タグ:カリ ( 3 ) タグの人気記事
本日は、やっと入荷の、あのカリを発売します。
Tim Biskup(ティム・ビスカップ)のCalliのエラー版とリコール版の2個セットです。
詳しくは5月14日のポストを参照願います→http://tenshu53.exblog.jp/10616861/
が、リクエストどおりの数だけ回してはもらえませんでした、つまり入荷数極僅少ということ。
奇跡のデッドストックなのに、プレミア価格じゃなくてフツーに4年前の発売時の価格でのご提供です。
店主的には最近のカイジューに走るティムのソフビモチャより、このころのカリとか一つ目ヘルパーの方が好きだなぁ。
本日は、やっと入荷の、あのカリを発売します。_a0077842_15571156.jpg

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/12858300/
by tomenosuke_2006 | 2010-06-25 16:14 | 商店入荷新着情報
ティム・ビスカップのカリが4年の沈黙を破って登場。
もし、グリーンのソフビ素体に金色の横縞を塗装する場合、その塗料は下地を完全に見えなくする隠ぺい力の高いものでなければならない。
けれど、我らがTim Biskup(ティム・ビスカップ)が、2006年にバルセロナで開催された彼の個展『アメリカン・サイクロプス』の会場限定トイとして中国のメーカーに作らせた扁平頭のカリは、塗料の選択をまちがえたまま製品化され、バルセロナに納品されてしまった。
金色というよりは、素体のグリーンが透けて見える褐色の縞模様、それはそれで、こーゆーものだと思えば気にもならないけれど、Green & Gold versionと銘打ち発売されたために購入者からクレームが殺到したのだ。
そこで、ティムがとった対応策というのがカッコよかった。
エラー版の購入者はそれをティムのアトリエ・メーカーFlopdoodle Incへ送ると、別の工場に作らせた代替え品のGreen & Silver versionだけでなく、エラー版のGreen & Gold versionもいっしょに送り返してもらえたのだ。
ただしエラー版が再送されるのを防ぐため、足の裏にドリルで目印の穴が開けられ返却された。
で、eBayでは穴なしのエラー版がひとつでふたつになるという理由から、とんでもない高値で落札されたりしたのだった。
とまぁ、前振りが長くなってしまったけれど、ようは、当時作られたオリジナル・エラー版と代替え版のデッドストックが、4年の歳月を経て市場に登場することになり、近く留之助にも入荷するという耳寄りなお知らせ。
ちなみにエラー版の交換サービスはとっくに終了していますので、変な気は起こさないように。
ティム・ビスカップのカリが4年の沈黙を破って登場。_a0077842_236837.jpg
Tim Biskup's Alphabeast: Calli
by tomenosuke_2006 | 2010-05-14 23:11
こちらはティム・ビスカップ、奇跡の出土品。
こちらはティム・ビスカップ、奇跡の出土品。_a0077842_1058349.jpg
こんな人は日本に何人もいるとは思えないけれど、ティム・ビスカップの絶版トイを探し求めてeBayや留之助商店のサイトをこまめにチェックしたり、または高過ぎてあきらめちゃってた人には朗報だね。
2006年の幻の名作3種(内ひとつは2個セット)を、ほんの少しだけど定価でお届けできることに、ティムの倉庫でデッドストックが発見されて、それを送ってもらえることになったんだよ。
いままでウチで94,500円なんていう、とんでもない値段でなきゃ“元”も引けないプレミア価格で仕入れたRED CALLIも、5分の1ぐらいだから。
2006年にティムの個展がバルセロナで開催されたとき、その会場だけで売られたのがレッド・コーリィ。
店主、2年まえにエライ目して手に入れたものです。
で、当時、懐具合と照らし合わせ泣く泣く買うのをあきらめたのが同じバルセロナの会場で売られた限定版のキューイー。
DKNYベアのバリアントでレッド・コーリィと同じ燃えるようなレッドが目印、これまた2年まえのバルセロナ会場価格で提供できちゃう。
さらにティムの最高傑作キューイー、スキンもパッケージデザインも隅々までアートしている2006年はじめに出たARMAGEDDON BOX、ベアとキャットの2個セットも。
近日、入荷新着情報に昔の値段で出てきますから。
こちらはティム・ビスカップ、奇跡の出土品。_a0077842_1124381.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-01-25 23:59