タグ:サーブ・オー・マチック ( 10 ) タグの人気記事
過労で倒れても、お父さんは知らないよ。
a0077842_1474542.jpg
比嘉Bros.によるおよそ1分間の留之助商店開店3周年記念CMの突貫撮影が、沖縄で進行中だ。
ついいましがた届いた製作状況の報告メールに撮影風景の画像が添えられていたのだけれど、見ながら、いろんなこと感じてしまったよ。
1980年代にモデルアニメーターのデイヴ・アレンのスタジオを訪ね、アニメーション・モデルやヘッド・ゲージが置かれた撮影台を眺めて胸躍らせた青春時代。
いっしょにテリヤキを食べに出かけたり、レイ・ハリーハウゼンに会わせてもらったり、長年世話になった我が友デイヴだというのに、店主が帰国後は不義理を重ね、癌を患いながらもモデルアニメの夢を追い続けた彼の晩年に会うことも叶わず、悔やんでも悔やみ切れない思いでいた。
そんな店主をデイヴの最後の弟子の比嘉Bros.が訪ねて来たのが去年の夏で、その時、オブジェモチャを使ったショートアニメを作ってもらう約束をしたのだった。
いま、突然、思ったのだけれど、こんなクレジットを最後に付け足してもらおう。
Dedicated to the memory of David Allen.
a0077842_18185916.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-09-20 02:29 | 留之助商店計画
開店3周年記念CM。
今月末で開店3周年を迎える留之助商店ですが、留ブラAPはもとより、アンクルガン・ファンに捧げる新企画とか、kaNOToyQubeと留之助のコラボによる当店初の限定ソフビ・フィギュアや、お馴染みErick Scarecrowの留之助スペシャル・レジン・フィギュアの発売など、お楽しみがいっぱいなんですよ。
さらにさらに、比嘉Bros.の特別参加もあったりして。
比嘉Bros.といえば『鉄の子カナヒル』を作った沖縄在住の比嘉一哲さんと之典さんの双子の兄弟、といえば人形アニメ。
そのふたりに三男坊君の秀年さんがデジタル担当で加勢して、記念CMを製作してもらってるんです、持つべきものは才能豊かなお友だちであります。
詳しくはおいおい発表させていただくとして、まずは見てください、CMの出演者たちサーブ・オー・マチックの面々と彼らが乗るランド・モービル、もちろん乗り物は比嘉Bros.がCMのために作ってくれました。
a0077842_2126211.jpg
a0077842_21262395.jpg
Serv-O-Matics 発売中→http://tomesyoten.exblog.jp/10733854/
Tesbot TTF2009 Exclusive 発売中→http://tomesyoten.exblog.jp/11061992/
by tomenosuke_2006 | 2009-09-16 21:38 | 留之助商店計画
サーブ・オー・マチック、おかげさまで好評です。
モチャの種類からいっても奥方のKathie Olivasより少なくて、とりわけ日本ではピースメーカー 32.9が本格デビュー作となった知名度まだまだのBrandt Petersである。
そのピースメーカーの発売に合わせてブラント・ピータースをもっと知ってもらおう、盛り上げようと、店主なけなしのコレクションを放出して、彼の絶版旧作のリバイバル発売を試みたのだけれど、交通整理が必要なほどの希望者はあらわれなかった。
そんなこんなで、今回のServ-O-Maticsを仕入れるに当たり、メーカーのミニマムオーダーは強気の数字だし、一瞬ながら躊躇したのだった、けれど売り出してみればいい感じに受け入れられつつあるじゃないですか、ありがとうございます。
売れ行き好評記念、メーカーのMINDstyleが公開したサーブ・オーの最新画像をご紹介。
a0077842_1724484.jpg
▲ミス・コンテンツ(1/15)とスラップ・ハッピー(1/15)。
a0077842_17252686.jpg
▲お馴染みピースメーカー(2/15)。
a0077842_17262251.jpg
▲ボブ・E(2/15)。
a0077842_1727785.jpg
▲集合写真。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-31 17:37 | MINDstyle 新製品情報
ミニというには大ぶりなサーブ・オー・マチックの登場だ!
勝手に“高下駄”と呼ばせてもらってます、遂に出たBrandt PetersServ-O-Maticsの面々が乗っかる奇っ怪な銀爪の歩行機械が、けっこうな高さを稼いでるんで、ミニフィギュアと呼ぶにはやや大ぶりな、値段の割りにはお値打ち感の強い仕上がりに、待ったかいがあったと大いに納得したのだった。
a0077842_143873.jpg
横に3個x縦に5個の細長い15個入りディスプレーケース。
ピースメーカー 32.9の外箱のように擦り切れた風合いの表面処理はブラント・ピータース・モチャのトレードマークと言ってよいだろう。
a0077842_14404538.jpg
ピータース夫人Kathie Olivasスカベンジャーズとの小箱比較。
サーブ・オー・マチックもスカベン同様、手の込んだのり巻き風展開箱仕立てだが、下駄の分、ノッポである。
a0077842_1542871.jpg
相思相愛アーティスト夫妻のミニフィギュア比較。
左からキャシーの3インチ・ダニーとスカベン、右端が混入率2/15のミニ・ピースメーカー、いいサイズだと思う。
で、15個入りケースひとつで全11種類のミニフィギュア中10個までが確実にそろうところはありがたい。
11個目はキャシーとのコラボ作品で1/30の混入率、2ヶ月以上まえにご覧に入れたコレクターズ・チェックリストの“?”がそれだけれど、このほど全貌が明らかになった。
下の画像がそれ、高下駄のコズミック・メイジー。
ケースとバラの他、MINDstyle創業2周年記念ミニフィギュア・セットとのバンドルも用意して発売開始です。
a0077842_7123948.jpg


More: MINDstyleのサイトで紹介された手作り風景。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-30 07:27 | 商店入荷新着情報
Serv-O-Matics by Brandt Petersの詳細。
3月はじめにポストしたピースメーカー 32.9の作者ブラント・ピータースの次なるお仕事、ブラインド・ボックス仕様のミニフィギュア・シリーズ、サーブ・オー・マチックの全体像が見えてきた。
ぜんぶで11種類、1ケース15個入り、やっかいな1/30のチェイスがひとつあり、発売は6月下旬。
バラエティに富んでいるところはブラント・ピータース夫人、キャシー・オリヴァス作のスカベンジャーズ・シリーズを凌ぐ。
で、キャシーのコラボ作品をチェイスに持ってくるところが、じつに憎いMINDstyleスタイル。
とにかく11種類のうちの、いまのところ公開可能な10種類と混入比率は下の画像をご覧ください、待ち遠しいです。
a0077842_20283758.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-10 00:14 | MINDstyle 新製品情報
懸賞付きPeacemaker 32.9、5日(日)午前0時発売。
32.9の意味を問うメールをMINDstyleのスタッフさんにしたら、作者のブラント・ピータースはピースメーカーをずいぶんまえからデザインしていて、改良を重ねるたびに数字を増やしていったんだと、つまりバージョン・ナンバー。
で、32.9は33.0のひとつまえのバージョンで、じゃ32.8や33.0がどんな顔しているかっていうと、店主、勉強不足で分からない。
とにかくブラントのモチャとしては最新作の、けど、どこから見ても古ぼけたティントイ風12インチ(30センチ)ソフビ、パッケージもヨレて見えるところは16インチ(41センチ)のビンテージ・スラップハッピーゆずりのピースメーカー、やっと発売いたします。
既報のとおりの懸賞付き販売、4月5日(日)午前0時をお見逃しなく。
a0077842_12504984.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-03 14:52 | MINDstyle 新製品情報
Peacemaker 32.9を買って、Slap Happyを当てよう!
1990年代のはじめ、LAで「キャデラックを買うとヒュンダイが付いてくる」っていうTV-CMをみて、さすがアメリカだなぁと思ったことがある。
んで、キャデラックほど気前よくはないけれど、Brandt Petersの新作ピースメーカー32.9(近日発売)を買うと、6人(6個入荷)にひとり、彼のソフビ処女作スラップ・ハッピーとミスター・マッグルスのめでたい紅白版(3D Retro Exclusive)が当たります。
a0077842_23163497.jpg
と同時に、ピースメーカーの発売をさらに心から記念して、とっくに絶版になったMINDstyle製ブラント作品全種を限定販売いたします。
どれも1〜2点ずつしかないため、まずはピーメのご購入者に優先案内させていただき、引き取り手のなかった子に限り入荷新着情報にならべます。
下の画像がスラハ(右)とミスマ(左)の紅白です。
a0077842_23171043.jpg

Slap Happy & Mr. Muggles / White & Red / 8inch & 6inch
3D Retro Exclusive
Limited to 70 pieces Worldwide



その他のブラント・ピータース作品はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-30 23:59 | MINDstyle 新製品情報
Peacemaker 32.9の発売日が決まりました。
既報のMINDstyle製Brandt PetersのPeacemaker 32.9の発売日が3月24日に決まりました。
いっそのこと3月29日にすればよかったのに。
なにぶん本体の高さが12インチ(30.5センチ)と大きいのでUPSの取り寄せ送料もけっこうしそう、当店価格はどーなることやらです。
a0077842_2354353.jpg
ところでDoktor Aの9インチ(23センチ)スティーブン・レポッドメカトリアンズ・ミニフィギュア6種セットの一員だったように、このピースメーカー32.9もServ-O-Maticというミニフィギュア・シリーズからの選抜エンラージ版なんですよ、コワイですね。
何がって、MINDstyleのこれでもかっていう新企画攻撃がですよ。
下の画像がサーブ・オー・マチックの面々、右奥からふたつ目はこれの作者ブラント・ピータースの愛妻キャシー・オリヴァスとのコラボ作品なんですが、見えますか?
a0077842_23164323.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-09 23:20 | MINDstyle 新製品情報
Peacemaker 32.9、入荷決定しました。
Brandt Petersの新作PEACEMAKER 32.9が入荷します。
MINDstyleが発表したストリート・リリース・デート(一般発売日)は3月10日(木)なんで、当店では同日の午前0時に発売の予定です。
ただし予約販売のお許しが出ればスケジュールが早まるかもしれません、その時はこちらで発表いたします。
a0077842_1874247.jpg

ブラント・ピータースのオリジナルアートをはじめ
 カスタムトイや限定アートプリントが手に入ります。
"Cackle Factory"
Brandt Peters' Debut LA Solo Show
February 3- February 27,2009
Gallery 1988


by tomenosuke_2006 | 2009-02-14 18:16 | MINDstyle 新製品情報
遅咲きの大輪、Brandt Petersです。
ロウブロウアート界のオシドリコンビ、Brandt PetersKathie Olivas、お二方とも魔界な画風を信条とし、しばしば発表するコラボ作品では両者の境界が判別不能なほど息の合ったところを見せてくれる。
製品化されたオブジェモチャの種類で計ると奥方のキャシー・オリヴァスが頭ひとつリードしている感はいがめないけれど、今年こそはブラント・ピータースの年になりそうな気配がそこここに漂っているのだ。
まずはLAのGallery 1988で2月3日からブラント初の個展Cackle Factoryが始まり、NYCC 2009ではひさびさにMINDstyleモチャの新作が先行発売された。
a0077842_1001657.jpg

↑ Gallery 1988の個展に出品されたキャシー・オリヴァスとのコラボ作品“Miss Content”。46×46センチ/油絵/価格2800ドル/売約済み。20部限定のサイン&ナンバー入りアートプリントが150ドルで入手可。
問い合わせ先=gallery1988@aol.com
↓ MINDstyle製、ブラント・ピータースの新作PEACEMAKER 32.9。白骨化したピエロや犬など、死相漂う生き物たちを好んでモチーフにしてきたのとは大いに異なる作風。

a0077842_10165718.jpg
とうとうMINDstyleもブリキ玩具の分野に進出か、と思ってしまいそうな巧妙かつ丹念な仕上げのソフビモチャ、角が擦り切れた風パッケージの仕上げも瞠目だ。
300個限定のうちのいくつがNYCC 2009で販売され、あとどれくらい契約小売店に回されるのかいまのところ不明、分かっているのはキャシーのスカベンジャーズに対抗(?)してブラントもMINDstyleからミニフィギュアを発表するってこと。
そんなこんなで2009年をブラントの年と勝手に位置づけ、彼のデビューモチャMr. Muggles & Slap Happyのカラーバリアントを近日中に特別価格で提供します。
気になる方はお早めにお問い合わせください。
a0077842_1156012.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-11 12:00 | イマモチャ