タグ:展覧会 ( 95 ) タグの人気記事
Yoskay Yamamotoの個展、大盛況おめでとうございます。
今月はじめ、アート系サイトArrested MotionYoskay Yamamoto(ヨウスケ・ヤマモト)さんが木槌とノミを手に木の塊と格闘する画像を拝見し、木の国、飛騨高山の住人としてはますます彼に親近感を覚えたのだった。
a0077842_222495.jpg
つい先ごろ、瞬く間に売り切れたオブジェモチャScreaming for the Sunriseの作者であり、日本の伝統美とアーバン・ポップ・アートを絶妙なバランスで融合させたLA在の画家にして彫刻家のヨウスケさん。
そんな彼の個展がLAのギャラリーLeBASSE projectで開催中だ。
ちょっくら寄ってみよう、ってなわけにはいかないウチらのためにオンライン・ギャラリーが用意されている。
Arrested Motion→http://arrestedmotion.com/2011/09/openings-yoskay-yamamoto-%E2%80%93-picking-up-where-we-left-off-lebasse-projects-%E2%80%93-culver-city/
Daily du Jour→http://dailydujour.com/2011/09/11/seen-yoskay-yamamoto-picking-up-where-we-left-off/
ヨウスケさんからのメールでは展覧会は盛況だとか、当然でしょう、おめでとうございます。
おっとそれから、スクリーミング・フォア・ザ・サンライズの新色が年内に発表されるとか、これまた楽しみがひとつ増えました。
a0077842_2215867.jpg
ヨウスケ・ヤマモト: 三重県鳥羽で生まれ育ったヨウスケ・ヤマモトは、15歳で渡米した。自身で修業を積んだ彼の芸術性は、カリフォルニアのポップ・カルチャーに心を奪われたときに広がりを見せた。ヤマモトはふたつの異なる文化を一緒にして、自分の作品に融合させる方法を発見したのだ。アジアの伝統とアーバン・ポップ・アートのバランスを取りながらアメリカで見られたポップ・アートの象徴的キャラクターと日本の伝統的、神話的な要素を、ノスタルジックに調和させている。ニューヨーク、サンフランシスコ、ボストン、ロサンゼルスで最近おこなわれた展覧会では、つねに彼の作品は完売している。

About Yoskay Yamamoto: Born and raised in Toba, Japan, Yoskay Yamamoto moved to the United States at the age of 15. A self-trained illustrator, Yamamoto’s artistic tastes expanded as he fell in love with the pop culture of California. Yamamoto discovered a way to fuse the two different cultural backgrounds together into his work. Yamamoto nostalgically blends pop iconic characters from his adopted western home with traditional and mythical Japanese elements, balancing his Asian heritage with urban pop art. He has sold out his work recently at shows in New York, San Francisco, Boston and Los Angeles.
by tomenosuke_2006 | 2011-09-13 22:27 | ロウブロウアート
Monsters and Misfits展、クリスから第1便着。
感動の嵐が押し寄せはじめた。
Monsters and Misfits(モンスターズ・アンド・ミスフィッツ=怪物と不適応者たち)展の出品作の第1便が到着したのだ。
Chris Ryniak(クリス・ライニャック)からの大きな段ボール箱がまず1個、中には大小3種類のクリーチャーが息を潜めて隠れていた。
a0077842_0171033.jpg
a0077842_0172175.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-23 00:18 | 留之助イベント
Monsters and Misfits展、ライニャック作品を一部ご紹介。
a0077842_961573.jpg
Chris Ryniak(クリス・ライニャック)創作の新生物、Oaksnout(オークスナウト)の下描き。
a0077842_911482.jpg
▲ 描き上がった絵にワニスでコーティングすること3回、このあと乾くのを待って日本行きの箱に詰められた。
a0077842_920272.jpg
▲ クリス作の立体作品の一部。
by tomenosuke_2006 | 2011-03-19 09:25 | 留之助イベント
Monsters and Misfits展、アーティスト来日断念。
オバマ大統領が福島第1原発の半径80キロ圏内に住むアメリカ人に避難勧告を出したり、大使館職員家族の自主的な国外退避を許可したのだから、当然、この時期に日本旅行をしようなどと考える酔狂なアメリカ人(外国人)はいないだろう。
それは4月13日から飛騨高山の国指定重要文化財日下部民藝館で開催されるMonsters and Misfits(モンスターズ・アンド・ミスフィッツ=怪物と不適応者たち)展の3人のアーティスト、Kathie Olivas(キャシー・オリヴァス)、Brandt Peters(ブラント・ピータース)、Chris Ryniak(クリス・ライニャック)にとっても同じことがいえる。
ここ数ヵ月、3人は日本で最初の展覧会のために、どれほどのエネルギーを注いできたことか。
実際、彼らから送られてくる作品画像を見るたび、並々ならぬ意欲を感じた。
会心の作、最高傑作。
これまで彼らがアメリカを含む海外で開催したどの展覧会のいかなる作品よりも濃密で、感動に震えることさえあった。
Monsters and Misfits展は会場の特異性と相まって、素晴らしくユニークなものになると確信させられた。
そう、東北を地震と津波が襲ったあの日まで飛騨高山の旅を楽しみにしながら、最近は日本で使う名刺をデザインしたり、ファンたちへのギフトの心配までしていた3人だったのだ。
a0077842_11435893.jpg
代表のブラントからは悩み抜いた結果のメールが送られてきた。
こういう先行き不透明な時期ゆえ来日は断念せざるをえないが、展覧会の開催については全権を店主に委ねるというのだ。
オプションは4つあった。

1.アーティスト不在のまま、展覧会は予定通り開催する。
2.オンラインでのみ作品を紹介し販売する。
3.展覧会を延期する。
4.展覧会はなかったものとし、全作品を次回開催予定のアメリカもしくはカナダの展覧会に転用する。

もちろんオプション-1を選んだ。
なにかと自粛ムードの日本だけれど、それには相応の理由や事情があるだろう。
そのことについて異論を唱える気は微塵もないが、店主は展覧会を実行する。
日本から小さいながらも明るい話題を、自らの手でひとつ消してしまうのはよそう。
むしろこの展覧会をTOYS HELP USのメイン・イベントにして、少しでも被災地救済に貢献できたら、それはそれで素晴らしい。
展覧会と同時期に開催予定の春の高山祭は、いまのところ自粛される予定はない。
観光客は激減するだろうが、いつものように厳かに神事は執り行われる。
同じく展覧会場となる日下部民藝館も例年のように混み合うことはないだろう、しかしMonsters and Misfits展は、静かに、確実に開催する。
日下部民藝館々主、日下部勝氏にもさらなるご理解をいただき、もちろんキャシー、ブラント、クリスの大いなる協力で展覧会カタログの一般販売分の売上げ全額と作品の収益の大半を義援金に回すことができそうだ。

ついいましがた、USPSからキャシー名義の最初の荷物3点が送り出された旨のメールが届いた。

Kathie, Brandt and Chris, We really appreciate your concern and support.
a0077842_13415727.jpg
お願い・4月12日夕方に予定していましたレセプション・パーティーは中止となりますが、その日、準備中の民藝館をそっと覗きに寄っていただくのは大歓迎です。
by tomenosuke_2006 | 2011-03-18 14:02 | 留之助イベント
Monsters and Misfits展、ハンドメイド・ミニフィギュア。
3月4日のポストでお話した100部限定の豪華オマケ付き、3アーティストのサイン入りMonsters and Misfits(モンスターズ・アンド・ミスフィッツ=怪物と不適応者たち)展記念カタログ特別版は、半分が留之助で、あとの半分を展覧会終了後Circus Posterusのショッピング・サイトで発売される予定だ。
その特別版の豪華オマケとはブラントとキャシーのコラボ・ミニプリント『Moon』とChris Ryniak(クリス・ライニャック)作のミニフィギュア、Crumbeater(クラムイーター=パンくず喰い)のこと。
下の画像の手のひらに乗っかっているかわいい子がそれで、高さ2.5インチ(6.5センチ)、付属するのはそのブルー版だ。
さらに下の画像の3点は手描きでディテールを描き加えたワンオフ作品、展覧会で展示販売されるもっとも小さな作品である。
a0077842_835438.jpg
a0077842_84373.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-11 08:08 | 留之助イベント
Monsters and Misfits展、クリス・ライニャック。
4月13日から飛騨高山の国指定重要文化財日下部民藝館で開催されるMonsters and Misfits(モンスターズ・アンド・ミスフィッツ=怪物と不適応者たち)展のための展示作品を仕上げるChris Ryniak(クリス・ライニャック)である。
もちろんクリスをはじめ、Brandt Peters(ブラント・ピータース)やKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)たちが自ら彫刻し、ハンドペイントで仕上げた作品のすべては会場で先行販売するほか、留之助オンラインに特設される専用ギャラリーでも世界に向けて発売の予定だ。
a0077842_8484775.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-01 09:05 | 留之助イベント
海の向こうのナーサリー・アート展。
きょう、NYに負けず劣らず極寒の飛騨高山へ、半分仕事・半分遊びで出かけていらしたレディ・アイコさんに教わった。
Nursery Art(ナーサリー・アート)とは子供部屋に飾るアートのことで、欧米では古典的な芸術のジャンルとして確立されているんだと。
LAのギャラリーCorey Helford Galleryではじまる"In The Nursery"は、そんな絵や彫刻などのナーサリー・アートを、アイコさんをはじめアダルトな25名の気鋭ロウブロウ・アーティストたちが持ち寄った興味津々なグループ展で、オンラインからでも作品が鑑賞できる。
ぜひチェックしてみてほしい。
a0077842_23394534.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-01-29 23:52 | ロウブロウアート
DConの帰り道、大変いいものを拝見させてもらいました。
DCon 2010を堪能した土曜日(11月20日)の夕暮れ、会場となったパサデナ・コンベンション・センターから南に10分ほどドライブしたアルハンブラにあるギャラリーNucleus(ニュークリアス)に寄りました。
当ブログで店主がDConへ出かけることを知った水野純子さんから、わざわざご案内いただいたのですが、もちろんそのまえからちゃんと予定に組み込んでいましたとも。
a0077842_20545443.jpg
ショップの奥、パーテーションの向こうに広がるギャラリー・スペースを、純子さんと和田みずなさんが仲良く半分ずつジェアして開催中の、それはそれは個性的な作品が対峙する2本立て個展。
a0077842_2055242.jpg
おふた方とも、しずしずと危ない領域に達してしまったのは確か、フジヤマ・ガールズ・アートがアメリカを侵食するさまを目の当たりにでき、大変気分がよかったです。
ほとんどの作品のキャプションには売約済みの赤いシールが貼られ、ギャラリーのキュレーターさんも展覧会が大成功でとてもうれしそうにしてらっしゃいました。
あと3日で閉幕となってしまいますが、いまならこちらでおふた方の作品がご覧いただけます。
a0077842_20573049.jpg
a0077842_2057489.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-12-03 21:03 | ロウブロウアート
香港の時代廣場をマイケル・ラウがジャック中。
香港のお友だち、ジャパナビりえ的香港TV道のりえちゃんから、銅鑼湾にある時代廣場(タイムズ・スクェア)を埋め尽くしたMichael Lau(マイケル・ラウ)のクリスマス・デコレーション"KINDERGARDENER!"の画像が送られてきました。
マイケルからクリスマス・プレゼントといっしょに届いた案内状のアレです。
Kindergarten(幼稚園)と人気キャラクターGardenerをくっつけた造語のとおり、お馴染みマイケル・デザインのフィギュアが巨大遊具化して、子どもも大人もいっしょになって遊べる一大アミューズメントになってます。
12月はただでさえ気ぜわしいのに、今年は留ブラPROが大詰めだし、16日から渋谷PARCO PART-1でポップアップ・ショップをやるこになってるし、ほかにも外せない用事があって香港へ行くのは絶対ムリ。
せめて写真見て、行った気になろうと思います。
りえちゃん、ありがとう。
a0077842_835243.jpg
a0077842_843337.jpg
a0077842_1114151.jpg
a0077842_845846.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-12-01 08:07 | ロウブロウアート
キティちゃんに会ってきました。
ロイヤル・サブジェクトのジョナサン・キャセイに勧められて、サンタモニカ・エアポート・ベーカー・ハンガー(飛行機の格納庫)で開催中のサンリオ創業50周年記念イベント“SMALL GIFT LOS ANGELES”に寄ってみた。
お目当ては会場内のアートギャラリーに展示中の、ロウブロウ・アーティストたちによるサンリオ・キャラクター・モチーフの絵やインスタレーションを観るためだ。
a0077842_2292454.jpg
水野純子さんをはじめ、Gary Baseman、Joe Ledbetter、Buff Monster、Luke Chueh、kaNOといったお馴染みさんたちの遊び心満載の作品が展示(一部販売)されていて、それはそれは楽しく目の保養をさせてもらいました。
帰り際には会場限定のアートプリントなども自分用とお店用にまとめ買いしたり。
リンク・ページにスナップを貼っておきます、ご覧ください。
a0077842_2555290.jpg


More: 会場スナップ
by tomenosuke_2006 | 2010-11-21 23:59 | ロウブロウアート