「アジア初・世界最新 恐竜大陸」開会式に行ってきましたよ。
「アジア初・世界最新 恐竜大陸」開会式に行ってきましたよ。_a0077842_692724.jpg

左は恐竜大陸のマスコットキャラのダイナソーエモン、
あとのふたりは名古屋港開港100周年記念キャラ、名前は忘れた。


まったく別の話題から入る。
1986年だったか、87年か、デイヴィッド・クローネンバーグの映画『ザ・フライ』のプロモーションで、かのグロテスクな蝿男をデザインした特殊メイクアップ・アーティストのクリス・ウェイラスが来日したときのこと。
彼との親交をよく知る映画の配給元、20世紀フォックスの当時の宣伝部長が夕食会をセットアップしてくれた。
クリスは離婚直後でエクスワイフ(元妻)とも店主は友だちだったから、言い訳じみた話をけっこう聞かされたっけ。
やっと映画の話題になり、しばらくして感想を求められたんで赤ワインの酔いも手伝い、つい評論家気取りで批判じみた言葉を口にすると。
「君も、一度、映画を作ってみたら?」と返され、とてもシラケた会食の幕切れを迎えたのだった。
その数年後、ある映画作りに参加したとき、はじめてクリスの言葉の意味を理解した。
何事にも“都合”というものがあり、とくに予算と製作日数があらかじめ決められていて、大勢の人間がそれに関与する場合など、妥協と泣き寝入りは日常茶飯事となるのだ。
以来、店主は、誰かの創作について語る際、時と場所に配慮するようになった。
以来、店主は、いかなる創作活動も共同作業でさえ、完全にコントロールできないことには手を染めないと固く決意したのだった。
(分かるよね、何を言わんとしてるかは)
「アジア初・世界最新 恐竜大陸」開会式に行ってきましたよ。_a0077842_7413681.jpg
恐竜大陸は3つのエリアで構成されている。
1番目は中部地区最大規模といわれる物量の骨格化石の展示。
2番目は株式会社ココロ製のロボット恐竜の展示。
3番目はプレイゾーンで、恐竜にちなんだゲームやフワフワやショップやフードコートがあり、店主が2ヵ月で用意したレトロ恐竜もこのエリアに棲んでいる。

骨格化石の展示は驚嘆に値する。
抑制の利いた照明もうまい。
意図したのかは知らないけれど、壁面に拡大・投影された骨格の影が、異空間な雰囲気を醸し出している。
次のココロの恐竜、写真撮るの忘れた。
で、ここまではアカデミックな内容といえるだろうね、それに対してレトロ恐竜がいるあたりはウルトラ怪獣も飾られたりで、とくにお気楽、こういうのをバカデミックという。
(別にジギャグっちゃいません)
「アジア初・世界最新 恐竜大陸」開会式に行ってきましたよ。_a0077842_9114024.jpg
フードコートのフランクフルトや焼きそばの匂いがアカデミックな展示エリアに流れ込まなければいいけれど、なんて余計な心配しながら、帰りはショップで恐竜王国ブランドのこしあんの饅頭と草餅をおみやげに買いました。
店主、何かにつけて意表を突く展開は好きだけれど、隅っこの奥まった場所にクイックマッサージのコーナーが併設されてたのには度肝を抜かれたのだった。
まずは関係者のみなさま、お疲れさまでした。
心より成功を祈念いたしまして、リポートとさせていただきます。
「アジア初・世界最新 恐竜大陸」開会式に行ってきましたよ。_a0077842_9341997.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-20 09:48 | ムカシモチャ
忘れてました、MINDstyleもうひとつSDCC限定。
留之助にもうじき入荷するMINDstyleのあれ、バフ・モンスターのフィギュア・シリーズ1にSDCC限定バリアントがあること忘れてました。
これ、絶対欲しい。
忘れてました、MINDstyleもうひとつSDCC限定。_a0077842_9351414.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-19 09:42
SDCC限定MINDstyleモチャ。
好評マニアッ君のメーカーさんMINDstyle(マインドスタイル)のSDCCスペシャルをご紹介。
SDCC限定MINDstyleモチャ。_a0077842_8435225.jpg

Kathie Olivas(キャシー・オリヴァス)といえば、魔女の残酷な呪いをかけられたようなヌメっぽい色合いと異形のキャラが特徴だね。
不気味が魅力の画家にして彫刻家の彼女の記念すべき最初のオブジェモチャはBenny and Red Bird(ベニーと赤い鳥)、そのモノクロ版が200セットだけ売り出される。
モノクロだと呪われた雰囲気がやわらいで、ちょうどいいぐらい?
予定では秋ごろにカラーのレギュラー版が300~500セット出るらしい。

SDCC限定MINDstyleモチャ。_a0077842_8441941.jpg

“細菌”という名のLAベースのロウブロウ・アーティストGerms(ジャームス)の、こちらもまた処女作オブジェモチャのConehead(コーンヘッド)。
星条旗の赤と白のストライプな頭に虫の足のような触角つけて、ロボットなのか、ロケットなのか、はたまたロボットロケットなのか、とにかくジャームスのハンドペインティングな絵のタッチをソフビの上にみごと再現した傑作だね、これは。
限定数未確認。
SDCC限定MINDstyleモチャ。_a0077842_8445340.jpg

右上の写真は今年5月7日に発表された画家Brandt Peters(ブランズ・ピータース)創作のキャラクター、Slap Happy(スラップ・ハッピー)のプロトタイプ。
骨をくわえてるような不思議なスカルヘッドが面白い。
で、左がSDCC限定のモノクロ版で100セットしか出ないっていうし、ほんと買えるのかな、ほかにも寄らなきゃなんないブースがたくさんあるんだよ。
SDCC限定MINDstyleモチャ。_a0077842_8483037.jpg

ファンタシー・イラストレーターBrom(ブロム)が彼のイラスト・ノヴェルPluckerに登場させたキャラを彫刻家LGIが立体化したのが右上の4人衆。
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』的で、さらにグロ怖くて、ぜったい動くところを見たくなる。
SDCCではこの4キャラ中、右後ろのノッポと最前列のチビの2体セットが変形ボックス入りで売られるけれど、限定数は未確認。
そーいえば今度のMINDstyle製品って、ジャームスのコーンヘッド以外はどれも2個入りボックスセットだね。
コーンヘッドが落語だとすれば、あとの3つは漫才ってところでしょうか、店主、落語が大好きです。
タグ:
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-19 09:19 | MINDstyle 新製品情報
SDCC限定、オレンジ・ネイド。
SDCC限定、オレンジ・ネイド。_a0077842_141443.jpg
JAMUNGO(ジャムンゴ)のSDCCスペシャルは50個限定の9インチ手投げ弾のネイド君オレンジ版。
2月のNYCCで売られた50個限定3インチのオレンジ・ネイドがeBayで100ドル以上で売買されてるのをみれば、今度の9インチの100ドルはそんなに高くないかも。
これも留之助の仕入れリストに入れました。
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-19 01:50
なにかとやっかいなMIMでしたが。
届いた品物に問題があったり、オーダーを変更しようと思ってメールしても、部門をたらい回しにされたりで、なぜかスムーズにいかないMIM(MONSTERS IN MOTION)だったけれど、最近、日本人スタッフが入社して電話やメール(ローマ字)での問い合わせに日本語で応えてくれるようになった。
担当者の名前はIsamu Sonoyamaさん、太平洋標準時の午前10時〜午後2時のあいだなら確実に電話(714-577-8863)に出られるということで、もう安心だね。
モンスターインモーションワ、コノサキニホントノコウリュウヲフカメテイキタイトオモッテマス、ドウゾヨロシクオネガイシマス。
ということで、さっそく詳細を聞いてみようと思う原寸大プロップレプリカが登場した、買う気はないよ、単なる好奇心から。
なにかとやっかいなMIMでしたが。_a0077842_1013869.jpg
1982年の映画狼男アメリカンの狼男最終型、5500ドル。
サイズは前脚の先から後脚の先まで8フィート、およそ2メートル40センチもあるから、飾るといっても一部屋いる。
ポリウレタン・フォームが注入されたラテックスの皮膚に映画と同じ野牛ヤクの本物の体毛が植えられ、硬質レジンキャストのキバとガラスの目玉付き。
店主、そのむかしリック・ベイカーの工房で本物見てるから、このレプリカの精巧さには恐れ入った次第。
もう25年もまえのことだからハッキリいきさつ思い出せないけれど、まだボーヤだった店主は狼男アメリカンのジョン・ランディス監督から、彼のユニヴァーサル・スタジオにあったバンガロー風のオフィスで、はじめてリックを紹介された。
おそらくランディス監督ともその日がはじめてだったように思うけれど、どーだか。
ふたりは狼男アメリカンをイギリスで撮影・完成させて、ゆっくりバケーションを満喫したあとハリウッドに帰り、仕事に復帰したところだった。
大アマゾンの半魚人のリメイクを準備中で、“狼”の次の“魚”の怪物映画の構想についていろいろ聞かされたのだった。
プロデューサーをジョンが担当、もちろんリックが新解釈の半魚人をデザインし、なんとオリジナルのジャック・アーノルドが監督するという。
すでにリックの工房では半魚人のプロトタイプの製作が開始されていたけれど、残念ながら企画は空中分解してしまったのだった。
なにかとやっかいなMIMでしたが。_a0077842_115875.jpg
それにしてもMIMが販売する狼男の画像を見ていると、バルーンテクニックで膨らむ特殊メイクや、メカを忍ばせて変形させるダミなどの作り物に、ロウテクな時代の変身って、やっぱ“味”があったなぁと思うわけ。
けっこう好きな映画アンダーワールドのデジタル生成の人狼たちに文句のつけようはないけれど、だからそれっきり、うまくやってるね、で終わっちゃう。
それに引きかえむかしのは、皮肉のひとつも言ってやりたくなるような弱点やら、手仕事ゆえの不完全さに満ちていた。
言いかえれば、誰が作ったんだろうと思わせる作家性のようなもの、人の味と書いて人間味というけれど、そんなアナログな匂いが怪物からにじみ出ていたものなのだ。
映画のデジタルな怪物に夢中になれなくなった老齢の店主が、新生オブジェモチャに惹かれるのは、単に新しモノ好きという性格からじゃない、むしろ懐かしいモノづくりの精神を変なカタチや色のビニールやプラスチック製品に感じるから。
人それぞれっていうことさ。

ところでMIMのIsamu Sonoyamaさんにぜひ聞こうと思ってるのは、あの凄い狼男を製作するのにリック・ベイカーが監修とか、協力したのかってこと。
もしそうで、少数限定版で、リックの直筆サインとナンバーリング入りだったりしたら、とりあえず倉庫で保管はできるぞって思ってみたりして。
やっぱ電話するのやめようか、知らぬが仏とか、君子危うきに近寄らずっていうし。
タグ:
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-18 13:20 | プロップ
コジックさんのSDCCスペシャル・トレキシ。
Kozik TREXIのアナーキー版がSDCCに登場だね。
ミニなのか、10インチなのか、UUPが開催される7月27日午後2時までは秘密なんだって。
10インチだったら、まぁるい頭の中にはどんなのが入っているのか楽しみだ。
留之助、10インチなら絶対持ち帰ります。
コジックさんのSDCCスペシャル・トレキシ。_a0077842_8291032.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-18 08:31
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。
ざっと紹介しておくね、どこまで手に入るか分からないけれど留之助が狙うSDCC限定KACHING BRANDS(カーチンブランド)モチャ5種。
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。_a0077842_21294446.jpg

ダム・ダミーやシームとダムでお馴染のToby HK(トビーHK)の新作、Holy MD(左)。
左耳が千切れてるところが貫録の縦横12インチ(約30センチ)もある巨大ボクサー君だ。
足元の感じが見えないのが興味をそそります、きっと意表を突く造型なんだろうな。
右はIncredible MDといってクリスマスシーズンに発売予定のバリアント。
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。_a0077842_21583282.jpg
アーティスト姉妹のCJ Metzger(CJ・メッツガー/左の女性)とMiss Mindy(ミス・ミンディ/右の女性)が、そろってオブジェモチャを発表する。
ふたりの絵はまったく異なる作風だけれど、大人の絵本のようなクラシカルな少女趣味は共通のテーマ? 
ちがいの分かる女性オブジェモチャ・ファンのために、店主、必ず持ち帰ります。
で、上のお人形はミス・ミンディのDink(ディンク)。
下がCJのMischievous Maeve(ミスチヴェス=いたずらなマーヴ)で、左がSDCC限定、右がクリスマスシーズンに発売されるカラー版。
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。_a0077842_23315540.jpg
さて、上が姉妹なら、下はおしどり夫婦Colorblok(カラーブロク/妻)とMatias Vigliano(マティアス・ヴィジリアーノ/夫)の作品。
カラーブロクといえばテレビヘッド・シリーズで一足先にオブジェモチャ作家としてデビューしてたよね、左下が彼女の新作のMONOで12インチ+アンテナの大物だ。
一方、ご主人マティアスはこれがはじめてのオブジェモチャ、右下の作品Sentry(セントリー=歩哨)12インチを発表する。
それぞれまったくちがうストーリーから生まれたキャラクターなんだけれど、そこはやっぱり相思相愛なふたりの作品、ならべて飾りたくなってしまいます。
SDCC限定KACHING BRANDSモチャ。_a0077842_23322953.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-17 23:44
留之助商店、SDCCのUUPに協賛します。
カリフォルニア州最南端の街サンディエゴで来週はじまる夏恒例のビッグイベント、サンディエゴ・コミック・コンベンション、略してSDCC。
と同時開催のアーティスト多数参加によるオブジェモチャ専門の展示即売会UUP(アーバン・アンダーグラウンド・プロジェクト)については何度か紹介たよね。
で、留之助、そのUUPのスポンサーになりました。
同業のショップではNYのTOY TOKYOやシカゴのrotofugi、ディーラー&メーカーではSUPER 7KACHING BRANDSが名を連ねてる。
ま、本場の皆さんと親睦を深めてきますわ。
ついでにスポンサー特権でアーティストと慣れなれしくしたり、もちろんレアもの仕入れたり、特注入れたり、ご期待にそえるようがんばります。
留之助商店、SDCCのUUPに協賛します。_a0077842_1048313.jpg
UUP参加アーティストの顔ぶれ。
Christopher Lee Andrew Bell Buff Monster Toby HK Colorblok Germs Brom Matias of Doma その他。
タグ:
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-17 11:02
古き友より冊子小包。
損得抜きで、単に「大好き」という理由からひとつの事柄に拘(こだわ)り、他の娯楽費や遊興費や、あるときは食費さえ切り詰めて大好きに関するモノや情報を収集し、独自の見地(独断と偏見ともいう)で追求・研究・分析したり、ウンチクする。
じつに個人的な拘りにも関わらず、あまりに度を過ぎたその様子にシンパを呼び、いつの間にかカルトな存在へと変貌する“超”オタクな人々。
そんな人たちとの交流を、いまはなきオモチャ雑誌COOL TOYSに連載したっけ。
たとえばつい最近、7月8日の記事で紹介したブレランのに〜ぜきさんがそのひとりなら、奈良の開業医の松岡秀治さんもカルトな友人のひとり、件の連載に登場したのだった。
古き友より冊子小包。_a0077842_714790.jpg

↑はCOOL TOYS 1999年3月31日発売号のページです。


かつてゴールデンタイムに幅を利かせていた海外TVドラマが、新作・傑作の如何を問わず深夜枠へと追いやられることになった1970年代、つまり松岡さんの少年から青春時代の番組は言うに及ばず、誰も聞いたことのないようなマイナーな最新作まで、恐ろしいことに、とにかくぜんぶ知りつくしている。
で、その膨大な知識をBJ PRESSという自費出版同人誌にまとめだしたのが1996年で、以来15冊、コンスタントに号を重ねてきたけれど、2002年ごろから音沙汰なし。
が、つい最近、奈良から突然の冊子小包が届き、中からBJ PRESSの最新17号が顔を出したのだ。
知ってます? アメリカのTVドラマ『スリープウォーカー』や『狼女の香り』って。
つまり相変わらずマイナーな作品に注がれる偏愛は健在で、半端な知識では言い表せない様々な考察は松岡さん“奈良では”、心底圧倒されたのだった。
こういう勉強熱心な人だもの、きっと優秀なドクターなんでしょうね。
ところで松岡さんは何科がご専門でしたっけ、いまでも『ER』のロス先生のおつもりなんですか?、それとも『ロスト』のジャック?
古き友より冊子小包。_a0077842_724231.jpg

BJ PRESSは最新号とバックナンバーの一部が購入可能。
問い合わせ先は、KFE00345@nifty.ne.jp


# by tomenosuke_2006 | 2007-07-16 23:45 | TV・映画・ビデオ
kaNOのマネーグリップの予約受付開始です。
ぼくのオモチャが日本で売られるなんて、すごくうれしいよ。
ぼくの義兄とその家族は長崎の近くの諌早(いさはや)に住んでるんだ。

今月はじめ、ブログでkaNOの仕事ぶりや新作オブジェモチャのマネーグリップを紹介するのに、どーしても彼のサイトにある絵を1、2点引用したくってコンタクトをとると、ベリーグッドなレスが返ってきた。
ついでに日本に親戚がいることも教えてくれた。
kaNO・・・つまり元をたどると日本の加納さんなのだった。
日系3世か、4世か、とにかくほとんど日本語が話せないジャパニーズ・アメリカン。
1980〜90年代をNYゲットーで過ごした少年時代の体験が、作品に影響していると語る。
kaNOの軽快なタッチと色使い、それは楽しく夢のある少年時代だったんだろうね。
はい、そういうkaNOのマネーグリップが今週入荷、ただいまよりオマケ付き予約受付を開始します。
kaNOのマネーグリップの予約受付開始です。_a0077842_1614170.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-15 16:23