タグ:レドラム・ダニー ( 10 ) タグの人気記事
レドラム・5インチ・ダニー、6月8日から発送です
Image comparison of 3 different sizes

歴代の20インチと8インチの間に、届いたばかりの5インチ・レドラム・ダニーを置いてみました。
なんとこの5インチ、小さいくせにいつものバナナのほかに、8インチのシークレットにしか付属しなかった血まみれの斧まで付いてるんですね。
発送は6月8日から、ただいま絶賛予約受付中です。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/xKBTtq
a0077842_16500258.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-06-04 16:53 | kidrobot 新製品情報
6月発売5インチ&8インチ・ダニー、予約開始
PRE-ORDER: Redrum 5" Dunny and 8" Plush Guts Dunny

既報のふたつのダニー、Kozikのレドラム・5インチ・ダニープラッシュ・ガッツ・8インチ・ダニーのパッケージ画像が本家から届いたついでに、予約を受け付けます。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/
a0077842_22100952.jpg

by tomenosuke_2006 | 2018-05-18 08:20 | kidrobot 新製品情報
6月発売のレドラム・5インチ・ダニー
PRE-ORDER SOON: Redrum 5" Dunny by Frank Kozik

コジック先生のレドラム・ダニーといえば、留之助商店開業間もない2006年11月に8インチ版が登場し、あっという間に完売して、駆け出しのモチャ屋としては驚くばかりでした。
ダニーというプラットフォーム・フィギュアが日本ではまだまだ無名でしたし、当店のオンラインショップのアクセス数ときたら1日わずか二桁程度。
作者コジック先生のネームバリューの賜物だと、感謝した次第です。
で、2008年にはレドラム・ダニーが20インチ版でリバイバル。
買ったはいいけど大きすぎて飾れないと、コレクターさんを大いに悩ませたのが昨日のことのように思い出されます。
そういうダニーにも歴史ありのレドラムが、6月、5インチ版となって帰って来るのです。
下の画像は、その完成品を手にポーズをとるコジック先生です。
入荷の暁には、3つのサイズのレドラム・ダニーを並べて記念撮影しようと思っています。
予約開始は2018-03-02のブログで紹介したプラッシュ・ガッツ・8インチ・ダニーと足並みそろえ、5月になってから。
いましばらくお待ちくださいね。
a0077842_23221622.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-04-19 00:04 | kidrobot 新製品情報
30日(日)午前0時、レドラム20インチの時間です。
a0077842_122316.jpg
キッドロボット製品はこのマークのある公認小売店でお買い求めください、なんてヤボはいわないけれど。
本家からKIDROBOT SEAL OF REAL(キッドロボット本物の章)というステッカーが届き、ちょっと自慢したくなったのよ。
これ、キッドロボットモチャ全製品(本家及びイベント限定販売品は別)が揃うショップの証し、日本では留之助だけ、だから今夜の20インチ・レドラム・ダニーも入荷するのです。
まえにもいったと思うけれど、このレドラム、留之助が公式に販売する最初の20インチで、8インチの方もまた留之助最初のキッドロボットモチャであり、はじめてのダニーなのだった、これも何かの縁ってもんです。
a0077842_1843927.jpg


歴代、20インチ・ダニーをご紹介。
by tomenosuke_2006 | 2008-11-29 14:44 | 商店入荷新着情報
わけわからん。
キッドロボットとの取り引きにはいくつかの約束事がある。
まず、オークションサイトへの出品は厳禁。
AmazonやYahooなどのサードパーティのオンラインショップでの販売も厳禁。
契約時に登録した店頭か独自に運営するホームページ、またはその両方でのみ販売が可能というもの。
だから11月28日アメリカ発売の20インチ・レドラム・ダニーが早くもeBayに定価の1.5倍の値段で、しかもふたつも出品されているのを見つけると、これは契約ショップが関与しているのではないかと思えてくる。
なことはどーでもいいけど、ひさしぶりの大ダニー、留之助ではオンラインで11月30日午前0時に発売の予定です。
a0077842_2335321.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-20 23:36
11月、今年最後のキッドロボットは。
初物っていうか、新企画のコジックラビットと極小(3インチ)と特大(20インチ)の2種類のダニーが登場する。
いつものことだけれど、ここで紹介するモチャの発売日はあくまでもキッドロボット本家直営店(オンラインを含む)のもので、留之助では、その週末の日曜日深夜0時からの発売となるのでお間違えのないように。

10月下旬or11月上旬
a0077842_7272468.jpg
Plush Labbits - Mustachio & Smorkin'
キッドロボットがはじめて作るプラッシュ(ヌイグルミ)、選ばれたのはお馴染みコジックさんのマスタッシュとスモーキンラビット。
店主、NYのキッドロボット本家で触って来ましたが、ホアホアの長さ7インチ(18センチ)は、なんというかイジッて遊ぶに気持ちのいいサイズだと感じました。
英語でアスホールっていうんですか、お約束のあのお尻の“黒点”もちゃんとありましたのでご心配なく。
こいつに限って発売日が10月の終わりから11月のはじめってことしか知らされてません、分かり次第、またご報告いたします。

11月20日
a0077842_7442640.jpg
Reindeer Dunny 3-Inch
クリスマス(商戦)が目前に迫ってきたんだなぁと思わせるミニダニーですね。
Chuckboy作の寄り目のトナカイ、その名もレインディア・ダニー、3インチ。
チャックボーイとはNYベースのウェッブ&グラフィック・デザイナー、Charles Hui(チャールズ・フイ)のペンネームらしいけれど、どんな人なのか詳しくは不明、こちらも分かり次第、ご報告いたします。
ブラインドボックス入りで2種類のシークレットチェイスが用意されるとか、去年10月発売のジンジャーマン・ダニーと同じコンセプトです。
欲しい人全員に行き渡るよう、たっぷり入荷いたします。

11月27日
a0077842_841132.jpg
Redrum Dunny 20-Inch
ジャジャジャ〜ンの鳴り物入りで、ついにあの伝説のダニーが20インチ(高さ50センチ強)になって帰ってくる!
世界限定たったの500個、当店ではわずかに3個の取り扱い、オンラインのみで発売し先着3名さまに嫁がせていただく予定です。
で、このコジック作の、雪のように白いからだの一部が血に染まったレドラム・ダニーのオリジナル8インチは、留之助商店創業直後の懐かしすぎる最初のダニーなのだった。
そーいえば、あのころって駆け出しで、当店もダニーさえあまり知られてなくって、たった6個のレドラム・ダニーが売りきれるのになんと1ヵ月以上もかかったっけ、感傷にひたる店主です。
言い忘れましたが、これってアクセサリー(バナナ)が付属する最初の20インチなんですよ。
by tomenosuke_2006 | 2008-10-16 08:52
びっくり。
a0077842_1031545.jpg2000個限定で発売されたコジックのレドラム・ダニー。
その12分の1、つまり166個が、例のうつろな目のマサカリ握ったバージョンなんですが、eBayで305ドルで落札されました。
もう、びっくりです。
ということは、ですよ。
ハロウィンの夜、6時から9時の3時間だけ、レドラム・ダニーの発売を記念してNYのキッドロボット本店でコジックのサイン会が開催されたんですが、そのとき手に入れたとおぼしき、いまeBayに出ているサイン入り12分の1バージョンって、いったいいくらになるんでしょうか。
8インチのダニー・シリーズ全種類を在庫する世界で唯一のお店、留之助商店としては何がナンでも落とさねば。
これって使命感? それとも単なる蒐集癖? いやいや明らかにビョーキです。
by tomenosuke_2006 | 2006-11-04 10:05
レドラム・ダニーのシークレット版、求む!
ハロウィンに出たばかりのコジック作レドラム・ダニーですが、なんと12分の1の割合でシークレット版が紛れ込んでいることが判明しました。
通常版のバナナではなくて、こっちは本格的にマサカリ握って、目はうつろ。
まぎれもなくジャック・ニコルソンなんです。
後頭部の“All work and no play makes Jack a dull boy=勉強ばっかりで遊ばない子はつまんない子になっちゃうぞ”の文字も効いてます。
覚えてますか? ニコルソンが小説書くふりしてタイプラーターで打ち出した原稿用紙にびっしり書かれてた文字、それが“All work and no play・・・”
で、これからが本題なんですが、当店で購入されたお客さまでシークレット版を射止めたけれど、通常版の方がいいとか、手放してもかまわないと思われる方がいらっしゃいましたら、高額買取させていただきます。
ご連絡、お待ちしております。
a0077842_10344171.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-11-01 10:39
レドラム・ダニー、最初の入荷分が売り切れました。
10月2日の当ブログをご覧になったみなさんからレドラム・ダニー(予約特価5,800円)の注文をいただき、あっという間・・・お店に飾るまえに、入荷分6個、ぜんぶ売れてしまいました。
6個しか仕入れないの?
セコくない?
いろいろご批判はおありでしょうが、とりあえずごめんなさい。
店主、ずーっと長い間、コレクターしてまして、小売りの経験がまったくない。
だからどれくらい仕入れていいか見当もつかず、いつものように1カートン6個入りを注文したわけです。
レドラム・ダニーの5,800円は、はっきりいって赤字でした。
ひとりでも多くダニー・ファンを増やしたい、日本でもダニーをもっとポピュラーにしたいと願いつつの特価だったのです。
もうじき追加注文分の12個が入荷しますが、こちらは通常価格8,200円となります。
何卒ご理解たまわりますようお願い申し上げます。
by tomenosuke_2006 | 2006-10-22 13:26 | 留之助商店計画
今度のハロウィンにダニーの新作、出ます。
a0077842_10242284.jpg
10月中旬、ひさしぶりにフランク・コジック作の8インチ・ダニーが発表になります。
Redrum=レドラム(予約特価5,800円)。
ダニーシリーズの中では多めの2000個限定で、当店でもキッドロボットと同じ日に発売です。
2004年に発表された3インチ版に同じデザインのダニーがいたり、そのバリエーションのスモーキンラビット(サイン入りが当店に1個在庫あり)が今年100個だけ限定で出たりしましたが、店主好みの8インチがやっと製品化されました。
その発売日には、売れるかどうか分かりませんが、3インチが発表されたときに記念で作られたレドラム・ダニーの大判ポスターで、コジックが50枚だけサインしたうちの1点(予価75,000円)を額装して飾る予定です。
a0077842_14154180.jpg
ちなみにレドラムとは、スティーブン・キングのモダンホラー小説“シャイニング”に出てくるMURDER(マーダー=殺人)を逆読みした造語。
不思議な能力(シャイニング)を持つ少年ダニー(フィギュアと同じ名前)が、冬、雪に閉ざされるコロラド州ロッキー山上のリゾート・ホテルで起きる惨劇を予感し、「レドラム、レドラム」と取り憑かれたように口にする印象的な言葉である。
ま、今回のレドラム・ダニーは、少年ダニーではなくって、邪悪な霊に乗っ取られて殺人鬼と化す父親といったところだろうか。
にしてもバナナじゃ、斧のかわりにはなりませんが。
ご存知のようにキングの小説はスタンリー・キューブリックによって1980年に映画化され、賛否両論を巻き起こした。
たとえば小説の見せ場だったシャイニングの描かれ方が希薄になり、一見、どこにでもありそうな怨霊映画だと評されたりした。
LAに住み始めたばかりのころの店主は、ダニーの父親ジャック・ニコルソンが殺人鬼へと変じていく様に恐れおののき、人間を語るこういう“シャイニング”もありかと思ったものだ。
キューブリック版をいちばん非難したのは原作者のキング自身で、1997年、ついに自らTVミニシリーズ用に脚本を書き下ろし、ミック・ギャリスが監督した。
以前、ビデオで観たが、まぁ、こんなもんかと思っておしまい。
映画のようなインパクトはなかったなぁ、ミックには悪いけど(馴れ馴れし過ぎ?)。
ミックはそのむかし、映画の宣伝マン(パブリシスト)をしていて、駆け出しの映画ジャーナリストだった店主をいろいろ助けてくれた恩人のひとりだった。
まだ東京に住み、たまにLAへ遊びに出かけていた1970年代の終りごろ、“ザ・フォッグ”の主演女優エイドリアン・バーボー(監督のジョン・カーペンター夫人)に引き合わせてくれたり、“ニューヨーク1997”では憧れのカーペンター様へのインタビューをセットアップしてくれた。
“ザ・ハウリング”のジョー・ダンテ、“スキャナーズ”のデイヴィッド・クローネンバーグ、“狼男アメリカン”のジョン・ランディスたちディープな監督と仲よくなれたのもミックのおかげだった。
いつかは映画監督になりたいと常々口にしていたナイスなカリフォルニアン、ミック・ギャリス・・・コジックの人をくったような新作ダニーの写真を見ていたら、つい、いろいろと思い出してしまったのでした。
by tomenosuke_2006 | 2006-10-02 10:30