タグ:デッカード・ブラスター ( 26 ) タグの人気記事
豚インフルエンザのリスクよりもブラスター取材である。
本日4月28日、午後4時10分、留之助ブラスター・チーム一行は成田発ノースウェスト便でLAへ向かった。
世界保健機関(WHO)が豚インフルエンザの警戒レベルを“フェーズ3”から“フェーズ4”に引き上げた矢先のことである。
もし大流行の直前を意味する“フェーズ5”になったら、不特定多数の人たちが出入りするハリウッド・オークションProfiles in Historyが中止されるばかりか、我がチームの帰国さえ危ぶまれる。
店主が地元に留まざるを得なかったのは、岐阜県の補助金事業の一環で高山市内に新ギャラリーを開設するための打ち合わせやプレゼンが今月末に集中したからだった。
それと日本に輸入もできなければ目の玉が飛び出そうな高額落札予想のデッカード・ブラスターはともあれ、『ターミネーター』1作目(1984年)のハンター・キラーやタンクのオリジナル・モデルが出品されると知ったときから「君子危うきに近寄らず」と決め込んでいたのだ(結果、別の意味で危うきに近寄らないことになってしまった)。
1983年だったか、『ターミネーター』のミニチュア・エフェクトを担当するジーン・ウォーレンJr.のSFXスタジオFantasy 2 Film Effectsのセットではじめて目にして以来、どこへ行ってしまったのかと思っていた憧れのミニチュア・モデル。
ネットでのオークション参加なら自制も利くけれど、オークション会場のあの独特の空気の中ではちがう自分になりそうで怖い。
留之助ブラスター・チーム一行は1日早く現地入りしているハリコレのオーナー、胸組さんの案内でオークションを2日後に控えた会場へ直行、デッカード・ブラスターとの対面を試みる。
豚インフルエンザのリスクよりもブラスター取材である。_a0077842_11374352.jpg


Screen-used Hunter/Killer
by tomenosuke_2006 | 2009-04-28 23:59 | プロップ
新情報、デッカード・ブラスター1981モデル。
ハリウッド・オークションProfiles in Historyに出品されるJeff Walker氏所有の通称ワーコン・モデルを2006年に撮影し、ファンを大喜びさせたKarl Tate氏・・・オークション・プレビューで留之助ブラスター・チームと落ち合う約束でいる最強のアドバイザーから突然のメールが。
映画『ブレードランナー』のパブリシストでもあったウォーカー氏が、撮影に使われるまえの真っさらなデッカード・ブラスターの1981年のプロダクション資料をORIGINAL PROP BLOG.COMに提供したというのだ。
ここにその一部を転載する。
新情報、デッカード・ブラスター1981モデル。_a0077842_17125953.jpg
新情報、デッカード・ブラスター1981モデル。_a0077842_17131097.jpg
BLADE RUNNERの文字が印刷された美術監督Lawrence G. Paullの名刺が添えられ、映画の最高責任者リドリー・スコット監督にデザインの承認を仰ぐ際の資料として使われたらしいことが推察される。
諸説紛々としているが、すでにデッカード・ブラスターは撮影前に準備されていた。
ウェバースコープノブではなくマイナスネジが使われ、左側面の白いコードはない。
エッジ部分に多少のエイジング処理が認められるものの、レシーバー周りのブルーイングは美しく、錆びは一切ない。
グリップエンドは眩しいほどに磨かれ傷ひとつない。
Before and After、テイト氏がこんな画像を送ってくれた。
新情報、デッカード・ブラスター1981モデル。_a0077842_17411399.jpg
たとえばリアトリガーの付け根部分の擦れて剥げたと思しき傷を見れば、これが同じものだということが簡単に分かる。
白コードが劇中で確認できるように、ブラスターは撮影がはじまり、汚れたり傷ついたり改造されたりしながら変態していったのだろう。
下はオークションに出品されるデッカード・ブラスターの最新画像だが、ステアーマガジンとトリガーガードの間に4本の白いコードが見える。
レーザーサイトのグリーンLEDへの配線なのか。
LAからのリポートがますます楽しみになった。
新情報、デッカード・ブラスター1981モデル。_a0077842_189854.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-10 18:15 | 留之助ブラスター
リチャード・コイルのオールメタルを忘れてた。
留之助ブラスターの開発に気をとられ、完全に忘却の彼方にあったコイルさんのオールメタル・ワーコンモデル。
とりあえず日本輸出向けに銃口を閉塞し、トリガーとハンマーを連動させるパーツを取り除き別便で送るとこまでは了解してくれたものの、メタルのレシーバー部分やトリガー回りをイエローかゴールドで着色するよう頼んでも絶対聞き入れてはくれなかった。
ので、返金を求めると、すでに製作に資金を投じたため返す金はないと言ってきて、一時は険悪な関係に陥っていた。
じつはそのころ留之助ブラスターの製品化のメドが立ち、コイルさんのオールメタへの興味は徐々に薄れるあんばいに。
が、その後、紆余曲折あってコイルさんにはひとまずアメリカの知人宛に、いっさい手を加えない素の2挺を送るよう頼んでいたのがとっくに到着済みで、あとはその知人に日本向けの合法処理を支持するばかりだったのを忘れていたのだ、おめでたい。
それを思い出させてくれたのはブレランのに〜ぜきさんのブログALL THAT BLADE RUNNERでコイルオールメタがちょこっと触れられているのを目にしたから。
確かにに〜ぜきさんのおっしゃるとおり「フルメタルって・・・よくわからんけど、まずいんじゃないでしょうか。みなさんも、楽しいはずのブラスター趣味のせいで、警察に家宅捜索なんて悲劇に見舞われないように、各自十分情報収集の上、いろんなものを購入してくださいませ」ですよね。
リチャード・コイルのオールメタルを忘れてた。_a0077842_10202350.jpg


コイルオールメタのその他の画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-05 10:46 | プロップ
リチャード・コイルのオールメタル・ワーコンモデル。
リチャード・コイルのオールメタル・ワーコンモデル。_a0077842_1320299.jpg
数日まえ、リチャード・コイル氏からオールメタル・ワーコンモデルの出荷準備が整ったという内容のメールが入り、その後、輸入に関するさまざまな問題をクリアすべく、のべ12回のメールの交換をした。
日本のトイガンを取り巻く厳しい状況や法規制が理解できないようで、説明にかなりの時間を要した。
メインの金属パーツを黄色や白色にスプレーするよう頼んでも、けっして承諾してくれない。
そんな彼と日本の法規制を遵守したカタチでの別のカスタマイズの合意がとれたのがつい数時間まえのことだった。
しかし税関検査を担当する係官の腹ひとつで問題視されたり、されなかったり、店主は幾度となく不可解な経験をしてきたから気が気じゃない。
銃関係ではアンクルカービン用のブシュネル・ファントム・スコープ。
送り主が小包の送り状に“ピストル・スコープ”と但し書きしたために税関で足止めを食い、もし銃関係の部品を輸入したいなら通産省の特別な書類を用意しなければならないといわれた(これが大変な仕事なのだ)。
幸運だったのは係官がイジワルじゃなかったこと。
この品物に望遠効果があると認められるなら、望遠鏡として申請し直すことで通関できると(抜け道を)教えてくれた(いつもこうとは限らない)。
それからはスコープを輸入するときは、かならず“テレスコープ”と記載してもらうようにしている。
最悪だったのはティム・ビスカップのオブジェモチャ、陶器製のトーテムポールを輸入したときのこと。
送り状に“テーブルウェア”とあったのが運の尽きだった。
食器だけは他のいかなる陶磁器製品とも異なり厚生省の管轄となり、食品を輸入するのと同じような手順を踏まねばならないのだ。
運が悪いとしかいえない、見れば明らかに置物なのにけっして聞き入れてもらえなかった。
で、どう解決したかというと小包を送り主に返送し、安全な名目(このときはトイ)で再度送ってもらったのだ(これがいちばん手っ取り早い)。
ちなみにオールメタル・ワーコンモデルの但し書きは "Sci-Fi Toy"、SF玩具ということにしたのだった。

全方向オールメタル・ワーコンモデルです。
by tomenosuke_2006 | 2007-09-21 18:29 | プロップ
コイルさんからメール。
リチャード・コイル氏からワールドコン・モデルを一部修正させてほしいとメールが届いた。
実物(2006年のワールドコンで公開されたブラスター)をくまなく検証して造ったはずなのに、どうしたことだろうと思ったら、じつに仔細な変更。
グリップエンドのネジ穴の位置を1/16inchほどズラすためにグリップフレームそのものも造り直したとか、サイドカバーやグリップのカーヴィングにも微小な修正を施した、ウンヌン。
コイルさんからは、ワーコンモデルは改良を重ねながらバージョンを上げていくこれまでの手法は採用しないと聞いていた。
実物のレプリカである以上、それと瓜二つのものはたった1種類しかないという理由からだ。
初期出荷の15挺とその後に追加製作された5挺を、その1種類にするために最終調整させてほしいという申し出は、じつに彼らしい。
送料はこちら持ち、ただし新しいパーツ代や組替え料は無料とのこと。
一時的とはいえ、ワーコンモデルが手元を離れるのはさびしいけれど、善は急げである。
コイルさんからメール。_a0077842_2310185.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-04-22 23:31 | プロップ
正式名称は、CS&T Worldcon Model。
クリスマスにグリーティング・メールをもらったあと、しばらく静かだったRichard Coyle氏から新作に関する連絡が入ったのはおよそ3週間まえのこと。
「満を持して放つ」という言葉がぴったりの最新作CS&T Worldcon Modelは、まず15挺が製作され、いまからおよそ1週間後、幸運なコイル・ブラスター・ファンに向けて発送される。
その画像データがついいましがた届いた。
当ブログで公開する許可もいただいている。
新しいフレームに前バージョンのグリップを置いた興味深い写真(下)の他にぜんぶで4点、じっくり鑑賞してください。
正式名称は、CS&T Worldcon Model。_a0077842_913478.jpg


その他の画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-15 09:10 | プロップ
完売御礼っていうか・・・
OFF-WORLD MFGといくつかの約束を交わして輸入したブラスターだったけれど、店主がいち早くebayで落札して手に入れた最初期出荷ものとは品質が幾分異なり、いろいろいい勉強させてもらいましたよ。
っていう話をして、完売御礼のご挨拶にかえますね。
最初期出荷ものは2丁、価格に見合った出来のよさと重量感に納得し、仕入れ原価をまんま開始価格にしてヤフオクへ出品、反響を計ってみたら。
リアクションは上々、向こうの強気の卸値と最低出荷数をのんで輸入することに決めました。
けれどね、届いたのは別物としか思えない品だったと。
塗装ムラがひどく、光沢の度合いが不十分で、クリヤーグリップ中央(手の平に当たる部分)のゲート(湯口)の処理はじつに甘い。
このまま売っちゃったら留之助商店の信用にかかわるぞ、っと。
なんたって留之助は店主のジィちゃんの名、汚すわけにはいかないのだ。
さらに細かく検品すると、発光ギミックが死んでいるものが2丁も見つかった。
店長と検討した結果、1丁ずつコンパウンドで磨き込みツヤムラを無くして光沢感を上げることに。
クリヤーグリップにいたっては、一度ばらしてバリを取り、ヤスリがけしたあとコンパウンド処理して仕上げる。
さらに、ゆるめに埋めてくれるはずだったバレル用の赤いキャップは、先方の説明によると手違いでアメリカ市場向けのものを日本に送ったとか。
取り外しにことのほか神経つかわなくてはならなかった。
完売御礼っていうか・・・_a0077842_8102484.jpg

それと、シャレで作ったつもりのWORLD CON. ver.のボタンパーツも、いまじゃ本体を補う必須のサービスアイテムにせざるをえないと判断。
これだって量産するには過酷な手順を強いられる。
使用するレジンの量はわずか2グラム、極少量の2液混合の調整はとくにシビアで、その上、寒い冬だから硬化するのに30分以かかる、モールドはたったのひとつ。
真空脱法機なんてシャレた機械持ってないからレジンは手流しだし、気泡が入りやすくって3個に1個はNGとくる。
レジンを扱った人なら分かると思うけれど、シンナー以上に有害なキシレンが発生するから、エキストリーミリィ・デンジャラスなんだよね。
こうして複製されたボタンパーツはゲート処理〜洗浄〜ヤスリがけ〜塗装〜磨き上げ、仕上げる。
いい? 本体をコンパウンドで磨くことからボタンパーツの仕上げまで、お店の閉店後に店長ひとりが夜なべするわけだから、その上、いやでもキシレン吸って、ときには仕事場で気絶したみたいに寝込んじゃうことも。
んで、風邪もひきました。
そこで店主、決めたんです、店長がかわいくて。
これ以上、仕入れない、売らない、関わらない。
独占輸入の権利(なんていったって口約束だけみたいなものだけれど)は返上し、とにかく仕入れた24丁のうち不良品の2丁とフルカスタム用の在庫を2丁残して、販売終了とする。
おかげさまでOFF-WORLD MFGの修正版“留之助商店ver.”は、好評のうちに売り切れたのでした。
いまは向こうから届くはずの発光ギミックの代替えパーツを、あまり期待しないで待ってます。
っていうか、商談すすめてたときのような軽快なレスポンスなくなっちゃって。
クレームつけすぎたからかなぁ、とにかく店長待ち切れず、発光ギミックなおしちゃったのでした。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-27 09:30 | プロップ
SIDKIT製2005年版ブラスターキットWorld Con Ver.
また店長、デッカードブラスターをひとつ、仕上げちゃったよ。
本当は店主の最近の座右の銃(この前まではP38アンクルタイプ)、HWSのリペイント版ブラスターをもっとディテーリングする計画だったんだけれど、たった一晩でも手元からなくなるのイヤだって抵抗したもんだから、彼の提案で予定変更。
とっくに絶版になってるSIDKIT(イタリア)の樹脂製ブラスターキットをWorld Con Ver.化することに。
店長の受け売りだけど、このガレージキットはリチャードコイル版にかなり近い。
パーツ数も多く弾丸シリンダーの展開、ボルトのプルギミックも付いているけれど、パーツの精度や抜けはドッペルゲンガー製よりも劣り、組み立ての難易度は高めなんだって。
改造点を列挙するよ。
1.金属風塗装とグリップボディ黒仕上げ。
2.5つ目のLED再現および、その外周部分の加工。
3.グリップのクリヤー仕上げとコンパウンドによる磨きこみ。
4.レーザーサイト風パーツの先端と後ろにクリヤーグリーンパーツを組込み、全体の位置を少し傾ける。
5.ステアーマガジン部の左サイドにビスパーツを2本追加。
6.横に飛び出た白いコードを追加。
7.当店特製ボタンパーツの追加。
以上、まぁ見てくださいな。
SIDKIT製2005年版ブラスターキットWorld Con Ver._a0077842_9332199.jpg
あなたの樹脂製ブラスターがオモチャに思えてきそうな気配でしょ。
店長、これだけは言っといてほしいって。
つまり、今回のキットは完全ワンオフのデモンストレーションだけれど、希望者がいれば販売もオッケー。
当店直輸入のOFF-WORLD MFG版を使ったカスタム製作なら、もう大歓迎だって。
興味がおありでしたら留之助ホームページ経由で店長宛にメールか電話で、どうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-18 10:07 | プロップ
かんべんしてくださいよ、OFF-WORLD MFGさん。
かんべんしてくださいよ、OFF-WORLD MFGさん。_a0077842_1355236.jpgフェデックスから電話があって、OFF-WORLD MFGのデッカードブラスターが税関で止まってる。
中にインヴォイスが安いのと高いのと2種類入ってて、どっちが本当だってことになったらしいよ。
もし安い方なら、それを証明するものを提出しろだってさ。
遅配になるのはイヤだし、しょうがないから高い方だって伝えたら、今度は高いのと安いのを足した値段に税金かけるといわれて、もう、怒れるよね。
誰にって、OFF-WORLD MFGだよ、まったく。
高い方は正規の値段(たぶん)、安い方は節税用の値段。
節税用のインヴォイスって、うちみたいな細々営業の輸入業者にとっては苦肉の策だよね。
もちろんリスクはあるよ。
もし品物が壊れたりしたら、申告した値段でしか保険金は支払われないからね。
でも、小売業は税務署とちがって消費者の味方だから、お財布の負担を軽くするためには多少の冒険はいとわない。
とにかくOFF-WORLD MFGにはそこらへんのことを言い含めたはずなのに、箱の奥からもう1通、いらないインヴォイスが出てきた。
2種類あれば、そりゃ、問題視されちゃうよ。
いいかい、決済はpaypalだから商品代金に送料足して5パーセントの手数料とられるんだし、そこへ高いのと安いの足したダブルの商品代金に3パーセントの関税と3パーセントの消費税がオマケでついてごらん、Monsters In Motionで買うのとそんなに変わらない値段になるじゃない。
送料がちょい浮くぐらい?
商人(あきんど)は言うよね、こちとら遊びで商売してんじゃないって。
でも、こうも言うよね、損して元とれ。
店主はどっちかっていうと後者の類いなんだろうけど、元っていつとれるんだろうって考えちゃうよ。
とりあえずあす月曜日、デッカードブラスター到着します。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-17 14:24 | プロップ
ひつこいようだけどOFF-WORLD MFG版ブラスター。
いまごろになってMONSTERS IN MOTIONからメールがあり、6月にオーダーした1個を21日以内に送るといってきた。
一度は在庫切れメール送ってよこしながら、変じゃない?
しかも21日以内って、どーゆー意味かしらん。
キャンセルしようとしたらクレジットカード決済されていて、いまさら面倒だし、この分だけは買うことにして11月のオーダー分はキャンセルしたいと申し入れた。
で、OFF-WORLD MFGの主催者Desmon Wilkerson(デスモン・ウィルカーソン)にそこらへんのいきさつを話したら、いろいろ事情が分かってきた。
MONSTERS IN MOTIONは在庫を持たないのが信条らしい。
たとえば今回のブラスターも早い時期から予約を募り、相当数の注文を確保しておいて、OFF-WORLD MFGが出荷スタンバイできたころ、予約注文者が登録しておいたクレジットカードの決済をする。
で、手っ取り早く決済できた分だけ、OFF-WORLD MFGへ出荷を要請。
これじゃ注文から発送まで、タラタラ時間かかるはずだよ。
しかも手数料の割高なアメックスでの注文は後回しになることも。
なんとリスク皆無なビジネスであることやら。
それに引きかえうちはいろいろと在庫の山で、見習いたいような・・・。
OFF-WORLD MFG版ブラスターはアメリカの法律に従いバレルに赤いキャップが埋めてある。
ムリに取り除こうとするとバレルそのものを痛めかねないシッカリ具合だが、当店へは緩めに加工したもの(この意味、お分かりですよね)が来週中に入荷する。
本日より、留之助商店ホームページの入荷新着情報で予約受け付けます。
例のマイナススクリューに被せる当店特製塗装済みキャップのオマケ付き。
よろしかったら、どうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-13 12:09 | プロップ