メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。
発泡スチロール使って彫刻した恐竜たちに2液混合のウレタン樹脂を吹きつけて固めてしまう、便利な世の中になりましたよ。
むかし(1990年頃)店主が造型チーム組織して、あるイベント用にいろんな変なヤツ作ったときは、まず粘土彫刻して→シリコンで型(モールド)をとり→グラスファイバーとレジンで固めて抜いて(キャスティング)→ヤスリやサンドペーパーで磨き→色塗って仕上げたものだけど、いまじゃいちばん面倒くさいモールディングとキャスティングと磨きがいらない。
当時のハリウッドの造型関係者の言葉を借りればシットジョブ、つまりクソみたいな仕事が省略されちゃって、時間も短縮できる。
ただこのウレタン樹脂を吹きつける造型仕事の問題点は、厚めの被膜でおおわれて彫刻の細かなディテールが飛んじゃうこと。
けど、うちのレトロ恐竜たちはそれが狙い、精密ではなくて大ざっぱ、繊細じゃなくって大味が目的だから、渡りに船ってやつだね。
ウレタン樹脂が乾くのが明日の朝ごろ、とっても大味なだけにかえって難しい仕上げの塗装に入る。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。_a0077842_2354531.jpg
開催が7月20日に迫った名古屋の夏のイベント恐竜大陸
の子どものプレイゾーンを飾るのは4匹のレトロ恐竜だけじゃないよ、『レトロ恐竜って何?』的な軽い展示もある。
留之助商店で売ってるレトロ恐竜モチャをはじめ、店主秘蔵の写真やポスターなんかも利用する予定、たとえばこんなのも。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。_a0077842_015996.jpg

上は1934年のシカゴ万博の絵葉書。
シンクレア社によるブロントサウルスの原寸大模型の展示風景。
1964年のニューヨーク万博より30年もまえから
シンクレア社は恐竜にこだわっていたのだ。
その下はシカゴ万博で売られたシンクレア恐竜ブック。

メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。_a0077842_036143.jpg

これもぜんぶ絵葉書、時代は1950〜1960年代。
右の2点はカリフォルニアのハイウェイ沿いに住んでいたブロント(上)とチラノ(下)。
左の2点はサウスダコタ州ラピッドシティにあった恐竜公園の風景。
恐竜見てほのぼのとした気持ちになる、レトロならではでしょう。


前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その7”はこちら
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-10 00:51 | ムカシモチャ
U.N.C.L.E. CARBINE MANUAL vol.1
じつは先週末、アンクルガン・ドット・コムからアンクルカービン用アクセサリーキットが到着してたんだよ。
丸3日、イジってばかりいた。
ブラッド・ファーガソン氏からは早くブログで紹介しろってツツかれるし、でもまだイジり足りない。
インプレッションっていうか、本物アンクルカービン自慢はいましばらくのお待ちを。
で、そのブラッドからは、せめてマニュアルだけでも翻訳して日本のファンに見せてあげてほしいっていわれたんで、全9ページ中、前半の4ページをここに掲載させてもらう。
後半にいくにしたがい徐々に盛り上がるよ、お楽しみに。
U.N.C.L.E. CARBINE MANUAL  vol.1_a0077842_9175630.jpg
U.N.C.L.E. CARBINE MANUAL  vol.1_a0077842_9211088.jpg
U.N.C.L.E. CARBINE MANUAL  vol.1_a0077842_9211998.jpg
U.N.C.L.E. CARBINE MANUAL  vol.1_a0077842_10492072.jpg


U.N.C.L.E. CARBINE MANUAL vol.2
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-09 09:25 | プロップ
盛況御礼。
おかげさまで盛況のうちに七夕セールが無事終了しました。
たくさんお買い上げいただきまして、ありがとうございます。
この売上げ握りしめSDCCへ行ってきます。
ところでこのセール期間中、台北では恒例の国際玩具創作大展、通称TTF(Taipei Toy Festival )が開催されていて、留之助好みのオブジェモチャではSTRANGEcoの新製品が紹介されたみたいだね。
盛況御礼。_a0077842_1385156.jpg
まずはボブ・ダブ作、ルイのレギュラーカラー版。
ハデな赤鬼風でSDCC版よりボブ・ダブの絵により近いかな。
ハデといえばSeenDeltaがリペイントしたMars-1のObserverシリーズがいい、今年の秋のリリースだって。
Mars-1って、どちらかっていうと機械油風のブラシをきかせたリアルな仕上げが特徴だったように思うけど、ゲスト・アーティストのシーンとデルタはふたりともキレイ&クリーンなところを突いてきてるよね。
Kaching Brandsの純白QUADRICS(クアドリクス)もしかりで、今年出るSF系オブジェモチャのこれがトレンドかも。
こっそりお教えしちゃいますが、例のクアドリクスの001と002、少量だけど確保したからね。
盛況御礼。_a0077842_154728.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-09 01:55 | 留之助商店計画
ブレランのに〜ぜきさんのブログ。
ブレードランナーがなかったら、私の人生は
もっと無味乾燥で、味気なくて、退屈だったことでしょう。
今年は25周年。
25周年DVDだの、ファイナルカットだのゾクゾクする話題が
いっぱいです。
ではでは、四半世紀をブレランに捧げてきたオッサンの
ナンギな日常をつづるブログ、今日から始めます。
どうぞご贔屓に。
Have a better one!

ということで“ブレランのに〜ぜき”さんのブログALL THAT BLADE RUNNERがはじまったね、すっごく楽しみにしてるから、みなさんも遊びによってくださいね。
思えば、東北地方にブレランのとっても濃いマニアで関連グッズのコレクターしている男子が約1名、秘かに棲息していることを聞きつけて、当時、店主がちょっと関係していた(いまじゃ幻の)オモチャ雑誌COOL TOYSに引っ張り出したのが1998年、かれこれ10年になるんだね。
そのとき“ブレランのニーゼキ”と命名、最近になって“ブレランのに〜ぜき”を名乗るようになったみたい、とにかくずっと公私ともにいいお付き合いさせてもらってる。
店主との共通のキーワードは“ブレラン”と、最近では“病弱”も加わって、ますますシンパシーを感じる間柄なのだ。
に〜ぜきさん、楽しいお話ついでに、ブレランのお宝も拝ませてちょうだいね。
ブレランのに〜ぜきさんのブログ。_a0077842_17104538.jpg

↑は、に〜ぜきさんに頼んでスピナーをウンチクしてもらった
COOL TOYS 1999年1月30日発売号のページです。


# by tomenosuke_2006 | 2007-07-08 17:54 | TV・映画・ビデオ
ボブ・ダブ特報。
あー、昨夜はしんどかった。
七夕セールの準備を予定より1時間繰り上げてみたものの、プライス書き換えるオブジェモチャがけっこうあって、単純作業強いられて、終わったのは午前3時ときた。
飽き性で移り気で集中力散漫な店主には辛過ぎる一夜だったよ。
つい店主の性格を口にしちゃったけれど、さらにもうひとつ“八方美人”っていうのも付け加えておかないと本当じゃないね。
だれに対しても如才なくふるまう人っていえば聞こえはいいが、あっちのメーカーやディラー、こっちのアーティストやギャラリーに口八丁手八丁で取り入っては、レアな品物回してもらったり、彼らの作品をこのブログに掲載する許可取り付けたり。
こういうのは飽き性・移り気・新しモノ好きの店主にはもってこいの仕事っていうか趣味みたいなもの、最近はBob Dob(ボブ・ダブ)と楽しくやっている。
彼のことは6月21日の記事で紹介済みだから、詳しくはそっちを見て。
ボブ・ダブ特報。_a0077842_23245248.jpg
んで、SDCCでデビューするボブ・ダブ最初のオブジェモチャ、とっちゃん坊やな悪魔のLuey(ルイ)に色が着いた。
このモノトーン版はSDCC限定、このあとカラー版がSTRANGEcoからリリースされる予定だからお楽しみに。
ついでといってはなんだけど、ボブ・ダブが送ってくれたGelaSkinsをiPod Nanoに貼ってみたんで見てちょうだい。
ボブ・ダブ特報。_a0077842_2343429.jpg
GelaSkinsは日本にも代理店があるみたいだから、簡単に買えそうだね。
盛りだくさんなラインナップで、圧倒的にロウブロウ・アーティスト作品が多いのが気に入った。
ボブ・ダブのこれが6月度人気モデルランキングの1位になってるよ、きっとアメリカのデータだと思うけど。
で、そろそろ本題に入るとするか。
じつはボブ・ダブの画集を1冊買って、じっくり見たら、これが面白いんだよ。
彼の絵っていうのは隅の隅まで、ちらっと覗く背景の微細な部分まで、タッチが均一かつ正確でじっくり描き込んであり、眺めるだけじゃなくって観察するのが楽しい作品なんだよね。
こういうのは店主だけでひとり占めしてちゃいけないでしょ、ボブ・ダブに頼んで販売用にちょっとだけ回してもらうことにしたから。
ボブ・ダブ特報。_a0077842_03253100.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-07 23:51
いまなら選べるシイタケ。
店主のブログ1周年記念、SHIITAKES SIGHTINGS CONTEST(シイタケ発見コンテスト)エントリー用シイタケ・プレゼントだけど、ポチポチ、お申し込みありがとう。
いまなら5つあるうちのお好きなシイタケが選べるかも、こちらをチェックしてメールくださいね。

んじゃ、恒例のシイタケご紹介シリーズその2、ムーシュ君。
いまなら選べるシイタケ。_a0077842_10112485.jpg
「あなたはムーシュがリスをスパイしたり、森の平和を乱すヤツらにマヌケなワナを仕掛けたりするのを見るでしょう。彼は日陰を楽しみ、雪が積もった冬のあいだじゅうまどろむのです」
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-06 10:13 | 留之助商店計画
飛騨地方では七夕の大売り出しを棚ぼたセールといいます。
来たる7月7日午前0時から7月8日午後23時59分まで、きっかり48時間だけ、留之助商店創業以来はじめてのバーゲンセールを開催します。
時間になったら入荷新着情報をみてくださいね。
左側のカテゴリ欄の上から2行目にSALEのリンクを臨時追加、それをクリックするとお買い得オブジェモチャが一覧できます。
乞うご期待!

飛騨地方では七夕の大売り出しを棚ぼたセールといいます。_a0077842_19332772.jpg

タグ:
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-05 19:29 | 留之助商店計画
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その7。
床に固定用のステーも取り付けられてレトロ恐竜の彫刻完成です。
ハドロサウルスの指先がちょっと危険っぽいんで、ディフォルメ修正をレプリカさんにお願いしました。
こうやって全員集合すると壮観だね。
このモッテリとしたプロポーションとノンキなポーズ、かえって新鮮でしょ?
週末、2液混合ウレタン樹脂を吹きつけてカラーリング作業がはじまります。
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その7。_a0077842_21394921.jpg
前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その6”はこちら
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-05 00:09 | ムカシモチャ
店主のブログ1周年記念プレゼントにシイタケはいかが?
きょう7月4日はアメリカの独立記念日、だからオリバー・ストーン監督・トム・クルーズ主演の『7月4日に生まれて』を観て“チェッ”って舌打ちしてからもう18年もたつんだ、なんてこと思い出したりもするんだけれど、そんなことより、このブログのきょうが1周年なんだと店長から教えられた次第。
んじゃ、何かセレブレーションしないとね、ということになり、決めました。
エリック・スケアクローのシイタケ(3つ下の記事)を、希望者5人に1個ずつ差し上げます。
「シイタケ希望」と書いてこちらまでメールください。
ただし条件がひとつ、SHIITAKES SIGHTINGS CONTEST(シイタケ発見コンテスト)に応募すること、そこんとこよろしくね。
店主のブログ1周年記念プレゼントにシイタケはいかが?_a0077842_9212989.jpg
シイタケ1号、エスケープ君をご紹介。

「エスケープは空想にふけることが大好きなシイタケ。頭の両側に付いてるのが耳じゃなくって、本当は翼なんだと悟るまで、ただただ事務仕事をこなすだけの毎日でした。が、いまでは一つ目で見えるすべてのものを楽しむべく、世界を旅するシイタケになったのでした」
# by tomenosuke_2006 | 2007-07-04 20:43 | 留之助商店計画
プラスチックゴッドが来た。
ニンギョー・プロジェクトbyプラスチックゴッドが、やっと来た。
メーカーのスーパーラッドトイズの言葉をかりれば、現在最高水準の立体絵付け技術によるもっとも複雑で華麗なゴショニンギョーである、からしてやや値段が高くなった。
店主、同感且つ納得。
ま、じっくり見てちょうだい。
プラスチックゴッドが来た。_a0077842_2002388.jpg

パッケージもこれまた念入りなんで見てちょうだい。
プラスチックゴッドが来た。_a0077842_2004588.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2007-07-04 20:03