タグ:シンクレア恐竜 ( 12 ) タグの人気記事
飛行機でシンクレア恐竜で貯金箱。
自動車のフォードが小型単葉機を製造していたスタウト・メタル・エアプレーン社を買収して発足させた航空機メーカー、トライモーター社から、1926年に颯爽とデビューしたのがフォード・5-AT・トライモーター旅客機(通称フォード・トライモーター)だった。
300馬力のエンジン3機、最大時速212km、アルミ波板による銀色の機体、客席数13。
1933年までに200機が生産され、ほとんどのアメリカの航空会社が採用した第二次大戦前のもっともポピュラーな航空機のひとつである。
a0077842_1251636.jpg
そのフォード・トライモーターを導入したアメリカン航空の公式燃料として採用されたのが、あのシンクレア恐竜のシンクレア・ガソリンで、1932年にはアメリカ海軍とも契約が成立し、1933年のシカゴ万博へ向けて一大キャンペーンが繰り広げられた。
上に紹介したダイキャスト製フォード・トライモーターはアメリカのミニチュアカー・メーカーLIBERTY CLASSICSが1996年に発売したモデル兼貯金箱。
1932〜33年のキャンペーン中、シンクレアの関係者に配布された非売品フォード・トライモーターの完全復刻なのだ。
全長20センチ、全幅17.5センチ、高さ5センチ、波板の形状も再現されて、パッケージにはキャンペーンに使用されたアートワークがそのまま応用されている。
a0077842_12522433.jpg
で、なぜトートツにシンクレアかというと、例のレトロ恐竜を使ったイベントが終わり、展示用に貸し出したモロモロのシンクレア・コレクションが恐竜とともに帰って来たのをこれさいわいに、セールでもしようかと思ったから。
入荷新着情報に出すのもちょっとちがうような気がするし、ただいま販売方法を検討中。
そのまえにブツ撮りしないことにはね。
by tomenosuke_2006 | 2008-10-05 10:00 | ムカシモチャ
1930年代版シンクレア・ブロントサウルスの謎が解けました。
a0077842_220987.jpg
1933年、シカゴ市制100年を記念しThe Century of Progress(センチュリー・オブ・プログレス=進歩の世紀)のテーマのもと、ミシガン湖畔で大々的に開催されたのがシカゴ万国博覧会。
その一角に最多で1日79000人、月平均100万人がつめかけたというSinclair Dinosaur Exhibit(シンクレア・ダイナソア・イクジビット=恐竜展覧会)があった。
Sinclair Dinoland(シンクレア・ダイナランド=恐竜庭園)が公開された1964年のNY万博からこのシカゴ万博まで、時を遡りながら石油会社シンクレアが産み落とした恐竜の名残を、たとえば大小さまざまなフィギュアやスーベニア、パンフレットや雑誌広告などに探し求めてきたが、シカゴでのブロントサウルスの勇姿をとらえた1枚のポストカードを手に入れてからというもの、ある疑問が首をもたげ、1日も早くそれを解明しないことには気が散ってオブジェモチャ稼業に専念できなくなっていた。
a0077842_6112145.jpg
これがそのポストカードである。
シカゴのR.H.D.社が印刷した万博公式ポストカードの1枚で、人口着色の懐かしい風合いがじつによい。
宛名面には必要最小限のキャプション "Official Post Card of A CENTURY OF PROGRESS"と "147. The Sinclair Exhibit" の文字に加え、著作権のクレジットがあるだけ。
おそらく "147" とは何百種類も作られた公式ポストカードの通し番号だと思われる。
いずれにせよ人着写真を詳細に観察するまでもなく、これはレトロ恐竜のメーキング記事に引用したポストカードのブロントサウルスとは首の向きがまるでちがうのが分かる。
その時の画像は資料用にアメリカから取り寄せたポストカードをブロウアップした市販ポスターだったのだが、真相が本物のポストカードの宛名面に隠されているような気がして、秘かに発掘の旅(eBayの中を探し回る)を続けていたのだった。
a0077842_7124119.jpg
首の向きが異なることから首をもたげることになったある疑問とは、まさか動いたのかもしれないということ。
シカゴ万博のブロントサウルスは世界最初のアニマトロニクス恐竜だったのではないか。
1964年の恐竜庭園のそれはFRPで精巧に再現された微動だにしない全天候型の原寸大恐竜標本だったが、それより30年もまえの恐竜が機械仕掛けで動いたとしたら、もはやそれはディズニーランドのウエスタンリバー鉄道の父であり、ユニバーサル・スタジオのジュラシックパーク・ライドの祖父に当たる。
幸運にもポストカードはひと月もたたないうちに出土し、昨日エアメールで到着した。
推測どおりの展開、なんといまから75年もまえの人たちが動く原寸大恐竜を目の当たりにしていたことを証明するキャプションが、シンクレア社製のポストカードの宛名面に印刷されていたのだ。
the largest animated animal in the world(世界一巨大な生きているかのように動く動物)とあるではないか。
さらに先に紹介したタブロイド紙、シンクレア社発行のBIG NEWSにくまなく目を通すと、機械仕掛けで動いたのはこのブロントサウルスのみで、長い首だけではなく尻尾も振ったことが判明した。
どんな構造の機械だったのか、動力や歯車にシンクレア・マシンオイルが使われたかなどは一切不明だが、ひとまず謎は解け、悩みのあまりない普通の暮らしにやっと戻れたのだった、よかった。
a0077842_8135386.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-05-27 23:59 | ムカシモチャ
75年前のこれがシンクレア・ティラノサウルスだ!
恐竜化石ハンターにしてティラノサウルスの発見者としても名高いバーナム・ブラウン博士(1873-1963)がアドバイザーを務めたわりには、このティラノは馬ヅラ過ぎる。
a0077842_1765757.jpg
NY万博からさかのぼることおよそ30年の1933年に開催されたシカゴ万博。
そこに造られた初代シンクレア恐竜庭園を紹介する見事に古い当時ものタブロイド紙、シンクレア社発行のBIG NEWSの表紙を、問題の馬ヅラ君が飾ったのだった。
1933年といえば、メリアン・C・クーパーとウィリス・オブライエンの『キング・コング』が公開され大ヒットした年。
そのモンスター・ムービーの古典でコングと死闘を演じたティラノは、昔ながらの尻尾を地面にたらしたカンガルー風のポーズをとってはいたけれど、巨大な頭はギュッと引き締まり、近年のティラノとほとんど変わらない形相だった。
つまり古生物学者より映画界の恐竜好きの方がより現実的だったということか。
そんなふうに考えると、ますますこの馬ヅラ君は遠い昔の忘れ物ようでもあり、こうして知り合ったからにはいつまでも大切にしたいと思う過去の人なのである。
a0077842_20424394.jpg
会期中、毎月100万人が詰めかけたという恐竜庭園。
洞窟風の入り口を抜けると原寸大の恐竜世界が広がり、ブロントサウルスやステゴサウルスの生態を見物したあと、最後に馬ヅラ君とトリケラトプスの一騎打ちの丘に到着するのだ。
ここには機械仕掛けで反復運動するような、リアルなようでじつは大根役者の恐竜など1頭もいない。
人々の行く手に立ちはだかるのは背景の岩場と同じく不動ながら、堂々たる勇姿の、つまりレトロ恐竜たちなのである。
a0077842_2057426.jpg
この恐竜庭園の展示をアカデミックに解説したのが会場で配布されたシンクレア恐竜ブック(以前、表紙だけ紹介済み)。
全12ページに瞠目の恐竜イラストがカラーで印刷され、その中央見開きに馬ヅラ君とトリケラトプス(下)が登場する。
不動の原寸大恐竜を彫刻にたとえるなら、これはまさしく絵画、恐竜庭園はでっかいオブジェモチャの何ものでもないのだった。
a0077842_21471453.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-05-12 16:05 | ムカシモチャ
今度はシンクレアの恐竜スタンプのお話。
小学校5年生のころ(ということは45年もまえ?!)、ジェット噴射の鉄腕アトムとともに第1次アニメブームが飛来した。
アニメブームは、すなわち所かまわずペタペタやるシール文化の夜明けでもあった。
貼れば剥がされる、親と子の果てしない戦いの幕は、このとき切って落とされたのだ。
シールがいちばん目立って見える場所こそ、叱られる度合いも高かった。
というか、きっと叱られるだろうと思う場所に、シールを貼らないではいられない欲求の昂ぶりを覚えた。(この欲求は後年、性欲と交代したように思える)
マーブルチョコレート(アトム)を食べ過ぎて甘々になった口を、丸美屋のすきやきふりかけ(8マン)で中和した。
フェルト風のくっつきワッペンがほしくて買ったグリコの鉄人28号ガムを何枚もまとめてクチャクチャやり、くるんですてる紙がないからと呑み込んだのは、人一倍強い道徳心からだったのか。
弟にマーブル3個とガム1枚を同時に頬張らせ、どんな味がするか実験したのも、いまとなってはいい思い出である。
a0077842_203723.jpg
日本の少年たちがアニメシールに熱中するより少しまえの1959年から数年間、アメリカの少年たちは恐竜スタンプで遊んだのだった。
家族が運転するクルマでシンクレアのガスステーションに乗りつけるたび、店員が胸のポケットから取り出し、手渡してくれた3枚綴りの恐竜スタンプ帳。
ぜんぶで4冊用意され、45ミリ×70ミリのスタンプにはそれぞれ異なる恐竜が描かれて12枚でひとそろい、恐竜の名前を諳んじて得意顔の少年が大勢いたことだろう。
日本と決定的にちがうのは、スタンプが元で親子が争うようなことがなかった点。
アメリカの少年たちは、とりわけお行儀がよかった。
というか、12種類の恐竜スタンプを貼り付けて作る恐竜ミニ事典、シンクレア恐竜スタンプ・アルバムを最初にもらっていたからだった。
それにしてもシンクレアという会社はいったいどれだけの恐竜ノベルティを連発したんだろうね、店主の調査はさらなる深みへとハマっていくのだった。
a0077842_219897.jpg


こちらは3枚綴りの恐竜スタンプ帳の表紙です。
by tomenosuke_2006 | 2008-04-17 21:11 | ムカシモチャ
8ガロン給油で4個セット無料進呈。
努さんへのレスに代えて。
先日ご紹介したNY万博のシンクレア・ミニ恐竜は、画像で確認できる6個でコンプだと思います。
シンボルマークにもなっているブロントサウルスを筆頭に、ステゴサウルス、トラコドン、トリケラトプス、アンキロサウルス、チラノサウルス。
つまりブックレット表紙の前方にいる6匹がミニフィギュア化され、左後方のコリトサウルスはのけ者にされた?
コリトをかつて一度も見たことがないので、単なる当て推量なんですが。
さてシンクレア恐竜のレギュラー版(留之助商店の秘かなヒット商品)にはコリトが含まれますが、そのほかにもう1匹、“見返り”首長竜がいるのをご存知ですか。
a0077842_8214054.jpg
左手首が欠けずに付いている完全なかたちのコリトを探し出すよりむずかしいのが、この首長竜。
他のどのフィギュアも恐竜庭園の原寸大模型そのままのポーズでつくられているのに対し、これにはお手本がいないのです。
それが不人気の理由なのか、出回った数も圧倒的に少ない。
この首長竜、じつは1950年代にシンクレアが配布した金属製ブロンズ仕上げのブロントサウルス貯金箱と瓜二つなんです。
というわけで当店では“幻の見返りブロントNY万博版”と名付けさせていただいてます。
もちろんその原典は“もっと幻の見返りブロント金属製貯金箱版”です。
a0077842_9182451.jpg
見るからに高級そうな貯金箱がどういう仕組みで配布されたのか勉強不足で裏はとれてませんが、同じ1950年代に例のミニ恐竜よりもっと小さな「8ガロン給油で4個セット無料進呈」のナノ恐竜がいたのを思い出しました。
サイズは5センチ前後、恐竜9匹に穴居人3人のぜんぶで12種類。
コンプするために、我が子を喜ばせようと、せっせとシンクレアのガスステーションに通ったお父さんの姿を連想してしまいます。
けれど子どもがその小さなフィギュアを飲み込む事件が起きてキャンペーンはあっけなく終了、かわりに登場したのがプラスチック製のブロント貯金箱でした。
ただいまナノ恐竜はコンプ目指して店主の家で監禁状態ですが、その他はすべて留之助商店入ってすぐ右の専用ケースでのびのびと遊んでおります。
a0077842_10345041.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-12 23:59 | ムカシモチャ
発掘!新クレア恐竜。
噂には聞いていたけれど、見るのはこれがはじめてのシンクレア恐竜セットが、もうじきひとつだけ届く。
あのNY万博のシンクレア恐竜庭園で無料配布されたブックレット(留之助商店DOWNLOAD資料室参照)と6大恐竜のミニフィギュアがひとつにパッケージングされた奇跡の未開封品。
ミニフィギュアだけだったらバラでたまに見つかるけれど、こんなコンプリート・セットはシンクレア恐竜発掘の旅に出て以来の快挙である。
留之助商店で鋭意発売中のイマモチャな各種ミニフィギュアとはいささか趣を異にする、小さいながら大味の、値段の割にはとことんショボイこんなムカシモチャを欲しい人っているのかしらね。
いまではお目にかかれない古き良き時代のメイド・イン・USAである。
a0077842_18292874.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-02-10 23:59 | ムカシモチャ
こんなサービス、いかがです?
地味だけど留之助HPをコツコツ更新中です。
まずはダニーが手始め。
アーティストの名前に、そのアーティストのHPやBLOGへ飛べるリンクを貼ったり、赤丸の“i”マーク(informationの“i”のつもり)をクリックすると当ブログの関連記事が開くといったぐあい。
ついでにプライスを入れ替えたり(値上げ)もしています。
a0077842_19411212.jpg
それよりも鋭意準備中なのが『留之助商店DOWNLOAD資料室』と名づけた画像ライブラリー。
ブログで引用したいけれどひとつの記事にアップロードできる画像は500KB以内、だから紹介したくてもできないときがある。
そこで別にライブラリーを用意して、そちらを参照してもらったり、たとえばシンクレア恐竜をお買い求めいただいたお客さまには、特別にその関連の雑誌広告とかパンフレットなどの高解像度データをダウンロードできるようにしようと思ったわけ。
ほかにも当店取り扱いのムカシモチャのカタログやマニュアルとか、SF映画のオリジナルポスターなどのペーパーコレクション、著書のためにプロのカメラマンが撮り下ろしてくれたアールデコ建築や調度品のめくるめく写真など、構想(風呂敷)だけは大きいよ。
a0077842_19415040.jpg
a0077842_19433027.jpg

NY万博(1964ー65)のシンクレア恐竜庭園で配布されたパンフレット(上)はぜんぶで16ページ。それをくまなくご覧いただこうと思うと、このブログだけじゃムリなんですよ。でも原寸大でプリントアウトも可能な高解像度データがダウンロードできたら楽しいじゃないですか。


by tomenosuke_2006 | 2008-01-21 19:51 | 留之助商店計画
いまもせっせとシンクレア恐竜。
ほら、この夏、名古屋の恐竜イベント用にこしらえたレトロ恐竜の、その元ネタになったシンクレア恐竜だけど、いまもいろいろ収集中だよ。
とくにニューヨーク万博(1964〜65年)のシンクレア恐竜庭園で販売された8種類の恐竜フィギュア。
一見ソフビ風、でもずいぶんデリケートで、まるでワックスでできているんじゃないかと思わせる“もろさ”なんだ、これが。
ステゴサウルスのシッポをはじめ、トリケラトプスの角やシッポ、コリトサウルスやトラコドンの手など、小さな突起部分が欠けたのはよく見かけるけれど、完品となるとなかなか。
同じく1930年代のブロンズ仕上げの金属製や、1950年代のプラスチック製のブロントサウルス貯金箱も探してる。
まだお店にならべてないシンクレア恐竜モノはというと、やっぱり雑誌広告のコレクションかな。
まえにもその一部を紹介したけれど、きょうはとっておきの2点を。
a0077842_15564834.jpg
「4匹の恐竜の中でどれが好き?・・・万博のシンクレア恐竜庭園で見てください」
そんな見出しの1ページ広告を飾る4大恐竜は一見イラストのようだけれど、実際は庭園に飾られた原寸大模型の写真。
ティラノサウルスの縞模様がなんとも古風です。
が、つい自慢したくなるのは最近見つけた下の広告、1934年の「150ものアメリカの鉄道がシンクレア・オイルを使っている」なのだ。
店主、レトロ恐竜と同じくらい1930年代のアメリカに誕生し一大ブームを巻き起こした固有のデザイン“流線型”が大好きだから、中段右側の1934年に登場したアメリカ最初の流線型列車、その名もシティ・オブ・サリーナと、左下の恐竜化石ハンターにしてティラノサウルスの発見者としても名高いバーナム・ブラウン博士(1873-1963)が共演しているこの広告は、家宝の何ものでもないのだ。
かつてシンクレアがアメリカの古生物学研究を資金面でもバックアップしていたというのは有名な話だけれど、これは当時のアメリカ自然史博物館の学芸員だったブラウン博士もその恩恵を受けたひとりだったという証しだね。
ティラノサウルスの巨大な脚の関節部分を、なにやら神妙な顔で測定している。
(画像をクリックすると拡大します)
a0077842_2048087.jpg
ところで例の恐竜イベント『恐竜大陸』は会場を幕張メッセに移し2008年3月20日(木)〜5月18日(日)まで開催されることになっている。
企画に変更がなければ名古屋会場で飾られたレトロ恐竜やシンクレア恐竜のコレクションなども再展示されるんじゃないかしら。
『恐竜大陸』公式ホームページはこちら

流線型列車 The City of Salina
by tomenosuke_2006 | 2007-12-30 21:16 | ムカシモチャ
メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その8。
発泡スチロール使って彫刻した恐竜たちに2液混合のウレタン樹脂を吹きつけて固めてしまう、便利な世の中になりましたよ。
むかし(1990年頃)店主が造型チーム組織して、あるイベント用にいろんな変なヤツ作ったときは、まず粘土彫刻して→シリコンで型(モールド)をとり→グラスファイバーとレジンで固めて抜いて(キャスティング)→ヤスリやサンドペーパーで磨き→色塗って仕上げたものだけど、いまじゃいちばん面倒くさいモールディングとキャスティングと磨きがいらない。
当時のハリウッドの造型関係者の言葉を借りればシットジョブ、つまりクソみたいな仕事が省略されちゃって、時間も短縮できる。
ただこのウレタン樹脂を吹きつける造型仕事の問題点は、厚めの被膜でおおわれて彫刻の細かなディテールが飛んじゃうこと。
けど、うちのレトロ恐竜たちはそれが狙い、精密ではなくて大ざっぱ、繊細じゃなくって大味が目的だから、渡りに船ってやつだね。
ウレタン樹脂が乾くのが明日の朝ごろ、とっても大味なだけにかえって難しい仕上げの塗装に入る。
a0077842_2354531.jpg
開催が7月20日に迫った名古屋の夏のイベント恐竜大陸
の子どものプレイゾーンを飾るのは4匹のレトロ恐竜だけじゃないよ、『レトロ恐竜って何?』的な軽い展示もある。
留之助商店で売ってるレトロ恐竜モチャをはじめ、店主秘蔵の写真やポスターなんかも利用する予定、たとえばこんなのも。
a0077842_015996.jpg

上は1934年のシカゴ万博の絵葉書。
シンクレア社によるブロントサウルスの原寸大模型の展示風景。
1964年のニューヨーク万博より30年もまえから
シンクレア社は恐竜にこだわっていたのだ。
その下はシカゴ万博で売られたシンクレア恐竜ブック。

a0077842_036143.jpg

これもぜんぶ絵葉書、時代は1950〜1960年代。
右の2点はカリフォルニアのハイウェイ沿いに住んでいたブロント(上)とチラノ(下)。
左の2点はサウスダコタ州ラピッドシティにあった恐竜公園の風景。
恐竜見てほのぼのとした気持ちになる、レトロならではでしょう。


前回の記事“メーキング・オブ・レトロ恐竜4点セット/その7”はこちら
by tomenosuke_2006 | 2007-07-10 00:51 | ムカシモチャ
こんなの作れたら最高なのにね。
a0077842_19204168.jpg
資料整理してたらこんなキリヌキが出てきた。
1964〜65年のニューヨークで開催された万博の中でも、とくに子どもたちの人気を集めたテーマ館シンクレア・ダイナランド(恐竜庭園)の当時もの雑誌広告だよ。
そう、夏のイベント恐竜大陸用に福生市のレプリカさんにお願いして作ってもらってるレトロ恐竜のアイディアの源。
店主担当のは子どもがまたがって遊ぶ遊具サイズ、1960年代のむかしは子ども56人が並んで見上げる本物サイズ、そりゃデカイにこしたことない。

a0077842_1921957.jpg店主、こんなこと考えた。
デカイが魅力の恐竜を間近で体験するための、よじ登って遊ぶことさえできるよう、階段状の岩場やハシゴ代わりの立ち木、何本もの蔓(つる)を這わせたジオラマを用意する。
アスレチックの感じで恐竜と戯れるんだよ。
ブロントサウルスの長い首は中がトンネルになっていて、くりぬかれた目から外界を見下ろすっていうのもいいよね、首長竜になった気分。
アイディア語りはじめたらきりないし、もしそんなの作らせてもらったらイベントの後、持ち帰るわけにもいかないし、やっぱいまぐらいがお手ごろサイズといえなくもない、か。
by tomenosuke_2006 | 2007-06-17 22:18 | ムカシモチャ