タグ:ハリソン・フォード・シグネチャー・エディション ( 1 ) タグの人気記事
米国EFXとカスタム競演
New approach of the custom Tomenosuke Blaster

数ヶ月前、ハリコレさんを介し、米国EFXから100挺限定の特別な留ブラについて興味深い提案をいただきました。
もちろん即座にその計画に乗ることを決め、留ブラ本体だけでなく、専用パッケージやその他の仕様についても検討をはじめました。
しばらくたってEFXはオリジナル・プロップを参考にカスタム留ブラを25挺、自社製作することを決め、早々に見本を完成させて、彼らのホームページで発表しました。
おもにペイントによる大胆なウェザリングを施した、インパクトのある仕上げです。
しかし当店では去年末に佐藤加寿彦さんにお願いし、留ブラを完全に分解して、亜鉛ダイキャスト・パーツはブルーイングしなおし、その他すべてのパーツにも手を加えたオリジナル・プロップともいえるワーコン・カスタムを発表していたので、同じような製品を造るつもりはまったくありません。
どんなカスタムにすべきか悩んでいた矢先、 2018-08-27のブログで紹介したビデオを観て方向が決まったのです。
あの本物のシュタイヤー・マンリッヒャー・ライフルのレシーバーと本物のチャーターアームズ・ブルドッグを使った発砲用カスタム留ブラのような、抑えたウェザリングながら実銃さながらのオーラを放つ特別なブラスターを目指す。
当店がプロデュースするカスタム留ブラは75挺です。
そこで徳さんと佐藤さんのコラボ(分業)が実現しました。
徳さんには亜鉛ダイキャスト製のレシーバーまわりを徹底的にブラッシュアップしてもらうことになりました。
鋳物では再現しきれないレシーバー先端やボルトの溝の、鋼鉄製ならではの鋭いエッジの再現にはじまり、徳さんスペシャルでお馴染みの完璧なブルーイングを施したのちのウェザリングです。
佐藤さんには他のパーツをじっくり弄ってもらい、最後の仕上げと組み立て(最初の分解も)をお願いしました。
その結果、美しく抑制のきいた、それでいて恐ろしく迫力に満ちたカスタム留ブラの第1号が仕上がったのです。
どうぞ画像をご覧ください。
しかしEFXからの提案とは、お互いの持ち味を活かしたカスタム留ブラを製作するのが主目的ではなく、さらにサプライズな計画があるのでした。
a0077842_23310944.jpg
A few months ago, I received an interesting proposal from EFX via our distributor Hollywood collector's Gallery about Tomenosuke Blaster Special Edition produced in 100 pieces only. As you would expect, I decided to take on the project right away, and I started to consider the specifications not only for the Blaster itself, but also for dedicated packaging and more.
After a while, EFX decided to produce 25 pieces of the Custom Tomenosuke Blaster based on the original prop by themselves. They quickly completed the sample and announced it on their website. The sample is finished to have impact, with bold weathering effects that have been achieved largely relying on paint.
However, late last year, I asked Kazuhiko Sato-san to completely disassemble Tomenosuke Blaster and remake the zinc die-cast parts with Bluing. I also revised all parts and announced the World Convention Model (same as original Prop) , so I do not want to create the same kind of custom product again. Just when I was agonizing over what kind of custom product this should be, I saw the video of the blog entry for 2018-08-27, and this decided the way I should to go. I would aim for a special Tomenosuke Blaster that has an aura of a real gun, with a limited amount of weathering, rather like the firing model that uses a real Charter Arms Bulldog and a real Steyr Mannlicher Rifle receiver.
We will be producing 75 of them. This has resulted in a collaboration between Nobutaka Toku (aka Toku-san) and Sato-san, in terms of division of labor. Toku-san ended up making major revisions to the zinc die-cast receiver, the bolt handle, and the bolt. Starting with the tip of the receiver, which is impossible to reproduce through casting, and the reproduction of the sharp edge of the groove of the bolt which is unique to steel, this is a kind of weathering that is achieved after thorough bluing, which is the Toku-san special that we are familiar with.
I asked Sato-san to take a careful look at the other parts, together with the final finishing and assembly (together with the initial disassembly).
As a result, I have completed edition #1 of a beautifully restrained, but also frighteningly powerful Custom Tomenosuke Blaster.
Please take a look at the images. However, the main aim of this proposal from EFX was not to announce a Custom Tomenosuke Blaster that makes the most of both our personalities. There was another surprising scheme in mind.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-09-24 00:14 | 留之助ブラスター