タグ:バド&ネイド ( 28 ) タグの人気記事
やっぱり、ブロウアップ・ドールだった。
先のポストでBuds Seriesに名称変更したとお伝えしましたが、品物が到着してみると、パッケージにはBlow Up Dolls Series 3の文字が。
JAMUNGOの案内にバドとあったから、まんま鵜呑みにしたわけで、ここに謹んで訂正させていただきます。
やっぱりブロウアップ・ドールでした。
プラットフォームはいつものバドにファイアが加わり、ダニー・シリーズでもお馴染みのアーティストが多数参加して、いい賑わいをみせている。
ぜんぶで16種類、内2個がシークレット、混入率が低いチェイスが4個用意され、ほかにやや低いのが1個(あのクラッピー・キャットのミニ版)、で、比較的出やすいレギュラーが9個あることが、その後の調査と研究で判明しました。
25個入りケースひとつだけですべて揃うかは保証できませんが、ケース買いの太っ腹なお客さま大歓迎!、ぼちぼち商店にならべます。
とりあえず下にレギュラー9人衆をご紹介させていただきますね、これだけでも十分イカシテます。
a0077842_992787.jpg
JAMUNGOモチャの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/i13/

More: コレクターズ・チェックリストの代わりにどうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2009-12-02 09:21 | 商店入荷新着情報
ブロウアップ・ドールからバッズに名称変更しての登場だ。
2年以上もたつんだ、2007年の8月にシリーズ2が出て、ひさしぶりにシリーズ3が発表になった、もちろん近日入荷する。
男の子が大好きなモチャメーカーJAMUNGO(ジャムンゴ)のブラインドボックス入りミニフィギュア・シリーズのこと、Blow Up Dolls SeriesからBuds Seriesに呼び名が変わった。
途中、Bud of the Monthで新作を小出しにしてきたけれど、やっぱ、ドドーンと団体さんで来てもらった方が盛り上るね。
アーティストも3インチ・ダニー・シリーズや3.5インチ・テディ・トゥループ・シリーズで活躍のワールドワイドな顔ぶれ、いまのところ14種類が紹介されているけれど、それでぜんぶなのか、シークレット・チェイスがあるのか、どんな混入率なのかなど、入荷するまで分からない。
a0077842_18103856.jpg
とりあえず参加アーティストは以下のとおり。
MAD、Yuck、Jon BurgermanVanBeaterSauerkidsJim KochJesse LeDouxFERGSuperdeuxAesthetic ApparatusPediniKenn MunkFrank KozikBrian Morris、Muttpop、とまぁ、お馴染みさんが大勢います。 

JAMUNGOモチャの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/i13/

More: 代表アーティスト作品をご紹介。
by tomenosuke_2006 | 2009-11-14 18:44
入荷しないっていう、お知らせです。
自分のことは棚に上げ、言わせてもらえば「約束がちがうじゃないかぁーッ」である。
同一デザインのレギュラーとクリアが18対7の割合でブラインドボックスに入れられ、計25個入りディスプレーケースで届くBud of the Monthシリーズ。
お約束の月一が都合で遅れるのはいいし、ほとんど完売することなくお店のミニフィギュア・コーナーでケースがどんどん積み上げられていく様子を見るのも慣れた。
なんか利息の付かない定期積金みたいだね、なんてジョーダン言えるまでにもなった、ちょいヤケクソだけど。
店主はしかしこのバド・オブ・ザ・マンスが好きなのだ、誰が何と言おうとシリーズが終わるまで、店主の命ある限り新作を仕入れるつもりでいた。
のに、メーカーのJAMUNGOさん、新作の発表を後回しにして、いままでの在庫に新作を足した25個入りのアソート・ケースを出すなんてヒドイと思います。
ウチのお客さまでバド・オブ・ザ・マンスのコンプリートを目指し日夜散在している方が約3名、彼らにはなんて言い訳すればいいのでしょうか。
とりあえず新作はノドから手が出るほど欲しいけれど、旧作もいっしょだとさらに在庫が増えて経営を圧迫するのは火を見るより明らか、だから今度のBONKR-BUSTRはジッとガマンの子に徹します。
どうぞ、ご理解ください、3名様。
a0077842_2344176.jpg
JAMUNGOの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/i13/
by tomenosuke_2006 | 2009-10-14 12:08
新着バド・オブ・ザ・マンス。
当初はプレイメイトみたいに毎月新人を登場させるつもりだったんだろうね、けれど諸般の事情により不定期化してしまったJAMUNGOのミニフィギュア・シリーズBUD OF THE MONTH(今月のバド)、の通算6個目の最新作が届いた。
シリーズの生みの親でJAMUNGOのキーデザイナーVan Beaterが投下型爆弾をベースに、けっこう凶暴そうなネコ版を創作している。
“和”のテイストが入った新鮮なスキンデザイン、毎回バラエティー豊かで、他のミニフィギュア・シリーズとはちがって、ちょっとずつ仲間が増えていくこのバド・オブ・ザ・マンスが待ち遠しい人の気持ちがよーく分かる。
新作の呼び名は作者の名前を冠したBeatercat(ビーターキャット)、いつも通り世界限定1000個の内、レギュラーカラーが720個、クリアーチェイスが280個用意される。
留之助に25個入りケース(レギュラー18個、クリア7個)がひとつ入るのもいつも通り。
毎回、完売しないまま在庫が増え続けるのもいつも通り。
店主、アキンドのまえに、何が何でもコンプリートしたい病めるコレクターだということが、留之助商店の経営を危うくしているのもいつも通り。
a0077842_14382795.jpg
歴代バド・オブ・ザ・マンスの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Bud+of+the+Month/
by tomenosuke_2006 | 2009-09-10 09:51 | 商店入荷新着情報
ターミネーター4公開記念、ターミネイド発売開始!
なんて大袈裟なことでもないか。
でも、先行ロードショーには間に合わなかったけれど、一般公開までには入荷したね、あのTerminade by Van Beater
で、これを機会にバド・オブ・ザ・マンス全種の価格を改定、ほんの少し買いやすくなりました。
このシリーズのお約束事ですが、ご存知でない方のためにあえてお話しますと、ブラインドボックス25個入りケースのうち、18:7の割合でレギュラーとスケルトンの2種類が入っている。
そーいえばURFKT2・ボトムのひとケースが何かの間違いで25個ぜんぶレアのスケルトンだったことがあり、お客さまに大変ご迷惑をおかけしました。
最初の1個でレアのスケルトンを引き当てて大喜び、で、レギュラーも欲しいからもう1個買うとこれもスケルトン、なんてついてるんだろうと思いながら3個目でレギュラーを狙うもやっぱりスケルトン、突如店内の空気がドーンっと重くなリ。
ところで先週末が先行ロードショーだったなんて知らず、きのうT4観ようと高山旭座へ出かけて恥をかいた店主は世間知らず、それとも老人性認知症のはじまり?
a0077842_10243120.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-06-11 10:30 | 商店入荷新着情報
タイムリーにターミネイド。
タイムリーな企画だとは思うけれど、ようはサッサと送り届けてくれるかっていうこと。
Bud of the Monthの最新シリーズが発表されたというのに、まだ前作のMCA作Death Penosoさえ到着していないんだからね。
ま、いまんところバド&ネイドの熱烈なコレクターは店主を含め日本に3人ぐらいだし、みなさん忍耐強いオトナばかりで不平も言わずに待っててくれるからいいものを、こんなの見せられたら1日も早く、お店に並べたいじゃないですか。
手榴弾のネイドと6月13日(土)より全国一斉ロードショー公開の『ターミネーター4』のタイトルロールが合体した3.5インチ(9センチ)ターミネイド。
デザイナーはJAMUNGOモチャですっかりお馴染みのVan Beater、そう、アマゾンの半魚人バドとか、クラッピーキャットの作者のヴァン・ビーターです。
a0077842_23241618.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-15 23:25
今度のBUD OF THE MONTH。
JAMUNGOから2008年12月発売Toxic Waters Bud以来のバド・オブ・ザ・マンスの案内が。
毎月どころか、隔月でもないのがよかった、粒よりでいいと思うんだけれどね、デザインによっては25個入りケースを売り切るのも至難の“今月のバド”だから。
留之助では新作が完成するたび自動的に送られてくる定期購読契約をしているから、欲しい人には必ずお届けできる。
で、新作は3.5インチのブラインドボックスBlow Up Dollsシリーズ2にもデザインを提供していたMCA作。
あの時の目ヤニ無精ヒゲのバド(左下)をスカル化したようなデザイン、今月のバド最初のアクセサリー付き。
例によって25ケース中8個がレア、それがいつもどおりのスケルトンかどうかは発表されていない。
a0077842_16454796.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-23 16:48
地味ですが、やってます、の2。
角張っているのと丸っこいのと、カタチに違いはあっても、MOD:1によく似て華々しいわけではなく、むしろ話題になり方も売れ方も、いたって地味な、だけれど新製品が出たとなると絶対外せないのがこれ、JAMUNGOのBUD & NADEである。
で、今度はDIY用にも使えるし、ブランクのまんま飾っても絵になるサーフェイサーを吹いたようないい感じの9インチ(23センチ)グレイ版の登場だ。
なぜかホワイト版よりも油性マジックのイタズラ書きがしっくり馴染みそうな雰囲気がある。
これから入荷新着情報に並べます。
a0077842_23522217.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-16 00:01 | 商店入荷新着情報
Dieselfuel Artist Series情報その2。
ナース姿の爆裂バド、こちらもまたロックポスター・アーティストCasey Burnsの初めての立体作品である。
2004年8月に描いたポスター、Sonic Youthのナースをお手本にしたんだとか。
確かに色合いはそっくりだけどベースが球体だと色っぽさは消えうせて、けっこう頼りがいのあるベテラン婦長さんぽくなる?
a0077842_9163928.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-09 23:30
Dieselfuel Artist Series情報その1。
紫のアイシャドーしっかり入れた爆裂バドの作者はロックポスター・アーティストのStainboy、最近、Vicious Intent(ヴィシャス・インテント=邪悪な考え)というタイトルの作品集を出版したばかりだ。
この本にコジックさんが序文を寄せているあたり、ステインボーイも隅に置けない悪い子なんだろうね、モチャ界での活躍を期待したい。
a0077842_23102674.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-09 23:15