タグ:溶解人間 ( 2 ) タグの人気記事
悪魔の赤ちゃんモチャの作者から
Stephen W. Bell(スティーブン・W・ベル)からSOLD OUTになっていた溶解人間ロウソクThe Incredible Melting Mandle(インクレディブル・メルティング・マンドル)が届いた。
ので、待望(?)の再版だ。
詳しい商品説明はこちら→http://tenshu53.exblog.jp/17230615/
おひとりさま3本までご注文いただけます、物好きな方はどうぞ。
a0077842_17141922.jpg
で、今回のハイライトは1980年の取るに足らない映画『地獄のモーテル』の手作りベーコン職人ビンセントおじさんなんである。
これ、公開の年にウエストウッドの映画街で観て、おいおい『帰らざる河』(1954年)でマリリン・モンローの旦那役をやってたかつての二枚目スター、ロリー・カルホーンが生ブタの頭をかぶって、チェンソーで暴れちゃったりして、いい感じじゃんと思ったり。
そのあと隣りの劇場で絶賛上映中の『エレファントマン』も観て、きょうはブタとゾウの動物づくしの1日だったなぁと奇妙な感慨にひたったのだった。
はい、そんなわけでスティーブン・W・ベルが1/12のVintage Louis Marx Large Scale Figure風にブタ面とチェンソーのビンセントおじさんを料理したのがこれ、レジン・キャストのHotel Mel(モーテル・メル)なのだ。
フィギュアの高さ6インチ(150ミリ)、地面からチェンソーの先までは6.5インチ(165ミリ)、キャスト・カラーはアイボリーとグリーンとオレンジの3種類、しっかり作り込まれて好感が持てる。
『地獄のモーテル』が特別好きな人、チェンソー映画が大好きな人、ベーコンが好物な人向け。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21738771/
a0077842_20411212.jpg
Stephen W. Bell sent us solid cast resin of villain, done up in the manner of a classic Louis Marx 1/12 scale toy. Measures 6" tall from foot-to-snout (6.5" to the top of the chainsaw).

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2014-03-02 00:28 | 商店入荷新着情報
世界でいちばん馬鹿げたロウソク
留之助がお付き合いしている変なモノ作者の中でも、シリコンでかたどった本物そっくりの親指USBメモリーとかソーラー蓄電式巨大虫などを漠然と作っているStephen W. Bell(スティーブン・W・ベル)ほど馬鹿げたアーティストはいないと、ここにいたって確信したのだった。
リック・ベイカーのスペシャル・メーキャップで有名な1977年のチープSF映画『溶解人間』の原題タイトルロールThe Incredible Melting ManにCandle(ロウソク)を掛け合わせたThe Incredible Melting Mandle(インクレディブル・メルティング・マンドル)を自宅脇のガレージ兼仕事場で完成させたのだ。
材質はロウ、タコ糸の芯が頭のてっぺんから足の裏まで通っているれっきとしたロウソク、なので火をつければ溶け出して、文字通り溶解人間を実演してくれるのだ。
点灯持続時間約3時間、無香料、ヘッダーカード付きポリバッグ入りでまもなく入荷する。
a0077842_12513810.jpg



Sculpted by Stephen W. Bell, molded, hand-cast in unscented red candle wax and polychromed in acrylic paints. Simply light the wick atop his head and watch him decompose. Melting sequence will terminate in three hours. And you get a pool of gore to keep as a memento when it's all over.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-01-29 15:15