タグ:バクレツパイナップル ( 3 ) タグの人気記事
追加レポート、アンクルガンのフルオートについて。
なぜかフルオートのことが気になって。
これはその昔、店主がFILM FANTASTIC 3/SF-F映画テレビ大鑑1960-1964(1984年講談社刊)に収録した『0011 ナポレオン・ソロ』のエピソードガイドと、おぼろげな記憶を頼りに、2年前TIME LIFE社から発売されたDVDをざっとチェックしたレポートです。
以前CSで放送された日本語吹き替え版のコピーをお持ちの、先だってアンクルタイプ留之助ver.6のストック製作を担当された機械工氏からもアドバイスをいただきました。

アンクルカービンをフルオートのように連射するシーンは意外に少なく、全シリーズを通じて次の3話が確認できる。
そのひとつは第1シーズンの7話"The Giuoco Piano Affair"、日本では2話目に放送された『アンデスにロケットをぶちこむ』の冒頭のシーン。
次ぎに15話"The Deadly Decoy Affair"、日本では3話の『手錠のままのアベック』の前半で繰り広げられるスラッシュ対アンクルの銃撃戦。
ただしここに登場するアンクルカービンはエクステンション・バレルの先にサイレンサーではなくオープンエンド・フラッシュハイダーを取り付け、スコープは外されている。
そして最後は第2シーズンの通算30話に当たる"Alexander the Greater Affair, Part 1"の中盤、31話のPart 2とともに『地獄へ道づれ』のタイトルで劇場公開され、件のシーンはポスターの絵柄にもなっている。
で、暇にまかせてじっくり観察した結果、フルオートは存在しなかったとの結論に達した。
追加レポート、アンクルガンのフルオートについて。_a0077842_15194239.jpg
『アンデスにロケットをぶちこむ』(上の画像)の冒頭でヘリの急襲に遭いアンクルカービンで反撃するアンクルエージェントは、トリガーを器用に繰り返し引いてセミオートで連射している。
ただし小刻みなフルオートの効果音が使われているため、錯覚してしまうのだ。
ちなみにCSでは『アンデスにロケットを撃ちこめ』に改題、放送された。
追加レポート、アンクルガンのフルオートについて。_a0077842_154634.jpg
『手錠のままのアベック』(上の画像)こそ唯一フルオートのアンクル・カービンが登場したエピソードだと思っていたが、勘違いだった。
US-M2をベースにしたスラッシュライフルが発するフルオートの銃声がアンクルカービンのカットにかぶさっただけで、アンクルカービンはセミオートの断続的なブローバック・アクションを見せている。
追加レポート、アンクルガンのフルオートについて。_a0077842_194191.jpg
『地獄へ道づれ』(上の画像)のポスターにもなったアンクルカービンを握るソロとイリアの銃撃アクションほど、フルオートの効果音に助けられたシーンもないだろう。
ソロはかろうじて何発か発射させているけれど、イリアは銃がジャムったにちがいない、スライドを何度も引いたり押したりしているだけなのだ。
リテイクなしの1発撮りというあたりが低予算のテレビ・シリーズらしいところ。
銃撃戦の直後、イリヤがスライドをゴリゴリやった指をソロに見せながら "I cut my finger"(指を切っちゃったよ)とアドリブを言うのだけれど、ソロは何のことだかピンとこない様子で、それがまたとぼけた感じのいい雰囲気を醸し出していた。

というわけでアンクルグリップの右側上部の切り込みは不発ミスを防ぐための加工の痕だと考えて間違いないだろう。
もしかしたら『地獄へ道づれ』のイリヤが手にしたアンクルカービンはその処理がなされていないものだったのかも。
下の画像は例の切り込みを再現した、いまでは懐かしいバクレツパイナップル製フラットグリップ装着のマルゼンP38エアガン2種である。
バクレツさん、元気かなぁ。
追加レポート、アンクルガンのフルオートについて。_a0077842_22381443.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-12-19 23:59 | TV・映画・ビデオ
バクレツさん、ありがとう。
ワルサーP38アンクルタイプ(ハンドガン)のカスタムメイドで有名なバクレツパイナップルさんが、やってくれました。
マルゼンP38ガスブローバックエアーガン対応のアンクルタイプ・ロングマガジン(下の写真)の製作を開始されたんですよ。
これでロジックさんのパーツといっしょに組み上げれば世界で最初のガスブローバックするアンクルカービンの出来上がりです。
バクレツさん、ありがとう。_a0077842_9194517.jpg

アメリカのU.N.C.L.E. Gun.Comもマルゼン用のロングマガジン(下の写真)を作ってますが、こちらは外見だけのダミー。
手にしてほくそ笑み、飾って満足するアメリカ式の価値観に基づく製品で、じつは1年近くまえに受注しながら、まだ製品化できてません。
バクレツさん、ありがとう。_a0077842_9215672.jpg
バクレツさんのロングマガジンは延長部分にマルイ製の“作るモデルガンキットP38”のマガジンを応用し、両サイドのマガジンホールからは内部のスプリングが見えるという凝りようです。
ガス注入用のロングアダプターと、ガスボンベのノズルにかぶせる逆噴射防止用オーリングが付属して、仕上げはマットブラック塗装。
詳しくはバクレツさんのホームページをご覧ください。
これが届いたらお店にアンクルカービンを1セット、出そうかと思います。

バクレツさん、ありがとう。_a0077842_9533475.jpg

上の写真は店主の書庫から苦労して見つけ出した米誌Popular Scienceの1965年12月号の記事のスキャン。ナポソロの珍発明品(クレイジーガジェット)が真面目な科学雑誌に紹介されました。今度はリアルなスラッシュライフルが欲しいなぁ、個人的に。どなたかCMCのM1かM2カービン・ベースに作っていただけませんでしょうか。


by tomenosuke_2006 | 2006-11-15 10:00 | プロップ
復活!バクレツパイナップル!
2,3日まえ、ワルサーP38アンクルタイプの現況をお伝えしましたが、その中でバクレツパイナップルさんがアンクルタイプの製作をやめたというようなことを書きました。
が、なんと9月に復活してたことが分かりました。
ここに訂正をかね、ご紹介させていただきます。
復活!バクレツパイナップル!_a0077842_13205053.jpg
上の写真が最新のバクレツ・アンクルタイプです。
ベースはマルシン製HWモデルガン。
焼き入れ着色仕上げした12ホールタイプのスチール製一体削り出しマズルブレーキを、短くカットしたバレルに接着固定してあります。
またグリップはプラキャストを磨き上げ、ストック取付け用T字のスリットをリアルに再現、これまでのグリップ以上に肉厚な仕上がりになってます。
ほしい人はベース用のモデルガンを用意して、バクレツさんに加工してもらってください。
詳しくはバクレツさんのリニューアルしたサイトを参照。
ここのコラムが、また面白いです、タメになります。

ところで、奇遇かなバクレツさんも店主と同い年の53才。
53才は話が合いますというわけで、留之助商店でもバクレツ・アンクルタイプの完成モデルを再販させていただくことになりました。
用意できしだい、当店サイトの入荷新着情報でアナウンスします。
ご期待ください。
by tomenosuke_2006 | 2006-10-18 14:08 | プロップ