませんか。

ゲイリーと店主のツーショットです。
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-23 19:58 | ロウブロウアート
BSFAでチョウチョウを生け捕り。
LAX(ロサンゼルス国際空港)からサンタモニカに移動して新鮮美味なシーフードでお昼をすませたあと「ゲプッ」、ホテルに向かう途中BSFA(Billy Shire Fine Arts=ビリー・シェア・ファイン・アート)を訪ね、ゲイリー・ベースマンの個展Hide and Seek in the Forest of ChouChou(チョウチョウの森のかくれんぼ)をお腹パンパンになるまで堪能させていただきました「ゲプッ・ゲプッ」、いや失礼。
BSFAでチョウチョウを生け捕り。_a0077842_18304563.jpg
それにしても大通りに面してるというBSFAを見つけるのにひと苦労、建物に掲げてあるはずの番地“5790”の最後の“0”が千切れてるんだもの、しかも外観は廃虚風、広い通りの反対側をクルマで移動してるときはもちろん、引き返した際も前を通り過ぎてしまいました。
が、ドアをくぐればそこは別世界。
ゲイリーのNAMA、ナマ、生。
360度全方向の生絵に囲まれて、しばし立ちつくしてしまう店主なのでした。
ゲイリーの、さらにチャーミングで空恐ろしく、清楚な素振りのとってもキワドイ描写の数々。
このチョウチョウの森の生態を描いた一連の作品を、店主、読み解こうとしたのですが、いろいろ気になって。
どれがまだ売れていないのか、どれが狙い目の1000ドル(いちばん廉価)作品で、どれが眺めるだけの25000ドルものなのか。
BSFAでチョウチョウを生け捕り。_a0077842_1832359.jpg
BSFAでチョウチョウを生け捕り。_a0077842_18322433.jpg
ギャラリー・オーナーでキューレーターのアニーが事細かに教えてくれました。
このまえのブログで紹介した店主が買ったつもりのミクスド・メディア・ペーパー・シリーズ作品、じつはアニーのメールチェックが遅れたためよそ者の手に渡ってしまっていた。
で、アニーからホームページには出していない傑作がまだあるからLAに来るなら1日も早くギャラリーにおいでと誘われていたのです。
BSFAでチョウチョウを生け捕り。_a0077842_18514389.jpg
こうして一目惚れたのが上の作品、額の左脇の赤いピンが売約済み(店主お買い上げ)の印です。
ミクスド・メディア・ペーパー・シリーズ中、唯一のクローズアップ作品で、いちばんインパクトありと、大いに気に入りました。
アニーが気を利かせてゲイリーに電話、ゲイリー、もちろん店主のことを知っていて、あしたの晩、会いましょうってことに。
チョウチョウ・モチーフの今回の個展記念限定Tシャツとミニポスターを、それぞれ3点ずつ特別に卸してもらえたんで、このままセット販売しちゃうんですが、あしたうまくいったらそのポスターにサインもらえるかもね。
興味のある人、購入希望者は下をクリック。
そのまえにアーニーと彼女のオフィスを見てくださいよ。
店主もこんなとこで仕事したいです。
BSFAでチョウチョウを生け捕り。_a0077842_1922458.jpg


戦利品販売コーナー・その1
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-22 20:00 | ロウブロウアート
29日までLA & SDCC出張のためお店をお休みします。
留之助の常連さんと店長の3人で成田18時45分発シンガポールエアー12便でLAに向かいます。
なので、お店は7月29日(日)まで臨時休業、ご注文商品の発送業務もお休みさせていただきます。
どうぞご了承ください。
店主のブログは連日更新を目指して、あっちのこと随時ご報告いたします。
それと掘り出し物やSDCC限定商品などは、入手したその日の夜中、ということは日本時間の夕方ごろにブログで紹介ついでに、どんどん予約を受け付けちゃいます(のつもり)。

昨夜、せっせと旅支度してたらMINDstylのディーラーさんからメールあり、お待ちかねバフ・モンスターのBuff Monster Series 1を発送したっていうから留守中に届きそうだね。
留之助一行は日曜日の午後4時、メルローズのオブジェモチャ屋BarracudaのBuff Festに参加するよ。
ウチで扱うカラー版3インチ・バフ・モンスターの300個限定GID(グロウ・インザ・ダーク)つまり夜光版と、200個限定10インチ真っ黒版が販売されるから。
おそらくここで売られるのは半分くらい、あとの半分はUUPに回されそうだね、どちらにしても善は急げなんで。
下の写真は当店取り扱いのバフ・モンスター。
29日までLA & SDCC出張のためお店をお休みします。_a0077842_17312759.jpg

タグ:
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-21 17:33 | 留之助商店計画
こちら、ロシア発・世界最新ロボットモチャ、入荷。
6月27日既報のロシアのモーショングラフィック・デザイナーMaxim Zhestkov作、それぞれ500個限定生産のQUADRICS(クアドリクス)シリーズの001と002が入荷した。
写真はモノクロに見えるけど、れっきとしたカラー画像、中身も外もモノトーンな作りなんだよ。
8インチ・ダニーを知ってる人なら話は早い、モチャもボックスもほとんど同サイズ。
月末までお店を留守にするんで発送は8月のアタマになるけれど、メールでのお問い合わせはいつでもオーライです。
こちら、ロシア発・世界最新ロボットモチャ、入荷。_a0077842_16412221.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-20 16:54
GAMA-GOのSDCC限定アートプリントは、
留之助で鋭意発売中のGAMA-GO作品集Limited Edition/Art and Design of GAMA-GOの表紙をそのまま拡大したポスターで100部限定。
ただし25日水曜日夜のプレビューナイトから発売するらしくって、手に入らないかもね。
留之助一行はその夜、LAで別の用事してますから。
運良く買えたら、それを持ってガマゴメンバーのティム・ビスカップたちを探し出し、サインを入れてもらわなきゃね、店長の担当。
GAMA-GOのSDCC限定アートプリントは、_a0077842_11125995.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-20 11:16 | ロウブロウアート