タグ:ペーパークラフト ( 3 ) タグの人気記事
2倍サイズの手榴弾も同時発売です。
お待たせしました、ついにドイツの出版社Gestalten(ゲシュタルテン)製模造銃の発売です。
安心安全なパルプ100パーセントの既報の3大マシンガンM4A8、MP5、UZIに加え、なんと実物の2倍(幅21センチx高さ30センチ)はあろうかと思われるMills bomb(ミルズ型手榴弾)もいっしょに入荷しました。
ところでアメリカ軍が第二次大戦で使ったマークII手榴弾はパイナップルのニックネームで呼ばれたものですが、この第一次大戦時のイギリスに誕生し、マークII手榴弾のお手本にもなったといわれるミルズ型手榴弾をですね、特大サイズで再現したこちらのペーパークラフトは、まさしくよく育った本物のパイナップルに匹敵し、やけにポップなんですよ。
店主に工作の腕があれば、組み立てて机の脇にでも飾りたいくらい。
a0077842_1314392.jpg
紙製兵器の書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Paper+Craft/
手榴弾の商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/NADE/
by tomenosuke_2006 | 2009-12-27 01:39 | 書店入荷新着情報
出版会社が製造した兵器である。
Colt M16のコンパクト・バージョンであり、1960年代、合衆国海兵隊の標準武装銃として悪名をとどろかせ、ついにはベトナム戦争の拭いきれない悲しみのシンボルとなったM4A8。
その精巧な模造銃の但し書きには"for ages 18 and up and is for experienced crafters!"とある。
つまり18才以上ならだれでも買えるそこらのエアガンや電動ガンではないのだ、これを我が物にしたくば経験豊かな工芸技能を要する。
a0077842_8433893.jpg
去年好評を博したAK47・ペーパーガン・モデル・キットに次いで、ドイツの出版社ゲシュタルテンが新たに3種の長モノを投入してきた。
そのひとつが先述のM4A8であり、ドイツのヘッケラー&コッホ (H&K) 社が対テロ特殊部隊向けに開発したマシンピストルMP5と、イスラエル初の国産兵器として1951年に陸軍中佐ウジール・ガルが完成させたマイクロマシンガンUZIである。
ペーパー・クラフト作家のPostler Fergusonの精密な仕事ぶりが、実銃と紛う方なき完成度を実現し、結果、製作難易度を高めている。
当店で前作のAK47を購入された方が首尾よく完成させたという話は聞いていない。
あのexperienced crafterでもある榎本店長ですら挑戦したいと言いながら、まだ手付かずだ。
よって、どれほどの技能を要するのか具体的に語れないのが残念である。
殺人兵器の姿をかりた、踏めばグシャリとなる真っ白の紙細工に、殺伐とした世界情勢への嘆きと平和への強い思いを感じるのは店主だけだろうか。
ペーパーガン・モデル・キットの新作は11月下旬に入荷の予定。
a0077842_10181389.jpg
AK47 書店にて発売中→http://tomeshoten.exblog.jp/9458005/
by tomenosuke_2006 | 2009-10-29 10:24 | 書店入荷新着情報
もっとも安全なAK-47。
a0077842_21444115.jpg
「人類史上最も人を殺した兵器」とか「小さな大量破壊兵器」と呼ばれる自動小銃AK-47。
構造がシンプルなうえ、部品の誤差を許容する甘い設計ゆえ密造されることも多く、ノンライセンスの不正規品を含めるとAKのこれまでの製造総数は1億挺を超える。
多数の武装勢力による紛争やテロリズムに盛んに使われて、中東やアフリカ諸国の内戦の終結を難しくしている一因ともなっている。
AK-47、極悪非道な火器の代名詞。
下に突き出た弾倉は伏せ撃ちに不向きだといわれ、映画やニュース映像ではよく銃を横にして構える姿を見るけれど、少しもカッコよくないばかりか、それこそ人でなしを象徴するポーズに思えてしかたがない。
a0077842_22221115.jpg
ロマンを感じさせてくれない銃は好きになれないし、だからマルイの電動エアーガン見たって触りたいとも思わないけれど、この白いAK-47は別。
留之助がちょくちょくお世話になっているドイツの出版社ゲシュタルテンの新刊案内にあったその名も『1:1 AK-47』、ペーパークラフト・ブックなんだよ。
組立て難易度“10”ぐらいの精巧さで、白いままにしておくのもいいし、DIYしても面白そうだね。
それはそうと当店の在庫にもAK-47関連のオブジェモチャがあったっけ。
これ(↓)、カラーリングの異なる4挺ものAK-47が付属するアンドリュー・ブランドウの狙撃屋バニーだよ。
お望みなら人でなしポーズだってとらすことができる留之助では珍しいヌイグルミ系、女の子向きとはいえない雰囲気が売れ残ってる理由なのかもね。
a0077842_2352049.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-27 23:05