タグ:ドクター・ディストラクション ( 6 ) タグの人気記事
あのテキーラとドクターが帰って来た
鳴りを潜めていたルチャリブレ・バトル・フィギュアの創作集団MUTTPOPから、お馴染みTequila(テキーラ)とDr. Destruction(ドクター・ディストラクション)の新色が届いた。
前者はパリのショップ&メーカーのArtoyzがジャパン・エキスポで発売したショップ限定のGamma Ray edition(ガンマ・レイ版)、後者は最新のGID edition(夜光版)である。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
あのテキーラとドクターが帰って来た_a0077842_0511788.jpg
These are the Lucha Libre figures from Muttpop after a long time. Tequila Gamma Ray was originally released at the Japan Expo by Artoyz x Muttpop.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-07-28 01:02 | 商店入荷新着情報
これ以上の派手はない新ドクター・ディストラクション。
後にも先にも、こんな安ぴかのドクター・ディストラクションは出ないでしょう。
しかもこのDr. Destruction Wild Editionは、いまは廃業してしまったオンライン・モチャ屋、SelectStartNowから去年の6月にショップ限定として250個だけ発売され、MUTTPOPのコンプリートに励む店主としてはバカ高な送料(商品代金のちょうど半分)に首をかしげながら買ったヤツ。
それがこともあろうに、売れ残っていたらしい1ケースだけがMUTTPOPから卸値で放出されて、NYのmy plastic heartと分け合った次第、よって2度と市場には出ない、出てはいかんと思う。
店主が投じた金額より、25%も安くあなたが買えるなんて、絶対、理不尽だもの。
これ以上の派手はない新ドクター・ディストラクション。_a0077842_21493751.jpg
これ以上の派手はない新ドクター・ディストラクション。_a0077842_21495159.jpg
いろんなドクター・ディストラクションの在庫をチェック→ http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Dr%2EDestruction/
by tomenosuke_2006 | 2009-11-18 21:52 | 商店入荷新着情報
入荷新着情報に危険を追加しました。
コジックさんによる同志ドクター・ディストラクション、マッカッカの箱に入れられ到着しました。
入荷新着情報に危険を追加しました。_a0077842_202228.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-03 20:10 | 商店入荷新着情報
どーだ、マッカッカのドクター・ディストラクション。
レギュラーは発売早々に売り切れて、SDCC 2008限定版は在庫僅少の、留之助では3バリアント目に当たるその名もコムレード(同志)ドクター・ディストラクションが近日デビューする。
カーキの上下にカーキのマント、背には槌と鎌を交差させた労働者と農民を表すシンボルマークにCCCP(ソビエト社会主義共和国連邦)の頭文字、マントの内側は革命を意味するマッカッカ。
もちろんそんなこと考えるのは隠れ共産主義者(?)のコジックさんしかいないでしょう。
どーだ、マッカッカのドクター・ディストラクション。_a0077842_9265224.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-19 09:41
もうこれくらいにしときましょうね。
SDCC 2008限定モチャのこれが最後の入荷情報だと思います。
あのドクター・ディストラクションのブラック・ビーン(黒豆)仕様、全国数名のMUTTPOPファンの皆さんには気になる存在じゃございませんか。
これはグレートーン版のクラシコに似て非なるもの、きっぱりとしたハイコントラストのB&W仕様で、その名も黒豆一家という。
その第1弾がSDCC 2008で250個のみ発売されたドクター・ディストラクション、ダークな感じがいっそう強調されております。
このあと深夜0時より予約受付開始。
ちなみにその他のSDCC 2008限定モチャは、榎本店長の仕切りで商談がはじまってる模様です。
もうこれくらいにしときましょうね。_a0077842_17184865.jpg


黒豆ファミリー、見てみませんかぁ。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-03 17:23
マットップ・オリジナルの5人目、登場。
昔話になっちゃうけれど、父(他界)の友人(病床に臥す)のその父親(とっくに他界)がかつて岐阜県のプロレス興行を仕切る大親分だった関係で、当時、小5か6の店主はたまに岐阜市の会場のリングサイドで力道山や吉村道明やデストロイヤーの死闘を見物したシアワセな少年だった。
そればかりか力道山にサインをもらったり、抱き上げられたり、カルホーンに追いかけられたのは怖かったけれど、何から何まで嬉しすぎた。
そういう時代、ようするにプロレスの第1期黄金時代、日曜日の朝(中部地区のみ?)の『チャンピオン太』は必見のTV番組だったのだ。
本物の力道山が毎週登場し、弟子の太(ふとし)少年を励まして、最後は太の華麗なる必殺技“飛行機投げ”(だったと思う)によるお約束の勝利。
敵の腕を両手でつかみ、砲丸投げのようにグルングルン振り回して、エイッとやる。
子どもが卑劣な大人(悪役レスラー)をねじ伏せる姿にカタルシスを覚えないではいられなかった。
マットップ・オリジナルの5人目、登場。_a0077842_2585495.jpg
なんてことを思い出してしまったのは、覆面メキシカン・レスラーやその仲間たちがLAでもっとも荒れている東地区を、まるで巨大なリングさながらに暴れ回るコミックスLUCHA LIBREや、それをもとにMUTTPOPブランドで作られている一連のフィギュアに、古き良き時代のプロレスの夢と虚構を見てとったからである。
派手でショーアップされた技の応酬、誇張の極み。
勝利のためなら汚い手段も反則さえいとわない悪役たち、片や傷つきいまにも崩れそうな正義のレスラーは最後の最後で奇跡のどんでん返しを演じてみせる。
手に汗握る、少年の期待をけっして裏切らない勧善懲悪デスマッチ、まさしくマットップの世界はチャンピオン太の路上版なのだ。
マットップ・オリジナルの5人目、登場。_a0077842_2593196.jpg
マットップ・フィギュアはこれまでに4キャラがデビューしている。
詳しくは前の記事をチェックしてもらうとして、いまではカラーバリアントを入れるとその倍以上のラインナップに成長した。
まずはすぐ上の画像、コミックスLUCHA LIBRE第1号の裏表紙を飾った4人がオリジナル・カラーといわれているヤツで、左からレッド・デーモンミニ・ゴビエル・パンダ(当店売り切れ)、テキーラ(絶版)。
そして下のLUCHA LIBRE第2号の裏表紙にはレッド・デーモンとミニ・ゴビの新作クラシック・カラーが。
ちなみにエル・パンダはマスクをつけた力道山、テキーラは変装した豊登に思えないでもない。
マットップ・オリジナルの5人目、登場。_a0077842_303572.jpg
で、上記の当店売り切れ商品、絶版、新作など、まもなく勢ぞろいする予定なんだよ、マットポップ・オリジナルの最新作にして第5番目のキャラ、ドクター・ディストラクション(下)のデビューを記念して。
ついでに留之助書店用に上の2種類のコミックスも届く予定だからね。
コミックスではまぼろし探偵(って言ってもピンとこないかと思うけれど)のような赤いベレー帽に黒マスクの屈強な手下3人を率いて、1979年式シトロエンCXで東地区に殴り込みをかけるドクター・ディストラクション。
治安維持のためテキーラやエル・パンダが迎え撃つ。
汚い手口でやられてやられてズタズタにされながら、ドクターの勝利かと思う瞬間、願いどおりの奇跡が・・・。
というわけでこんな映像などご覧いただければさいわいです。
マットップ・オリジナルの5人目、登場。_a0077842_31171.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-01-23 23:59