タグ:スカルヘッド ( 9 ) タグの人気記事
Skullslinger、9日深夜発売
2005年にkidrobotとBarneys NYがコラボで発表した、とうに幻の1/6・スカルヘッド・フィギュアを思い出した。
っていうか、頭部をスカルヘッドに交換し、背中にエンジェル・ウィングを着けた関節可動のアクション・フィギュアが、Mark JacobsやJil Sanderデザインの冬物メンズ・ファッションを颯爽と着こなして登場した時は、いやはやギョッとした。
こういうのをデザイナーズ・トイっていうんだろうと、納得したものだった。
そのユニークな純白の素体を担当したのはKR-SFのショップ・マネージャーを卒業し、カスタム・トイ・アーティストとして頭角を現しはじめたHuck Gee(ホアック・ジー)。
いまでは押しも押されもしないオブジェモチャ界のトップ・アーティストである。
そんな彼が、7年前のバーニーズ・フィギュアの再来を思わせる新作を発表した、Skullslinger Blondie Edition(スカルスリンガー・ブロンディー版)だ。
胸に保安官バッヂを着けてはいるけれど、けっして高潔な正義の味方ではない、西部のアウトローなんだとか。
今週8日水曜日の深夜24時(=9日の午前0時)発売。
これもまたアンドリュー・ベルのマハカラ・ダニーと同じく、SDCC 2012でGIDの300個限定版が発売されたらしい。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/18567618/
Skullslinger、9日深夜発売_a0077842_2024221.jpg
Skullslinger may wear a sheriff’s star, but he’s more outlaw than judge. Shading his hollow eyes under a broad rimmed hat, this winged vinyl rogue stands 11 inches tall, ready to draw with vultures circling overhead, the wind billowing his coat and the setting sun bouncing off his spikes and spurs. Skullslinger Blondie looks more bad than good, and is anything but ugly.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-08-07 20:27 | Kidrobot 新製品情報
今夜0時、20インチ・スカルヘッド・ダニーの発売です。
大き過ぎてアメリカからの取り寄せ送料が1個につき60ドル(本日のレートで5,776円)もかかってしまった20インチ・スカルヘッド・ダニーですが、その一部と関税を当店プロフィットで補うことにして決めたプライスがアレなんです。
元値が高いからしょうがない。
今夜0時、20インチ・スカルヘッド・ダニーの発売です。_a0077842_9424257.jpg
kidrobot本家やアメリカ本国のauthorized retailer(認定小売店)では発売直後にソールドアウト、いまでは通例になってしまったeBayでの転売合戦が展開中です。
そういう特別なHuck Gee直筆サイン入り(足の裏)の、歴代ダニーの中でももっとも高額な当店販売分の3個が、果たして気前よく売り切れるか、やや心配。
今夜0時が楽しみです。
ちなみに下の画像はeBayの終了画面、Sold out everywhere.とありますが、もちろん間違い、留之助はこれから。
今夜0時、20インチ・スカルヘッド・ダニーの発売です。_a0077842_10363269.jpg


More: ホアック手作りの10個とのちがい。
by tomenosuke_2006 | 2009-06-20 11:03 | 商店入荷新着情報
ホアック・ジーのむっちゃくちゃレアなダニー。
既報のとおり、3インチ・ダニー・シリーズ1に登場し、その後、8インチと20インチのカスタム・ダニーとして各10個だけ作られたことのあるファン渇望のSkullhead Dunny by Huck Geeが堂々の20インチで復活する。
世界限定たったの200個、すべてホアックのサイン入り、留之助商店支給分4個、内3個を留之助オンラインで6月21日(日)午前0時に発売だ。
製品版ダニーの歴史の中でも類を見ない極少の生産数、恐れを知らない高額設定、アメリカ本国だったら一瞬にして市場から姿を消すことは間違いないけど、果たして日本はどうなんだろ。
ホアック・ジーのむっちゃくちゃレアなダニー。_a0077842_2334181.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-12 23:34 | 商店入荷新着情報
突如発表、一瞬にして完売、運良くゲット。
日ごろからお気に入りのアーティストやメーカーやショップやギャラリーのメーリングリストに登録して情報収集に余念はないけれど、きょうほどマメに登録しておいてよかった、パソコンのまえでオタクする孤独な日々にも、たまには陽が差すことがあるんだとしみじみ思った。
日本時間午前7時59分、Huck Gee Newsletter - June 2nd, 2009というタイトルのメールを受信。
「たったいま入手可能!」「予約注文なし、事前発表なし」「早い者勝ち」「10個限定400ドル」「一人1個」と、急かしたてられるような文言がならび、10" Skullhead MADLの赤い文字をクリックするとホアックのeBay Storeの商品ページへジャンプ、すでに残数3個、条件反射的に一目散で購入手続を完了した。
で、元の商品ページに戻ると残数なし、当然のことながら完売していた。
突如発表、一瞬にして完売、運良くゲット。_a0077842_10412036.jpg
どーだ、ラッキーだろ、ってか。
いえいえ単なる自慢話じゃございません、当店もマーク・ランドウハ・フィギュアを「このブログ見た人早い者勝ち」で発売して盛り上ったように、近く、SDCC 2008で発売された絶版8インチ・ダニーを同じ手法で定価販売の予定だってことをお知らせしたくて。
突如発表、一瞬にして完売、運良くゲット。_a0077842_10503449.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-03 10:51
6月下旬のkidrobot。
ダニー・コレクターのみなさん、Dunny Endangered!を楽しんでますか?
世界的に品薄の新3インチ、飛騨地方ではものすごい盛り上りですよ。
さて、月2回に分けてお知らせすることになった来月のキッドロボット新製品情報、今回は6月18日以降のラインナップ、相変わらず華やか過ぎます。
まずはモンガーズ・ブレックファーストの流れをくむKozikモチャの新作から。

2009年6月下旬発売
6月下旬のkidrobot。_a0077842_18442180.jpg
Big Smorkin’ Mongers: Sarge, Captain Blood & Magistrate Wu
冗談も休み休みに言いなさい、こんな大ぶりモンガーを6種類もまとめて出された日には、飾る場所にも困っちゃうし、お金がかかってしょうがない。
これ、あなた以上に仕入れる側の率直な意見です。
まずは3つのスモーキン・モンガー、左からサージ、キャプテン・ブラッド、マジェストリー・ウー、身長3.5インチ(9センチ)〜6インチ(15センチ)。
ばら売りの他に、コジック・ファンのためのまとめて買えばお得な3個セット、下の3個と合わせたさらにお得な6個セットをご用意いたします。
6月下旬のkidrobot。_a0077842_18552136.jpg
Big Mongers: Booger, Lorenzo & Ramirez
こっちはタバコの代わりに虫やヒゲの付いたモンガー、左から夜光のブーガー、ロレンゾ、ラミレズ、スモーキンと同じく身長3.5インチ(9センチ)〜6インチ(15センチ)。

2009年6月21日(日)午前0時 留之助オンラインで発売予定
6月下旬のkidrobot。_a0077842_1913361.jpg
Skullhead Dunny 20-Inch
ひさしぶりの20インチ(51センチ)ダニー、しかもHuck Geeがかつて10個限定で発表した幻のスカルヘッドの復刻版だ。
ちょっと内輪の話になるけれど、キッドロボット本家のオンラインではいまもコジックの20インチ・レドラム・ダニーが売(れ残)っている。
高額商品なのに500個も作っちゃって持て余したんだろうね、新作から軌道修正することになった。
生産数をグッと抑え、しかも大枚をはたいてくれるファンへの感謝を込めてアーティストがひとつひとつにサインを入れる。
で、その第1弾がこのホアック・ジーのスカルヘッドというわけ。
なんと200個しか作られず、うち4個が留之助の割り当て分、早く実物を見たい。
by tomenosuke_2006 | 2009-05-26 19:44
今度はダニーのようなマニーですか。
今度はダニーのようなマニーですか。_a0077842_21105858.jpg
このまえ10個発売になった8インチのネガティヴ・スカルヘッド・ダニー(価格600ドル)は数秒で完売した(店主、残念ながら逃してしまった)。
するとまもなくeBayに出品されて、最初のひとつは2150ドルで落札、次はちょっと落ち着いて1850ドル、と思ったら3つ目も出てきて1550ドル。
10個発売されたうちの3個までもが転売ビジネスに供されたことになる。
なんなんだろね、なんて不思議がってはいられない、4つ目が、しかもシリアルナンバー“1/10”が出品されて、ただいまオークション終了33時間まえだというのに、もう3000ドルになっているのだよ、5倍。
いつも楽しいカスタムを見せてくれるホアック・ジーには感謝。
でも、フツーに買えないから、大いにフラストレーションなのだ。
だから今度のダニー型のマスクを着けたマニー、名付けてSkullhunter Death Priest Munny/Dunny(スカルハンター・デス・プリースト・マニー/ダニー)、10個限定800ドルも欲しくてたまらないけれど、はじめっからあきらめてます。
たぶん8インチ・ダニーの頭を切り刻んで作ったマスクなんだろうね、キッドロボット製DIY専用フィギュアのマニーにぴったりフィットすることに気付いたホアックは、さすがカスタムの天才である。
ちなみに発売日は太平洋標準時6月17日の正午、発売場所はHuck's Ebay Store、どうぞ勝手にやってください。
今度はダニーのようなマニーですか。_a0077842_21345643.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-06-15 00:01
もうすぐスカルヘッド・ダニーの朝をむかえます。
ホアック・ジーのEbay Storeで明朝、600ドルで売りに出されるのが8インチのスカルヘッド・ダニー・ネガティヴ版10個限定。
このまえ出たスカルヘッドの白と黒が入れ替わったヤツだ(つまり前作はポジティヴ版だったと)。
最近、ホアックのオリジナル・ダニーに縁がなくって、発売日をまちがえたり、ボジティヴ版のときなんかサマータイムになったのを忘れていて、1時間の遅刻で買い逃した。
ちなみに600ドルで発売されたポジティヴ版はその直後eBayに登場し、必死で追いかけてはみたけれど、途中で息切れしちゃったね。
信じられますかぁ、2450ドルで落札されたんだよ。
で、今度こそ真剣にスカルヘッド・ダニーを狙いに行きます。
どうかみなさん、ジャマしないでください。
あなたにご遠慮いただければ、それだけ手に入る確率が増えるのです。
もうすぐスカルヘッド・ダニーの朝をむかえます。_a0077842_21125676.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-05-23 20:54
ひさしぶりの20インチ、しかもオーダーメードの出現だ。
ひさしぶりの20インチ、しかもオーダーメードの出現だ。_a0077842_17454987.jpg
いまから4年まえ、3インチ・ダニーの記念すべきシリーズ-1でスカルヘッド・ダニーをデザインしたのがSF在のアーティスト、ホアック・ジー。
その後も3インチや8インチ・ダニーをはじめ、キッドニンジャやオリジナルキャラの悪魔爆弾など、ヒット作をコンスタントに発表し続けている。
いわばキッドロボットモチャになくてはならない主要メンバーのひとりなのだ。
一時はナラズモノやニンジャやクノイチなど日本趣味が炸裂のカスタム・ダニーで気炎を吐いていたけれど、つい3週間ほどまえ、あのスカルヘッドを8インチにブロウアップした、見る人が見ればとってもノスタルジックな、ダニー黎明期の象徴ともいえる限定版を10個だけ発売した。
店主、買いそびれてしまったけれど、今度はその20インチ版(上の画像の左)をオーダーメードで極少数、1ヶ3500ドルで発売するとか。
興味おありの方は、sales@huckgee.comへお問い合わせください。
店主、留之助ブラスターの製作費を捻出するため、ただいま、いろんなゼータク禁欲中です、ちょっと残念。
ちなみに右はスカルハントレス・マニー、つまり女性のハンターで、こちらはホアックのeBay Storeで太平洋標準時の5月2日正午から700ドルで発売開始される。

注)キッドロボット製DIY専用フィギュアがマニー、そろそろ留之助でも仕入れようかと思っている。

下の画像は左から3インチ、8インチ、そして今回の20インチ。
大きいことは、つくづくいいことだと思うのだった。
ひさしぶりの20インチ、しかもオーダーメードの出現だ。_a0077842_20453322.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-30 20:47
スカルヘッド。
好評のうちに完売した3インチ・ダニー・シリーズ4。
留之助で購入されたお客さまの中にシークレットを引き当てた人がいらしたかどうかは定かじゃございませんが、中でもダニーの顔をスカルヘッドに乗せ替えたホワック・ジー作品の人気は衰える気配がなさそう。
eBayではいまだに1個200ドル以上で取り引きされてるみたいだし、今月はじめにホワック本人のeBayストアで開催されたGID(夜光)とREDのサイン入りペアのチャリティー・オークションの落札価格は、なんと445ドル(約53,000円)。
全額、小児病院へ寄付されるとはいっても、ねぇ。
太っ腹な人がいらっしゃるものです。
文字通り、遠い海の彼方のお話ですわ、日本ではまだまだ。
スカルヘッド。_a0077842_0463498.jpg
あのころはキッドロボットのネームバリューでもなければ、スカルヘッドの人気や、その生みの親のホワック・ジーの名前が決め手じゃなかった。
ほんのちょっとまえ、2005年のいまごろのことだよ。
12インチのスカルヘッド・フィギュアが5種類、ひとつは50個、あとの4つはそれぞれ250個限定で同時発売され、あっという間に売り切れたのは、ニューヨーク・マンハッタンに本店のある高級セレクトショップの老舗バーニーズ・ニューヨークとのコラボだったから。
トップクラスのファッション・デザイナー5名によるその秋冬のコレクションを、共布、同素材で6分の1にリデュース、ホアック・デザインの仕込み杖(日本刀が仕込まれたステッキ)を持つスカルヘッド・フィギュアに着せて、バーニーズ・ニューヨーク本店とキッドロボットでのみ発売されたのだ。
最近、ほとんど更新していない留之助ホームページのここに載せてるんで、一目瞭然かと。
スカルヘッド。_a0077842_0495114.jpg
そしてこれからが肝心なとこ。
プレミア価格だからそう簡単に売れるものじゃないこのスカルヘッドを、この時期になると高山旅行にいらっしゃる鎌倉のご夫人が、今年もひとつ、つまり今回で2つ目をお買い上げくださったということ。
1年まえの留之助オープン時に恐るおそる付けたプライスも、ほとんど入手不可能に
なったいまでは、どこよりも安いはず。
きっとますますプレミアはつくだろうけれど、また来年もひとつ買いますとおっしゃったそのご夫人のためにも、留之助が潰れないかぎり向こう3年間はいまのままのプライスにしておこうと思うのだった。
そしてここが教訓?
ほとんど無名だったホアック・ジーがスター・アーティストになれたのは、石の上にも三年のことわざが示すとおり、アレですよね。
だから留之助もソレ見習わなきゃと自戒するのでした。
スカルヘッド。_a0077842_1262812.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-06 23:59