タグ:徳信尊 ( 75 ) タグの人気記事
米国EFXとカスタム競演
New approach of the custom Tomenosuke Blaster

数ヶ月前、ハリコレさんを介し、米国EFXから100挺限定の特別な留ブラについて興味深い提案をいただきました。
もちろん即座にその計画に乗ることを決め、留ブラ本体だけでなく、専用パッケージやその他の仕様についても検討をはじめました。
しばらくたってEFXはオリジナル・プロップを参考にカスタム留ブラを25挺、自社製作することを決め、早々に見本を完成させて、彼らのホームページで発表しました。
おもにペイントによる大胆なウェザリングを施した、インパクトのある仕上げです。
しかし当店では去年末に佐藤加寿彦さんにお願いし、留ブラを完全に分解して、亜鉛ダイキャスト・パーツはブルーイングしなおし、その他すべてのパーツにも手を加えたオリジナル・プロップともいえるワーコン・カスタムを発表していたので、同じような製品を造るつもりはまったくありません。
どんなカスタムにすべきか悩んでいた矢先、 2018-08-27のブログで紹介したビデオを観て方向が決まったのです。
あの本物のシュタイヤー・マンリッヒャー・ライフルのレシーバーと本物のチャーターアームズ・ブルドッグを使った発砲用カスタム留ブラのような、抑えたウェザリングながら実銃さながらのオーラを放つ特別なブラスターを目指す。
当店がプロデュースするカスタム留ブラは75挺です。
そこで徳さんと佐藤さんのコラボ(分業)が実現しました。
徳さんには亜鉛ダイキャスト製のレシーバーまわりを徹底的にブラッシュアップしてもらうことになりました。
鋳物では再現しきれないレシーバー先端やボルトの溝の、鋼鉄製ならではの鋭いエッジの再現にはじまり、徳さんスペシャルでお馴染みの完璧なブルーイングを施したのちのウェザリングです。
佐藤さんには他のパーツをじっくり弄ってもらい、最後の仕上げと組み立て(最初の分解も)をお願いしました。
その結果、美しく抑制のきいた、それでいて恐ろしく迫力に満ちたカスタム留ブラの第1号が仕上がったのです。
どうぞ画像をご覧ください。
しかしEFXからの提案とは、お互いの持ち味を活かしたカスタム留ブラを製作するのが主目的ではなく、さらにサプライズな計画があるのでした。
a0077842_23310944.jpg
A few months ago, I received an interesting proposal from EFX via our distributor Hollywood collector's Gallery about Tomenosuke Blaster Special Edition produced in 100 pieces only. As you would expect, I decided to take on the project right away, and I started to consider the specifications not only for the Blaster itself, but also for dedicated packaging and more.
After a while, EFX decided to produce 25 pieces of the Custom Tomenosuke Blaster based on the original prop by themselves. They quickly completed the sample and announced it on their website. The sample is finished to have impact, with bold weathering effects that have been achieved largely relying on paint.
However, late last year, I asked Kazuhiko Sato-san to completely disassemble Tomenosuke Blaster and remake the zinc die-cast parts with Bluing. I also revised all parts and announced the World Convention Model (same as original Prop) , so I do not want to create the same kind of custom product again. Just when I was agonizing over what kind of custom product this should be, I saw the video of the blog entry for 2018-08-27, and this decided the way I should to go. I would aim for a special Tomenosuke Blaster that has an aura of a real gun, with a limited amount of weathering, rather like the firing model that uses a real Charter Arms Bulldog and a real Steyr Mannlicher Rifle receiver.
We will be producing 75 of them. This has resulted in a collaboration between Nobutaka Toku (aka Toku-san) and Sato-san, in terms of division of labor. Toku-san ended up making major revisions to the zinc die-cast receiver, the bolt handle, and the bolt. Starting with the tip of the receiver, which is impossible to reproduce through casting, and the reproduction of the sharp edge of the groove of the bolt which is unique to steel, this is a kind of weathering that is achieved after thorough bluing, which is the Toku-san special that we are familiar with.
I asked Sato-san to take a careful look at the other parts, together with the final finishing and assembly (together with the initial disassembly).
As a result, I have completed edition #1 of a beautifully restrained, but also frighteningly powerful Custom Tomenosuke Blaster.
Please take a look at the images. However, the main aim of this proposal from EFX was not to announce a Custom Tomenosuke Blaster that makes the most of both our personalities. There was another surprising scheme in mind.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-09-24 00:14 | 留之助ブラスター
『ブレードランナー2049』タイプ・ブルーイング
"Blade Runner 2049" type bluing by Toku-san

発砲用カスタム留ブラについて触れた2018-08-27のブログの最後で、『ブレードランナー2049』で使われたウェザリング仕様の留ブラを徳信尊さんと佐藤加寿彦さんのコラボで再現すべく研究中と書きましたが、さっそく徳さんによるレシーバーのブルーイング・サンプルが上がりました。
これは、徳さんがシュタイヤー・マンリッヒャー・ライフルの金属パーツ部分、つまりレシーバーとボルトとボルトハンドルを担当し、佐藤さんがチャーターアームズ・ブルドッグをはじめその他のパーツを加工して、劇中の留ブラよろしく臨場感たっぷりに仕上げるというコラボ・プロジェクトです。
今後、機会あるごとに進捗状況を紹介したいと思っています。
a0077842_16031066.jpg
At the end of 2018-08-27 blog that touched on the Firing Tomenosuke Blaster, I wrote that the weathering-specific Tomenosuke Blaster used in the movie "Blade Runner 2049" would be reproduced by a collaboration with Nobutaka Toku (aka Toku-san who is model maker of Tomenosuke Blaster) and Kazuhiko Sato (custom gun maker of Tomenosuke Blaster World Con ver.). Immediately, the receiver's bluing sample from Toku-san was raised.
This is a collaboration project where Toku-san is responsible for the metal parts of Steyr Mannlicher Rifle (in other words the receiver, bolt and bolt handle) while Sato-san is responsible for manufacturing other parts like Charter Arms Bulldog. It aims to replicate to the closest degree the presence felt in the film such as that of Tomenosuke Blaster.
In the future, I would like to share the project's progress with you whenever there is the opportunity to.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-09-06 07:21 | 留之助ブラスター
ポリス・モデル用グリップエンドを新造
Brush up the grip end of Police Model

2013年のこと、留ブラの北米販売契約をアメリカのハイエンド・トイ・ディーラーHCGと交わし、同時に300挺の大量注文が入ったおかげで、その利益の大半を念願だった留ブラの改修に充てることができました。
こうして生まれたのが最新の留ブラ2049(ライセンス・エディション)とまったく同じ、2014年発売の留ブラPROリテイラー・エディションだったのです。
詳しくは過去の記事を参照いただくとして、グリップ・エンドの金型を新規製作する際、工場からポリス・モデルのグリップ・エンドもついでに直さないかと訊かれ、将来のことを考えるとそうしたいのは山々だったのですが、如何せん資金が尽きてしまい、これ以上の改修は棚上げせざるを得ませんでした。
それが、映画『ブレードランナー2049』のおかげで留ブラが脚光を浴び、さらに投資ができる幸運にも恵まれて、年明け以来、留ブラの原型師、徳信尊さんにはいろいろと見直しをお願いしていたのでした。
そのひとつがポリス・モデルのグリップ・エンドです。
数日前、新原型を元に造られた放電マスターのチェックも終わり、金型を造るばかりとなりました。
ポリス・モデルの再販は考えていませんが、現行の留ブラ2049をソリッド・ブラックのポリス・モデルにカスタムできるコンバージョン・キットをいずれ作ってみようかと思っています。

下の画像:留ブラ2049に使われているグリップエンド(右側)前方のトリミング部分に、亜鉛粉末を瞬着で固めた金属パテを盛り、形状を整えてポリス・モデル用グリップエンドの原型(左側)を造りました。
a0077842_10554070.jpg
下の画像:徳さんが準備した原型を元に、銅で作られた放電マスター。これが金型製造の要です。こういう部材を見るとウズウズ血が騒ぐのは店主だけでしょうか。
a0077842_11052915.jpg
In 2013, thanks to a contract for selling the Tomenosuke Blaster in North America with the U.S. high-end toy dealer HCG and a large order for 300 units at the same time, we were able to apply the greater part of the profits to remodeling the Tomenosuke Blaster. The result of this was the same as the newest Tomenosuke Blaster 2049 (License Edition) -namely, the Retailer Edition which was released in 2014.
For more details, please refer to past articles, but when a new metal mold for grip end was made, the factory asked me if I wouldn't fix the grip end of the Police Model at the same time. Thinking about the future, there were many things I wanted to do, but unfortunately I was out of funds and had to give up the idea of any further remodeling.
However, thanks to "Blaster Runner 2049", Tomenosuke Blaster came into the limelight, and we had the good fortune of finding funding; and since the beginning of the year I have asked the model master Nobutaka Toku-san to look at various modification for the Blaster. One of those is the grip end of the Police Model. Just a few days ago, the check was finished for the electrical discharge machining master model that was made based on the new prototype, and now we are at the stage of making the metal mold.
I am not considering resale of the Police Model. However, I am thinking of sometime making a Police Model Conversion Kit that would allow customization of the current Tomenosuke Blaster into the solid black Police Model.
by tomenosuke_2006 | 2018-07-10 10:59 | 留之助ブラスター
留ブラ2049組立キット発売記念、透明グリップ
Clear grips for Tomenosuke Blaster assembly kit limited sale

ハリコレさんで留之助ブラスタ−2049組立キットをご予約された国内外のお客さまから、透明グリップのお問い合わせを何件もいただきました。
5年前、徳信尊さんに個人的にお願いして作ってもらった留ブラ・シルバー仕上げが一部で人気となり、自作希望者に透明グリップを提供したことがありましたが、いまだに需要があるとは思ってもみませんでした。
そこで、ひさしぶりに作ってみました。
わずかですが在庫がございますので、ご希望の方はどうぞ。

注)このグリップは現在ハリコレで予約販売中のメタル製「留之助ブラスター2049組立キット」及び「留ブラ2049ライセンス・エディション」、「留ブラ2049」、「留ブラPROリテイラー・エディション」に適合します。レジン製「留ブラ2049スタント・モデル」には使えません。

国内のご注文はこちら→https://goo.gl/xuxAA7
a0077842_15112125.jpg
NOTICE) This grips were produced for the metal Tomenosuke Blaster PRO retailer edition, Tomenosuke Blaster 2049 and Tomenosuke Blaster license edition. Not for the resin cast Stunt Model kit.

INTERNATIONAL ORDER→http://tomenosuke.bandec-japan.com/

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2018-06-10 16:44 | 留之助ブラスター
留ブラ・スタント(無可動)モデル、仮組み
A sample of the Stunt model is almost done

琥珀グリップと同じ収縮率0.08%のハイエンド工業用レジンを採用。
目指したのは、手に取るまで、それが留ブラPROや留ブラ2049・ムービー・プロップ・バージョンと見分けがつかないほどのリアリティとクォリティです。
7月上旬1次ロット50個完成予定、6月中旬予約受付開始。
ご期待ください。
a0077842_15275318.jpg
This stunt model is deactivated resin cast version, and it will be released at the beginning of July. Stay tuned!

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2017-05-23 16:01 | 留之助ブラスター
留ブラ2049、粛々と
Tomenosuke Blaster 2049 new grip proto

次期モデルから、グリップの裏側に小さく製造年度を示す刻印を入れることにした。
a0077842_13171830.jpg
Perform engraving the year of manufacture.
by tomenosuke_2006 | 2017-01-30 13:08 | 留之助ブラスター
留之助10周年記念留ブラPROキット用
A hint of DIY blueing of Tomenosuke Blaster PRO assembly kit

徳さんに手の内を明かしてもらいました。
a0077842_22415967.jpg

by tomenosuke_2006 | 2016-07-26 00:31 | 留之助ブラスター
徳さんSPの新規予約開始
PRE-ORDER: Toku-san Special

このほどハリコレより予約販売された留ブラPRO組立キットのご予約者及び、すでに組立キット、あるいは完成モデルをお持ちの方が対象です。

留ブラPRO組立キットのご予約はこちら→http://goo.gl/n3IhYj
徳さんSPのご予約はこちら→http://goo.gl/CTAkKV
a0077842_1151591.jpg


徳さんSPの製作費など
by tomenosuke_2006 | 2016-07-20 12:01 | 留之助ブラスター
徳さんSPの新規注文開始
PRE-ORDER: Toku-san Special

お手持ちの留ブラPRO組立キット、完成モデルを使って、徳さんがカスタムメードします。
ご注文商品「徳さんSP」でお問い合わせください→http://tomenosuke.com/order/pre_order.html
注)ただいま組立キットおよび完成モデルは品切れ中です。
a0077842_1665926.jpg
a0077842_1671296.jpg

by tomenosuke_2006 | 2016-03-07 16:08 | 留之助ブラスター
近日、徳さんSPの新規注文を承ります
We will resume the order of Toku-san Special soon

ご要望にお応えして、近日、留ブラPRO徳さんSPの注文を再開します。
同時に完成モデルに使用しているウレタン製インナーの単品販売も予定しています。
ちなみに下の画像はPropsummitに投稿された徳さんSPのアメリカ人オーナーさんのコレクションです。
a0077842_1033366.jpg
Source of upper beautiful photo: http://www.propsummit.com/viewtopic.php?t=4725&start=120
by tomenosuke_2006 | 2016-03-03 10:20 | 留之助ブラスター