タグ:栩野幸知 ( 2 ) タグの人気記事
10月はナショナルキッドである。
10月はナショナルキッドである。_a0077842_23185028.jpg

とっち〜さんと知り合ったばっかりに、ナショナルキッドに深入りしていく店主である。
8月はじめ、留之助商店のアドレス宛てにていねいな「初めまして」メールが届く。
発信人はとっち〜こと、栩野幸知(とちのゆきとも)さん。
バクレツマパイナップルの主催者、宮下隆さんと雑談してたら店主の名前があがり、それでメールしてみたと。
で、初めましてって言われてもね、なんか昔からの知り合いのようで。
鉄砲好きなら彼のサイトtoch!.netを知らない人はいないでしょう。
店主も何度かおジャマして、鉄砲以外のところでも大いに楽しませてもらってたし、だからわざわざ自己紹介していただかなくっても。
とにかくヴァーチャルな知り合いから、めでたくリアルなお付き合いがはじまって間もなく。
留之助商店専属(?)トイガン・スーパーバイザーの徳さんに、壊れたままになっていたムカシモチャのMGC製US M-3サブマシンガンが修理できないものかと相談すると、とっち〜さんしかいないでしょう。
なんでも、とあるガンショップでとっち〜さんと知り合い、そのときM-3を修理した話を聞いたんだとか。
世間って、とりわけ趣味の世界っていうのは狭いもんだと、つくづく思いました。
バクレツの宮下さんからとっち〜さん、徳さんからもとっち〜さんで、M-3。
10月はナショナルキッドである。_a0077842_23191845.jpg

とっち〜さんのメールに添付されていた画像です。
分解された店主のお宝M-3と、お手製のバネで修理されたトリガー。


MGCのあの丈夫なM-3が故障するとしたら2ヵ所、メインのゼンマイが切れるかトリガー部分の復元バネが折れるしかないと、とっち〜さん。
で、店主のM-3は修理が面倒な方のトリガーの故障、それでも1泊2日で生き返って戻ってきたもんだから、そりゃもうビックリ。
以来、高円寺方面に足を向けて寝るような不作法、一度たりともしておりません。
そんなとっち〜さん曰く、我々の年代では最初に興味を抱くプロップガン(映画TVの中の架空銃)がナショナルキッドのエロルヤ光線銃、次にナポレオン・ソロのアンクルタイプだった。
まったく、仰せのとおり。
で、当時(1960年代はじめ)ナショナル電気から出ていたエロルヤ光線銃型懐中電灯を復元したいけれど、現物を手に入れることはできないものか、ムリなら何か参考になりそうな資料がほしいといわれて。
M-3のお礼をかねてリサーチしているうちに、ナショナルキッドにルンルンだった少年時代がよみがえり、気になってしょうがなくなった次第、それにしても話が長い。
10月はナショナルキッドである。_a0077842_23195813.jpg

ナショナルキッド愛用のエロルヤ光線銃型懐中電灯、商品名はキッド・ライト。
引金をしぼっても電子音が鳴るわけでもなく、フツーに懐中電灯するだけ。


月光仮面や七色仮面は地上の悪党を成敗し、ナショナルキッドは宇宙からの敵を叩きのめす日本TV史上初の空飛ぶヒーロー。
エロルヤ光線銃型懐中電灯と風呂敷マントでナショナルキッドに変身して、地球侵略を企てる弟をコテンパンにやっつけたものだった。
和モノ&B級キャラにやたら詳しい中谷さんというコレクターにエロルヤ光線銃のことを尋ねると、すぐさまナショナルキッドの特集記事が載っている雑誌『宇宙船』を貸してくれた。
いま、そのコピーなど参考にしながら、とっち〜さんは復元のための研究をしてるんでしょうね、店主にも一挺、お願いしますよ。
なんて思ってたら、東映チャンネルで10月9日からナショナルキッドが放送されることを知り、あわてて加入手続きをする店主なのでした。
10月はナショナルキッドである。_a0077842_23203475.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-10-01 07:21 | ムカシモチャ
復活、US M-3 SUB MACHINEGUNだぁ。
復活、US M-3 SUB MACHINEGUNだぁ。_a0077842_9492073.jpg
店主14才、中学3年生のころ、いちおう不良少年ということになってました。
当時住んでいた下呂温泉から高山線で3時間、たまぁーに学校さぼって名古屋まで映画観に行ってたのがバレたからかなぁ。
ふつう、列車の中で校長先生には会いませんって・・・運が悪い。
名古屋には映画のほかにもうひとつ外せない用事があってね、それはMGCの特約店だったオガワ屋へ寄ること。
そこで買ったターゲット・ピストルの単純な発射メカニズムに習って、プラスチックの弾丸の代わりにブローニング380のバレルにぴったりのボールベアリングを探し出し、真鍮の薬莢に火薬をてんこ盛りに入れて、いま思うとけっこう危険な実験に打ち興じていた。
あげくの果てに隣りの家のお勝手の窓ガラスを割っちゃって、ふつうそんなことで警察呼びますかぁ・・・運が悪い。
そういう1960年代のある日、ちょうど40年前、特攻大作戦(1967)を観たあとにMGCのUS M-3サブマシンガンを手に入れるという、14才の小僧っ子にしては上出来な体験をしたのだった。
復活、US M-3 SUB MACHINEGUNだぁ。_a0077842_950157.jpg
自動車のタイヤの軸受けにドロッとした潤滑剤のグリースを塗るときに使う注射器のような道具をグリースガンというが、M-3(エムサン)はそれによく似たカタチをしているところからグリースガンの愛称で呼ばれるようになったと、当時、何かで読んで、ひとつ物知りになったような気がしたものだった。
エムサンは1967年でいちばん激しく面白い映画で大活躍した機関銃である。
機械の整備道具のような外観は、映画の原題“汚れた12人”の手綱を引いてドイツ軍司令部に特攻するタフで飾りっ気のないリー・マーヴィン少佐にぴったり似合っていた。
ロングマガジンを2本、交互にテープで留めて、片方を撃ち尽くすと、サッと上下を入れ替えるってところが、これまたカッコよかった。
名古屋駅前で特攻大作戦を観たあと、オガワ屋で本当なら発売されたばかりのP38ゲシュタポタイプを買うつもりだったけれど、それより1200円も高いエムサンにしたのは映画の影響である。
復活、US M-3 SUB MACHINEGUNだぁ。_a0077842_10573582.jpg
エムサンはほとんどのパーツがスチール製で、火薬を使わず、ゼンマイ仕掛けでボルトが前後に動き、バリバリ排莢するという他に類を見ないモデルガンだった。
当時の店主はエムサンを、心地よい金属音と排莢のメカニズムが気軽に楽しめたMGCのスライドアクション銃、ワルサーPPKやP38、のちに出たモーゼルHSC、さらに中田商店のルガーP08などと同じ仲間と見なし、撃ちまくっていた。
火薬がいらないから汚れ知らずっていうところも気に入った。
問題は飛び散った薬莢を探しながら拾い集めること、撃つたびに1個2個と見失い、何度も通販で取り寄せた。
遊び過ぎてゼンマイが切れ、MGCのサービスセンターで修理してもらったこともある。
そんなこんなでおよそ20年ぶりに実家の納戸でエムサンと再会、多少錆びは浮いていたものの、問題なく作動したのには驚かされた。
それからまた10数年、いまからほんの数年前、ひさしぶりにエムサンを手にするとトリガーがプカプカで撃つこと叶わず、そのままにしていたのだけれど、つい最近、死んだエムサンに再び命を授けてくれる救世主が現れたのだった。
復活、US M-3 SUB MACHINEGUNだぁ。_a0077842_10591777.jpg
エムサンの開発者タニオ・コバさんの次にこの特殊銃に詳しいと世界が認める栩野幸知(とちのゆきとも)さん。
店主、馴れ馴れしく“とっち〜さん”って呼んでいる、ひとことでいうなら業界の“怪人”である。
どんなふうに怪人かということは、彼のサイトtoch!.netをご覧なさい、心底面白いから。
で、とっち〜さんとのご縁については、後日、改めまして。
by tomenosuke_2006 | 2007-09-16 23:40 | ムカシモチャ